« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月29日 (金)

7/29  終末の肩叩き

(暇すぎて)(恥ずかしながら)(なんだかんだで)あれから何度か打ってるんだけど、恐ろしいぐらい何も引けない。思えば今年は年始からおかしかった。荒すぎた。ツカなすぎた。事故も起こした。

一月のラストで日記で僕はこう語っている。

>とても嫌な幕開けとなった2016年。

 ①終わってみれば余剰でにっこりか、
 ②この流れのまま過去最大の地獄を見るのか、
 ③…嫌になって逃げ出すか。

 今の所③が濃厚やな。既に四ヶ月連続欠損。大欠損モード、継続!!



 (答えは②と③だったな…)

去年はそれでもツイてた方だったはずなんだけど、その反動なんだとしたらあんまりだ。今や本当に搾りカスすら残ってないぐらいヒキが無い。弱いんじゃなくて無いというレベルがあると最近知った。今日も最後に絆の6スルーを拾って投資32本回収130枚… 思えば今年絆で一度も勝ってないような気さえする。

絆とサラ番だきゃあマジで海に沈めてやりたい。あと拳王と魔戒と北斗無双とルパンと慶次とモンハ…ンは許してやるが、もう現行機種全て泥沼に沈んじまえ!!!!

Img005091

それでも甘デジなら何とかなるかなーと思ったのが甘かった。

どうせ回し勝負は出来ない時代だし、誰もがそうするように少しでも小ワザの効く台を選んで打ってるのだが、小ワザを駆使する時間すら訪れないまま…10連単ってw。この台は振り分け11%の確変を引かない限り、時短50回+α(残り電チュー保留)中に1/99の初当たりを引かないとSTに突入しないタイプなのだが、マジで引けない。時短中だけ無抽選の如く引けない。11%の確変も当然引けない。

そこそこの台を掴めて午前中にそこそこ出て安心したのも束の間、

Img00510

 (ここ半年ほど、俺が打つと恐ろしいぐらい毎回こうならないか???)

パチンコで何連敗何十万円負けてんだかわからんぐらいになってきた。フラフラになった僕は禁を破り翌日、全てをぶち壊す明確な殺意(ハンマー)を持って北斗無双のシマへと行ってしまうのだけれど(というかそれしか開いてない…という免罪符w)、

780 時短
100+38 時短
100+360 ST2連 6R+4R
130+238 時短
100+

10299752_1383963891853165_1325982_2

こんなデータを喰らってる隣ではおばちゃんがオスイチ一撃3万発。無双のこのインチキ臭さどうにかならんか?そろそろ出禁歓迎の本気台パンができそうだなって時にソレは起きた!

1202915876666

 『えー!これで!?』
 「ええ」
 『はい…』

07738546cd609860bd2c0d7a4828f216

ついに無双の止め打ち(増えてない)でさえ肩叩きのお時間…終わった。完全に終わったよ。時短打ちっぱで710発てアンタw(止め打ちで900発ぐらい)

僕はこれを聞いた後、すぐに辞めて貯玉を全部降ろした。無双以外ほとんど釘が開かない昨今、さらに回らないのに止め打ちも禁止と来たらもうここらで一切パチンコを打てる店はないようなものだ。やっと心理面だけでなく物質面に於いても踏ん切りがついた瞬間である。

 (さようならまた会う日まで…)

今月の収支は実に-19万円弱。欠損53万。初めてパチンコに触れてから最大の負け額だ。

スロはプラスなのでパチだけで30万近く負けたという事になるが、これで今年のパチンコ単体の収支は-60万越え。まさかの7ヶ月打ってのトータルマイナス。確率的にありえるレベルなのだろうか?今年だけで2000ハマリを既に6回ほど喰らってる。勝てない。とにかく勝てない。余剰機種が一つ足りともないし、サミーの機種は触った台全てで負けてるし。

Ginkin1_2

パチの欠損はついに200万を超えて、今年の全体トータル欠損も150万を越えたところである。正直自分でも信じられない。自分が信じられない。

そう。台が悪いとか店が悪いとかじゃなくて、とにかく自分。いくらヒキが弱いと言ってもここまで酷い事はこれまで無かった。今までがまだマシだったと思えるぐらい絶望的な体験をさせられた。生涯でここまで喰らった人間なぞほとんどいないレベルであろう。適当打ちしてる素人が100万負けるのとはワケが違う。

そこらへんの自称ヒキ弱を捕まえて真顔で問い詰めてやりたい。

 「世界よこれがヒキ弱だ!」

数年前の自分にさえそう言ってやりたいくらいだ。ほんとうに最後の最後、筆舌に尽くしがたい史上最大級の酷さだった。

ともあれこれで本当の本当に終わり。8ゾロの日にまた懲りずに川崎王国に行くとかもない。多分。恐らく。きっと。

…と思っていたら、見計らったように疫病神からLINEが届いた。最後のやりとりから実に4ヶ月ぶりである。

Screenshot_20160728122535

 (こいつ、確かパチ辞めるって約束で金貸してねーっけ^^;?)

辞める辞める詐欺に関しては僕も人に言えた義理ではないが…wともあれ窮地は凌いだようだ。これにてスロ狂い魔王完全復活。

Img00513

Img00514_2

俺の分まで頑張ってくれや。

| | コメント (13)

2016年7月25日 (月)

7/25  箱テロ

 「ねえ、ちょっと…起きて」

あらゆる不吉を孕んだ妻の声。基本休日は11時ぐらいまで寝ている僕だが、時計を見るとまだ9時半。寝起き眼でもハッキリわかる、これはよろしくないガレナーだ。

しかし差し当たって妻を怒らせるような事をした心当たりが無い…と言っても大体いつも怒られて初めて気付くのだけど(てへぺろ

 (…さて)

憂鬱な土曜日が始まりそ

Img00505

 「ええええええええ!!????」

一瞬なんだと思い、次の瞬間これが僕のお気に入りの夏物ジャケットであると気付く。これはつい昨日まで紺一色のジャケットだった「もの」。それが今や、廃墟から引っ張り出したような見るも無残な…ってなんだこれ?

 「ティッシュが!ティッシュがぁああ(´;ω;`)」
 「!?」

妻が濡れて萎れたティッシュボックスの残骸を僕に見せる。傍にはジャケット同様チンカス塗れの洗濯物…そうか、ティッシュか。言われてみ

 「ってティッシュ『ボックス』!!??箱丸ごとって事!??」
 「うん(´;ω;`)」
 「えええええええ(;^ω^)」

どうやら未開封のティッシュボックスが紛れているのに気付かずそのまま洗濯機を回してしまったという事らしいが、通常考えられないこのミスも我が家の家具の配置ならありえない事もない。

Img00506

北斗神拳vsGORANのように、我が家では洗濯機の上につっかえ棒を利用した棚を配置し、その上に色々置いていて…ティッシュもここに配置されている。これが落ちたら真下は洗濯層。なるほど、これは不幸が重なればピタゴラスイッチである…

 (しかし…ひどいな^^;)

経験ある人も多いだろうが、ポケットティッシュを入れたまま洗濯をしただけでも結構な惨事である。それが十倍以上の量となるボックスタイプであればどうなるかは想像に難くないだろう。いや、想像すらつかないと思う。普通に生きていたらなかなか経験できる事ではないはずだ。

 (一種のテロだなこりゃ…)

地獄絵図と化した洗濯物の山。週末だったので週で一番洗濯物が多かったのもタイミングが悪かったし、滅多に洗濯しないジャケットを前日放り込んだ僕の落ち目具合も窺えるw。妻は全てのやる気を失い自分の洗濯物をゴミ箱に放り込み始めた。

 「ええ?捨てちゃうの??」
 「あんたやった事ないだろうけど、ポケットティッシュでさえ相当苦労すんだよ?この量は復元不可能だから!未練ないなら捨てた方がいいよ」
 「…と、言われてもなあ」

僕はとりあえずやるだけやってみるかと濯いだり払ったりしてみる。無知ゆえに心が折れないのかもしれない。

Img00507

 (粉チーズまぶしてるみたいだな…)

とりあえず簡易乾燥してから洗面所を締め切ってバンバン叩いてみると一瞬で床が白くなる。炭鉱夫よろしく肺をやられそうな密室、粉塵爆発すら起こりそうなティッシュの舞。これは確かに妻の言う通り舐めていた。ティッシュボックス一箱分という量は想像以上である。

 (ふむ、コインランドリーか)

それでも何とかならんかと洗って乾かして叩いて落としてを繰り返しながらググって見ると、コインランドリーのような強力な乾燥機で回せば案外取れます!との事。

 「それってコインランドリーの乾燥機にティッシュ詰まったりしないの?」
 「どうなんだろ。書いてるサイトでは誰もそんな事気にしてないみたいだが」
 「やめなよー、損害賠償みたいなの取られたらバカみたいじゃん。どうせそういうの書いてる人っちはみんなゴミの事なんて考えてないんだから迷惑かかるような事しないで」
 「そうかねぇ(´・ω・`)」

とは言うものの、自宅で何度か洗って叩いているうちにかなりの量のティッシュが落ちた事もあり、これぐらいなら許容範囲だろうという線まで来たのでコインランドリーに持ってく事にする。うちの洗濯機にはちゃんとした乾燥機能はついてないので藁にもすがる思いだ。

それでも妻は最後まで渋っていたが、

 「これだけの人がやっててそういうトラブルが書いて無いって事は業務用の乾燥機はある程度のゴミには対応できるって事なんだよ!多分!恐らく!きっと!」

僕のこんな説得に勝手にせいや!という感じだったが、事実そのように書かれているサイトが一件だけあったのでいいだろう。なあにかえって免疫力がつく。

 (おうおうおう!)

実際コインランドリーで数十分回してみたらかなり状況が明るくなった。ゴミはちゃんと家庭用と違ってドラムの外に排出される仕組みがあるようだ。よかったよかった。ちゃんと乾くと気持ちのいいぐらいティッシュが取れる取れる♪

この後、最後の仕上げでガムテープでベリベリ取る作業を一時間ほどせっせとやって、何とか見れるようにはなりました…が、

Img00508

気付けば見事に一日ティッシュ取りに費やしてしまったわけで…さらに、翌日謎の筋肉痛。

 (あっ!!!)

どうもこれは手をぶんぶん振ってティッシュを振り落とす作業による筋肉痛らしい。こんなんで筋肉痛になる日が来るなんて思いもよらなかったが、面白い体験だったなぁw 

今度魚君の家に遊び行った時に仕掛けてやろう。

| | コメント (12)

2016年7月23日 (土)

7/23  根を張る先に

たまに行く雀荘の店員の子(♂)にLINEを聞かれた。営業のためかと思いやんわり断るも、聞けばどうやらもうすぐこの店を辞めるらしく…、辞めた後にもセットなど遊びましょうよ~との事。

 (う~ん…LINE教えるとタプ公がバレてそこから足が着く可能性がなぁ^^;)

29

僕のLINEのアカウント画像はご存知世界のタプ公なので、なんだこのキモキャラ?とググれば一発だ。そしてそこからこのブログに繋がるのは火を見るより明らかで、そこで僕の駄目さ加減や偽りのプロフィール、果ては偽名を使ってる事など色々バレて大変面倒くさい事請け合いである。

 (……まあ身から出た錆か)

自業自得と思い観念する。幸い今使ってる偽名は伊藤が佐藤になった程度の可愛いもんだし、昔茅ヶ崎で使ってた鳴海とかいう恥ずかしいものじゃないからダメージは少ない。それらはせっかく教えてくれと言ってくれる人の誘いを無碍にするほどの理由にはならない。どうせ少し親密になればすぐバレる事だ。

そうそう偽名と言えば、東京にいたころ「戸辺」を名乗ってた時期があったのだが、これは馳星周の「煉獄の使徒」という大変面白い作品の登場人物から取った名で大層気にいっていた。戸辺の下は適当に知り合いのオッサンから一文字頂いて「誠」と名乗っていたのだが、後々将棋プロで同姓同名の先生がいると知って以後恐れ多くて使えなくなってしまった。

戸辺(飛べ)とか雀荘で名乗るには茶目ッ気があっていいのになぁ(´・ω・`)

 (それはともかく…)

彼とは僕が元メンバーという話をしたころからよく話すようになり、考えてみるとこれが静岡に戻ってきてからブログや友人知人関係無しに初めて自力で出来た「友人」という事になるのかもしれない。無論まだ客とメンバーという関係ではあるが、数回セットを組むような仲になればもう友人みたいなもんだろう。

僕はこれで案外に友達付き合いが面倒なタイプで、狭く深くを行くため新メンバーは滅多に定着しない。彼はどうなんだろう。この土地に根を張る事になった以上、麻雀のメンバーぐらいは最低限欲しいとこだからこれをきっかけに増えてくれると嬉しいのだけどな。

本当は草野球でも始めてみたいのだけど、それはまだハードルが高い?

 (麻雀のメンツ集めるのとどっちが難しいんだろう…)

そういえば、パチ屋ではついぞ友人など出来なかったなw時折ブログを知ってる方が声を掛けてくれた事はあったものの、それを抜きにして純粋にパチ屋の中で知り合って携帯番号を交換したのって僕が師匠と仰ぐ「かまさん」(この人を知ってたら堕落blog検定準2級)と「さわやか三組さん」(この人を知ってたら1級w)だけである。13年ぐらいの中でこの二人だけである!!

それぐらい僕はパチ屋の中では誰とも話したくない=すなわち薄暗い生き方をしているという恥の概念があったという事なのだが、そういうのもあって軍団が死ぬほど嫌いだった面もあったのだろう。

最近、パチ屋で同級生とよく会う。よく会うなと思ってたらいつの間にか軍団員になってて、そいつが打ち子を使うようになってて…そんなのを数人見かけて辟易としていた。

 (ピンでひっそりやるならまだしも…いい歳して軍団て('A`))

と僕は思っていたのだが、そもそもいい歳してピンも軍団もクソもない。結局同属嫌悪から来る拒絶反応だったんだろうが、もはや同窓会会場の様相を呈してさえいたホールに僕は心底嫌気が差したのだ。

これが東京だったら、一人身の根無し草だったらとっとと地域変えでもするんだろうが、どっこい妻子持ちの地元じゃそうはいかない。会いたい人と会いたくない人がわんさかいる地元ならではの…その悪い部分をモロに受けたという感じだが、それもこれも自らの招いた業。しゃーない、受け入れるしかない。

サミーに40%、同級生に30%、そして自分に40%。嫌気が100%を越えていよいよ我慢の限界だった。そこまで我慢して得られる対価というものがまるで無いのが決定打。むしろこの状況で続けるのだとしたら本気でこれ以外何も出来ないという事だろう。

それを決めるにはまだ僕は若すぎる。終わるべくして終わる時期が来たという事だろう。

今週、ボーっとホールを見て回ったが無双を無視して一体どうなるんだという結論。エナ出来る台なんてほとんど無い。稼動を埋めるためにはパチンコが必須なのだが、そのパチンコは月に数度しか開かない。では無理矢理打つなら…無双しかないが…という負のループはいい加減終わりにしよう。

それでも何とかなりそうな甘デジを打ってみたら…

Img00492

Img00494

 (そうだった。俺が一番辟易としてたのはこのヒキだった)

74%継続の右打ちフロンティアモードが… 3連、3連、即死、即死、即死、即死という嘘みたいな展開。これが当たり前みたいな世界がどうにかしてる

2013022518140000_3

終末はハンマーを買いに出掛けなきゃ。

| | コメント (22)

2016年7月19日 (火)

7/19  SMILE

娘が付録が欲しいのだなんだので、「なかよし」という雑誌を買えと言う。

 (なかよし…ついに来たか!)

今の子にはもう当てはまらないかもしれないが、女子の「なかよし」「チャオ」「リボン」と言えば我々男子の「コロコロ」「ボンボン」に匹敵する幼少期のバイブル。男社会に生きてきた者にとって名こそ聞いた事あれど、その存在が謎に包まれた雑誌である。とまあそれは逆も言えるのだけど。姉や妹のいるヤツの家に行くと置いてあったりしてドキドキしながらチラ見していた幼き思い出。

しかし単に女子版の「コロコロ」や「ボンボン」と言うなら分かりやすいのだが、どうもネットで見聞きする感じ…最近の女子向け雑誌にゃ多少オマセな記事が載ってたりするとかしないとか。。酷いとこだと中学生向けの雑誌でフェ○特集…なんて記事も記憶に新しい。

さすがに小学生向けの雑誌にそこまで載って無いだろうとは思うが、とにかく最近の女性誌には何が書いてあるかわかったもんじゃない…という偏見の元、買うのを渋ったのだが同時に調査せねばという思いを持って購入してみた。

Img00501

 (ちょっw)

読んでみると中々ぶっとんでいて面白い。少女漫画はたまにつき抜けておもしろいギャグがあったりするから侮れない。

有名所で言えばこんなのがある…

2cached

E89b8873

9f3c154f

少女マンガというジャンルが少々謎に包まれた部分もあり、これらが果たしてどこまで天然なのかわからない辺りが最高なのだ。シュール系は突然真顔でやるからこそ面白い。

一方で、やはりというかこの手のギャグ系は異色なようで、連載の大体が恋愛物で占められていて…キスシーンなどは割と普通に出ていたのでそれらをどう取るかなんだけど… これも少年ジャンプやマガジン辺りの風紀の乱れに比べりゃかわいいもんなのか。 あっちは本当に酷いしな。

 (ま、今回付録が欲しかっただけみたいだから大丈夫か)

Slider2016080001

娘はマンガはどうでもいいらしく、付録についていたヘアーアレンジキットのようなものにキャッキャウフフしているし今回は大丈夫だろう。というか、本当にそういう事を心配するならまずインターネッツに大幅に制限を掛けるのが先だろうぜ。

 (っと!)

話は変わるが、なかよしを見てて驚いたのが世に大量のロリコンを生み出した始祖とも言われる「CCさくら」が今さら新連載していたという事。原作を知らんのだけど、中学生になったさくらは…みたいな前置きとまだ第二話だった点からして続編なんだろうな。

お生憎様、僕にそっちの気はないので良かったものの、娘を隠れ蓑に大きなお友達がCCさくら目当てになかよしを買ってたりするのだろう。

というか、敢えてここで連載するなどなかよしもそれが狙いなんじゃないかとしか思えないが… 相変わらず少女漫画畑は謎が多い。


F577266c78205c9c9c3428989f9ecd08


漫画の話ついでに、最近「ブルージャイアント」というマンガを読んだら物凄い面白かった。現在連載中で、こないだ遅ればせながら読んで大変感動した「岳」の作者である石塚さんの作品だったため迷う事なく一気借りして読んでみたが、三連休を彩る期待を裏切らぬ出来だった!

音楽漫画ってジャンルは実際に音色を出せないので、演奏されている「音」をどう漫画の中で表現するかが最大の課題と言っても過言ではないと思うのですが、この作品から伝わる迫力はなかなかのもの。

255a2ab98abcfcd18e8a548a9aa73416

25c86b4f

音こそ聞こえないが、聞くキャラ達の衝撃は伝わってくるし、背景を描いて後の演奏にはそこに大きな感動も付随する。正しく心震えるというやつで、この手の漫画で泣きそうになったのは初めてかもしれない。

悪いがここらへんの表現は完全にBECKを越えていると思う。

O0640048010689401009

 (まあハロルド作品は雰囲気漫画だからそういう場所で勝負してないんだがw)

Kai

ピアノの森なんかも、今にもその澄みわたる音色が聞こえそうなほどの凄みを当初は感じたんだけどな~…

しかしこれらは楽器やジャンルの違いもあるかもしれない。ジャズという題材の持つ迫力がそっくりそのまま漫画で表現できてしまっているからこそ本作は名作なんだろう。

恐らくはこの作品、映画化されたりするんだろうが、その一番重要な音の問題をどう表現するのか…

59448290

どうか日々ロックのようにならない事を願うばかりw 

| | コメント (9)

2016年7月14日 (木)

7/14  最後の獲物

幸せなんだろうなと思う。

Img00490

日曜日の登山…とまで行かないが、近くの山へとハイキング。幸せそうな家族の笑顔に囲まれて…恵まれすぎているとさえ思ふ。

Img00488

そうなのだよ。俺のような者がこの光景を手にするのは過ぎた事だと時折思う。

 (だからこそ、あのような歪が生まれるのではあるまいか)

これは単なる僕の持論に過ぎないが、もしも個人の持ちうる幸福が有限だとするならば、全てにパロメーターを割り振る事はきっと出来ない。僕はギャンブル運を極限まで下げる事によってこの素晴らしい光景を手に入れているのかもしれない。

…そう思わんとやってられないw

だが空虚。胸にぽっかり穴が空いたようなこの喪失感。

あの日から何もやる気が起きない。十数年来の緊張の糸が切れたのか、はたまた怒りメーターが振りきれた反動なのか、それとも心がついにやられちまったのか、なんにせよまるで活力が湧かない。

Img00481

せっかくの楽しい楽しい、あと2~3年したら洗濯物を別々に洗えと言われるであろう可愛い娘との七夕デートのときでさえ、どこか上の空の自分がいる。

Img00485

 (野郎共、皆殺しじゃぁああああ!!!)

どうやら殺意に欠けている。僕らのような人種は一般社会に生きる人々にはおよそ使う場所のない、カッカした闘争心のようなものが無いといけないとは麻雀放浪記第三部内での阿佐田先生の談だ。

怒りが足りない。

ずっと憎み続けてきたサミーとの決別のせいなのだろうか。好敵手を失った喪失感、そして辞める事によって欠損を『確定』させてしまう現実の辛さ。

僕は次のステージで一体何に対して闘争心を燃やしていけばいいのだろうか。

それが今現在、見えてないのだろう。


 (!!!)

週明け、遠い店から徐々に貯玉を降ろそうと回っていると、モンハンさんが手招きしている。そういえば今年まだアマツ引けてないっけな。最後に引いたのが去年の一月で、今年も既に10万ゲーム回してるので恐らく30万ゲームハマリくらいはしてると思う。

別に引退!絶対打たない!って言ってるわけでもないし、生きてるうちにアマツを最後に引きたいもんだが…

 (そして二台打って二台ともド天井行ってド単発でドクソ負けしたわけだが(´;ω;`))

何気にパチの影に隠れて目立たなかったが、モンハンもここ二ヶ月で5000枚ほどやられてるぐらい手も足も出ない状態。昨年末の不調クラスの凹みっぷり。

いい時はこれほど楽しい機種はないけど、悪い時のイライラもこれ以上の機種はない。

2013092917490001

【2016 モンハンデータ】
通常総回転数   60210
ボーナス+準備中  35890+9100(大雑把に)=44990

差枚 +16050枚/105200ゲーム = 機械割 105.01%

ビンゴ  56/145 (38.6%)
ジエン 8/14  (57.1%)
剥ぎ銀  73/131 (55.7%)
剥ぎ虹 59/24(3 8 1 1 1 1 1 4 1 1 1 1 5 2 8 8 1 1 4 2 2 1 1 2 (平均2.46個)
大連続  73#1   92#2
激アツチェリー 11/105200 = 1/9557.3

ペッコ    96戦 51勝 (53.1%
ボル      88戦 44勝 (50.0%
ギギ      107戦 48勝 (44.9%

レウス   72戦 43勝 (59.7%
アグナ   75戦 38勝 (50.7%
ナルガ   83戦 37勝 (44.6%
ハプル   82戦 36勝 (43.9%

ティガ       46戦 21勝 (45.7%
ドボル      57戦 28勝 (49.1%
ガンキン   38戦 26勝 (68.4%
ディア       38戦 19勝 (50.0%

金レイア      17戦 9勝 (52.9%
イビル          7戦 3勝 (42.9%
ジンオウガ  104戦 64勝 (61.5%

 トータル  910戦  467勝 (討伐率51.3%)

4月くらいの調子が良かった時のデータと比べると本当にヒドイ。そこから3万ゲームちょっと回して差枚数が驚愕の-300枚だ。合間に設定6濃厚台を打ったり、以前より打ち出し基準を厳しくしたりしてるのにも関わらず結果は全くついてこない。それでもこのアホみたいに荒い台でトントンレベルに収まってるんだから、やはりエナの効果はあるんだろうな。試行で均すを体現しているわけだ…

 (・・・他の台ってこうして何だかんだある程度収まるのに、やっぱサミーっておかしいよな)

恥ずかしい話だけど、いざ貯玉を清算しようと思っても、近場のホールでは「それをする事」が損な事のように思えてなかなかふんぎる事が出来ない。遠くのホールは割り切る事は出来るのに。

 (何だかんだまだ勝てるんだもんなー)

常々書いてきてるが、こういう生活が長いと暇な時間においしい台を探すのが癖になる。次第にソレは強迫観念のようになり、拾えたらおいしいが拾わなきゃ損という風になっていく。

今僕が素直に近隣店の貯玉を清算できないのもこうした理由があるからだろう。いっその事順番を逆にして、「貯玉を清算したから今さらやるのも損」という風な状況にしてしまうのも手なのだが、なかなかどうして人は簡単に「利」を捨てる事は出来ない生き物…

ただ、思えばそのおいしい台という存在そのものが無くなった事も潮時を感じる一因だったはずだ。心配せずとも「ホールに行かなきゃ損」が「ホールに行ってもどうせ無駄足」になるまでそう時間はかからないだろう。現に今だってそのようなものだ。

だとすれば今はロスタイムのような時間。どれぐらい残されているのかわからないが、願わくば…アマツを。アマツ引くまで帰れま10!

| | コメント (12)

2016年7月10日 (日)

7/10  散り際も…詐欺

7/7、朝七時に家を出る。別にゲンを担いだわけじゃないが、片道1時間30分かかる店に行くのだ。

近所のマル恨には前日の12時(昼の12時だぞ!?)から、並び順で整理券を配布していたらしく…夜中にはその列は500人を超えていたとか何とか。これは去年も同じような事があったので予想してたし、去年も地獄絵図だったのでそこもまた予想通りになるのだろう(事実そうなったw)。経験が僕をそんな店には行かせない。

吟味に吟味を重ね、片道1時間30分かけ信頼できる店へと赴く。もはや刀尽き矢折れ運が消え去った僕には足を使った立ち回りしか残されていない。

そうして辿り付いたお店で打つ台も既に決まっている。

 『北斗無双』

無事確保。前にいた200人ほどはスロットルに走る若者ばかりで、30分前に到着しても取れるというのはわかっていた、後は釘を見て判断…ウム。予想通り開いている。僕に出来る事はここまで。人事は尽くした。

後はこの台がどう転ぶか、それだけだ。

Img00476

ちなみにここ最近北斗無双で負けまくっているとは前回書いた通りなのだが、今日それを敢えて選んだのは半ば意地もあるのだが、ぶっちゃけこの台しかもう開かないからというのもある。

現に吟味して来たこのお店も、無双以外はお通夜みたいな釘状況で… ガロ、ビッグドリーム、慶次、拳王まで…みんながみんな死んでいる。そうして周りを見渡せばいつの間にやら新基準機が一定の割合を占めていて…しかしその新基準機達のスペックの辛さと釘の開け方は「そうでなくてはならない」レベルにすら達していない。

まわるんスペックが出た当初に実証された事だが、どれだけスペックがキツかろうがホールがそれに準じた調整にしてくれるかは別問題なのだ。哀しいかな、打ち手の無知に付け込んでハイボーダー機種さえ従来の台と変わらぬ調整にする鬼畜のような所業が目立つ。

ホールの良心に期待する時代はとうに終わっているのだ。

北斗無双はそんな新基準機の中で唯一なんで検定通ったの?と言わんばかりの超ローボーダー台。こいつしか打てる台がない現状、今後こいつを打てないなら廃業待ったなしなのである。

だから今日は覚悟を持って望む。ここでの結果がどうというわけではないが、ここ最近のクソ負けで心底嫌気が差し、かつ疑心暗鬼になってる僕に、せめて一筋の光明でも照らしてくれるような事でもあればまだ…

Img00458_2

禍々しい闘気(オーラ)を放つ0-0-0回転台。頼むぜ、せめて一番左のゼロは動いてくれ。

E688a6e381a3e381a1e38283e9a784e79ba

ビクビクしながら投資開始。ここ最近の履歴が

174      ST ?
(1       ヘソ落ち時短
100+988+324 ST2連 6R+4R
130+1817   時短
100+1774   ヤメ 

なんて状態なので、今日はとりあえず初当たりが欲しい。出来れば貯玉制限である2500発以内に…

そうじゃなくても確率分母以内ぐらいには…と、言ってる間に貯玉制限の2500発=一万piso分は消化してしまったが、回りの方は目論見どおりよろしい。

最初の一万piso分で239回転!

無双はムラが凄いのでまだ安心出来ないが、それでも回らん台でこの数値はなかなか出ないし、玉の動きもムラっぽくないしで一安心かな。

 (さ~て、どこまで連れてかれるかな…)

Img00459

 (・・・うーん)

初当たりは482回転。遅いんだが最近を思うと早い…がやっぱり遅い。

実に宵2356回転ぶりの大当たりにほっとする…も時短。が、まあいい。ここまでハマるともはや当たる事が大事。投資も貯玉2500発+10.5pisoなので、今の所23.5/kぐらいはある感じ。この回りなら大丈夫!

Img00460

そう、当たりさえすれば何とかなるんです!

482  時短        
(+52 引き戻しST2連 4R+(4R-1)

てなわけで、時短中に引き戻したもののSTでは4Rを1回追加して…、って引き戻しも4Rだったので振り分けに負けて当たったのに若干イラつくスタートも、まあええ。初当たりフラグを2回も引けた事が今は重要。そうさ、いつまでも悪い目は続かない。

Img00461

 (おうよ!)

波が来てるのを感じる。持ち球で繋がる嬉しい嬉しい165回転目…つまり、ST抜け後35回転で大当たり。先ほどの時短中も52回転での引き戻しだったし、どうじゃ、初当たり確率のしゅうそく()が来とるでぇええ!!

Img00462

 (う~ん…(;^ω^))

130+35 ST4連 6R+(4R-2 16R-1)

伸びない。6千回転ぶりぐらいの16Rを1発追加したものの、やはり4R2回と振り分け負けしてSTもショボ連で乗り切れない… 押せ押せムードが一転いや~んな感じ。

 (だが、この持ち玉で超久々のプラス域だ!)

今日に懸ける気合いが台に伝わってくれたのだろうか。

ここで一端気分を落ち着かせるため昼食を取る。『くさなぎ署のデカ』という、静岡のローカルグルメ番組で紹介されたお店が近くにあって、先週たまたまその放送を見た僕はこの日そのお店で昼食を取るのを楽しみにしてたのだが…

 (馬鹿な…木曜定休…だと!?)

徹底的に噛みあわない。嫌な予感しかしない。

台もそれを敏感に感じ取ったかのように休憩から戻るとあっちゅう間に持ちダマは尽き、気付けばいつもの見慣れた風景。四桁峠。

Img00463


・・・

・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

20100324064207


 ~10年後~


Img00464

 ( ('A`) )

次回予告を2回、金保留を1回、神拳ゾーンを3回とやりたい放題外れてくれて、最後は赤保留のわけのわからん予告から突然ゴランキリンタイトルという演出がまるで無意味な当たり方をされ…当たったのに腹が立ったくらい。

にしても本当にこの台のハマり方がエゲつないというか…直近6回の当たりのうち4回が1000越え(1412-1817-2356-1279)ってさすがにこれは色々思うところがある。STの暴れ方にしたってそう。サミーの台は確率のブレが数学的にありえない範囲に及ぶ事が多すぎる。上にも、下にも。僕の場合極端に下ブレばっかだけど。

 (はぁ、)

この当たりは時短だったがもう正直どうでもいい。

心は折れちゃいないが、もはや萎びて折れる程の硬度を保てていないだけだ。芯がもう無い。僕のパチンコに対する信頼・愛情・気概…それらの芯は一切がこの半年で消え失せた。それだけの事だ。

ここから先は惰性のようなもの。別れを告げる最後のデート。

Img00465

時短抜けて47回転。お詫びというように、すぐに謎当たり担当の一撃当千チャンスから当たるも…時短。

Img00466

 (!!!)

この時短2回分の持ち玉で次のSTに繋がるとは思わなかった。まだ投資は2500玉+50pisoちょい。無双の爆発力なら一撃でまく

Img00467

 (くたばれよサギー^^)

希望を見せておいてからの~、痛恨のSTスルー。なんかもうこうなる気がしていたが上げて下げては腹立ちが数倍増しだ。いや、この期に及んで期待した俺が愚かなのか…

 (さて)

時刻は間もなく19時を過ぎる頃。普段現金投資だとこの時刻に終わったりするのだが、さすがに今日は最後の覚悟を持っているし、台もそこそこ優秀だしでもう少し頑張るかという気持ちになる。

書き忘れてたが回転率の方はこの時点で23.2/k。右は止め打ちをして減らない程度だが、隣に座った軍団は100回転で+10玉ぐらい増やせてたので少なくともマイナス調整ではないと言う感じだ。にしても必死に止めて減らさないようにする時代だもんな、本当に終わってる…

Img00468

当たらぬまま時刻は19時50分。

さすがに追加で現金投資するには厳しい時間で、ちょうど一万円札を使いきったキリのいいところだったので通常ならヤメるところ…だが、恐らくこれが最後の闘い。ならばせめて確率分母ぐらいはと千円札を三枚用意したその時最後の見せ場がやってきた!!!!

Img00470

 (!!!!!)

130+300  ST
 
せめて確率分母まで…というオカルトにも似た謎の追加投資が生み出した奇跡。否が応にも期待は高まる。

投資は現在2500玉+62本。約18000発出せれば捲りだけど、ここまで来ると出たからどうというわけでもない。この展開全てが、ここに至るまでの全てに僕は嫌気が差しているので…場合によっちゃこれが生涯最後のSTになるかもしれない。

Fxcam_1348215433027_2

それでも、出てくれるに越した事はないし、せめて最後ならば楽しみたい…

ゆっくりと、噛み締めるよu




Img00471


 (ちょっっ!!?嘘だろ???)

噛み締める間もなく、ST1回転目、まさかの超弱い予告からテンパイ。って、これヘソ保留だろ??さっき金保留の隣にあった通常保留だろ?ここで引く??それを引く????ソレ即ち『ヘソ落ち』って事ですかぁぁ??

E381a6e38281e38188e38289e381aee8a18

 (やっていい事と悪い事があるだろ…)

前回STスルーしてのこの仕打ち。ちょっと前に金保留でヘソ落ちという悲しみを背負ってのこの仕打ち。ここ一ヶ月ちょいで9万発やられてる台でこの仕打ち。

悲劇で喜劇で皮肉で鬼畜。

20121119003150_2

 (はいはいわかりましたよ・・)

これを見て、心の底から乾いた笑いが出た。

Img00474

嘘みたいな話なんだけど、最後のSTは勝負すらさせて貰えなかった。またも幻闘ラッシュ100ゲーム(時短)で終わり。引き戻すわけもない。

この1回だけならまだしも、ここ最近の一連の流れでのコレはもはや天の意思とでも言おうか?何か大いなる意思がもうこんなクソみたいな遊戯は辞めろと言ってる気がしてならなかった。巡り合わせが悪過ぎるというか、ちょっとありえないくらいにツイてない。

最後の最後までこんな目に合うという、最高に皮肉な結末。

さすがにぶん殴る気も持ち玉を打ち込む気も失せ、即ヤメ。地球上で一番サミーと相性悪いんじゃないかな。

Img00475

482    時短    投資2500玉+10.5p
(+52   引き戻しST2連 4R+(4R-1)
130+35  ST4連 6R+(4R-2 16R-1)
130+1280 時短      追加37.5p
100+47  時短
100+122 STスルー  追加1p
130+300 ST2連 6R+6R *ヘソ落ち時短  追加13p
100+7   ヤメ

  【7/7北斗無双データ 】
  通常2270+時短358回転=総2628回転 
  通常確率状態での初当たり7/2628 (1/375.4) 
  ヘソ振り分け→ST3:時短4(
時短中引き戻し 1/3)
 
  ST連  5/4回 平均連 1.25連
  (1.3.0.1*消滅

  ST中当選確率 5/644=1/128.8
  電チューR振り分け (4R-4 8R-0 16R-1)

 投資 貯玉2500+62本 
 回収 1800発


Sinketusyuu01_2

ある意味で諦めのつくラストだった。

初当たり、振り分け、連荘率全てが引き負け。この十年嘘みたいな事ばかりだったけど、そのほとんどが自分にとって都合の悪い事。これが昨今のパチンコ(特にサミー)であったが、その集大成と呼べるような最後に愛想を尽かすには十分過ぎた。

店も、台も、ヒキも、終わってる。

Img00477

Img00478

とくにこの半年の終わり方は半端じゃない。もう僕はこのパチンコという遊戯を信じられない。僕のヒキか台か店か知らんが、とにかくもう信じられない。

僕が皆さんに言える事は、サミーには近づくなという事と、それから… 

Baku4

わからない人には一生わからない問題だけど、結果論として確実にそれはある。数字を信じる事は大切だけど、決して数字通りにならない人もいるのだ。いつあなたがこちらの世界に迷い込むのかわからないが、心構えは必要だろう。

今年のここまで半年のパチンコ収支はトータル-49万6千円w。欠損金額は188万4千円という結果に終わりました。パチのこの結果は初めてハンドルを握って以来の生涯最低のものでしたが、その大半がMAXスペックとサミー機種による欠損でございます。正直まだまだ勝つだけなら出来るとは思うのですが、満足行く収支はもう残す自信が…というか、ヒキの弱さを腕でカバーできないレベル・環境に来たので諦めますと潔く敗北宣言しましょう。

というより、
17_22jpgpagespeedceaxcna_ezwo


この理不尽が別の分野で返って来る事を願って…  ~fin~

| | コメント (20)

2016年7月 7日 (木)

7/7  限界

ついに北斗無双の収支がマイナス域に入った。

つーか、前回130+1837ハマり単発を喰らったその後…またも日跨ぎで1800ハマリを継続中だ…。なんなんだこれは?以前牙狼ファイナルでも似たような事(1832→3218ハマリ)はあったし、乙女3でも1689→1302ってのはやった事があるが・・・

 (なんなのこの茶番は)

この予定調和のような余剰一気食い。俺はサミーの台を打ったら全部こうならなきゃ駄目なの???メーカーがメーカーだけに不信感が拭いきれない。

無双の収支は一番良かった時に+6万発ちょいあったのだが、現在-2万発弱ぐらいに。実に一ヶ月で8万発近くやられているわけで…

 【北斗無双データ 6/7現在】 
 通常総回転数 8396  
  初当たり26 (1/322.9) ヘソ/ST16:時短8
                時短中引き戻し 2/8
 
 ST連  63/18 平均3.5連 
(8.1.16.1.2.0.1.0.0.0
  3.0.5.3.20.3.0.0    

 ST中当選確率 63/5175=1/82.14
 電チューR振り分け (4R-23 8R-6 16R-36)



これが一番よかった時のデータ。下に貼るのが現在のデータなのだが…


 【北斗無双データ 7/5現在】 
 通常総回転数 27131  
  初当たり67 (1/404.9) ・ヘソ/ST30:時短31
                ・時短中引き戻し 6/31
 
  ST連  141/36 平均連 3.92連
  (8.1.16.1.2.0.1.0.0.0
    3.0.5.3.20.3.0.0.3.9   
     10.1.7.3.2.11.1.16.2.0
     1.1.0.8.2.(消).1

  ST中当選確率 141/11091=1/78.6
  電チューR振り分け (4R-60 8R-7 16R-80)



これだけだとわかり辛いと思うので、この期間の分だけを抜き出すとこうなる。

 【6/7~7/5 一ヶ月データ】
 総回転数18735 / 初当たり41 (1/456.9)
             ST14:時短23 (引き戻し 4/23)

 ST 78/18 平均4.33連 
  R振り分け (4R-37 8R-1 16R-44)


ひどい。ひどすぎる。

まず初当たりが18回足りず、ST突入率や右打ち時のラウンド振り分けも全敗。さらに前回書いたようにSTを1回転ヘソ落ちで…それも1/319フラグを使って見事に消滅させており、その直後の履歴がコレだ。

174      ST ?
(1       ヘソ落ち時短
100+988+324 ST2連 6R+4R
130+1817   時短
100+1774   ヤメ  

実に三連続1000越え。MAXでもこんなの経験した事ないっつーの。なんでこんな事ばっか起こるんだよサミーは。

もうノイローゼになるぐらい何も当たらない。この台のつまらなさを我慢して打っているが限界だ。つまらん。つまらん以上に悪意のあるハズレが多すぎる。なんで強先読み+377図柄先読み+タイマー三つ待機からの次回予告金+金保留元斗赤タイ赤セリフ奥義無し緑七星→赤七星の緑CIが外れるんだよ。ってなんでここまで盛っといて最後緑CIなんだよ!!!

ここまでも散々アホみたいなハズレを見せられた後だったので、コレを外した瞬間に牙狼剣をもぎ取ってそれで台を叩き割ってやろうと思ったら、埼玉の方で本当にそういう事件があってワロタ…が、今は気持ちがよくわかる。もう駄目だって。これは遊戯じゃないよ。おかしい。今年に入ってから本当におかしいよ。

タイーホされたオッサンはどういう理由があったのか?どうやら牙狼を成敗したらしいが、どうせなら北斗にしろよ。サミーの台こそぶっ壊すに値するだろうよ。


…てなわけで、結局北斗無双もクソ欠損を抱える羽目になりました。下げて上げて谷底から付き落とされた感じなので怒りも一入です。

これにて今年打ったサミーのパチンコは全部マイナスだ


拳王百裂、無双…おまけを言えば慈母もビッグドリームもそう。

全てが全て大欠損中で、一台たりとも公表スペックの数値で引けていないのはいかがなものか。遡れば剛掌も覇者も全部足りなかった。生涯で北斗シリーズでマトモに引けたのは二代目の連発タイプの伝承、それから初代百裂だけだ。蒼天も含めて北斗シリーズの欠損は一体何百万になっているのやら考えたくもない。

これでもまだサミーを疑うなというのか?打つ台打つ台全てが人智を超えた挙動を示すメーカーの台を一体何時まで確率上ありえるなどと言葉を濁さなければならないのか。

もう誰が何と言おうと相性で済ませていいレベルじゃない。他の人が普通に引けているというのが僕にはまるで信じられない。僕よりサミーにガミを喰わされている人間がいたら会ってみたい。

…しかしこの期間、何も無双だけじゃなく他の台でもやっぱりクソ負けしているんだから…というか、今年のパチンコ全てでヒキ負けてるんだからただのヒキ弱のような気もする。いやいや、訂正。さすがに「ただの」ヒキ弱って事はないわな。真面目に日本一のヒキ弱を名乗れるレベルだよもう。ここまで引けない人間見た事ないってレベルに来ているんだが急にどうしちまったんだマジで???

2013071410390000

それとも騙し騙しやってきた僕の搾りかすみたいなツキもいよいよ尽きたって事なんでしょうか。

Img00440

Img00441_2

 (この台STスルーしすぎだろ('A`))

421~ 
1350   STスルー
130+670 時短
100+292 時短
100+7  ヤメ

北斗に負けじと昨年末からマジでこの機種の欠損もヤバイ。つーか慶次もヤバイ。拳王もヤバイ。ガロもヤバイ。ヤバくない機種が一つもない。何気に北斗無双はあんだけ酷い目に合いつつもまだちょいマイナで、今年の負けの90%はMAXスペックが戦犯なのだ。今年打ったMAXは一機種足りとも勝っていない。足りてないじゃなくて一機種だってプラスの台が無い

そうか、サミーだけが悪いわけじゃなかったんだ。


 …じゃあ、俺が悪いの(´;ω;`)?

→そんな理不尽な話ってあるの?

→納得行くわけねーだろ

→ふざけんな!絶対均してやるからな!



→GYAAAAAAAA!!!!



端的に言えばこれが僕のパチ人生の全てであった。理不尽な大欠損の連続に納得いかず打ち続けたらさらに欠損を重ねてしまったわけだ。

しかし、そんな僕でも短期でここまでヒドイのは初めてだ。どれだけありえないと思っても、この世界の理不尽さはまだまだまだまだ底が見えない。

初心者はオカルトから入り、中級者になって数字を語り出し、上級者になるとどれだけ数字通りにならないかを悟り…オカルトを楽しみ、数字に縋り、数字を疑う。この繰り返しだ。

だがこの輪廻も終わりは近い。理論値の限界を超える勢いでヒキ負けている最中。臨界点はすぐそこだ。

今現在、全国で一番パチンコで引けてない自信がある。まるで最終回が迫っているかのようなこれまでにない緊迫感が僕を包む。とにかく普通じゃない。普通じゃありえない。

非日常は長くは続かない。少なくともこの非日常は長く耐えられる類のものではない。

Keiji13_2

MAX規制が発表されてからの負け方はさすがに異常だ。

見ようによってはここ最近のそれはまるでヒキ弱の走馬灯のようでもある…

 (気付いてないだけで、僕はとっくに死んでいるんじゃ…)

10af5f25_2

Cf17bb18s_2



Img00407

1370で全回転フリーズ引いて120枚。

Img00437

初めて事故るかと思ったが単発。

Img00406

初の剥ぎ取り中の激アツチェリー!!…も恩恵のGで単発って…すげえ損した気分(´;ω;`) ここんところ勝率40%切っててクソ負け中。

Img00451

これは語るべくもない。

Img00402

なんでド平日にカイジが変更かけられてんだよ!!??なんで俺がそれを掴むんだよ!!!!なんで最深部なんだよ!!!!!

Img00405_2

なんで二日連続で変更かかっててそれを俺が最深部まで回さなきゃいけないんだよぉおおおおお!!!!!!!


っていうかまさかの高設定上げ→下げの二日間だったのかな?ハーデスの900とか凱旋700が据えだったのにこのカイジが二日連続で変更がかかっていたのが謎過ぎる。

とまあ、最近パチだけじゃなくスロもラストスパート的な感じでヒキ弱が加速している気がする。

七月、早くも-18万。先月も30万ちょい足りてないのだが、もう駄目かもわからふ

 ふぅあふぅあ!!

Img00453

 (!!!!)

不貞腐れながら鬼浜を回してたらすんごいのを引いた。確かボーナスの1/169だっけ?さらに超レアな222越え…

上にも下にも一体どうなってんだよ今年のヒキは。

Img00457

 (やっぱ鬼浜ヤデ)

これでもまだ今月マイナスなわけだが、しかしスロはなんだかんだで引くべき所は引けているのに、パチンコだけが異常に異様にとにかくアホみたいに引けてない。連日の大負けでパチの年間収支が-43万で欠損額は-180万突破… 適当に打ってる人ならともかく、人より良い台掴んで必死こいてこの結果は正直 あ・り・え・な・い。

さすがにおかしくねえかこれ?ハンドル握ってるだけの遊戯でどうしてここまで差が出るんだ???

005

本当にもう駄目だと思う。長い事打っててここまで絶望を感じた事は三度目だ… 7/7に北斗無双で負けたら生涯渾身の台パンを決めて終わりにしようと思います。

 次ィ~回!堕落の拳! 「地上最低の運 (白文字)」

俺はもう、死んでいる…

| | コメント (17)

2016年7月 4日 (月)

7/4  地の底

牙狼を筆頭とするV-ST機のシステム上の宿命として「ヘソ落ち」というものがあるのだが、ここで言う「ヘソ落ち」時に消化されるヘソ保留については度々議論が交わされてきた。

その議題とは、「果たしてこのヘソ保留は通常状態で消化しても当たったのか!?」というものである。

そもそもV-ST機というものはVアタッカーに玉を入れる事によって確率変動を促す機能。Vアタッカーに玉を通した後はヘソに残っていた玉も確率変動後の数字で抽選されるため、従来までのヘソ・電チュー共通振り分けの台ではなかった今回のような疑問が出てきたというわけだ。

と、ここまで文章だといまいちピンと来ない方もいると思うので例を出そう。

例えば一昨年のこの画像

Img00843

ガロで通常時お助け電チューで当たった場面だが、ヘソに緑魔導刻の保留が残っているのがお分かり頂けるだろうか。

無論7揃いなのでこの大当たりを消化中に魔戒チャンス=VSTによる確率変動が行われるのだが、その際にこの緑魔導刻保留…果たしてどういう立場になっているのだろうか。

 ⅰ.通常状態、確変状態どちらでも当たる
  ⅱ.通常状態、確変状態どちらでもはずれる
 ⅲ.通常状態では外れるが、確変状態なら当たる

結果から言うとこの緑保留は「当たりフラグを取得していた」のだけど、STを抜けた後に通常確率に戻ってから消化してキッチリ当たってくれた。恐らくST中にうっかり消化してしまっても当たっていたのだと思う…つまり「ⅰ.通常状態、確変状態どちらでも当たる」保留だったというわけだ。

が、当たったからいいものの…この保留が通常確率で、つまり今回のようにST終了後に消化して当たらなかった場合はどうだろう?

 『STで消化してれば当たっていたかも!』

こう思う人が恐ろしく多いらしい。

これこそヘソ落ち議論の焦点であり、VST機のスレでは大抵この話題がどこでも出る永遠のテーマなのである。


そもそもVSTに限らず、確率変動というのは通常時に比べ「当たりフラグ」が増える事から成り立っている。ただし、ここで勘違いしないで欲しいのが当たりフラグが増える=新たにフラグを追加する…というわけではなく、これまでハズレであったフラグを当たりとして扱う事によって当たりフラグを増やしているという点だ。

図にするとこうなる

 【1】 ○○○○○○○○○◎

通常時、白い丸はハズレで二重丸が大当たりフラグだとすると、

 【2】 ○○○○○○○○○◎+◎◎◎◎

こうして当たりを追加するわけじゃなく、

 【3】 ○○○○○◎◎◎◎◎

このように、これまでハズレだった部分を当たりとして扱う事によって大当たり確率を上げている=確率変動させているのである。フラグの個数=分母は変わっていないわけだ。

VST機はVアタッカーに玉を通す事によって【1】から【3】の状態へ移行させる。

つまり、先のこの画像。

Img00843

このヘソにある緑魔導刻保留はこの段階ではまだ確率変動していない状態で、通常状態で取得したフラグを元に参照された演出であり…

結果として通常確率状態時に当たった以上、図で言うなら

○○○○○○○○○◎

この二重丸を引いていたという事になる。

確率変動後も元々大当たりだった部分は当たりのまま扱われるので(というのが通説)、ST中に誤って消化してしまっても恐らく当たっていただろうというのはそういう事である。

また、これが外れていた場合…『STで消化してれば当たっていたかも!』と言う人々が多いのは、恐らく

○○○○○◎◎◎◎◎

確率変動後にこの図の状態になった際の、「通常時はハズレだったが確変時は当たり」になる部分を想像しているのだろう。つまり、確変時は当たるからこそ熱い演出(緑魔導刻)が出たに違いない!という思想から来ているのだと思う。

だが、当たりは当たりだしハズレはハズレ。そこに「惜しい」という概念は一切ない…はず。これはそれが攻略要素に繋がる恐れがあるため普通はやらないだろう、という読みから来ているのだが…

だからこそ僕はその説に関しては完全に否定したいところだが、どうしてどうしてメーカーサイドから公式に説明が出ていないので現段階ではそれが無いとも断言できない。

これが通常・確変時ともに振り分けが同じ機種…例えばUFOラッシュや乙女3などだと大当たり後の保留に対して「後読み」をしていて、確率変動後の抽選結果を予め保留変化で知らせてくれる場面があったりするのだが、今の所VST機で後読みらしき挙動を見せる台は見ていない。

それもこれも「通常時はハズれてST中は当たる」保留の存在が証明できれば解決するのだが、現段階では任意の保留を優先的に消化する事は不可能なのでこれは悪魔の証明だ。

結局、この議論は現時点でどこまで行っても想像の域を出ない。


と、なが~い前置きを終えたところで本題に入ろう。

Img00427

この画像のヤバさがわかるだろうか?

北斗無双で、来れば六割方当たってしまう神拳ゾーン経由の決戦リーチ…のすぐ次に、これまた八割方当たる金保留が控えている。

金保留の直湧きに慌てて手を止めたのだが、なぜかその手前の保留が変化無しからあれよあれよと発展してしまったのだ。

現在のリーチは予告が強かったので恐らく当たる…と思うが、さて…

 1.両方当たる 
  1-a 手前がST、金保留もST
  1-b 手前がST、金保留は時短
  1-c 手前が時短、金保留はST
  1-d 手前が時短、金保留も時短
 2.両方外れる
 3.手前が当たって金保留は外れる
  3-a 手前の当たりがST
  3-b 手前の当たりが時短
 4.手前が外れて金保留が当たる
  4-a 金保留の当たりがST 
  4-b 金保留の当たりが時短

現在、大まかにこの9パターンが考えられるのだが、最悪なのはどれだろう?

2の両方外れるのは勿論嫌だが、それよりも… 1-b『手前がST当選、金保留は時短当選』が僕にとっては何より怖い。この9パターンの中で唯一STが消化できないルートなのだ。それも、次回転に控えているのは直湧き金保留という超絶強い演出からして…先のVST議論に当て嵌めるところの「ⅰ.通常状態、確変状態どちらでも当たる」保留の可能性がすこぶる高い。するってーと、1/319という確率を2連続で乗り越えた挙句に貴重な貴重なSTを潰す事となってしまう。

これは気分的に両方ハズれるよりも痛い。出玉的に得なのは間違いないが、精神的収支はドマイナスだ。閉店取りこぼしに似ている。

Img00429

 (おいおいおい、最悪のパターンが見えてきたぞ)

裏ボタンを使っていち早くST当選を確認した僕は、その瞬間からアタッカーが開く前に右打ちを開始し、一縷の望み… 電チューに偶然拾われるのを期待するも…この機種はそこらへん不親切らしくビクともしないチューリップon電動。

いよいよ嫌な予感がしてきた。

 (しかし金保留が当たりとは限らない!)

緊張のSTスタート、1回転目… 以前ヘソのガロ剣保留を時短中に消化してしまった際にリーチすらかからず!という事があったためそれを仄かに期待してみるも…

Img00431

 (いや、こいつならもしかして・・・)

普段苦渋を飲まされている偶数テンパイのカイオウ様だけに少しばかり負けを期待するも、思えばこれってヘソ保留でテンパイしてる時点で当たり確定だったりするのかね?

Img00434

 (オワタァ!!)

しかしまだわからない!この当たりがSTなら…無念だがSTならまだ慰めになる。おそらく1/319フラグをこれ以上ないってぐらい無駄に使ってしまっている以上、せめて…ST。頼む頼む頼む頼む

Img00436

 (おつかれっしたー)

ST中にヘソ保留で通常を引くと、世にも珍しい100ゲームの幻闘RUSHが見れるのね。

これがまだ、「ⅲ.通常状態では外れるが、確変状態なら当たる」ヘソ保留だったら諦めもついたよ…だが、、

Img01453

前に金色でST1回転目にヘソ落ちしてしまった際は、ヘソ保留は無印だった。あのまま通常時で消化してたら当たっていた保留なのか…はわからないが、気分的には当たってなかったような気がする。

無論それは先ほども説明したように証明は不可能なのだが…でもさ、今回の場合は金保留じゃん?確実にそうだとは言いきれないけど、ほぼほぼ通常状態でも当たってたっしょ(´;ω;`)??
 
本来なら2回転連続当選という歓喜の瞬間が、魅入られたような間の悪さによって絶望へと変わる。こんな運回りって無いよ・・・マジでひでえ。今年一体何十万発足りて無いと思ってるんだよ…

Dosaken

初当たりに消費するエネルギーを無駄にしたせい()なのかは知らんが、このあと貯玉が12000発無くなるまで一度も当たる事なくこの日は終了。

で、翌日こうなる。

Img00443
 
324     ST2連 6R+4R
130+1817  時短
100+211   ヤメ  

Img00444_2

今年のパチ収支、期待収支約1,337,000円に対し実収支は驚愕の-316,000円。欠損額にして1,653,000円。ありえるんでしょうか?スロは余剰が60万ちょいあるが、それでもトータル欠損額は100万を超えている。

パチンコはたったの74日分の稼動量でこの欠損額。月に22日ほど打ったと仮定すると年間ペースにしたら400万近い欠損になる勢いである(極論乙w)。一説ではMAXスペックは期待値と実収支とのブレが年間で400万ぐらいまでなら起こり得る…らしいが、すると計算上起こるであろう限界ギリギリの欠損を喰らっているという事になる。つまり全国で一番ツイてないレベルという事でもある…ある?

Wpidpf15q8n

もはや誰ともわかりあえないレベルに来てしまっているが、それでもこれ以上ないってぐらいわかっている事もある。

俺、本当に向いてないねこの遊戯(´;ω;`)…

| | コメント (14)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »