« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

6/30  浦島プー太郎

ケロットの新しいのがノーボーナス860ゲームで捨てられてて、光の速さで抑える。確かこの機種沖ドキみたいなシステムって聞いてたから天井も…

 (……無いの!??)

そっと下皿からキーケースをサルベージ。同じ事した人が全国で何百人といるはずだ!

甘デジの化物語が導入されて、ミドルの方は大層効果があったが甘の方は技術介入がどれぐらい利くんだろうと、微妙な開けながら確かめてみると釘の割りにやけに回る…ええ?25ペースで回るんだけど???

 (マジで?え?5千円使って130回っちゃったんだけどいいの!?)

それからしばらくして、ヘソ賞球が7個もある事にようやく気付くのです…北斗有情のトラウマが蘇る。。

 (ひでー台が出たもんだな('A`)…)

と、ここ最近は雑誌をほとんど読まなくなったので、新台は大体打ちながら覚えていくスタンスになっている。というか、打たないとわからない老化現象…なので、新台のスペックに驚かされる事もしばしば。なんだかんだでエナブログやそういう実戦記が非常に役に立っている。

とは言え新台を積極的に打たないわけじゃない。むしろパチンコは調整ミスを期待したり、今後使えそうな要素がないかを見るためにバンバン打っている。

そんな中、久々にクソ台ハンターの琴線に触れる台が現れました。

 『CRガメラ』

いわゆる「1種+2種」タイプと呼ばれるスペックで、図柄揃いとV入賞と大当たりのルートが二つある…簡単に言うとAKBやハルヒである。この台の場合は直接V入賞のルートがあるのでハルヒ寄り。

まあスペックはそこまでいいわけじゃないけど、この台の時短中(一般的にいう確変中)が相当おもしろいのでオススメしたい。継続を賭けたバトルのバランスがめちゃくちゃで、いい意味でも悪い意味でも最後までドキドキできるのだ。その上、右打ち中はライトミドルながら2000発の連打となるため演出に手に汗握る事必至!!

また、通常時が苦痛を伴うぐらいつまらないのでそことの対比が余計に時短中を映えさせるのだろう。

通常時は毎ゲームのように保留煽りとガセ擬似煽りが発生するが、保留が変わろうが擬似3になろうが大して熱くないクソ台のテンプレみたいな台だ。

Img01367_2

ウザイくらい毎回点滅保留に向かって手裏剣を投げるミニギロンが、ついにやけくそになって自ら保留に刺さりに行って、さらにそれが弾かれたりするんだからやってらんないw

当たりへのルートも王道というものが無さげで、クッソ寒い擬似ガセ濃厚パターンからいきなり最強リーチへ行ったりするから気が抜けない。万事がムチャクチャ。昨今の台と比べるとこれがなかなかどうして悪くないのだ!どんなリーチも期待できないけど、良い言い方をすると常に意外性があってよろしい。

身体だけはいいブスって感じで、好きな人は多分相当好きになると思う。


それからもうひとつ、『CRモンキーパンチ』も良かった。

Img01368

これまた通常時が産廃レベルに酷いんだけど、こちらもST中が非常によろしい。それからスペックが非常に良いのもGOOD!特にライトミドルの方は牙狼ファイナルのライトバージョン打ってるような感覚でめちゃくちゃ甘さを体感できると思う。

画像はST中の画面なのだが、なぜか原作が全く関係ないスロットシステム。左下には謎のGOGOランプまで搭載されているが、こいつが当たりに中々絡まずこの台の中途半端さを暗に示している気がしてならない。

 (そもそもサブタイトルの「漫画活動大写真」ってどういう意味だ?)

何やら原作があるそうだが、正直打ってて全く入り込めない。相変わらずルパンみたいなキャラや次元みたいなキャラや不二子みたいなキャラが暴れまわっていて、ルパンの代名詞?とも言えるサーチライト役物もこれでもかってぐらいバンバン使われて、タイプライターもある、GOGOランプもある… 

 (これだけ揃ってて全く面白みがないってんだから逆にすげえよ('A`))

スペックの良さだけでしばらく追ってたけど、通常時はもう見たくもないレベル。どうせパクるならゼロデサイズくらいはっちゃけて欲しいもんだよな。

マルホンの次はここかな…と思える出来だけど、台の甘さはガチなので開いてたらぜひ打ってみよう!苦情は受け付けないけれど。

| | コメント (7)

2015年6月28日 (日)

6/28  その甘さが命取り…ッ!

甘いと言われそうですが、協議の結果…

Img01370

買っちゃった…(・ω<)テヘペロ☆

妻も僕もこないだから話し合ってたけど買っていいんでね?という空気だったので、スプラトゥーンの人気があるうちにという事で即決。

マリカースターターセットとスプラトゥーンで38000円。それと別売りコントローラーが5000円と有線アダプタが3000円。それからLANケーブル1000円で締めて合計約50000円かぁ…

 (有線キットが地味に痛いなぁ><)

任天堂信者の弟いわく、「ネット対戦するなら有線LANにするのがマナー」と言っておられて、これは恐らくネットの速度・安定度に関係してくるのだろう。 昔、僕もドリームキャストの「ぐるぐる温泉」というゲームでネット対戦デビューを果たし、そこで速度の問題についてはよくよく思い知らされていたので
とても無視は出来なかった。

てなわけで、娘を驚かせようと一連のセットをネットで購入し内緒でセットアップして待ち構えていたのですが…

 「あ、なに!?本当に買ってくれたんだ」
 「驚いたかね」 
 「ん~、ま予想してたけどね☆ありがと!」
 「('A`)」

Img01372

なんて、かわいくない事を言っていたけど…いざやってみるとルンルン気分。日曜の昼下がり、娘がキャッキャウフフしてる傍で妻が餃子を包んでて、僕はそれを2chをやりながら()微笑ましく見守る…

 (何気にこれってかなり幸せな風景なんだろうな…)

今際の際に思い返す情景になるやもしれません。

せっかくなので、オッサンもやってみようと挑戦したのですがやはり全然うまくできません。

 「ちょっ、スプラトゥーン難しすぎだろ!?」
 「うみが下手すぎなんだよ><」
 「はぁ!?まっすぐ進めねーし…なんだこいつら、イカなのに海落ちたら死ぬのか!?」

その様子が思いのほか面白かったので、ニコニコ動画に投稿してみました。

Tutorial_nico04

…無論冗談ですが、安くはない買い物だけに何かお気に入りのゲームのひとつでも見つかればいいけどなぁ…今のところ、全く食指が動くソフトが無い('A`)今後出るかもわからない。

wiiUを買うってのはそういう事だと散々弟に言われてたけど…

| | コメント (12)

2015年6月25日 (木)

6/25  平和ボケ

こないだの慶次といい、今月は初当たりの3回に1度ぐらいの頻度で3倍以上のハマリを喰らってて泣きそうなんですが…まあしゃーない。かんぜんかくりつだもの。

Img01363

この日も苦労しながらようやく引けた初当たり…よし!STや!

Img01353

 (やっぱガロやな)

一撃でプラス域に持ってこれた事に満足しつつ、一旦休憩を入れようと店内を歩いていると新台のエヴァ~希望の槍~の非常に高設定っぽい台が今まさに目の前で空き台となったではないか。

エヴァ槍の設定推測については従来のシリーズ同様、外からの判断は難しい部類のようだが、店の傾向として一台だけ尖ったこの台が高設定の可能性は非常に高いと思われる。グラフも絵に描いたような右肩上がりで、ボーナス確率は発表されている高設定域の数値である。ここは素直に攻めてもいいんじゃないかな?かな?

 (時刻はもう夕方だし、今打ってる牙狼も大した台じゃないしここは移動の一手!)

なんだかんだで打ってみたかったので小躍りしながら牙狼へ戻り、10連の出玉を流す事にした。

 「はいどうぞ!」
 「・・・ん?」

そうして、ジェットカウンターで出玉を流して貰うと・・・違和感。初めそれは勘違いかと思ったけれど、気になって先ほどまで打ってた牙狼のデータカウンターをポチポチ…する必要はないんだけど、確認のため一応ポチポチ。

 (ん~~~???)

おかしい。牙狼で10連したはずなのに、16Rを10発引いたはずなのにどうして出玉が19000発弱しか無いのだろう?16R一発で2100発ちょい獲れてたはずだから最低でも21000発はないとおかしいのだが???

 (つーか、一箱分足りないだろこれ??)

確かに流す際に、店員に箱を任せっきりにしといたけど…しかし箱を忘れたようなそぶりは見えなかった。いずれにせよ玉数が合わないのは間違いない。すぐさまコールボタンを押し、会員カードに入っている「持ち玉」とデータカウンタに表示されている「獲得玉数」を店員に見てもらい説明を始める。

 「あー、ここの玉数は実際の獲得数と食い違う事がございますので^^」

初め、店員は適当にあしらう感じでこんな説明をする…も、

 「いやー、ここの数字いつも合ってますよ?」
 「…そうですか?」

この店、よく来るのでそこは間違いないと熱弁。というか、玉数見ながら打ってんだから…と色々言いたかったけど、パチプと思われたくないから控えめに…(ここ笑うとこ)

 「基本的には出玉の管理はお客様の責任という事になっているのですが…」
 「…はぁ」

したら事もあろうにこんなセリフだ。さすがにカチンと来てしまった。建前上そうなってるのはわかるが、連荘中一撃で出してる最中にどうしろってんだよ???

思ってるけど、口には出さない。

 「一応、確認してみますね」
 「おねがいします」

内心は、ぶち殺すぞテメエ(´・ω・`)牙狼の16Rで1900発しか取れないとかオラぁまだそこまで落ちぶれちゃいねえど!とか思っていたけれど(ここも笑うとこだぞ)、この段階ではまだ自分が何かとんでもない勘違いをしてるのかもという思いもあって強くは出れない。というか、よく来る店なので穏便に済ませたい。

店員はしばらくインカムでゴニョゴニョ言っていたが、やがて視線が隣の席に座る男性のドル箱に釘付けになっていく。よく見ると、大当たりの回数と箱の数が1箱分ズレてるような…しかしこれは玉の詰め方の問題もあるし、他から移動してきた可能性もあるので何とも言えない。ただ、状況的にこの符号の意味するところは大きいとも思えるw

連荘中、僕は止め打ちに夢中で後ろに積まれた箱なぞ気にしていなかったがそういう事なのだろうか^^;?

 (その場合、彼に説明して一箱返して貰うのだろうか?恐らく彼も身に覚えのない事だろうが、いきなり一箱持ってかれて納得するのだろうか?)

何気にこういうケースに遭遇するのは初めてだ。昔、初代冬ソナだか打ってたときにドル箱を隣に置かれた事があったがその時はすぐに気付けて事なきを得た。今回のように時間が経ってみんなの記憶があやふやになってしまっている場合ってどうするんだろう??

 「すみません。カメラ使って確認しますので少しお時間よろしいでしょうか…」
 「オッケー牧場」

なるほど。サイフが無くなってもパッキーが盗まれても、相当頼み込まない限りなかなか確認してくれない録画カメラをここで使ってくれるのか!

事の成り行きを見守りたいが、俺には待ってる台があるのであとは任せよう。

 (おう!)

Img01365

というわけで、満を持して移動したエヴァ槍は2500ゲームほど回し、全く危なげなく+1200枚ほど獲得^^

すごく綺麗な右肩上がりのグラフになったが設定は不明。設定確定系の演出は確認できなかったけど、BIG中のボイス比率はアスカ:マリ:冬月が6:7:4で出てたので諸々考えると設定6まで見てもいいかもしれない。

細かい数値や挙動は省くけど、最終データは8064ゲームでボナ24回(1/334)でした。

これはさすがに出来すぎなスランプグラフだとは思うけど、こんぐらい安定志向の台だとしたら狙っていきたいと思えるレベルですね。演出はお察しだけど…スイカもチェリーもリプフラグにしちゃったのは取り返しがつかない改悪だと思うけど… ボーナス重すぎて全く安定しないと思うけど…出目はこれまでのシリーズの雰囲気を出そうとしている感があって嫌いじゃないぞ!

 「お待たせしました!」

さて、話は戻るがエヴァを打ち始めて結構経った頃、ようやく偉い人が説明にやってきた。1800発のレシートを持って…

 「カメラを確認したところ、隣の台に一箱置いてしまっていたようです。申し訳ありません」
 「ああ、やっぱりw」
 「それで…これは一箱分の保障です」
 「隣の人に返して貰ったんですか?」
 「いえ、隣の方はもうお帰りになってまして…」

こうして手渡された1800玉のレシート。僕の玉の詰め方だといつも一箱1870玉前後になるんだけど…とはさすがに言い出せず、大した損はしていないのになんだかモヤっと・・・

 (いや、気付けて良かったと思おう)

一撃の出玉じゃなく、終日打っての結果なら気付けなかったかもしれないもん。あの状況での店員の説明にはイラっとしたけど、実際出玉の管理は自己責任ってのは間違いないわけで、考えてみりゃこんだけ長くやってて全くそういう意識が無かったのが異常…というか、平和な国に生きてんだなーってつくづく思った。

かと言って、そこらの軍団みたいに後ろを通るたびに睨み付けてくるような輩にもなりたくないわけだが…まあもう少し気をつけよう。

| | コメント (8)

2015年6月22日 (月)

6/22  終わるんパチンコ

抽選時間に合わせて粘ってみるも余計に傷を広げる結果になったりと、これまで相手側の狙い通りに踊らされてきた過去しかないコイツ…

Img01356

静岡パチンコ養分感謝デー!

Img01357

 (!!!!!?)

パチ暦十余年。初めて残念以外の文字を見た気がするが、それにしても何ともまあ微妙なものが当たったものだ。

 (米1kgじゃ番長のゾーン分にも満たないだろうに('A`)…)

…しかしまあ、クジの結果が示すように「最悪」の状態からは抜け出せたようだ。あれから何とか半分ぐらいは戻ってきてくれた。

Img01346

MVPは意外にもゴッドイーター。どうやったら出るんだろう?と打つたび思わされていた台だったが、七回目の挑戦にて初めて獲得300枚を超える結果に。

408ゲームから打ち始めたら開始2ゲーム目で中段チェリー降臨(1/32768)!んで、そのボーナス準備中に強ベルを引いて(1/4096)、討伐確定の偉いモンスターがやってきて~の、色々あってこの枚数。

しかし驚くべきはその後で、神チェリーの恩恵で迎えた天国モードでのもう一発。こいつがダブル揃いの100Gスタートで…

Img01347

Img01348

こんな事になって、

Img01349

やりやした。(枚数引継ぎ)

しっかしこんだけ出てて全くおもしろいと思わなかった。劣化モンハンなんて言われてるけど、その呼称ですらモンハンに失礼だ。ストックによる勝利確定バトルがあるせいでバトル中の熱さがボヤけて、勝ってもほとんど+20か+30。延々それの繰り返しなのでバトルの結果がストーリーを進めるためのものにしか感じられず非常にダレる。

皮肉にも、打てば打つほどモンハンの偉大さを感じずにはいられない台になっているが、贅沢は言えない。

パチの釘問題スロのAT機の廃止。今後、一層厳しくなると思われるこの業界だけにこんな台でも重宝する日が来ると思うと気が重い。ART時代に戻るのならまたスパイダーマンやリンかけみたいな台が出るかもしれないけれど、設定状況が今と昔じゃ雲泥の差だからあまり希望は持てない。パチンコのMAX規制も似たようなもので、荒いMAXだからかろうじて開けられてた釘も今後1/320が下限となると今以上に厳しくなるのは明白だ。

ストック機の規制のような、鉈でスパっとやるやり方でなく真綿でじわじわ締めるような今回の規制。大体パチに規制が入ればスロが緩和されるみたいな事が順番に行われてきたように記憶しているが、今回はなんと同時規制だ。毎年のように終わる終わる詐欺を繰り返してきたこの業界だけど、今回ばかりはちょっとばかし本気でヤバイ気がします。

…と締めるところまでが終わる終わる詐欺のテンプレだけど、同時規制は冗談抜きにどうにもならないような気がする。プレイヤー目線で見て、今より厳しくなったらさすがにマイナスにはならなくとも、もう満足な収支を上げる自信は無い。となるとそこまでシビアに打ってない人たちは…!?設定状況や釘状況も相まって、卵が先か鶏が先か…客もホールもいよいよ体力の限界が来てしまうんじゃないだろうか?

現状既に、ガラッガラのホールを見てると限界を感じるというのに… いつもならそれでも何とかなると感じるんだけど、後に控えたオリンピックという言葉が想像以上に重く感じる。

| | コメント (14)

2015年6月19日 (金)

6/19  魔法中年クレア☆まりか

珍しく、舎弟のフィッシュから生意気にも個人間のラインで画像が届いた。

1434582187899

よくわからないけど、多分ヤツの生きがいである麻雀格闘倶楽部の画面っぽい…が、何に優勝したんだろう?それに、なぜいつものグループラインでなく個別に送ってくる必要があったんだろう?

 『全国大会優勝!これが麻雀に魂を捧げた男の力や…』

すぐにコメントが載せられた。全国大会??格闘倶楽部の???それが本当だとしたら相当すごい。多分出場者何万人って中の優勝という事になるのだから。

 (しかし変だな?)

この日は水曜。いくらネット麻雀とはいえそこは腐っても麻雀格闘倶楽部。会員数数万人からの全国大会がド平日にやってるとも思えないし、では先週末の結果だったとしてどうして優勝してすぐに送ってこなかったのか?

 (嘘くせ~w)

てなわけで、すぐにネットで検索してみる。ヤツのIDは知っているので麻雀格闘倶楽部のスレッドなどを見ればさすがに優勝したぐらいだから出てくるだろう…と思ったら、コナミ公式の大会結果発表のページがあったから話が早い。

 (どれ、クレアさん(笑)はいるかなーっと、って・・・・・ん???)

Photo

 (あれ?岩手・・・まりか???違うじゃん…)

所属が岩手ってのは、確かあいつの理論だと田舎の方が所属人数が少ないらしく、上を目指しやすいから敢えてそうしてるってのは聞いた記憶があるからいい。(各都道府県別に『大将』だか何だかって、トップに与えられる称号があるみたい。魚君はそれを狙っていた)

ただ、魚君のIDは「クレア」だったはずだ。格闘倶楽部をやり始めた高校生の当時、バイオハザードのクレアにぞっこんでそのまま名前にしてしまい、後々恥ずかしくなってきた頃にはもうやりこみすぎて今さら変更が利かなくなっていた恥ずかしい過去、 ク レ ア (笑)。

 「おい、優勝クレアじゃねーじゃんかw」
 「クレアさんという名前は変えさせていただいた。今は所属と名前変えられる」
 「じゃあ名前は?」
 「ちょっと恥ずかしいから伏せさせて」

・いつものグループラインに送らない
・急に名前が変わってる
・優勝してすぐに言い出さなかった

この時点で怪しさの数え役満なんだけど、基本的にこういうつまらん嘘を言うやつでもないのでどうしたもんかな~と2ちゃんなどを漁ってみる…も、大した情報は出てこない。そうこうしている内にもう一枚画像が送られてきた。

1434582194203

 (あ・・・マジっぽい)

これ、多分登場シーンのエフェクトを撮った一枚なんだけど、このゲームは特定のタイトルホルダーや実力者には『専用エフェクト』というのが与えられていて、この画像を見るに恐らくは本当に何かに優勝した結果だと信じざるを得ない。

 「もしやあなたが…岩手のまりか様(笑)!?」
 「神!」

…この返しはちょっと分かりづらいと思うが、認めているのだと思う。これ以上詮索したくは無かったが、勝手にペラペラ喋りだした。仕方ない、付き合ってやろう。

 「ちょっと恥ずかしいが。何かわかるか?」
 「うーん、麻雀女流プロのなんとかまりかってのから取ってたら本当に勘弁して」
 「浅はかだなダメニートよ」

 「じゃあスロットルライターの南まりかって人からだったら鬼キモ」
 「それもない。俺の好きなのが何かわかるだろ…」

 「まさか…ニセコイ(ジャンプで連載してる漫画)のキャラじゃないよね?」
 「キター(゚∀゚)ー!!」

20090801_902335_2

クレアが若気の至りで恥ずかしいと変えたと思ったら、今度はニセコイのキャラからつけたのかよ…

2012_0709_11_19_07_954

以下、やり取り…

Screenshot_20150618080258

いい歳したオッサンが救いようもなくキモイとは思うが、どうやら全国大会で優勝したというのは本当のようだ。気になる優勝商品はオーブ40個(経験値みたいのw)と画面上のトロフィーと専用エフェクト…

 (え??それだけ?????)

ショボいと思ったが、彼としては専用エフェクトがあるだけでもう大満足らしいし、実際格闘倶楽部をやる人からは羨望の眼差しらしいのでそれはいいのだろう。

というか、実際麻雀格闘倶楽部の全国大会優勝って相当すごい事だ。なのに、キモさがそれを上回っていて素直にすごいと思えない。

能ある鷹は爪を隠すとは言うけれど、狙ってやってんだとしたら恐ろしいで…

| | コメント (10)

2015年6月17日 (水)

6/17  Third Person view

娘が最近「スプラトゥーン」というゲームが欲しいとうるさい。

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま~た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

少し前には音楽プレーヤーを、そのちょっと前にはJボード(スケボーの二足歩行みたいの)と、欲しいものがたくさんあって羨ましい限り。

ただ、これぐらいの子ってソレが本当に欲しいものでなくともとりあえずほしい欲しい言って親がどこまでなら買ってくれるか、そういうところで愛情を計っているような部分がある…とは嫁の談で、僕はなるほどなぁと思ったものだ。だからってホイホイ買うんじゃないよとも言われている。

そのため、またいつものが始まったかなと適当に聞き流していたものの…どうも今回はいつものそれとは様子が違う。暇さえあればスプラトゥーンの実況動画などを見ているし、買ってもらうために積極的にお手伝いを始めるなど、明らかに本気度が違う気がしてならないのだ。

少し前にスプラトゥーンの体験版を実家の弟の部屋で遊ばせたのだが、それがよっぽど楽しかったのだろうか?

001

確かに絵面だけなら相当面白そうだけど…

 (う~~~~ん… WiiUかぁ~……)

マリオカートにスマブラに、それから様々な体験型?ソフト。娘がWiiUというハードを以前から欲しがっていたのは知っている。けれど、任天堂信者…所謂「妊娠」と呼ばれる我が弟にして「WiiUはよほど任天堂に思い入れがない限り、先が無いから買わない方が無難」と言わしめるハードでもある。事実、スプラトゥーンが発売された後は9月まで『一本も』新作は出ない。他社に見限られ全く参入が無い「終わっているハード」なのだ。そのあまりの悲惨な現状はところどころで話題になりまとめブログなどにもよく取り上げられている

 「でも今度マリオとゼルダ出るみたいよ(゚∀゚)」
 「あー、ゼルダはちょっとやりたいかも」

うーん。シェンムーの続編が出るなら鉄で買うんだが…もしくはパワプロとか。僕はほとんどゲームをやらないのでちょっとやってみたいな程度のソフトのためにわざわざ「終わってる」と揶揄されるハードを買うのは些か荷が重い。

 「スプラトゥーン欲しい(´;ω;`)スプラトゥーン(´;ω;`)」

けど、娘がこうしてゲームを欲しがる気持ちもわからんでもない。ハード云々は大人の事情であって、子供は欲しいものを欲しいと言ってればいいのだ。僕らもきっと、子供の頃こんな風に親に無理難題を度々突きつけてきたのだろう。嫁も、きっと。

甘いと言われるだろうが、だからこそそれは僕らが甘受すべき微笑ましき慣例ではないかとも感じる。

 「じゃあ任天堂信者が当然のようにスプラトゥーン買ったみたいだし、とりあえず実物やらせてもらってから考えるか」
 「うん!行く行く!」

てなわけで、実家へ遊びに行ったついでに実物をやらせてもらうと娘の目はさらに輝きを増した。飽きずに何時間も…僕は1回やらせて貰ったら気持ち悪くなってしまったが娘は全然平気らしい。昔、ニンテンドー64というハードで「007」というゲームがあって、それはTPS(Third Person shooter)と呼ばれる第三者目線…いわゆる俯瞰視点で進行していくものであった。必要以上に画面がめまぐるしく変化するのを見て僕はしょっちゅうゲーム酔いをしていたものだ。

例えばこの日、僕がスプラトゥーンをやってみたら「何これ?超面白いじゃん!俺もやりたいから買ってやるよ!」みたいのをちょっと期待していたが、そのセンはこれで消えたw

それでもより一層ゲームが欲しくなったであろう娘を見てると、きっと買ってやっちゃうんじゃないかなと思う><

 「○○ちゃん、ポカリ飲む?」
 「おう、○○。鉛筆いるか?」

 (鉛筆て…w)

それにしても不思議なのが、父と母がしっかりとおじいちゃんおばあちゃんになっている事だ。ここでいうおじいちゃんとおばあちゃんってのは何も老いたという意味ではなくて、孫に対してのじいじとばあばにしっかりとなっているという事。未だ弟たちがオジサンになりきれず距離感がよくわかっていない節があるので、それを考えるとジイさんバアさんは大したものだと思わずにいられない。

子供心に不思議に思ったあのおじいちゃんおばあちゃんの「よくわからんお菓子やジュースをくれる」現象。ああいうのも誰に教わったわけでもなくしっかり使いこなしているのだから微笑ましくもある。

 「え、鉛筆??」

戸惑う娘を見ながら、今ならあのとき疑問に思った様々な事の答えがわかるような気がする。娘もいつか、同じような場面に遭遇してそのときハッとするのだろう。あれは紛れも無いじいじとばあばの精一杯の好意。あのときやはり、僕の父や母も今の自分と同じような心境で眺めていたかと思うと、こうして色々なものが受け継がれていくんだなと思うと感慨深い。

しかし同時に、自分がその輪の中にいる事が不思議でさえある。絵に描いたような幸せな場面なんだろうけど、だからこそ自分がその場にあまりにもそぐわないような気がして…その微笑ましい団らんをゲームの一場面でも眺めているような、別の誰かを見ているような、そんな言いようの無い不安に襲われた。

| | コメント (9)

2015年6月14日 (日)

6/14  運命LOVE☆

どうしてこうも悪い目が続くものかねと、またも世界の不思議と闘う時期がやってきた。

Img01337

151     15R×1 STスルー
100+560  4R×1 STスルー
100+421  4R×2 
100+141  4R×1 STスルー
100+622  ヤメ

これ、麻雀物語で二万発近くやられた日の履歴なんだけど、こういうの喰らうとMAXもミドルも大差ねーなと思ってしまう。いや、上ブレ考えると完全にMAX打つべきだとも。

こないだからたまに開く麻雀物語をちょこちょこ打っているが、台のレベルは悪くないのに不思議なくらい全く勝てない。

そして不思議なくらい、打ち続けている内にハマってきた。

Img01341

この台も萌え系の常でST中に15Rを引くと色々とオリジナル曲を選べるんだけど、その中に「恋のビギナーズラック」というのがあって、最近はこれを聞きたくて打ってる感じだ。

パチソングってたま~にすごい中毒性のある電波曲が出てくるが、僕にとってこの曲はまさしくそれ。プリキュアっぽくCGで主人公三人組が踊りながら歌うんだけど、その仕草がバツグンによろしい。

画像では赤い娘のソロパートで「予測不可能 ホントの気持ちは私からキミに「ダイスキダヨ」って言えたらいいけど… 」となり、そのあと

 ( 照れる・・・>< ) 

みたいな部分があるんだけど、そこが超絶かわいい!!これは動画を貼るのでぜひ見て欲しい。(0:52辺りから)



しっかし、これさえ見れれば我慢もできるというものだが、STで15Rすら引けない日が出てくるとさすがに考え物だ。つーかこの機種何なんだよ!?全く勝てねーぞコノヤロウ!!!

 (でも、機種のせいじゃないっぽいね(´;ω;`))

最近、本当に何打っても勝てません。勝てないだけならまだしも逆噴射の日々。考えてみるとガロ以外は欠損塗れ。では偉大なる牙狼だけ打ってりゃいいじゃんとなりそうだけど、釘が全く開いてない。最近なぜか牙狼じゃなく慶次ばかりが開くようになってきて困っているぐらいである。

慶次、甘いとは思うけどなぜか全く勝てないんや…

Img01345

273  4R通
+(52 4R確 時短中引き戻し STスルー
120+772  4R×5 7R×1 16R×7
120+1517  ヤメ

この日は24/kも回ったが負け。ここ最近だと一番いい台だったので、そういう日にハマれたのはむしろ幸いかもしれないが…

思えば慶次シリーズには毎回頭を抱えさせられてきた。この日も最初の当たりがキセボ通常だったのだが、前回打ったときの最後もキセボ通常だった。キセルボーナスは基本ST入って当たり前みたいな気持ちがあるので、え?え?嘘でしょ…復活すんでしょ?は?え?マジで??

 「・・・マジかよ」

みたいな、思わず声が出てしまうぐらい呆然としてしまう。

つーかキセルボーナスの通常って振り分け3%だぞ?1/399引いての3%だぞ!?それを2連続って、生涯引かないまま終わる人がほとんどじゃねえか!!初代だかで5連続で2R通常引いたときにも全く同じ事を思ったものだが、おまけに初めて時短で引き戻せたのに振り分け30%の4Rで、さらにSTスルーとか…

 (理不尽の数え役満じゃねえか!1!)

Img01343

かと言って、今度は振り分け30%の15Rを引く勝負に出るとそちらは全く引けないパチンコあるある。振り分けもそうだが相変わらずサギーの甘のハマリ方は異常だろーよ…('A`)

麻雀もそうだけど、こういうアホみたいな振り分け負けを喰らい続けるともうパチンコは全部牙狼でいいよってなっちゃう。

スロットルも全然ダメで、沖ドキ凱旋絆とユニバの台がとにかく勝てない。沖ドキなんてここ最近引いた天国は全部2連止まりで、さらに毎回初当たりまでハマる上にバケしか引かないので、1000枚投資して200枚回収する簡単なお仕事です状態。凱旋は相変わらず素晴らしいセキュリティを備えているし、絆は毎回BC一発引くのに苦労する始末。

これまでも何度と無く唱えてきたが、弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。どうして落ち目の時期ってのはこう悪い事が雨あられと襲い掛かってくるのだろうか?どうして落ち目の時期ってのは図ったように打つ台がそこらかしこで見つかってしまうのだろうかw?

嘆いても始まらないのでやる事やるしかないのだが、ただただ嵐が過ぎ去るのを待つしかない受け身の姿勢ってのは毎回本当…やるせない('A`)

てなわけで、今月に入ってから貯玉39000発、貯メダル5200枚が消えている。サラッと言ってるけど結構参るレベルの不ヅキで、金額に直すと…

Img01342

キャワワ(≧▽≦)!!

| | コメント (8)

2015年6月10日 (水)

6/10  それぞれの純真

娘に何の気無しに近づいたら「エクスペクト・パトローナム!」と呪文を唱えられた。

僕の記憶が正しければあれはたしかハリポタで幽霊みたいのを退ける呪文だったような。「ニフラム」のコピペを思い出してちょっと笑ってちょっと悲しい… うみをです(´・ω・`)

さて皆様、6/6はどうでした?10時過ぎ、眠気眼でグループラインのやり取りを見るとスロ狂いの友人が画像を貼っていました。

1433664695369

 (2000て。。。東京は怖いところやで…)

うちの地域は幸か不幸かゾロ目という概念がほとんど無いため全く気にしていませんでしたが、それでも何だかんだで期待しちゃう日ではあるよな。恐らく、僕も都会に住んでた頃なら意気揚々と出掛けた事だと思う。

いつからそうなったかは定かではないが、数年前まで6/6と言えば一年で一番熱い日という暗黙の了解がスロッカスの心の中に確かにあった。イベント禁止となった今、勝手に期待する方が悪いという意見もあるが…だからこそ!という声も未だ根強い。それは仕方のない事だと思う。

エナの時代に生まれた今の若い子には理解しがたい部分もあるだろうが、それぐらい設定狙い全盛期に生きたスロッカスにとって「6」という数字は思い入れの強いものなのだ。

今年は特に土曜日だったという事もありスロリーマン諸兄はさぞ期待に胸を膨らませ挑んだ事でしょう。そしてソレ見た事かと笑われた人が大半でしょう。

彼も、そのうちの一人である…

Sakanawara

久々登場の魚君。

最近は面白い機種がないとめっきり打つ事も減ったそうですが、この日だけはかなり気合を入れて出掛けたようです。僕が寝ている間にも熱い実況がつらつらと書き連ねられ…

そして、台は確保できたそうですがしばらくして交信が途絶え…

Photo

果たしてスロッカスの純真を踏みにじるホールは悪か!?

否!と言いたい所だけれど、こういう人情や遊び心が失われていくのに比例して業界の規模も縮小していったのは皮肉なものですね。

もっともそうするだけの余裕が無くなった現状も無視は出来ませんが、鶏が先か卵が先か… 客が減ったのとホールの過剰な利益追求。負の連鎖はどちらが先だったのでしょう。


 (にしても喧嘩稼業おもしれーな)

前置きが長くなったが本題に入ろう。

6/6、僕は漫画を大量に借りて読み耽っていた。「喧嘩商売」と「喧嘩稼業」。現在ヤンマガで連載されている木多康昭先生の作品だ。喧嘩商売という作品は知らずともこの作者の名前、見覚えある方も多いのではないかね?

1c36cfa0

そう、この作者は昔ジャンプで「幕張」という一時代を築いた(?)ギャグマンガを描いてたお方である。この作品、本当になんでもありで超面白かった。ちょっとシモ系が多すぎた感はあるけど…

あの幕張を描いていた作者が今やガチ格闘漫画を描いているのだから驚きだ。

69cc74f0

 (ガチ…格闘!??)

…画像を見て幕張と変わってねーやんw!と思われるかもしれないけど、ガチで闘ってる最中です^^;変態ドMボクサーと闘ってるのでこんなセリフが飛び交ってるのです。

実は今現在は「喧嘩稼業」というタイトルだが、この前身として「喧嘩商売」というタイトルで同雑誌で掲載していた時期がある。なぜタイトルを変えたのかは定かではないが、それまで相変わらずの何でもありのパロ系ギャグも含まれてた作品が、タイトルを変えた今現在、それらのパロが一切見られなくなっている。

Cimg358kenkashoubai101

恐らくそこらへんにタイトル変更の理由があるのかと勘繰ってしまいますが(笑)、そんなわけで今現在連載中の「喧嘩稼業」はガチ格闘漫画となってます。

これがマジで面白いんだ!

世には格闘漫画が溢れているけど、いったい何が違うのだろう?技の種類やリアリティやら、そういうのは僕にはよくわからないけど、なんと言うか「熱い」のだ。

1398074838507

「喧嘩商売」の全24巻を使い様々な登場人物の過去・因縁などをしっかり描いてから現「喧嘩稼業」にていよいよトーナメント開催…という流れになっているので主要キャラの掘り下げが出来ていて感情移入しやすいのかもしれません。

といっても、僕も喧嘩商売から連載は見ていたはずなのですが、一度長い休載を挟んでからのタイトル変更&再開だったため内容をあまり覚えていませんでした。というか、喧嘩商売の方は本編とあまり関係のないギャグパートが結構な量を占めていたため週間連載でそれを挟まれるとさすがにダルイ('A`)

今回全部借りてきて読み直すことで改めてその面白さに気付く事が出来たといった方がいいかもしれません。

今現在、ヤンマガで隔週連載ながら毎週めちゃくちゃ熱いバトルが描かれているので興味のある方はぜひ休日などに一気読みして連載に追いつく事をオススメします!

特に今闘っている第一回戦の工藤VS麻呂の闘いが殊更熱く、某掲示板のスレなどは毎日盛り上がりっぱなし。出場選手が豪華すぎてまったく期待されてなかったカードがこの扱いなのだから先が本当に心配になるくらい面白いです。

今現在一番勢いのある漫画と言っても過言ではないかもしれません!

格闘漫画といえばバキにホーリーランドに餓狼伝、真島君とかケンガンアシュラ、はじめの一歩?やら色々読んできましたが、これほど連載が待ち遠しい作品は初めてかもしれない。今ググったら「喧嘩稼業徹底考察ブログ」なるものまであり(直リンできないので『喧嘩稼業 ネタバレ』で検索)、こういうブログの存在が、熱狂的なファンがいる事がそのまま作品の良質さの証明のような気がしますね。

昔、僕らの間で「真島君すっ飛ばす」の技が流行って「千年殺し」をよく友達にかけあっていましたが、格闘漫画の技を真似するのは少年の常。

今だと「喧嘩稼業」の「金剛」(心臓に打撃を与えて気絶させるわざ)などを真似する子らがいるのだろう。リンかけのギャラクティカマグナムとかは何とかなりそうな気がするけれど、キン肉マンが流行ってた頃はキン肉バスターとか真似してたのかな?

男の子はいくつになっても潜在的な強さへの憧れみたいのがあるのだと思う。その純真がある限り、格闘漫画は永遠に廃れないだろう。

対して女の子は魔法に憧れるのだろうか?娘がまた僕に向かってエクスペクト・パトローナムと唱える。

| | コメント (15)

2015年6月 8日 (月)

6/8  さよなら?ドブ臭加齢臭

喉元過ぎれば何とやら。

そういう言葉があるけれど、まさしく今回のはソレだ。あの瞬間の恐怖と感動を忘れたわけではないけれど…面倒臭さは全てにおいてそれらを凌駕する。

何の話かと言えば、歯石取りの話である!


初めて歯石を意識したのは2012年の3月。それまで僕は歯石と言うものの存在は知ってはいたのだが、それがどういう類のものかは知らず… 強いて言うなら『芸能人は歯が命!』のアレを想像していた(例えに歳を感じるねw)。つまり、歯のホワイトニングとかそういうのを想像していたわけだ。

と言うのも、僕の麻雀のお師匠様が根がスタイリストなのでそういう事に余念がなく、よく話を聞かされていた背景がある。キラリと光るその歯が見た目以上に清潔感が違うのは僕でもわかったので興味を持っていたのだが、、、

ある時、食事中に歯が剥がれた。

正確には歯としか思えない「物質」が歯の裏側から剥がれていくのを感じ盛大に焦ったのだが、調べてみるとそれが歯石であった。これまでの人生で溜まりこびりついた巨大な歯石が…まるで歯と間違うぐらいのサイズの歯石がボロっと剥がれ落ちたのである。

 (これが歯石なのか!!)

ここでようやく僕は歯石取りの本来の意味を知る事になるのだが、当時の恐怖と感動はそのとき書いたブログを読んで感じていただきたい

結句、そこで偉そうに「今までこの手の事に無頓着だった人は一度歯医者に行く事を強くお勧めする。」などと締めており…

当の本人がそれから丸三年、ついぞ歯医者に行っていなかったわけだからとんだお笑い種である。熱っぽく語ったくせにこれだ。僕は本当にこういうのが多くて時折恥ずかしくなる('A`)

ただ言い訳させて貰うと、僕はあのあと二度引っ越していて、歯医者は結構腕の違いがあるそうなので出来ればいいところに通うべきと考えていた。つまり、地元で評判のいいところを知る必要があったのだが… その「地元」の情報が集められず難儀している内に気付けば時間だけが経ってしまったのだ。

しかしようやく根無し草にも落ち着く場所が出来て…そして今いる場所は妻のホームグラウンドである!歯医者の情報も当然あって、いよいよ重い腰を上げるときが来たのだ。

…ちなみに整骨院探しも今回と全く同じ思考・経緯である。基本旅などは行き当たりばったりを好むくせに、こと自分の身体の事になると途端にコレだから不思議なものですね。


 (ほー。いいじゃないか)

紹介され訪れた歯医者。絵に描いたような歯医者。白くて清潔感ある、歯医者の中の歯医者。

ちなみに僕はこれまで虫歯になった事がなく、歯医者に入るのは二度目である。一度目は矯正の相談で訪れただけなので治療となると初めてだ。

 (おー!ほんとに「あの」ドリルみたいのあるんだw)

なんだかんだでテンションがあがる。

今回、歯石取りに来たもののせっかくの歯医者という事もあり、色々と検診もしてもらう事にした。ぶっちゃけると今回歯石取りをしようと改めて決意したのにはある原因があって…

 (なにこれ!?くっさ!!!!)

少し前から歯間ブラシなるものを使っているのだけど、ある場所にソレを使った際に猛烈な…文字通り鼻がひん曲がりそうな悪臭がこびりついているのだ。ドブ臭いとか排水溝の匂いとか、うん○臭いとか… 総括すると、おじいちゃんの匂い=加齢臭のようなアレ。

検索するとわかると思うんだけど、これは歯のケアをしていない人だと結構な確率で遭遇するらしい。一説には歯周病で下がった歯茎部分に、解けた歯や喰いカスなどが腐ったものが溜まっているそうなのだが…これが本当に臭い。臭いんだけど癖になる臭さというか、とにかく臭すぎて笑えてくるレベルの匂い。決して大げさに言ってるわけじゃない。

 (どげんかせんといかん!)

歯周病ならまだ何とかなるかもしれないという思いもあって、今回歯医者に来ているのだ。無論歯石そのものも臭いの原因になる事があるみたいだし、とにかくやらねばならん。妻が最近冷たいのもそのせいかもしれん!!

などと、ここに来た経緯を赤裸々に語りカウンセリングを経て、例のドリルにいよいよ座る。

 「上から…まる、・・・ん~2、3、まる。ん~…」

 (この数字は何だろ?)

医者が歯を見て読み上げる。昔、小学生の頃に定期健診中こんな感じで歯を見て数字をつらつら並べている場面があったが、この数字が持つ意味は未だにわからない。多分「まる」は文字通り良くて、数字が大きくなるほど悪いのか?

 「ん~、3から6番…まる、ん??C・・・1?いや、C2にしといて」
 「!?」

そして今回、驚く事に「虫歯」が発見された。お茶を366日飲んでいる僕が虫歯になるとは夢にも思わなかったが、虫歯らしきものがついに発見されてしまった(´;ω;`)

 「一応、レントゲン取りますね」
 「レントゲン!?」

昔がどうだったかわらないけど、虫歯を調べるためにレントゲン取るのですね。なんか意外だ。

 「ん~。虫歯っちゃ~虫歯ですけど、全然浅いですね」
 「浅い??」
 「ええ、普通はもっと歯が抉られてるんですけど、うみさんのはほら…浅い」
 「ほんとだ」
 「これなら簡単な治療で済みますよ~」

そう言って、レントゲン写真を見せてくれる医師。歯の拡大表示だったが、なるほど言わんとしている事はわかる。

その時、傍にあったもう一枚の全体写真が目に入った。

 「ひィっっ!!!??」
Photo

見た瞬間に全身に粟が立った。

世には「蓮コラ」というググってはいけないジャンルがあるのだけど、僕はあれが大の苦手で… そして蓮コラではないが、『乳歯 レントゲン』で検索すると幼児の頭蓋骨のレントゲン写真が出てくるのだが、それは乳歯の『上』に永久歯がスタンバっていて… まさしく歯が装填されているという表現が正しいのだが諸兄らはその画像を見た事があるだろうか?(超キモいので閲覧注意ね)。あれのキモさは蓮コラに通ずるものがある。

僕は以前、何の気なしにそれを見てしまい微妙なトラウマになっている。本当に気持ち悪くて思い出すだけで鳥肌が立つぐらいだ。

このレントゲン写真、左下にポツンと見える歯のようなものを見た際にまさしくそれを連想してしまった。

 「ちょっ、何ですか!?この左下の歯みたいなの」
 「あー、親知らずですね」
 「親知らずって、僕右側に生えてるはずですけど??」
 「ええ、だからこれは生えてこなかったのがそのまま埋まってるんです」

Tonegawa2_3

 *実際には「ざわ…」ではなく「ぞわ…」

自分の中にこんなのが埋まってると知っただけで、鳥肌が止まらない。これを書いている今だってそう。もう生えてくることもないし、まっっったく影響がないものだと言われても、自分のアゴ骨の中にこんなのが内蔵されてると思い出すたびに全身に粟が立つ。出来る事なら手術で取り出したいぐらいだ。

 「歯周病もまだ大丈夫そうですし、虫歯は次回治して、今回は歯石とっちゃいましょ~」

当然医者はそんな僕の心中など知る由もないが。


さて、前置きが長くなったがいよいよ歯石取りだ。と言っても何も特別な事はなく、普通に高圧の水を噴射して歯石を削り取るだけの作業。youtubeなどで検索すれば普通にこれらの動画は出てくるが、あれを淡々とやるだけ。

…なのだが、

 (うおおおおお!すげー!!!なにこれ!!歯がスッカスカ!!!)

施術中、何度も口を濯ぎその度に舌で歯をつっつく。どんどん歯の裏側の溝が深くなっていく様は感動ものだ。

その溝の鋭利さ…イメージとしてはそう、こんな感じか。

Dc17a43d

次点で恐竜のひっかき傷かね。それぐらい本当に綺麗に『抉り取られた』という感想で、元々こうだったとしても感覚はどうしても「抉り取られた」としか思えない。初めて歯石が剥がれた時もそうだったが、その懐かしくも新しい感触は飽きる事なく、ひたすら舌で側溝をなぞっているとしだいにヒリヒリしてくる程である。改めて歯が鋭利なものだと感じずにはいられない。

 (ただちょっとスースーするな^^;)

心なしか、城壁が崩れたような… 剥き出しになった歯は言うなれば棒倒しの土台の砂が根こそぎ削り取られたような感覚で不安になったりもするが、これが本来の姿である。

 「今回歯石を取った事で歯茎が炎症を起こす事もあるかもしれませんが、しばらくすれば却って強くなると思います。これから年に数回は歯石を取って歯周病予防に努めれば老後も安心ですよ!」

心強い医者の言葉、それから心地よすぎる舌触りを受け僕は大満足で歯医者を後にした。と、言うわけで…今ここにもう一度謳おう!

今までこの手の事に無頓着だった人は一度歯医者に行く事を強くお勧めする、と。

面倒だったらとりあえず歯間ブラシを使ってみて臭いを嗅ぐところからスタートしてもいいかもしれない。それぐらい衝撃的な臭さだから…

| | コメント (9)

2015年6月 4日 (木)

6/4  凪の時期

体感200回ぶりぐらい。実際は50超えた辺りから数えてないからわからないが、相当久々なのは確かだ・・・って、調べたら四ヶ月ぶりか!

Img01332

二度目のふぅあ!…でいいんだよね?つーかこんな演出あるんだな。いつも赤来い赤来いって思ってけど、願い方が違ったようだ。

恐らくまだ僕の知らないふぅあ確定の演出が結構あるっぽいし、なるほど普段どれだけ睨み付けてもウンともスンとも言わないわけだよ。

Img01333

 (ファーーーーック!!)

前回222で今回111。ビンゴはまだ偉そうな役はふぅあを2回しか引けていない。そのほか、なんとかドリームとかレバー叩きまくるヤツとか、不思議なぐらい一切引けていない。この台とサラリーマン番長だきゃあ何があっても出せる気がしないぜ。蒼天2の方がまだ出るビジョンが浮かぶんだから相当だよ…

出る気がしないと言えば、こいつも相変わらずだ。

Img01335

前日381+当日521からスタートで安定の天井直前ストッパー。状況的にリセかどうか微妙なとこだけど、ここで当たったって事は逆説的に考えるとほぼリセだったのかな、と。そんぐらいラスト100ゲームが鬼門である。今のところそこまで行くと7/10でストッパー発動中('A`)

にしても当日900まで一回も15枚役が揃わなかったというのに、900ゲームを過ぎた途端にアホみたいに引きまくって当選まで持ってくんだからさすがだよあんた…

Img01298

その後、やはり天井目前でのカス当たりを加えて大負け。

これにて天井狙い17戦、到達は未だ3件^^ラスト200G内での当たり11件。大いなる陰謀を感じる結果だけどまだ何とか勝ってます。役物頼みだから今後打つたびにどんどん結果は悪くなっていきそうだけど…

沖ドキと凱旋は最近、見て打てそうな台が落ちてないとほっとする。

そのほか、色々見回って打てる台がなくて焦る。パチンコはパチンコで釘は壊滅状態、MAXの増やし依存ぐらいしか勝負になんないって地獄状態でこちらも厳しい。

メインとなる機種が無い、年に何度かこういう凪のような状態はどうしても来るので仕方がないが、本来こういう暇なときにいろんな問題と向き合わないと駄目なんだよな~。

 (結婚式… 世間体… 第二子… お義父さんとの仲… スパイウェア… セック…)

考えてると気が滅入ってくるので、とりあえずガロに座りながら考える。

| | コメント (10)

2015年6月 2日 (火)

6/2  何時の日か赤保留

気付けば娘の誕生日が来ていて、思い返すとちょうど一年前のその日はカンボジアで娘から貰った溶連菌というプレゼントに苦しめられていた。向こうからテレビ電話でお祝いをしたんだよなー…って、そうなんだよ。嫁の両親に初めて挨拶行った翌日にカンボジア行ったんだよな俺は… しかも娘となる子の誕生日に被せてw

 (…なんだかんだで一年かぁ~)

今週でちょうど越してきて一年になる。家族として生活しはじめて、一年。

色々問題は山積みだけど、それが実際大した問題じゃないのか、はたまたこれから歪が生じてくるのか。今のところ、怖いぐらい平穏な毎日を送っている。

僕はずっとそれを束の間の安定、嵐の前の静けさのようなものと思っていたが、ずるずるダラダラこうして一年。妻の理解と僕の病的な楽観主義がギリギリのバランスを保っているのだと思うけど、これが崩れるのは果たしてどのタイミングなのかしら?

怖いけど、楽しみでもある。

ちなみに、未だに嫁の父親に面と向かって「お義父さん」と呼んだ事がないし、嫁の兄にも「お義兄さん」と呼んだ事がない。タイミングを逸したままずるずると…^^; お義母さんとか親戚の人とは比較的仲がいいんだけどな~。やっぱ男同士、何か牽制し合ってしまうのか?

いずれにせよ、いろんな問題らしい問題から僕は常に逃げ続けている。よく言えば流れに任せてるわけだが、こうなるとこれはもう持って生まれた僕の性分なんだろうな、きっと。

132

しかし保留癖も行くとこまで行きゃ…つまり、死ぬまで保留できたら俺の勝ちだと思う。そのときようやく、それは保留じゃなかったんだと、そうあるべき形であったのだと気付けるだろう。そんな都合のいい話があったら嬉しい。

Img01328

 (こうして見ると組体操ってシュールだな…)

今年も娘の運動会を見ながら思う。来年の今頃はやっぱり同じような事言ってそうだけど、毎年この季節になったらこの手の事を考え書き記していこうと。立場と環境がどう心境に変化を与えるものか。

保留するのも案外大変なんだぜアカギさん!

| | コメント (7)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »