« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

6/30  天の刻

老兵のいいところは寝ると嫌な事を忘れられる事だ。この鈍感力こそ僕がこの常軌を逸したヒキ弱を持ってしても何とかこの世界で生き永らえる事が出来た最大の要因であろう。普通はこころを病む。ま、おかげで逃げそびれたとも言えるんだけど…

 (しかし不思議と撤去リストが出回ってから状況がよくなった気が…)

今も尚老兵を戦場へ駆り出す無双の釘。死ぬほどつまらんけどスペックの良さだけは認めざるをえないので打つ…ってこれ、太王四神記(ヨン様のやつ)のときと同じ動機だなw

打つ打つ打つ。雨にも負けずガセにも負けず、赤保留に心動かされず金保留も半信半疑。東にSTスルーの人あれば行って悲しみを分かち合い、西にST大連荘の人あらば調子に乗るなよと釘を刺す。直撃STを良しとせず、時短引き戻しに心を焦がす。お座り1発十万発。そんな人に、私はなりたい…

Img00420

 (おう!)

Img00424

 (おうおうおう!?)

二万発勝って二万発負けて、またニ万発勝ってと…荒すぎて疲れるが何とか形になってきた(゚∀゚)!!負ける時は無残な負けが多くいい印象がないのだが、勝つ時は派手に出るので気付けば結構残ってる。そうだよこれこそパチンコの勝ち方。半年振りに思い出したw

362  時短
(30  引き戻しST 17連 (4R-10 16R-7)
130+619 時短
(28  引き戻しST 3連 (4R-2 16R-1)
130+101 時短
100+182 STスルー
130+69  ST2連 6R+(16R-1)
130+111  ST2連 6R+(16R-1)
130+536+532 時短
100+216  時短
100+391  時短
(55   引き戻しSTスルー
130+292+76 時短
(88   引き戻しST 9連 (4R-4 16R-6)
130+272 ヤメ

総4205  初当たり14(1/300.4 時短7:ST4 (引き戻し3

 (うむ!やっと今年のパチ収支のプラスが見えてきた^^;)

勝つには勝ったが貯玉が十分ある店で勝って貯玉が壊滅した店では負けての繰り返しはあまり良い流れとは言い難い。台だけじゃなく店毎の相性ってのもあるんじゃないかと思えてくる。

ただ、その点で言えば北斗無双に関しては今の所相性はいい。

 【北斗無双データ 6/29現在】 
 通常総回転数 21024  初当たり62 (1/339.1)
                ・ST28:時短28
                ・時短中引き戻し 6/28
 
  ST連  138/34 平均連4.06(8.1.16.1.2.0.1.0.0.0
                                     3.0.5.3.20.3.0.0.3.9
                                     10.1.7.3.2.11.1.16.2.0
                                     1.1.0.8
  ST中当選確率 138/10664=1/77.3
 
  電チューR振り分け (4R-57 8R-7 16R-80)/144

スペックだけで言えば大好物の部類なんだけど、しかしつまらなすぎてツライぜ…と、全く同じ事を言われていた太王四神記はほどなく客が去って通路になってしまったが、こいつは時代の追い風を受けてしばらくはメインを張るんだろうな。

 (こんなクソ台でよくもまあ…)

なんて当初は思ったものだが、考えてみると天の時(MAX規制)、地の利(スペック良い)、人の和(北斗ブランド)。天下を取るための条件をしっかり満たしているんだよなー、この台。

Hideyosi00001

 「この俺とて初めから天下を目指しておったわけではない 俺は信長公に憧れた・・・そして命賭けで信長公を追いかけた そ して信長公が亡くなった・・・ その時 まわりを見渡せば 俺より力の有る者がいなかった・・・ただ それだけのことだった じゃからお主らが十年遅く生 まれてきたことも すべて天が決めたことなのじゃ」

これはかの有名な天下人のセリフなのだが、信長公の部分を牙狼に代えれば今の状況そっくりそのまま当てはまる。我々は何気に天下台が選ばれる貴重な瞬間を目撃しているのかもしれない…

| | コメント (13)

2016年6月28日 (火)

6/28  ヤマノムスメ

富士山に登りたい!

そう言った娘の背後では「ヤマノススメ」というアニメが流れてたが是非も無い。僕としてもせっかく静岡に住んでる身として富士山には登らせてあげたいと常々考えていた。娘も来年から中学生になるので、部活動が始まる事を考えるとこの夏が最後のタイミングかもしれない。

思えば僕もちょうど同じくらいの頃に父と登った。そしてそれはかけがえのない思い出として僕の心に刻み付けられている。だからこそ僕も子供が出来たら富士山に連れて行ってやりたいと思っていたのだ。

「ヤマノススメ」を見せたのもそういう魂胆があっての事だったが、なんとまあ見事にハマってくれたものよ。ちなみに僕はそのアニメを見た事がないが、多分山登りを題材としたものだろうよ。グッジョブ!

1024x576

 (さて・・・)

いざ登るとなるとそれなりに調べなければならない。大体にして僕は登山物の小説や映画が好きなのでそれっぽい知識はあるのだが、実際の細かい部分になると自信がない。装備は勿論のことだが、富士山の手続きについても何も知らない。

 (言われてみると登ったはずなのに細部をほとんど覚えてないんだよな)

実は先日父と当時の思い出話に花を咲かせていたら、思いの他二人の記憶に隔たりがあって驚かされたという事があった。まあほとんどは当時小学生だった自分の記憶違いなのだろうが…

にしても御来光を見た気でいたが、山を登った時刻がそもそも7時過ぎだったというのには驚いた。御来光と言えば富士登山のメインイベントにも近い行事。それを見てもいないのに見た気になっていたってのはなかなかだ。

それから頂上の観測所付近でお湯を沸かしてカップラーメンを食べた記憶もあるのだが、父に聞くとそうだっけかな~?との事。これは僕の富士登山の思い出の中でも一番印象深いシーンのはずなので記憶違いのはずが無いのだけれど、今頂上の観測所の写真を見ると一体どこで食べていたんだろうという疑問が残る。

P_0112

なんか建物の影に隠れて風をやり過ごしつつ、小型ガスバーナーでお湯をわかして自衛隊の富士演習所の大砲の音をバックにはふはふしてたはずんだんだけどなー。当時はまだ今のようにアホみたいに混んでなかったはずだけど、にしてもそんなスペースあったんだろうか…

 (えー?これも僕の記憶の改ざんだったってーの???)

しかし道中僕が高山病に苦しんでいた事や、金剛棒に焼き印を付ける際に人がいなくて出来なかった事とか、共通している話題もあって…それだけに食い違っていた部分が気になるが、他の山を登った時の事とこんがらがってしまっているのかな?

当時は写メを撮るなんて分化は当然なかったし、カメラも持って行ってなかったらしいので記憶だけが頼りである。しかしその記憶の心細さたるや…

O0480064012052715436

真実は実家にて雨の日の室内物干し竿となり果てた金剛棒だけが知っている。

さあ娘よ、俺たちも物干し竿を買いに出かけるとするか。

| | コメント (4)

2016年6月24日 (金)

6/24  欠損ノーホープ

ついにMAXスペックの余命宣告が下されたわけだが、その数日前…虫の知らせか、普段寄りつかない店に行ってみると魔戒の打てそうな台があって…

Img00401

 (おほほ^^)

正直この機種の欠損がヤバいので避けてたのだが、最後に一度ぐらい大連荘してみたいな…って

Img00403

ちなみにこの激熱演出はオハ1150回転の出来事だ('A`)  予想してたかのような展開に僕は漫画のこのシーンを思い出していた。

Img00415_2

しっぺ返しとはもちろん、先日のハーデスでの致命的なミスに対しての事である。結局その後に打った北斗無双で3万発出て結果大勝したわけだが…

>この後北斗無双で30000発出たけどそんなの関係ねえ!十万勝った喜びよりも、勘違いでハーデスの1514を捨てたと言う事実は重い。

その日の結びにこう書いたように僕はその勝利を快く思っていなかった。脳内で茶柱さんという正論がこう語り掛けるのだ。

Img00409

Img00411

1150   STスルー
161+223  ST2連
161+577  時短
100+359  時短
100+7   ヤメ

 (お願いだから早く撤去されてください(´;ω;`))

その言葉を裏付けるような結果に「苦笑い」を禁じえない。だってそうだろう。確かにハーデスでは致命的なミスを犯した。しかし、ソレ以上に僕はパチンコに対しての貸し(欠損)があるのだ。それもハーデスのそれとは桁が違う、ゼロの数が二つ違うぐらい大きな大きな貸しが。

なのにどうしていつもいつもいつもいつも欠損はそのままのくせに余剰が出ると当然のようにそれをかっさらって行くのか。おかしいだろうよ。俺の生涯欠損の1千万以上の金は一体どこに消えたんだよ???義務ばっか主張して権利に関しては口をつむぐ極悪理不尽機械、それが僕にとってのパチンコである。思えば僕の欠損との闘いはMAXスペックとの闘いであったと言っても過言ではない。その強敵も残り半年の命。結局とんでもなく足りないまま、「勝ち逃げ」されてしまうわけだが…

 (にしても本当勝てねーなこの台も…)

さすがに先の待機斬馬剣は当たってくれたがまさかのST単発でゲロ吐き。ガチでこの機種のSTの続かなさは異常。

また負債を積んだだけだった。この日はいちまんななせんぱつの負け。

 【牙狼魔戒 データ】
 総回転数  80/33860 = 1/423.25
      →ヘソST 37 (16R-25 13R-9 15R-3):時短35
        +時短中 6/35
        +通常時電チュー 2/786回転

  ST連 119/45 = 2.64連  
   (2.0.8.8.0.2.4.1.2.7
    0.4.1.0.1.11.6.3.0.6
    5.1.3.0.2.1.3.1.10.2
    2.0.5.10.0.2.0.5.1.1
    4.1.3.0.1

  ST中当選確率 119/14069=1/118.88

結局この台の欠損が約80000発ぐらいまで膨らんでしまった。今年のパチのトータル欠損に比べればかわいいものだけど、序盤に噴いてからのこれだからなぁ… 後半いい思い出が何もない^^;数字以上の辛さを感じる。試行不足と言われそうだけど無理っす無理っす。これを打ち込む気にはどうしてもなれなかった。撤去が決まった今、さすがにもう取り戻せるレベルではないだろう。多分もう打つ事もない。金色と同じスペックのはずなのに金色と真逆の結果になった最悪の台だった。


理不尽とも言えるレベルのしっぺ返しはまだまだ続く。

 (お。北斗無双打てそうだな)

20そこそこの回りながらスペックが甘いのでこれでも何とかなる。ただ玉増やしは不可能なのでガロと比べるとキツイわけだが、しかしもう贅沢を言える時代じゃない。これを打てないと今後は生きていけないわけで…

この台は撤去を逃れ生き残りが決まったせいか、甘く使ってるホールが多い。今のところ僕も勝てているので苦手意識もないため、ガンガン行こうぜと打ってみると…

Img00416_2

【北斗無双四日間データ】

1024       時短
100+19  時短
100+574 時短
100+238 時短
100+437 時短
100+689 時短
130+397 時短
100+330  ST4連 6R+(4R-1 16R-2)
130+492 ST3連 6R+(4R-1 16R-1)
130+120 時短
100+226 時短
100+27  時短
100+536 時短
100+314 時短
100+369 ヤメ

 総6902 初当たり14(1/493) ST2:時短12(引き戻し0)

Img00419

嘘みたいに時短しか引けないし、時短12回引いて引き戻しゼロとか…これまた調子が良かったのが見えない何かに調整されるかのように、強制的な帳尻合わせのようなクソ負けが続き…

Img00414

気付けば一週間で今月の稼ぎがほとんど吹っ飛んだ。

今年のパチンコの欠損141万7千円也。いい加減日本一のヒキ弱を名乗ってもいいころだと思う。つーか無理。スロも全く引けなくて月間マイナスまで見えている。

一体なんなんだろうこの弱さは。普通の人が落ち目の際に「坂を転げ落ちるように」…という表現を使うところ、僕は「地割れに吸い込まれたように」…絶望的に落ちていく。落ちていく。十年経っても底は見えないってんだから笑えやしない。

が、底は見えないが終わりは見えた。今年に入って三店舗の貯玉11万発が壊滅したのだが、さすがにもう貯めなおす気力は残ってない。次回の規制が限界ギリギリパチプのボーダーラインになるだろう。僕はスペックが激辛なので次世代のボーダーに届かないと思う。老兵は去る。ガロと共に去る。

| | コメント (8)

2016年6月21日 (火)

6/21  初めての…

週末に待望の新車が納車されたので家族で遠出などしてみる。嫁たっての希望で中華街へ。家からだと三時間ほどのドライブだけど、今まで乗ってた車が例外なくガタピン車だったせいか新車の異様なまでの快適さに驚かされた。

 (疲労感がまるで違う!)

Img00393

 (…けど疲れるのは変わり無い!)

世の真理に触れた頃ようやく到着。娘は中華街が初めてなのではしゃいでいたが、ぶっちゃけわざわざ飯を喰いに来るような場所でもない気がするんだがな…

 「うえっ…パクチー?これ無理やわ('A`)」
 「確かに後味悪いね…」

せっかく来たのだから…と変なものを頼んで失敗する一家の図。

「よーし、パパ三店舗ぐらい回っちゃうぞ~」と意気込んではきたものの、年々食べられる量が減っていくオッサンの悲哀…この日も例外ではない。一店舗+点心の買い食いをしただけで満腹になってしまい、さりとて腹が満たされるともうこんな場所に用も無いなと思っていた頃合。

 「占いやりたい(゚∀゚)」
 「えー」

娘が娘っ子らしい事を言いやがる。

僕は正直、そこらの野良占い師なぞ信じてないので無駄な事はやめろと思うも、周りを見渡すと「タイムサービス500円!」なぞ価格競争の激しさが窺える看板の数々。これまであまり意識して見ていなかったからわからなかったが、中華街ってのは思ったよりも占い屋が多い。

 「ねーいいでしょ?」
 「まあ500円ならいっか」

そんなわけで、そこそこ大きい占い屋に入ってみる事にしたのだが…

 「えーと、料金どうします?表の看板見て入ってきました?」
 「??」

占い師の前に座るなり、こんな事を言われる。

 「えっとね、500円って書いてあったと思うけど…あれだと2分だけなのね。こっちの1000円コースだと5分。3000円で20分+姓名判断含めたコースもありますが」

などと言ってノートパソコンを指差すオバサン。

 ((;^ω^)だよね~)

安すぎるとは思ったが、しかし500円で2分とは…舐めてんだろw最初の記入シートを書く段階から時計をスタートさせてたので2分なんて名前を書いて終わっちまうわw 

そもそも2分で一体何を語れると言うのだろうか。

 「ねーうみ、五分じゃ駄目?」
 「じゃ、じゃあ五分にしとくか…」

では5分なら一体何を話すんだろうと言う興味もあって、勉強代がてら1000円お布施してみる事にする。すると僕に対して占い師のオバサンがこう言ってくる。

 「えーと、お兄さん?お父さん…じゃないよね?」
 「いちおう父です^^;」
 「あらやだ、若いからお兄さんに見えたわ」
 「・・・(;^ω^)」

娘はまだ小学生だw 僕は一体いくつに見えたのか。いや、それより僕を兄だと言った上で横に座る嫁に何も言わないってのは不味いだろ…

嫁が僕らの母?おいおいリップサービスだったのかもしれんがそれは逆効果だって。

 (…気まずい)

そんな茶番劇をやってる間に名前と占って欲しい事を書かされた娘。なになに?占って欲しいのは…恋愛運???

 「な~にお嬢ちゃん、好きな子でも出来たのw?」
 「うん!」

Images

これには僕も嫁も大層驚いた。なぜってこれまでそういう話を一切僕らにしてこなかったのに、中華街の格安占い屋でそれを初めて聞かされる事になったのだからw

 「うーんとね、お嬢ちゃんの手相を見るとね…」

さて、そんな事には慣れっこなのだろう占い師のおばちゃんはと言えば、娘の衝撃の告白を受け流し性格判断から始める。

 「お嬢ちゃんはね、人の出方を窺って合わせるタイプでしょう?火と水の相ってのがあるんだけどね、お嬢ちゃんのは典型的な水の相ね。このタイプは…」

もっともそうな事を言っているが、僕はこの時最初の僕らのやりとり…つまり2分か5分かの選択する場面を見てある程度当たりを付けていたのだろうと邪推する。ショットガンニングやコールドリーディングなんていう占い師が用いる話術の基本だ。

その他色々言ってはいるが、巷間で聞くように誰にでも当てはまりそうな当たり障りの無い事をそれらしく言っているようにしか見えない…も、娘は目を輝かせてウンウン頷いている。その輝きが僕の心の汚れを浮き彫りにしているような気がした。

 「で、恋愛運なんだけど…」
 「!!」

そしてそろそろ時間に差し掛かりそうだという頃、ようやく本題に入る。おばちゃんは娘の掌に水性ペンでピッピと線を引き、ここがこうなっているでしょ?だから…と言い放つ。

 「あなたの恋愛は乱れるでしょうね。少なくとも子供時代、つまり今好きな人との恋は成就しないわよ」
 「え・・・ええええ><」

 「乱れてるとかwwwwww」
 「小学生でwwwwww」

僕と嫁は大爆笑。娘も笑っていたが心中どうだったのだろう。でもまあ、和やかな雰囲気になったところでタイムアップだったので占い師的には成功…なんだろうなとまたもや邪推w

 「まー小学生の恋愛なんて『成就』する方が稀なんだが…」
 「ねー、それにしても『乱れてる』ってw」

店を出てみんなで笑いながら話す。やはり五分じゃこの程度の話しか出来なかったが、この楽しい会話だけでも1000円くらいの価値はあったかもしれない。

にしても乱れてるってどういう事なんだろうw 一瞬アメピグの例の事件が頭に浮かぶも、しかし昨今の小中学生の性の乱れなどという記事は度々耳にする。娘の容姿も鑑みれば(親馬鹿乙w)ある意味で当たり障りの無い=当てはまりそうな未来を予見したとも言えるかもしれない…と最後まで邪推w

一度それなりのお値段する本格的なとこも見て比べてみたいね。

Img00398

帰り際に嫁が中華鍋を買った。なんでもこないだちょうどテレビでやってた山田なんとかっていいトコ?の鍋らしく、凄く欲しそうだったので僕も背中を押して購入を促した。

やっぱ男なら一度はちゃんとした中華鍋でコレやりたいじゃん?
Mzmsivqgfgy
僕もこれでもチャーハンにはうるさいおとこ。帰って早速作ってみると…

C0099636_1124625

 ↓

Img00399

卵を溶いてる間に柄の部分に巻いてたタオルに引火してあやうく火事になりかけた… そして苦労して作ったチャーハンはいつもと変わったような変わらないような。

初めてのボヤ♪きっと僕は「火の相」が出てたんだろうね。

| | コメント (5)

2016年6月19日 (日)

6/19  考えるだけの人

ついに重い腰を上げガルパンのアニメを視聴してみたのだが…

 (ん~…)

ファンの方は怒るかもしれないんだけど、どうしてこのアニメがあそこまで人気になったのか、見終えてからずっと考えてるんだけどよくわからない。

対比として語られるまどマギなんかはまあエヴァ的な視聴者が勝手に推測して楽しめる要素があったと思うんだけど、このガルパンにはそこらへんのストーリーの深みがまるで感じられず… 

 (なんでこんな寄せ集めみたいなチームが戦術だけで勝っちゃうんだよ^^;)

競合校の競合校たる所以がほとんど感じられないまま、ご都合主義と言われてもおかしくないぐらい呆気なく物語は終了してしまった(ように見えた)。つまるところこのアニメはキャラ萌えが全てなのだろうか?…いや、そこまででもない気がする。秋山殿がかわいいって話はよく聞くけど、かろうじてそれだけは同意できたが… 

8da5ddc5c76c5ea45d53f753f5510c0f

ちなみに僕は会長の側近眼鏡ちゃん派。この人のメガネって片方しかレンズが無いっぽいのですが、作中ではそういう様々な説明が一切省かれている。…だけでなく、そういった細かな部分だけに飽き足らず、一緒に闘う部員の事ですらほとんど触れられないままで… 敢えてそうしているのか尺が足りないからなのか…

 (それにしては総集編が二話もあったな^^;)

ある意味でこれこそが本当の意味での「主人公目線」でのストーリー展開なのかもしれない。

Tumblr_mk97wdndri1rk8zp8o1_500

そういう細かな設定に対する議論や戦車に対する造詣の深さ…

 (即ち『マニアックさ』がウケた要因なのか?)

しかし世に戦車に対するマニアックさがそこまで受けるとも思えんしなー。女の子が戦車を熱く語ると言う点も、確かに斬新だけど過去に似たような作品は結構あった。対象が戦車じゃないだけで「けいおん!」だって似たようなものだろう。スポ根要素も多少あったかもしれないが…

 (そこにメカ要素が加わっただけでここまで盛り上がるかね…?)

その他の要素として声優とかあるのかな?僕はそっちには疎いのだけど、あとは作画というか、アニメーションに力を入れてるとは思うがまさかそれだけって事もないしなぁ。 

本当、このアニメって一体どうやって火が付いたんだろうか。

 (超大好評という噂の映画を見たら評価が変わるのかね('A`)?)

実際面白かったのは認めるが、ここまでの人気の理由は僕にはちょっと理解できなかったな。とりあえず映画見てみるか。

Cjyq9jnuuaecf0s

 3/4それから ほんまりう :発行元 フライング東上

こっちはすごく良かった。

絶版漫画を有志が自費出版で販売すると言う手法を取っているため上下巻で2500円というなかなかのお値段だが、その価値は十分あると思う。前作「3/4」含め麻雀漫画好きなら手元に置いておきたい一作。

ノーマーク爆牌党やむこうぶち、麻雀放浪記classicに根こそぎフランケン、それからはっぽうやぶれにさだめだ等、麻雀漫画の名作は挙げたらキリがないけれど、この「3/4」シリーズはそれらに勝るとも劣らない殿堂入りレベルの名作だと断言できる。

前作もそうだったが、麻雀漫画でここまで深い物語を作り出せるんだなーと終始感動しきりだった。闘牌のレベルも劇画としては文句の付けようがない展開だし、何より登場人物達の心の動きにいちいち同調できる点が素晴らしい。計算されつくした話の流れは快感さえ覚える。

と絶賛したところで、麻雀をやらない人からしたらやはり僕がガルパンに抱いた感想と同じように、麻雀ばっかでストーリー性が全然無い…とか言うのだろう。

 (そういう事なんだろうな)

結局売れるかどうかは運の部分もあるのだろうが、前提として興味を抱けるか否かが重要なんだろう。その点ガルパンは「萌え」「メカニック」「戦車ヲタ」「スポ根」「声優」「アニメーション」と幅広い層を全て高レベルでカバーしている。普段アニメを見ない層まで取り込む事が出来たからこその大成功だったのかもしれない。

なんて、今さらガルパンが売れた理由を知ってどうしようというのだろう^^;考えたって答えは出ないが、常にこういう事をウダウダ考えてしまうのはいい事なのか悪い事なのか。

 うみ 「~と思うのだがどうだろう?」
 娘 「知らないよ!」

…大体めんどくさいって言われるんだよな。

| | コメント (8)

2016年6月16日 (木)

6/16  ×大失敗 ○大失態

ハーデス宵宵487+484の当日543=1614。ピクリともしない液晶を見て席を立つアタシ。

 (う~ん…変更だったか)

やはり先ほど400~430ゲームの間に3回来たヘルゾーンの煽りはレア役からではなく当日ゲーム数からの煽りだったわけか。あまりにもレア役を引くタイミングが良かったので目を背けていたが、やれやれ現実は非情だ。

普段はほぼ100%据えの店なんだけど、この日は新装初日でもしかしたら…という思いもあるにはあったんだが、そうか。変更してたかー。高い勉強料になってしまったぜ。

 (まあしゃーない。次いこ次。イコカで行こか!)

・・・・・・・・
・・・・

・・


 (……ッ!!!)

Bro4648

 (おいおいおい。待て待て待て!)

店を出て、車を走らせた直後にえも言われぬ悪寒が走る…

 487+484+543=1614

先ほど僕はこう計算して席を立ったのだけど、これは一体どこの世界の計算式なんだ!!??

487+484+543は1514じゃねえか!

まだ天井行ってねえじゃねえか!!!

つーか天井直前じゃねえか!!!!!!


581940fc

慌てて店に引き返す。

 (大丈夫だ!クソボッタ店だからすぐに戻れば…)

そうささっきだって店に客は5人しかいなかった。懸念すべきは唯一同じシマ内でハーデスを二つ隣で打ってたオッサンだが…こいつが5ゲームに1回台を殴るわ意味も無く液晶をなでるわ、指示されて無いのにチャンスボタンを延々押し続けるわ強打しまくるわの絵に描いたようなチンパン野郎で終始イライラさせられていた。

思えば僕が冷静な判断力を失っていたのも彼の黒魔術的な所作による部分があったのかもしれない。

が、そんな輩だからこそゲーム数には無頓着であるとも言えよう。そうであってほしい。周りには他に一切客はいなかったし大丈夫。

 (大丈夫!大丈夫!きっと大丈夫!)

そもそもヘルゾーンの煽りがあったのも事実だし、本当に変更されてて急ぐ必要すらないのかもしれないが…

なんて、自分を慰めるような思考全開で店へと急ぐ。じゃなきゃやってられない。信号待ちの時間に耐えられない。もしこれで天井直前で捨ててたりしたら馬鹿にしていたチンパンジー野郎以下という事にな

Ec42db932a3cc2b831c34b27b98ac3ae

店に戻るとチンパン野郎がふんぞり返って打っていた。

しばらくすると638ゲームで当たっていた。

ものすごいドヤ顔で僕を見てきた。

Bj054689_img_smp3

487+484+638=1609。状況的にほぼほぼ天井だろう…怖くて液晶の残りゲーム数は見ていない。

20150930175722_2

やっちまった\(^o^)/

やっちまった\(^o^)/

やっちまった\(^o^)/

脳内で警報ベルが鳴り響く。怒りとも諦めともつかない感情が渦巻いている。やがて身体中の力が抜け、それは焦りのようなものへと変化していった。幼稚園の頃からこういう時膀胱の辺りがウズウズする。

 (しかし今さら何に焦ればいいと言うのだ( ˙-˙ )真顔)

正月にハーデスの宵1547を拾って驚かされたけど、あのとき捨てた彼もこんな感じだったのだろうか?そしてどういう因果か、今度は自分がハーデスの1514を捨ててしまったのだから巡り合わせって面白くそして皮肉だ。

ユング心理学の基幹の一つに「コンステレーション(布置)」という項目がある。

これは「一つ一つの事柄や状況が、一見それだけでは何の関係も意味もなしていないようであっても、ある時それらが一つのまとまりとして意味を持つ事になる」という、巡り合わせに対する一つの考え方なのだが…まさしく僕はそれを感じていた。宇宙を感じていた。

 (ありゃもしかして未来の俺が捨てた台だったんじゃなかろうか。なあドク。こないだ買った車ってデロリアンだっ…

・・ギャ泡ワワああああああああああああああああああああああああ魚ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(´;ω;`)

1446040814851

Ffd9ceef

54191a2e

…ふう。すみません。ほんとに悔しくてw

去年も確か蒼天で「10-0 210ゲーム」ぐらいの台を「0-0 210ゲーム」と勘違いして、前日300ぐらい回っててラッキー♪と打ち出し気付いたらヤメられないゲーム数になって天井に直行したり…古くは夢夢ワールドDX2で朝一変更対策をしてない店で本命の狙い台が周期が合ってたのにも関わらず、何をどう勘違いしたのか周期がズレてると言い張り知り合いに譲ってしまった事もあった(知り合いは周期あってんじゃね?と言ってたので、それならどーぞと…。もちろん6だったw)。どろろん閻魔君のボーダーを確認しないまま超回るんだけどwwウケルwwwと言いながら半日打ってた事もあった。

年に一度ほどこういう魔が差したとしか思えないとんでもない失敗をしてしまうのだが、人間だもの

…なんていえないぐらい今回のは情けない。

かの雀聖阿佐田哲也は雀ゴロを引退する理由として「一索と七筒の盲牌を間違えたから」という逸話があるが、今回のソレも引退するには十分過ぎる理由であろう。

 (足し算が出来なくなったらパチプは終わりよ!)

…社会人もな('A`)

Img00390

この後北斗無双で30000発出たけどそんなの関係ねえ!十万勝った喜びよりも、勘違いでハーデスの1514を捨てたと言う事実は重い。

| | コメント (10)

2016年6月14日 (火)

6/14  起承転転転

どうやらドアの向こう側でバランスボールが挟まっているらしい。

フローリングとバランスボールの噛み合わせは想像以上によろしいらしく、押せども押せども寝室のドアが開く気配はない。嫁と娘は既に社会に出ている。恐れていた事態に陥ってしまった。

ドアの隙間から窺う憂鬱な一日の始まり…それともこれは巧妙な嫁の嫌がらせなのだろうか?

Cocolog_oekaki_2016_06_03_00_25

 (ところがどっこい!)

祈るような気持ちでベランダからリビングへの侵入を試みてみると鍵が開いていた。季節に感謝。神に感謝。ベランダを開けていた嫁に感謝…いや、バランスボール放置の罪は重いから差し引きマイナスか。

なんにせよ憂鬱な気分が一転、何か楽しい一日が始まりそうな気がする。

Img00388

 (気のせいでした…)

ハーデス。ほんまおまえはひどいやっちゃの~…128+499+892=1519ゲームで当選。ヘルゾーンの煽りが無かったのでほぼ据え置きを確信してたのに。しかし最近GODで天井に行った記憶がないぞ?凱旋と合わせこれで15連続不発…

今回も当然の犬50、110枚。

 (今日は駄目駄目な一日だなぁ(´・ω・`))

と思いきや…!!!

Img00356

モンハン。天国ループ中に10ゲーム程で辞められてた台をモンハンキチの義務として打ってみると、何やら前兆中らしき挙動…そして見慣れないおどろおどろしいフラッシュ。まさか!??と思っていたらそのまさか、なんとジンオウガモード中ではないか!!おまけにナビ矛盾付きで本前兆確定やんけ!

 (これがロングだったらどエライ事になるで!!)

しかしそんな皮算用も虚しく、ジンオウガに逃げられ…以後台は静かになった^^;

プロのハンター達の間では散々言われている事だが、なぜかジンオウガモード中の初当たりジンオウガは異様に強い。その他明らかにアイテム使用率が高かったり嘘みたいな大逆転だらけだったりと、ATレベルを感じさせるような何かがあるのだが(コレを言うとスレが荒れるので気を付けようw)…モンハンにはまだまだ謎が多い。

久々に途中経過。

【モンハンキチガイエナ2016 データ】
通常ゲーム数  51380
ボーナス+準備中 約33060+8380(大雑把に)=41440

差枚 +21050枚/92820ゲーム = 機械割107.55%

ビンゴ  49/126 (達成率38.9%)
ジエン  6/11  (達成率54.5%)
剥ぎ銀  68/126 (成功率53.9%)
剥ぎ虹 56/21(3 8 1 1 1 1 1 4 1 1 1 1 5 2 8 8 1 1 4 2 2 (平均2.67個)
大連続  73#1   92#2 
激アツチェリー 9/92820

   トータル   838戦  440勝 (勝率52.5%)
ペッコ    90戦 50勝 (55.6%)
ボル       79戦 41勝 (51.2%)
ギギ       99戦 46勝 (46.5%)

レウス   65戦 39勝 (60.0%)
アグナ   69戦 35勝 (50.1%)
ナルガ   76戦 36勝 (47.4%)
ハプル   75戦 35勝 (46.7%)

ティガ     44戦 20勝 (45.4%
ドボル      54戦 27勝 (50.0%)
ガンキン  34戦 24勝 (70.6%
ディア      36戦 18勝 (50.0%)

金レイア     17戦 9勝 (52.9%)
イビル           6戦 2勝 (33.3%)
ジンオウガ  94戦 58勝 (61.7%)

アマツ  0/92820ゲーム…

 (やっぱティガ最強説ヤナ(´;ω;`))

前回データを乗せた時は 535戦307勝で勝率57.4%だったのだが、今は838戦440勝で勝率52.5%… トータルでは勝ってるものの、この区間だけ見ると303戦133勝の勝率43%と結構な負けっぷり。この勝率は相当ストレスが溜まる…も、それでも差枚数は増えてるのは打ち出し基準を厳しくしたからなのかな?アマツが絶望的に引けてない以外は完全なヒキ強。この台を打つ際はせいぜい機械割102%程度の行動しかしてないはずだからね。

Img00344

なんて偉そうに能書き垂れてはいるが、結局この日はジンオウガモード本前兆拾って負けてたっけw 

 (やっぱアカン日なんか(´・ω・`)…)

Img00355

 (!!!???)

その後散々這いずり回って全部負債を重ねるだけで、20時頃帰り道にてニンジャガイデンの宵790を見つけたので喜んで打つと… まさかの閉店取りこぼし。前日夕方に全く同じような台を打って天井単発乙太郎だったのに、時間の無い時に限ってこれだ。15連してエンディング→また12連というありえない連荘をかまして取りきれずって…

 (アンタ今まで30回ぐらい当たって一度も3連越した事なかったやんけ!!!)

終わってみれば大逆転だったのは嬉しいけれど、相変わらずの取りこぼしのモヤモヤ感。結果的に勝ったはいいものの、何だか噛みあわない一日だった。

朝一に噛み合い尽くしたのだろう。

| | コメント (6)

2016年6月11日 (土)

6/11  事案!?

もはや娘のインターネッツ中毒っぷりは僕に引けを取らないレベルで、朝起きると真っ先にPCに向かう姿にゃ苦笑いを禁じえない。

 「あんたがそうしたんでしょ」
 「え~…」

確かに色々教えてネットの世界に引き込んだのは僕だけど。共通の話が出来たらいいなとアニメの道に踏み込ませたのも僕だけど。色んな漫画を読ませているのも僕だけど!

…けれどアメーバピグやチャットやら、そっちの対人インターネッツは僕の意図したものではない。

Img01300_3

この画像はちょうど一年ほど前に「インターネッツ教育」というタイトルで日記を書いた際に貼ったものなんだけど、ディスプレイにはアメーバピグが映っているのがわかると思う。

それが今ではブラウザを三つぐらい起動しながら、一つはYoutube、一つはチャット、一つはアメーバピグと…三窓を平然と使いこなしているんだから子供の成長というのは恐ろしいよ…

アニメとかもう僕より詳しいし。

 「カバネリの無名ちゃんかわいい(゚∀゚)」
 「なんじゃカバネリって。ハバネロの仲間か!?」
 「えー…」

さて、そのアメピグとチャットなのだが最近問題が発覚した。…いや、訂正しよう。

 『大問題』が発覚した。

なんと、アメピグで知り合い仲良くなった女子中学生のA子ちゃん(仮名)が、これまたチャットで知り合った男性(42)とこの度「交際」を始めたそうだ!!!!

1200924425251

そもそも学校の友達としか喋っちゃいけないというルールで始めたアメピグだったが、しばらく見ないうちにアメピグとは別のチャットに入り浸るようになっていて(これは件の女子中学生が紹介してくれたらしいが)… 

>また、僕が元来そういうものが好きじゃないだけでなく、この手の物は未成年の少年少女らを狙った出会い系の温床となっているなんて話も耳にした事があるから嫌悪感もひとしおだ。毛むくじゃらのオッサンだって、小奇麗なイケメンアバターで紛れ込めば簡単に話が出来るのだ。

以前も書いているが、こういうのが怖いからアメピグ以外禁止にしてたのになー。まあ何だかんだで娘の行動は聞いたり監視したりで把握していたし、最近チャットでグループを形成している仲間の中にゲームの上手い男性(42)がいるという事も知っていたが…

 (まさかAちゃんと付き合う事になっていたとは(;^ω^))

無論Aちゃんの事もそれなりに聞いてはいたんだけど、一体全体どうしてこんな事になってしまったんだろう??中学生と42歳って…まずどっちから告白したんだ???

 「どうするのこれ?通報ものじゃないw?」
 「いやぁ…アメピグならともかく、個人の掲示板で出会った男女が恋愛する事を止められ…るのか??」

よく未成年との交際で逮捕されたなんてニュースを目にするが、やれ結婚の意思があればOKだの、やれ淫行さえしなければOKだの、境目は一体どこにあるのか。

この話を聞いて真っ先に思い出したのが、少し前の「15歳女子と付き合ったら犯罪?」と自ら問い合わせ、発覚 中3女子の裸撮影容疑の45歳男逮捕」というニュース。この人はみだらな行為をしていたので完全アウトなんだろうが、今回のケースはどうなのか… 晴れて交際こそスタートしたものの、多分まだ会ってもいないしこの段階でアウトとはさすがに思えない。MMOなんかでゲーム内結婚があると聞いた事があるけど、今の時点ではそのレベルに思える。

ただしもうリアルで電話などはしているそうなので、実際もう少し事態は深刻なのだろうが…しかし会いもせずに「付き合った」なんて単なる言葉遊びのようなものでしょ?この言葉一つで逮捕されたらちょっと可愛そうというかオカシイって…

それでも過去の例を見ると発覚したら結構危ないのでは?とは思うが。

 「どうしたもんかねー。Aちゃんの親御さんに話すべきなんだろうが…」
 「内緒に決まってるもんねー」
 「18歳になるまで会わないってんならいいが…そんな事はないだろうしなぁ」

相手は恋する乙女、恋に恋する季節。そして狂気の中学二年でもある。ここで僕ら外野があーだこーだ諭したところで全く聞く耳を持たないのは明白だろう。相手側の男性は既に覚悟を持っての行動()なのだろうから論外だ。

今回うちの娘がこの事を知ったのは偶然で、たまたまグループチャット内で娘の何気ない一言が引き金になってお互いの気持ちを知るに至った御礼に…と、いの一番に報告してくれたそうだ。恐らくまだチャット内のメンバーも二人の関係には気付いていないと思う。Aちゃんの親なんて警察か孫の介入でも無い限り永遠に知る機会は無いんじゃないだろうか。

ぶっちゃけ今の段階で我が家には何の被害もないからいいっちゃいいのだが、問題はこの後この件がどう発展していくかだ。

最悪…タイーホもあるんじゃないだろうか?

ニュースになったとして、その時娘にこの事件が与える影響が図りかねる点が目下の僕の心配事だ。さすがにそれを笑う度量はまだ娘には無いと思うし、そうなって欲しくもないしw

 「しかしどうして42のオッサンなんかと付き合うかねー。人生経験豊富ったって、所詮小中学生が集うチャットに入り浸るような人でしょ?」
 「え?○○(相手男性)は22だよ?42歳じゃないってw」
 「そうなの!?」

…っと、ここまで散々言っておいてアレだがどうやら年齢を勘違いしていたらしいw

不思議なもので、42歳と聞いていた時は小汚いハゲ散らかしたオッサンを想像していたのに、22歳と聞いた途端に悪い印象は拭われる。さわやか内気なハンサムボーイが僕の中で描かれる。

 「よかった…中学生にお熱な42歳のロリコンはいなかったんだ!」
 「いや、どっちにしろアウトでしょーw^^;」
 「そっか(´・ω・`)」

22歳と15歳が付き合っても全然いいと思うのになー。どっちにせよアウトというが、先ほどまで想像していた汚らしい欲望だけ(!?)の情景が、20歳若返っただけで全て肯定されるような気がするから世界は残酷だ。42歳のオッサンがぐへへと電話していた絵面も、22歳の童貞が(恐らく)初めての彼女という存在に恐れおののきながら触れ合う姿を想像するだけで何だかホッコリするではないか!

 (オジさん俄然応援したい気持ちになってきたよ!!)

こうなりゃとことんサポートしてやりたいが、それによって犯罪幇助や教唆みたいな罪に問われたりするんだろうか…?過去のケースでそういう話は聞いた事がないのだが、いわゆる未必の故意のような、犯罪(?)と知って手助けする事で僕が何らかの罪に問われる事はあるのだろうか?

そうなった際にそれが娘に与える影響というのも図りかねる。それを笑う度量はまだ娘には無いと思うし、そんな事で捕まりたくもないw

| | コメント (14)

2016年6月 8日 (水)

6/8  出ても詐欺、出なくても詐欺

やはり睨んでいた通り北斗無双のSTは多段階モード式だったようですね。

ST中の大当たり確率が1/130~1/39まで七段階に別れてて、初当たりの大半がメーカー公表値である1/81よりも重く、その分良いモードを引いた際の軽さに上乗せされた結果の合算大当たり確率が約1/81、と。やはりというか意図して滅茶苦茶荒くしていたわけで、無論トータルで見ればその数字に落ちつくのだから別に損も得もしていないわけですが、正直そう言われても納得はいきません('A`) 

この日はその情報を知る正に直前に打ってたのですが、どうやら運よく最上位である闘神モード(ST中大当たり確率1/39、ST継続率約95%、モードループ率89%)に移行してくれたようです。

Img00384

さすがに平時を犠牲にしているだけあってプレミアにふさわしい出玉感。つーか「ここ」で出せないと北斗無双は絶対に勝てません。

思えば初当たりでプレミア演出が出てたんですが、プレミア=高モードの期待度UPという図式らしいですね。ST中にマミヤのパンツがキリン柄で4Rという闘神モード確定演出も出ましたし、やたら出ないと言われてたPKZ(プレミアムキリンゾーン)もその名の通り高モードじゃないと出ない演出だったらしいし…

今後はパチンコもこうやって出玉期待度と演出を絡めた方向にシフトしていくのかもしれません。


…まあ全部嘘ですけど(´・ω・`)

ただ、マミヤのパンツ(ズボン)の色がチャンスアップを示唆しているというのは初め某掲示板などで見かけた際は冗談だと思っていたのだけど、どうやら本当らしい。

Cc31aace3e3356b58d4b040dc07a4b6d469

テンパイ煽りの直前、バイクに跨る前に一瞬この開脚シーンが映るのだけど、この日たまたま赤パンツを見かけるまでこのシーンが「局部」のアップだとは気付いていなかった。アクセルを回している手首か何かと思っていたが、まさか股間だったとはw

この演出の真の意味を知ってからマミヤ一択 (`・ω・´)!それが功を奏したのか…

450    ST6連 6R+(4R-2 8R-0 16R-3)
130+10  ST4連 6R+(4R-0 8R-1 16R-2)
130+219 ST21連 6R+(4R-9 8R-1 16R-10)
130+537 ST4連 6R+(4R-1 8R-0 16R-2)
130+251 時短
100+2   STスルー
130+7   ヤメ

 (゚∀゚)+四万発!!

Img00387

やっとこさ今期二発目のホームラン。これまでの北斗ではないと公式で言ってるように、僕の北斗シリーズとの相性の悪さもコイツには適用されてないのかな?かな?

 【北斗無双データ 6/7現在】 
 通常総回転数 8396  初当たり26 (1/322.9)
                ヘソ/ST16:時短8
                時短中引き戻し 2/8
 
 ST連  63/18 平均3.5連 (8.1.16.1.2.0.1.0.0.0
                                   3.0.5.3.20.3.0.0    
 ST中当選確率 63/5175=1/82.14
 電チューR振り分け (4R-23 8R-6 16R-36)


 (う~~ん(;^ω^))

驚くほど理論値通り…つか、ST突入率は今の所大幅にツイている。代わりに連荘率がチと弱い・・・が、あんだけSTスルーしておいて図ったようにST中当選確率だけは公表値どおりってのも何だかな~。STは引くタイミングで確率通り引けても連荘数はてんでバラバラになるいいお手本だ。

この結果はまだ途中も途中、全然試行が少ないので参考にすらならないんだけど、それにしてもその少ない試行の中でもSTの挙動の暴れっぷりはちょっと…という感想。

大勝ちして尚、いや、だからこそさらに「モード式」の疑惑は強まるばかり。。いっそこのまま撤去されてくれればいいんだが。


・今日の萌え (懐かしいと思った人はオッサンw)

Img00385

時短終了後2回転(102回転目)の画像(小デジ保留見ればわかる)。なんでもST/時短終了後の電チュー保留はテンパイすれば当確らしく、その電チュー保留でのタイマー発動…はゼロ確なんではないでしょうか!?

今日の萎えは勿論そのSTがスルーしたというお約束で。

| | コメント (7)

2016年6月 6日 (月)

6/6  三段ピラミッド絶滅の危機

今年も六月初旬に運動会。そういえばいつからこの時期になったのか、僕らの頃は運動会と言えば秋の風物詩という印象だったのだが。

 (ま、気候を考えるとこの時期でいい気はするが)

薄曇りですこし肌寒いくらいの梅雨直前、自転車を走らせながら嫁とそんな話をしていると意外な答えが返ってきた。

 「なんかね、早い段階で運動会をするとクラスがまとまりやすいみたいよ」
 「・・・なるほど!」

クラス換えをしてからすぐに運動会の練習などで集団行動をさせる事で団結力が強まるらしい。効果がどれほどあるのかわからないがなかなか納得出来る答えがあるのだな。

Img00381

 (しかし派手な競技が減ってるのは間違いないなー)

プログラムを見ればほとんどリレーや徒競走。時折集団演技はあるものの、騎馬戦やデカパンリレーとか台風の目とか、怪我しそうな競技は一切なくなった。そういえば綱引きもここ数年見て無いが、あれもやっぱり怪我する人が多かったのだろうか?

Img00376

伝統の組み体操にしたって、今年からなんとピラミッドが低くなってその上組む際には「補助係」まで出る始末。これは確か去年まではいなかったはずだ。

 「足が痛い><支える係の人ずるい!」

うちの娘は背が高いのでピラミッドなどではいつも下の段、土台の役目。僕もそうだったから気持ちはよーくわかるが、こうして外から見てると案外上に乗る子の方が大変かもしれない。落ちたら怪我をする確率が高いし、怖いし。

 (まあ補助が一番いいのは言うまでもないが)

ところで娘はこの五年間一度も運動会で勝った事がなかった。昔のように三つや四つのチームに別れて闘っているわけでもなく、少子化の影響で白組と赤組のニチームで闘っているというのにだ、娘は五回連続で1/2を外し続けてきたわけだ。32人に一人の引き弱…ってわけじゃないのだろうけど、なんだか親近感湧くなーw

 「ここまで来たら全敗目指せ」
 「やだよ!」

期待虚しく、今年はあっさり勝ってしまった。

なんでも聞けば他に仲の良い友人二人も同様にオール負けを繰り返してきて、そのうちの一人がめでたく全敗を守りきって疫病神の異名を手に入れたそうな(;^ω^)

帰り道、負けたチームの先生が…恐らく3年か4年の中学年の担任だろうが、生徒達に熱く語っていた。

 「俺は赤組が負けたのがものすごく悔しい!!みんな、来年は絶対に白組に勝つぞ!!」
 「おーー!!」

熱いなー、あれは絶対体育教師に違いないと嫁に話していると、一言…

 「来年は白組かもしれないのに何言ってんだろうね」
 「・・・確かに!」

今日は冴えてるなこいつ。

| | コメント (5)

2016年6月 2日 (木)

6/2  アシモトミスギさん

ようやっと車を契約したわけだが、結局ほとんど僕の希望通りにならなかった気がする(;^ω^) 車種こそお互いの妥協点を探った感じだが、その車種の中のグレード(種類)や色なんかは全部譲る事になってしまい…

 (まあいっか。よく考えたら大してこだわりねーっけ(゚∀゚)!!)

この車を娘にあげる十年後ぐらいまで乗り潰したら、その時はナウい100%自分好みの趣味の車を買おう。ミニとかビートルとか。しばらくはそれを楽しみにお金を貯めるか♪

 「いい車だね^^」
 「だね☆」

この適当さこそが夫婦円満の秘訣だぜ。

あ、夫婦円満といえば…つい最近まで事故で嫁の愛車をぶっ壊した事が原因で訪れた冷戦中に「モルダー、あなた疲れてるのよ(´・ω・`)」と言った事で第三次夫婦大戦に発展したけど、思えばあそこでブチ切れさせた事で戦争を早期終結に導けたのだと思う。

あれがなければ未だに戦争中だったかもしれない。被害は甚大であったが後世できっと評価される事だろう。先を見据えた重厚な一手。そう、言うなれば重い軽口(゚∀゚)ドヤ!

…とまあ、与太話はこれぐらいにして…車を買い替えるので色々書類を更新しなければならないのだけど、その中で驚かされたエピソードが一つ。

 「はぁ??3240円も取るの????」
 「え?普通じゃない?」
 「いやいや、サインするだけでしょ???」

僕が何にここまで驚かされたかって、それは車庫証明の土地管理者のサイン。これは駐車場を管理している人、自分たちの土地なら親など名義人、人の土地なら大家さんかまたは管理会社にサインをして貰わなければならないのだが… 

うちの今回のケースは管理会社がそれに当たるそうなのだが、なんとサインを書く手数料として3240円を請求されたのだ。

 (いやいやいや、印紙とか何もないやん?っていうか判子押しただけやん!!??)

そもそも新車購入の際に車庫証明代行費用というのをディーラーにきっちり払っている。面倒な手続きは全部ディーラーの仕事だ。それなのに手書きすらせず、郵便番号・住所・電話番号・会社名がまとめて彫られた判子をポンと。これだけで3240円取るとは何事だ??いくら必要な書類だからって、ちょっと足元見すぎじゃないかと。

 「まああっちも商売だしね、取れるときにとっとかないと」
 「それにしたって…」
 「でも3000円ぐらいならまだマシな方じゃない?前に1万円ぐらい取るとこあるなんて話も聞いた事あるよ」
 「はぁあああ???」

と妻との会話で思い出したが、そういえば以前僕が住んでた…最初に一人暮らしを始めたアパートの時ってどうだったんだろ。引っ越す際にアパートの駐車場を一緒に借りたのだけど、車庫証明で手数料を取られた記憶が無い。だからこそ今回こんなに驚いてるわけなんだけど…

 (入居と同時だからサービスだった?それとも今回のとこが超絶ボッタだったのか?)

同じ静岡市内で同じぐらいの規模の不動産会社だったんだけどなー。大体こういうのって業界全体右へ倣えでどこも同じだと思うんだけど、それにしても当時は取られた記憶がない。

単に僕が車庫証明証の住所を移して無かったのかもしれないが、いずれにしたってひどい話だ。その場所に住んでる個人にとっちゃ車の買い替えなんて一度あるかないかぐらいなんだから、気持ち良く判を押してやればいいのに。一分で済む作業だぞ??

と、引越し六回目にして今さら?な憤慨。ググったら滅茶苦茶同様の怒りの声が出るわ出るわ。こういう事があるたびに自分の世間知らずっぷりに恥ずかしくなるが、やはり何事も経験しなけりゃ知らぬまま終わる事の方が世界にゃ多いのだな。

| | コメント (7)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »