2016年8月21日 (日)

8/21  ピ~グ(笑)

父との思い出は、そのほとんどが海にある。

なんていうと大仰かもしれないが、実際父とどこかに遊びに行った記憶の七割が海であった。祭りやらゲーセンやらと言ったトッポイ遊びはほとんど記憶すらない。

そういう人だった…とまだ過去形にしちゃまずいな(;^ω^)

Img00563

現在、娘と海へ行って思う事はいくら僕の生家が海を基準に選ばれた土地であったとしても、海へ行くという労力、付き合う体力。今ならぶっきらぼうに見えた父がどれだけ僕らに時間を注いでくれていたのか少しだけわかる気がする。

 (父になって初めて見える風景、か)

まあそれは置いといて…

 「A子ちゃんが酷いんだよ><」
 「な、なんだってー!?」

海は人を解放的にさせるというわけでもないんだろうけど、娘から面白い話を聞く事が出来た。

諸兄らは少し前に書いた、「娘のネット上での友達A子ちゃん(15♀)が42歳♂と交際を始めて通報しようか迷ってる^^;」という記事を覚えているだろうか?

…まあ相手側の男性が42歳ってのは僕の勘違いで、実際は22歳男性だったわけだがそれでも今の世じゃ十分立派な事案である。詳しい内容は過去記事を読んで貰うとして、僕としてはこちらに迷惑がかからない範囲なら面白いから見ていたいし応援してやりたいというスタンスを取るつもりではあった。

・・・あったのだが。

実はあの後すぐに、娘とA子ちゃんは絶縁状態に陥っている。理由は娘いわく「例の彼氏」とA子ちゃんのいちゃいちゃっぷりが加速して、それに伴い娘や周りの人との関係がおざなりになってきた事で面倒くさくなったようだ。それで娘から距離を置くようになったとの事だが、或いはそこで何か不興を買ったのかもしれない。

 「それか相手男性の入れ知恵じゃね?目撃者は全員消せってな具合にw」
 「無くはないかもねー。その歳じゃ言いなりにもなるよ^^;」

娘からしたら笑い話じゃなかろうが、国交断絶した方が安全なのは間違いないからそれはそれで安心である。妻とその成り行きを笑っていたのだが…


 「最近ね、A子ちゃんが私の悪口を言い降らして回ってるって」
 「!??」

娘の口からA子ちゃんの名が出たのはかなり久々だ。聞くとどうやらアメピグ内の共通の友人達に娘の悪口を言いふらして付き合わないように言って回っているとか何とか。

驚く事に、それを密告してくれたのはこれまで散々娘に迷惑をかけてきた男の子だという。特にこれまで書いてなかったが娘の所属するグループも結構な大所帯で、荒らしに励むような人もいたらしく、娘も成りすましなどされて散々嫌な目に合わされた事もあったという。この男の子はその中でも特に、殊更娘をつけ狙っていたらしいが…やはりというか(そう思ってた)、男子特有の気になる子にちょっかいをかけるというアレだったのかもしれない。

事実今回こんな事になって真っ先に味方になってくれたのが彼だったようだ。

 (ほうほう)

家に帰ってチックリのログを読む。A子ちゃんが男の子に対して娘の罵詈雑言を重ねているチャットをスクショして貼ってくれているようだが…

 >あんなゴミクズと仲良くしてるとか

 >あんたもゴミクズって証明だよね

 >謹んでご逝去お祈り申し上げますw

   (*男の子に対して言っています


 (ゴミクズって^^;なんだか穏やかじゃねーなぁ)

普通生きててゴミクズとか中々言われない。2chですら滅多に言われない。アメピグは一応個人の分身である「アバター」が存在していて、結構人間くさい交流を求められるのだが…そこで共通の知人達に対してこの暴言はなかなかのもの。

 「つーか普通ここまで言わんぞ?おまえ、知らない内にA子ちゃんの逆鱗に触れちゃってんじゃね?」
 「えー。あれから関わってすらいないのに急にだよ?」
 「…Ummmmm」

娘を信じないわけじゃないが、自分に都合の悪い出来事を隠すというのは子供によく見られる傾向である。はなっから相手を全て悪者にするのもどうかと思うが、とりあえず相当な恨みを買ってるのは間違いないようだ。

 >今回うちの娘がこの事を知ったのは偶然で、たまたまグループチャット内で娘の何気ない一言が引き金になってお互いの気持ちを知るに至った御礼に…と、いの一番に報告してくれたそうだ。

これは当時の記事からだが、ご覧の様に少し前まで恋の報告をいの一番にしてくれた仲だったというのに…女は怖えや。

 (或いはせっかく報告してやったのにすぐに疎遠になった事で逆恨みされてるのかもしれんな)

相手側としては腹を割ったつもりで全てを曝け出したのに、その心に応えてくれなかった事への憎悪、みたいな…?

 (って、小6に一体何を望んでんねんw)

なんにせよ、この事件まだまだ僕らの知らない裏事情がありそうだが…

A子ちゃんの恐ろしいところは、娘の友達にまで手を下した事にある。

 「え?○○ちゃん強制退会させられちゃったの?」
 「うん、勝手にログインされて退会させられたみたい…」

娘のリアルでの友達もアメピグをやってたそうだが、どういう経緯でかはわからないがログインIDを聞き出し、A子ちゃんの手で勝手に操作して退会させられたそうだ。二年ほどやってたデータが一瞬で吹き飛んだそうな。

 「なんでID教えるんだ…--;ってのはともかく、えげつない攻撃するなぁ」
 「ねー!○○ちゃん何もしてないのに酷すぎるでしょ!?」

これって運営に言ったら1発で垢BAN(出禁)される事件だと思うが…

 「よろしい、ならば戦争だ。叩き潰すぞ!」
 「えー、やだよ。放っておけばいいじゃん」
 「○○ちゃんまでやられてんだぞ?ゴミクズまで言われて裏工作までされてんのに放っておくの?」
 「うん。○○ちゃんのは酷いけど、悪口とかそっちは別にどうでもいいし」
 「・・・(メンタルつえーな)」

普通こうなったら、

Img_4

と、なりそうなものだけど。以前の食中毒の時もそうだったけど、果たして僕が過激派すぎるのだろうか?こういう事があるたびに根本的な作りが違うんだなって思わされる事が多い。

現状娘がいいと言うなら放っておくしかないが、キナ臭いのでしばらく注意深く見守ろうと思う。

にしても、平和な女子だけの楽園が男が絡んだ途端にここまで泥沼化するんだから本当恋愛って恐ろしい。いつの時代もコミュニティを壊すのは男女の仲だ。

| | コメント (7)

2016年6月11日 (土)

6/11  事案!?

もはや娘のインターネッツ中毒っぷりは僕に引けを取らないレベルで、朝起きると真っ先にPCに向かう姿にゃ苦笑いを禁じえない。

 「あんたがそうしたんでしょ」
 「え~…」

確かに色々教えてネットの世界に引き込んだのは僕だけど。共通の話が出来たらいいなとアニメの道に踏み込ませたのも僕だけど。色んな漫画を読ませているのも僕だけど!

…けれどアメーバピグやチャットやら、そっちの対人インターネッツは僕の意図したものではない。

Img01300_3

この画像はちょうど一年ほど前に「インターネッツ教育」というタイトルで日記を書いた際に貼ったものなんだけど、ディスプレイにはアメーバピグが映っているのがわかると思う。

それが今ではブラウザを三つぐらい起動しながら、一つはYoutube、一つはチャット、一つはアメーバピグと…三窓を平然と使いこなしているんだから子供の成長というのは恐ろしいよ…

アニメとかもう僕より詳しいし。

 「カバネリの無名ちゃんかわいい(゚∀゚)」
 「なんじゃカバネリって。ハバネロの仲間か!?」
 「えー…」

さて、そのアメピグとチャットなのだが最近問題が発覚した。…いや、訂正しよう。

 『大問題』が発覚した。

なんと、アメピグで知り合い仲良くなった女子中学生のA子ちゃん(仮名)が、これまたチャットで知り合った男性(42)とこの度「交際」を始めたそうだ!!!!

1200924425251

そもそも学校の友達としか喋っちゃいけないというルールで始めたアメピグだったが、しばらく見ないうちにアメピグとは別のチャットに入り浸るようになっていて(これは件の女子中学生が紹介してくれたらしいが)… 

>また、僕が元来そういうものが好きじゃないだけでなく、この手の物は未成年の少年少女らを狙った出会い系の温床となっているなんて話も耳にした事があるから嫌悪感もひとしおだ。毛むくじゃらのオッサンだって、小奇麗なイケメンアバターで紛れ込めば簡単に話が出来るのだ。

以前も書いているが、こういうのが怖いからアメピグ以外禁止にしてたのになー。まあ何だかんだで娘の行動は聞いたり監視したりで把握していたし、最近チャットでグループを形成している仲間の中にゲームの上手い男性(42)がいるという事も知っていたが…

 (まさかAちゃんと付き合う事になっていたとは(;^ω^))

無論Aちゃんの事もそれなりに聞いてはいたんだけど、一体全体どうしてこんな事になってしまったんだろう??中学生と42歳って…まずどっちから告白したんだ???

 「どうするのこれ?通報ものじゃないw?」
 「いやぁ…アメピグならともかく、個人の掲示板で出会った男女が恋愛する事を止められ…るのか??」

よく未成年との交際で逮捕されたなんてニュースを目にするが、やれ結婚の意思があればOKだの、やれ淫行さえしなければOKだの、境目は一体どこにあるのか。

この話を聞いて真っ先に思い出したのが、少し前の「15歳女子と付き合ったら犯罪?」と自ら問い合わせ、発覚 中3女子の裸撮影容疑の45歳男逮捕」というニュース。この人はみだらな行為をしていたので完全アウトなんだろうが、今回のケースはどうなのか… 晴れて交際こそスタートしたものの、多分まだ会ってもいないしこの段階でアウトとはさすがに思えない。MMOなんかでゲーム内結婚があると聞いた事があるけど、今の時点ではそのレベルに思える。

ただしもうリアルで電話などはしているそうなので、実際もう少し事態は深刻なのだろうが…しかし会いもせずに「付き合った」なんて単なる言葉遊びのようなものでしょ?この言葉一つで逮捕されたらちょっと可愛そうというかオカシイって…

それでも過去の例を見ると発覚したら結構危ないのでは?とは思うが。

 「どうしたもんかねー。Aちゃんの親御さんに話すべきなんだろうが…」
 「内緒に決まってるもんねー」
 「18歳になるまで会わないってんならいいが…そんな事はないだろうしなぁ」

相手は恋する乙女、恋に恋する季節。そして狂気の中学二年でもある。ここで僕ら外野があーだこーだ諭したところで全く聞く耳を持たないのは明白だろう。相手側の男性は既に覚悟を持っての行動()なのだろうから論外だ。

今回うちの娘がこの事を知ったのは偶然で、たまたまグループチャット内で娘の何気ない一言が引き金になってお互いの気持ちを知るに至った御礼に…と、いの一番に報告してくれたそうだ。恐らくまだチャット内のメンバーも二人の関係には気付いていないと思う。Aちゃんの親なんて警察か孫の介入でも無い限り永遠に知る機会は無いんじゃないだろうか。

ぶっちゃけ今の段階で我が家には何の被害もないからいいっちゃいいのだが、問題はこの後この件がどう発展していくかだ。

最悪…タイーホもあるんじゃないだろうか?

ニュースになったとして、その時娘にこの事件が与える影響が図りかねる点が目下の僕の心配事だ。さすがにそれを笑う度量はまだ娘には無いと思うし、そうなって欲しくもないしw

 「しかしどうして42のオッサンなんかと付き合うかねー。人生経験豊富ったって、所詮小中学生が集うチャットに入り浸るような人でしょ?」
 「え?○○(相手男性)は22だよ?42歳じゃないってw」
 「そうなの!?」

…っと、ここまで散々言っておいてアレだがどうやら年齢を勘違いしていたらしいw

不思議なもので、42歳と聞いていた時は小汚いハゲ散らかしたオッサンを想像していたのに、22歳と聞いた途端に悪い印象は拭われる。さわやか内気なハンサムボーイが僕の中で描かれる。

 「よかった…中学生にお熱な42歳のロリコンはいなかったんだ!」
 「いや、どっちにしろアウトでしょーw^^;」
 「そっか(´・ω・`)」

22歳と15歳が付き合っても全然いいと思うのになー。どっちにせよアウトというが、先ほどまで想像していた汚らしい欲望だけ(!?)の情景が、20歳若返っただけで全て肯定されるような気がするから世界は残酷だ。42歳のオッサンがぐへへと電話していた絵面も、22歳の童貞が(恐らく)初めての彼女という存在に恐れおののきながら触れ合う姿を想像するだけで何だかホッコリするではないか!

 (オジさん俄然応援したい気持ちになってきたよ!!)

こうなりゃとことんサポートしてやりたいが、それによって犯罪幇助や教唆みたいな罪に問われたりするんだろうか…?過去のケースでそういう話は聞いた事がないのだが、いわゆる未必の故意のような、犯罪(?)と知って手助けする事で僕が何らかの罪に問われる事はあるのだろうか?

そうなった際にそれが娘に与える影響というのも図りかねる。それを笑う度量はまだ娘には無いと思うし、そんな事で捕まりたくもないw

| | コメント (14)

2014年3月23日 (日)

3/23  既読気ノ毒黙示録

いつの間にやらガラケーよりもスマホを触っている時間の方が長くなってしまっている今日この頃。相変わらずLINEの便利さに驚愕しつつ日々を過ごしているのだが、さてこのアプリ、便利すぎるが故の弊害と言おうかあまり好ましくない部分が多々見えてきた。

一つはこれまで散々言われてきたであろう「既読」機能。メッセージを送った側が、相手がそのメッセージを読んだか否かがわかってしまうというありがた迷惑なもので…

 (うーん、何て返したらいいものか…)

この機能の何が迷惑かって、それは伝家の宝刀「ごめん寝てた」が使えない点に他ならない。LINEはメールというよりチャットのようなもので、会話の間隔が短くなりがち。するとどうなるか?返事に窮する様が相手からありありと見て取れてしまう事があるのだ!!

勿論常に携帯を手にしているわけじゃないと言っても、これまで淀みなく流れていた会話が急に止まるのは不自然で、さらに質問と兼ね合わせての進行まで考えるとタイミング的に妙なプレッシャーが掛かるのは事実。これで熱や振動に反応したログイン判別機能(現在この人はLINEを見てますよとか)のようなものまでが付け加えられた日にはもうお手上げだ。

考えてみると僕は電話がすごく嫌いで、それの何が嫌かと言えば行動の制限に他ならない。少なくとも電話をしている間は相手に行動を縛られることになり、それが非常に嫌だ。一時期スカイプなどもやっていたが、やはりこれが嫌で全く触らなくなった。

本音を言うと電話だけでなく、メールを何度もやり取りするのも嫌いである。だからLINEの既読機能は非常にどうにかしたいと思っているのだが…

そして二つ目だが、「新しいお友達がラインを始めました」とわざわざ通知する機能がとても嫌だ。

僕もまだよくわかっていないのだが、どうやらLINEというのは始めると自分の登録しているアドレスの中で同様にLINEアプリを使っている人全員の名簿が勝手に作られるようだ。その人達とは交信が可能ですよというサインなのでこれはいいのだが、困ったことに予めLINEをやってる人には新規登録の通知がデカデカと出てしまう事になる。

既にLINEを登録してる人にとっては交信可能な人が増えた事を見過ごさないためにもこの機能が必要だというのはわかるのだが… 正直、そっとしておいて欲しいという思いがある。

それと言うのもこの機能のおかげか、長年連絡を取っていなかった人達からメッセージが届きまくってここ数日辟易としている。彼らからしたら忘れていたツチノコでも発見したような心持ちなのだろう。無論ありがたい事なのだが、「今何してる!?」と何十回と聞かれるのは堪ったものではない。僕が同窓会に出ないわけを考えてくれ。

特に参ったのが、高校時代に付き合っていた元彼女から十年ぶりくらいにメッセージが届いたのだが、確かヤツは結婚していて子供がいたはずなのに、んん?

 (苗字が…あれ??また変わってる??)

聞けば×イチで再婚していたとかほにゃららとか、あまり聞きたくない情報。メッセージが届いた瞬間の何とも言えぬ甘酸っぱい思いが粉々に砕かれたという点でLINEの罪は重い。

これに追随するかのようにこの数日、知りたくもなかったと思う情報を結構仕入れてる。いや、勝手に向こうからやってくる…

その最たる例がこれだ!!

Screenshot_20140323055447

 (・・・)

 (・・・)

 (・・・\(^o^)/)

画像の伏字の部分に誰の名が入るかは察して欲しいのだが、「○○様ご懐妊」のニュースは僕を絶望させるには十分だった。直前で離婚してないかな?なんてタイムラグ混じりに聞いているだけにその道化っぷりが一層際立つというものだ。

 (それにしても…)

これを本人の口から直接LINEで聞かされていたら、僕は「既読」機能に打ち勝つ事が出来ていたのだろうか??間髪入れずに祝福の言葉を述べる事が出来ただろうか!?言葉で取り繕えても時間の誤魔化しは利かない…

本当に恐ろしい機能だ。

| | コメント (8)

2013年12月28日 (土)

12/28  未練賀状

僕がやり取りする年賀状の中で、毎年一枚だけ異質なものがある。

相手は例の僕が崇拝する女神様だ(詳しくはwebで)。何年このネタ引っ張るんだと思われるかもしれないが、それは僕にもわからない。どうにかしてくれ。

さて、女神様。なぜか知らないが毎年律儀に年賀状を送ってくれて、これは一体どうしてなのだろう。僕がキッパリ彼女の事を諦め理解のある男友達に進化したとでも思っているのだろうか?だとしたら韓国ドラマの見すぎだ馬鹿野郎!

…まあ冗談はさておき、なぜか毎年年賀状が届くので、僕も律儀に返すわけで。しかし相手はもはや結婚している以上、「ただの」「独身の男友達」が延々年賀状を送り続けるのもおかしいなーと思うのですよ。というか、コメント選びが本当大変。

別に旦那公認の仲でもなけりゃあ、近くに住んでて日頃ホイホイ会うような仲でもないし(まあそれはそれでマズいんだけど)、しかし今のやり取りだって十分変だろう。旦那さんに変に勘ぐられたりしないのかなーと、そこのところを疑問に思いつつも、やはり返さずにはいられないわけで。

だって貰うとやっぱり嬉しいしな。

Img_327471_8869591_0

 (俺は未練神拳伝承者だぞ??)

…怪談はさておき、僕が旦那だったらいい気持ちはしないんだけどなぁ。

彼女ももしかしたら惰性で送っているだけかもしれないし、しかしそうじゃないと思わせるところが彼女の良さであり、悪さでもある。

本当は僕さえこんな風に変に考えなければいい話なんだけど、今のところ残念ながら彼女の期待に応えることは出来ていないのが現実だ。向こうは夢にも思…ってたりしたら大層な悪女やね。でも女神様だからなぁ。

 (…宛名に旦那の苗字と名前を書き連ねればならぬ苦痛たるや(´;ω;`))

それはともかくとして、このたび住所が変わった事を告げるのを忘れていて、それを彼女にどう説明したらいいか迷っている。

無論毎年年賀状をくれるのだから、例年の流れに沿って今年も…と予想するのは普通なんだろうが、

 『連絡を忘れてましたが住所が変わりましたよ^^年賀状はこちらへお願い☆』

果たして、こんなメールをする度胸が皆さんにはおありだろうか??

「ただ」の「男友達」で、それも「昔何回も告白してフラれた男」であり、その際「自作のポエムを詠んだ痛い男」で「結婚式に招かれた唯一の新婦側の男友達」でもある僕が… こんなメールを送って問題ないのだろうか?

年賀状の催促のようになるのも嫌なのだが、それ以上の何か、小さからぬ意味を持つメールになったりしないだろうか!?

 (いい潮時かもな…)

旦那さんへの申し訳なさみたいなものもある事だし、ここらでこの変てこなやり取りに終止符を打つ事も考えたのだが、調べてみたら引っ越して一年以内の郵便物は自動転送されるんだそうで。

 (どうしたものかねぇ…)

邪な気持ちを持つ方が悪いなんていわれそうだけど、こういうのって理屈じゃないからなぁ。よく「男と女は親友になれるか」という議論が巻き起こるが、僕は完全に「なれない派」だ。

ほら、今も住所変更を告げたいだけなのに、気付けばメールの文字数が二百文字を超えている。未練が成仏できずに化けて出てきた。

| | コメント (10)

2013年6月15日 (土)

6/15  魚、合コンやめたってよ

 「婚活パーティに行ってきたんだ」

驚きのセリフが魚君のエラから飛び出した。…驚き、何に?ああ、俺らってもうそういう歳なんだって事に。

それにしても合コンに婚活に、魚君は案外こういうイベントにアグレッシヴだ。月に一度はやってる気がする。今回も先輩に誘われて無理やりとは言っていたが、街コンの件もそうだし僕が思っているよりも余程異性に感心があるのかもしれない。というか、それが普通か?

 「でよ、ねるとんみたいに最後にカップルを成立させるタイプのやつだったんだけど…」

そうして、ペラペラと聞いてもいない事まで喋り始めやがった。少し苦笑いしてるところがまた腹立たしい。

 (この出だしで自分が選ばれていないパターンってあるのだろうか…)

それはまるで「え~?私なんて全然かわいくないよ~><」とか、マンザラでもないですよ風女子を連想させる。そういうのはかわいい女子がやるからこその様式美であって、てめえがやると本当に苦笑いなんだよ!!

 「あ、おまえ医者ですとか嘘ついたろ?」
 「言ってねえよw」

聞けば、男9魚1対女10ぐらいのこじんまりとしたパーティだったらしいのだが、昼の部を予約していたのに人数が足らなく夜の部と合同でようやく人数が集まったそうだ。さすがにブームと言ってもそこらかしこに結婚を考える男女が集うとは思えないのでまあ、こんなものだろう。

さらに今回は参加にあたり二十六歳以上という年齢制限があったらしく、そんなわけで周りは三十代の脂ギッシュなメタボばっかり?…というのは僕の想像だが、そこらへんにも魚君が少し魅力的に映る要因はあったのだろう。

 「最後に紙渡されてよ、そこに五番人気ぐらいまで書く欄があったんだけどさ、なぜか俺二番人気に書いた人とカップルにさせられたわ」
 「おまえも三番目とかだと思うよ」

何がしたいのか全くわからないシステムではあるが、さらにカップルが成立しても特に何をするというわけでもないらしい。発表して、それから二人の時間を作るわけでもなく、そのまま解散。帰りの会で○○君が掃除をしっかりやってくれませんと先生に報告するような感覚で、言って、それでオシマイ。いや、帰りの会の方がまだ先生からのコメントがある分だけマシかもしれない。

 「え?連絡先の交換とかは?」
 「いや、それは会場出てから何となくそうなっただけで… 主催者側からは一切何もしてくれないよ」
 「なんだそれ?ムリヤリくっつけてその場を盛り上げただけってか?」
 「なんだろうな」

まあ、ともかく相手側の何番手かはわからないが魚君は一応ドラフトに引っ掛かったのだろう。このシステムだと半分ぐらい名前が呼ばれてもおかしくなさそうだが、実際成立したカップルは二組だけだったそうなので、結構票が偏っていたのかもしれない。

 (…んん?だとすると魚君に票が集中していたという事になるが…??)


…と、先ほどから随分否定的な書き方をしているが、昔から僕らの仲間内で囁かれている謎が一つありまして、それはズバリ

 《魚って本当にモテんの??》

という事。

彼はぶっちゃけ松ケンに似ていると何度か書いた事があるが、それはジャイアンを綺麗なジャイアンにしたようなもので、人類が猿から進化したと言われると「あー、なるほど確かに」、といった具合のこじつけのようなものだ。いや、言いすぎたか。多分もう少し上のレベルだが、せいぜい三代前のおじいちゃんが松ケンの血縁じゃない?といった感じ。

と、まあそんなのどうでもいいんだけど、魚君はこういっちゃ何だがあまりモテるようには見えない。僕が言うなって話だが、同じモテないブ男だからこそわかる事だってある。

確かに彼はイイ奴だし面白いしノリもいいしヒキも強いし、友達にするには最高なんだけど、結婚式で隣には座らせるとなるとちょっと…。そんな相手である。

なのにいっつも、どうしてか知らんが彼女がいる。かわいい彼女がいる。上戸彩に似ている彼女もいた。どうしたのって聞いたらナンパしたんだって。

201212081851000

この話を聞いた人々は皆このような反応をするが、つまりそういう事だ。

ちなみに、中学生以降の魚君の歴代彼女に会った事のある人は仲間内では一人もいない。

いつも携帯の写真。それが謎を呼んでいる。とは言え、大学時代に長いこと付き合っていた上戸彩似の女性は、きっちり三年間分の成長を画面の中で見せられているので「ネットで適当な写真を拾ってきている説」は多少揺らいだのだが、常に自己申告でしか魚君のモテ話を聞いていないのは何にせよ気がかりだ。

今回のカップル成立事件に関しても、あくまで『自己申告』。

 「いやぁ、次のパーティも予約入れちゃったんだよ~♪」

このセリフを聞いた時、サで始まりラで終わる単語が頭に浮かんだが、考えすぎだろうか?

| | コメント (5)

2013年4月26日 (金)

4/26  天王山

気が狂っていると罵ってくれてもいい。

先日、例のあの娘からメールが来た。未練タランティーノ監督のあの娘から。

内容はよくある「メアド変えました☆」的なアレなのだが…あれって毎回返信をすべきか迷うんだけど、「了解」とかだけ送っても向こうからしたら大量にそんな身のないメールがガーっと来たら面倒くさいだろうし…さりとて特に話す事もないしなぁ~なんて考えつつ…

まあそれはともかく、メールが来た。新しいメールアドレスからのメール。大抵は○○@docomo.~が○○@ezweb.~になったりと、会社が変わったものが大半なのが昨今僕に送られてきたメアド変更のお知らせだったのだが…

548961a1

 ○△×0213@docomo.ne.jp

  ↓

 ○△×0716@docomo.ne.jp

106_070121


・・・震えたね。

僕はこれを見た瞬間今は亡き魚君の前で喜びのダンスを披露してしまったぐらいだ。


お解りいただけただろうか?

事の重大さが。

1146755517721

この暗号文を読んでまだピーンと来ていない人もいるようだから説明しようじゃないか。

今回変更があったのは今までのメールアドレスであった『○△×0213@~』の0213と言う数字部分のみ。こいつが0213から0716に変更されている。

では、この数字が何を意味するかと言えばだ。


0213→結婚記念日

0716→例の娘の誕生日


2011070121262024d

結婚四年目を迎えた夫妻の今にしてのこの変更。そいつがよりによって結婚記念日から自分の誕生日へと。夫の匂いを一切合財消し去る意味深なものとくりゃあ…こいつが何を意味するか…いくらニブチンな僕にだって想像に難くはないZE!

Cimg3391


4月27日土曜日。高校時代の友人の結婚式があるのですが、恐らくはそこに彼女も…

Kakugo

批判も罵倒も、全てを甘んじて受け入れよう。仏のウミと呼ばれた僕だが、この日だけは…鬼になる。…なれるかな。…なれたらいいな。

| | コメント (27)

2013年2月10日 (日)

2/10  そうだ街コン、行こう

まるで京都に行こうという様なノリで相棒が提案する。

 「街コンに、行こうぜ」

街コン…はて?と思った方もいると思うので簡単に説明するが、街コンとは「街ぐるみで行われる合コン」の略称である。即ち、ねるとん。って、若い子はもうねるとんなんて言ってもわからないか。ともかく、最近?それが流行っているらしい。

街ぐるみで行うぐらいだ、その主な目的は地域活性化である。地元の若者に出会いを、という感じで街の飲食店を格安で貸しきりにして自由に泳がせるそうだ。行った事が無いのでわからないが、どの店も立食パーティー的な感じで話しやすい環境を作っているのだろうか?

僕の師匠が少し前に友人を訪ね宇都宮に遊びに行った際、偶然その地域で街コンが行われていたらしいのだが、面白そうだから参加させてくれと言っても飛び入りは無理らしく、街そのものを貸しきって行われていたため店に入ることすら叶わなかったそうな。金ならいくらでも払うと言っても駄目だったらしい。意外と管理された集団お見合いなのかもしれない。

 「そんなに行きたきゃ一人で行けよ」

僕はまた魚君が女友達が欲しいとかいう世迷いごとを発していると思い、何度目かになる“男女間での友情は成り立たない”との議論を熱く交わしその提案を一蹴するのだが…

 「参加は基本的に同性二人組以上なんだよ!」
  「なんで?おまえみたいなキモい奴が一人だとペア作れないから?」
 「違うわ!多分、犯罪防止みたいな感じなんじゃねーの?」
 「なるほどねー」

ふむ。しかし考えてみれば女友達が欲しいとのたまい続けてきた魚君にとってこれほどうってつけのイベントも無い。誰かの紹介でなければ変なしがらみも無いし、さらには大勢いる参加者の中から好みの娘を見つけ出して声をかければいいという選択性まで残されている。

 (こちらに越してきてもうすぐ二桁に届こうかという回数の合コンを重ね、未だに知り合い以上の女性が出来ない彼からしたらもうこれしか縋るものが無いのだろう…)

彼も、必死なのだ。

 「でもああいうのってサクラばっかじゃねーの?」
  「それはわからないけど… でも料金もそんなに高くないしさ、サクラだろうが何だろうがガールズバーに行くと思えば安いもんだろ」
 「そんなもんかね?」

結局押し切られる形で三月中に一度行ってみるかという事になりましたが、あまりに地元過ぎても知った顔に会ったり見られても恥ずかしいし、場所選びも考えねばなるまいな。

 (いや、そもそも…)

形式的には一応「ナンパ」をしなければ話が進まないと思うのだが、カイジと魚類のペアで釣れる女性などこの世に存在するのだろうか?そっちの方がよほど心配だ。

 「あっ!部屋…どうしようか?」
 「部屋?」
 「いや、俺が持ち帰ったらお前どこで寝るのかなーって」
 「・・・」

しかしなぜこれほどまでに魚君は自信満々なのだろう?どうしてこれに参加しようと考えたか、その経緯を鑑みればいい加減気づいてもいい頃合だと思うんだけどなー。

| | コメント (7)

2012年2月16日 (木)

2/16  久々の一枚

ズババババっと嫌な音を聞いて我思ふ。

 (…前世で何かあったのだろうか?)

201202152028000

またも天井直前王大人死亡確認。これまでウンともスンとも言わなかったハイワロ小役が急に働き始める魔の時間帯。あまりにもここ最近のお約束すぎて心の準備が出来てたというか…あ、投資二千円分得したなと一瞬思ってしまった自分が情けない。

しっかしそれにしても酷ぇな…('A`)

絵に描いたような「最悪」がこうも頻繁に起こってよいものなのか?ヒキが死ぬほど悪いのは今に始まった事ではないが、ここ最近のは特にそれをあざ笑うかのような展開ばかりで心にくる。天井に行かないのは仕方ない。だが、毎回ほぼ最深部まで連れて行かれて単発終了おつかれ!がほとんどってどういう事よ??その上誤爆は全く無しってんだから嫌になる。最近天井狙いでいくらやられているか計算したくない。

あまりにもホール側に都合の良すぎる展開の続く毎日。さすがの温厚なブタさんもそろそろ疑心暗鬼になってきたブヒ。

 (はぁ…帰るか)

やるせなさに包まれながら142枚を換金しに行くと、換金所で突然声を掛けられた。

 「ちょっとお兄さん」
 「!!?」

正直、換金所で突然声を掛けられて驚かない人間はいないだろう。ましてや時刻は既に20時を廻って辺りに誰もいない。

 (まさか… 強盗!?)

一瞬嫌な予感が頭をよぎるも、振り向けばおばちゃん。見渡す限りのオバタリアン。

 「お兄さん、チョコ食べる??」
 「えっ?」

そして有無を言わさず手渡されるチョコ。

Image_2

これで手作りとかなら事件性もあるというものだが、残念ながらどう見ても端玉景品です。本当にありがとうございました。

 (あ・・・!)

頭にはてなマークを浮かべながらの帰り道、そういえば昨日はバレンタインだったなという事を思い出した。まったく、モテるブタは辛いぜ。

| | コメント (8)

2010年10月25日 (月)

10/25  懇願ッ・・・!!

皆さんがどう思っているかは知りませんが、僕は案外パソコンに詳しくありません。自作パソコンとかそういうハード面はもちろんとして、システム的な面でも知らない事ばかり。

先日、ふとこの「堕落blog似」の前の「堕落blog」、ようするに以前書いたトラブルでアドレスが変わる前のブログにアクセスしてしまったのですが、すると・・・

 >http://umi-umi.cocolog-shizuoka.com/daraku/

 ↑ブラクラやウイルスでは無いので安心してアクセスしてみてください。

とりあえず携帯からは見れないと思いますが、パソコンからアクセスした方ならniftyのエラーページ『アクセスが禁止されています』というページが出たかと思います。

で、僕が何を言いたいのかってのももうわかって頂けたかと思いますが

Naisumegane

この人!!!!

エラーページに貼られたFXの広告に出ているこのメガネ美人さん。

 かわぇええええええ(゚∀゚)!!!

服装、髪の色、ポーズ、髪型、メガネのフレーム、メガネの反射具合、表情、全てがドすとらいく・なう!!!!

You

一目惚れしました。

 (こりゃワイの『美人』フォルダへ保存しなくちゃアカン!!)

が、エラーページの広告は一定時間(5秒)立つとniftyのトップページへと強制的に飛ばされてしまうため、この美人さんとはワンクリックで五秒しか会う事が出来ません。

何とかこの人の情報を・・・と頑張って何度もクリックしても五秒じゃ限界があります。

  (俺はなんて無力なんだっ・・・・!!!!)

人は壁にぶち当たったときに成長するといいますが、まさしくこれが壁でした。以前からパソコンの画面を静止画状態で保存できる機能があるのを知っていたのですが、ようやく調べてみる気になりまして・・・

で、ようやく上の方に貼った女性の写真を保存する事に成功したのです。

技術の進歩はエロい事から、とはよく言いますが正しくその通り。ですが、どれだけ調べてもこの女性の情報が出てきません(><;)初心者にはこれ以上どうしようも無いのです…。


さあ、ここまで言えば僕が何を言いたいかはもうわかりますね?


教えて、エロい人!!! (懐かしいなーw)

| | コメント (23)

2010年2月16日 (火)

2/15  NEON GENESIS MIRENGELION EPISODE:2 INTROJECTION

 ヒソヒソ・・

 「えっ!?男はうみ君一人なの!?で、わざわざ神奈川から!?」
 「うん、凄いよねー」
 「すごいって言うか、うみ君って優しいんだね」
 「ねー。私が逆の立場だったら絶対無理だし(笑)」

 (やさしい・・・だと!?)

披露宴までの少しの間、待合室にて待機していると隣で新婦友人の女子達が僕の話をしているのが耳に入った。優しい・・か。恐らくは君が思い描いてるような綺麗な話は残念ながら転がっちゃいないよ。いや、そりゃ少しも無いって言ったら嘘になる。当然祝福する気持ちはあるさ。でもね、違うんだ。僕はもっと自分勝手な理由で今日、ココへ来たんだ。

そうだな、強いて言えば・・・

Chapter191_2
  
  





 「目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標に・・・」

Eva3007_3






結論から言えば、男の戦いは開始30分でTKO負けだった。想像以上。僕の心は披露宴が始まってたったの30分で折れてしまった。プログラムはまだ四つしか進行していない。そのうち20分は親戚の叔父さんの挨拶だったというのだから、実際のところ折られるまで10分も掛かっていない計算だけどね・・・。全てが想像以上だった。

 「目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・」

何がキツイかって、それは新郎の隣で、スライドショーの中で、僕の知らない彼女を見ること。めくりたかった。僕がアルバムをめくって、小さい頃の写真を見てやーやー言う役になりたかった。眼の前で自分のできなかった事を見せられるのは想像以上にクルものがあるわけで…。

 「目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・」

何がキツイかって、それは新郎がとてもいい人そうな所。新郎新婦入場の時点で泣き始めるなんて、毒抜きにも程がある。涙がいい人悪い人を選り分けるなんて法律は無いけれど、泣いてないよりよっぽど印象はいいものだ。いや、違う。わかってしまったのだ。この人なら間違いないだろうと、僕は認めてしまったのだ。だからキツイ。矛先をいきなり失った。

 「目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・目標にフォーカスを合わせてスイッチ・・・」

何がキツいかって、それは生々しい話をする彼女を見ること。一撃で僕の心を折ったのは馴れ初め動画。

 『子供は欲しいですか?』

 (!!?)

お決まりの新郎新婦へのYES/NOクエスチョン。上記の質問が来た瞬間僕は全身で危険を感じた。

 (これはアカン!見たらアカンでうみはん。)

本能が全力で僕の瞼を閉じる。不幸中の幸い、テロップで進行していく動画だった事が僕を守るハズだった。目を閉じていればそれで大丈夫なハズだった。何事も無かったかのようにやり過ごせるハズだった。

・・・だが、頃合を見計らって薄く瞼を開けた僕の眼球に飛び込んできた次の質問

 

『ではそんな○○(新婦)さんに質問です!ずばり、何人欲しいですか?』


20092122300056









ここから先はよく覚えていない。時折思い出したようにデジカメを構えるらしいのだけど、終始真顔であったとは隣の娘の談。煽るようにビールを飲んでも全く酔わない。酔えやしない。

095












男一人に女六名。こんなハーレム卓に座っているのに全く酔えないぜ。

 
 「生まれてくる子ですか?天然パーマじゃなければ何でもいいです、はい」

ドッ!!

クスクスッ  クスクス

新郎の方、とても真面目な人であった。恐らくは仲間内でも真面目すぎてそこを弄られるキャラなのであろう、司会者が質問を振ると真面目に答えて、でもその真面目さが逆におもしろい・・みたいな空気が会場の笑いを誘う。

  (・・・・・・・)

強がってたわけじゃない。おもしろい事言ってるなと、そう思ったことも二、三あった。けど、僕はこの日一度も笑えなかった。どんな顔したらいいかわからないの。
 

  「僕と○○(新婦)の共通の知人であるAさんが、○○さんは国宝だよと言いました。○○さんのような女性は今の日本じゃとても希少で、貴重なんだよ。国宝なんだよと・・。僕もそう思います。また、そう思えばこそ、僕は国宝を守るために生まれてきたんだなと・・・」

新郎さんは最後にスピーチでこう語ります。

願わくば、自分がその国宝の守り手となりたかった・・・。まずそう思わなかったわけではありませんが、正直これはいいスピーチだなと。他の人が聞けば何痛い事言っちゃってるの?と思われるかもしれませんが、僕は新郎の方の言ってる事に深く、深く同意できました。そして、同時にこの意見を言える方でよかったと心から思えました。

 (いい人だね。本当にいい人だと思うよ。おめでとう、○○さん)

この瞬間、僕は本当に祝福できる気持ちになれたような気がします。

おめでとう○○さん。おめでとう新郎の人。おめでとう、俺。

384ea0a6






チャッチャッチャッチャッチャッーッチャ・・・

まあこんないい方です。最後のお見送りの際も泣きっぱなしで、僕が危惧した君がうみ君かね、コレから(新婦を指でクイっとしながら)話は聞いてるよ ニヤニヤ』なんてイベントは当然発生しませんでした。今思えば、本当は僕はそのイベントを危惧してたわけではなくて、そういう事を言ってくる腐れキャラなら僕も何かと文句を言えるだろうと、そんなひん曲がった根性が欲した願望だったのでしょうね・・・。

096









終わりは始まり。

今日という日が僕の人生の新たなるスタートとなるつもりで…。

 ~次回予告~

羽化直前の感情が眠る静岡駅前カフェテリア「ニール」。極地仕様のうみ弐号機が灼熱の二次会へ挑む。次回「ニジカイ・ダイバー」。・・・は製作者サイドの都合でお蔵入りとなりました。○○さん、本当にオメデトゥ、オメデトゥッ!

| | コメント (15)