2009年11月 1日 (日)

11/1  激しいのがお好き

また負けた。今度は焼肉弁当@2500円を賭けた勝負に負けた。

 「ハンデ20点やるからさ!」

猫なで声の先輩。甘い誘惑に負けた。一時でも『馬鹿めっ!』と思った自分が恥ずかしい。

制限時間内に歌った中での自分のベスト三曲の点数合計勝負。

 僕    85+85+86+(ハンデ20) =  276
 先輩A  93+93+95       =  281
 チーフ   94+94+95       =  283 

なんなの?なんなの一体?なんなのこの人たち(´;ω;`)?

僕が歌う渾身のガガガSPはチーフの中森明菜の足元にも及ばない。僕が歌う渾身のゴイステは先輩の浜崎あゆみに歯が立たない。抑揚無く、けれど確実に音程を刻んでいく両者を見ていると、魂ゲージとかそういう項目が採点機能に付加されない限り僕が勝てる日は来ないのかもしれないと染々感じる。

カラオケの採点は「音程」が外れてないかのチェックが一番重要らしい。次に声量、抑揚、そしてビブラート。ビブラートというのがいまいちよくわからないけれど、声量は負けてないつもりだ。抑揚だって叫びまくってるからそれなりにあるだろう。けれど、音程・・・ 僕はそこまで音痴じゃないと自分では思うのだがどうなのだろうか?点数が出ないって事はつまりそういう事なんだろうけど、僕は自身でけっこううまく歌えてる自信はあったりするのだが・・・

 「音程取りやすいバラード歌えばいいのに」

先輩はこう言うけれど、所詮カラオケなんてオ○ニーでしょ?好きなオカズでやらせてくれよと思うのですけどね・・・。

 「それにしてもお前は痴女モノに偏り過ぎてんだよ!」

なるほど、パンクロックは痴女ですか。


 (・・・性癖って出るもんだな(´・ω・`))

| | コメント (17)