« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

5/31  好感度ゼロ

隣のおばちゃん、大当たりを引くや否やハンドルを持つ手が見覚えある、見覚えありすぎる握りになって嫌な予感はしたのだけれど…

 (えらいこっちゃ!!!)

そして、驚く事にSTに入るとその動きはさらに激しくなる。この世の終わりに触れたような気持ちでその様を見ていると、どこからともなくチンピラみたいな集団がおばちゃんに話し掛けてきて謎は全て解けた!

 (…つーかマジかよ。こんなおばちゃんが捻り打ちすんのかよ。笑えねーぞこれ…)

隣にいるのがそんなおばちゃんだからこそ、視線が痛いぜ…-っと!

Img01309

 (あばばばばば・・・)

これ、何かわかります?いや、どういう状況かわかります?

ヒントはBONUS回数と図柄。機種は絶狼。ここまで言えば賢明なパチンカスならお分かりでしょう。

そうです、やっちまいました。

 『祝!ST中にヘソ保留で時短当選\(^o^)/』

以前もちらっと書いたのですが、僕はこれまで牙狼シリーズのSTで鋼・final・金色と500回弱のSTを消化してきて未だにヘソ落ちしたことがなかったのですが、まさか、ついに、よりによって、なんで、当たりがシリーズで一番重い、よりによってなんで軍団が隣にいるときに?なんで、なんで、なんでそのタイミングでヘソで当たるんだよォォォォ??

ねえ、なんでさ??(´;ω;`)うわああああああああああ

Img013111

20090902072930ddc

いや、笑い事じゃねーよ('A`) 

鋼や金色のST1回転目とか防ぎようの無いヘソ落ちならまだしも、単発打ちのタイミングを計ってた途中でスルーが枯れましたってんじゃ120%自分のミスだ。今回たまたま時短で引き戻せたからいいようなものの、これは本当にアカンて… 玉増やすためにST転落させるとか何やってんだって話ですよ…

 (しかしよりによって絶狼でやらかすとはなぁ…('A`))

この台は従来のST150回+ST中大当たり1/100前後の台と違い、ST195回でST中大当たり確率が1/141という超絶間延び台である。こんな台でヘソ落ちをかますなんて、オラは悔しい…

以前から絶狼は増やせるって話を聞いてて打ってみたかったのですが、店もあまり期待していないのか開いてる台をこれまでほとんど見た事がなく、また「そういう輩」で溢れたシマでもあったため他にアテがある内は無理に打つこともないと放っておきました。

が!この日ようやく打てそうな釘を見つけられたわけで、初当たり初STを獲得して色々試してた矢先の事… ガシャーンって。一瞬何が起きたかわからなかったんですけど、画面にデカデカと表示された「REGULAR BONUS」って文字を見て

 (ああ、これが世に聞く…)

と、まあ言い訳はこれぐらいにしときましょう(´;ω;`)

Img01312

にしても、牙狼スレで散々見かけた「ヘソ落ちしたけどその時短中に引き戻してセーフww」って書き込みをまさか自分でやる事になるとは思わなかったなぁ…

右を見ても左を見ても、立て膝スマホのクソガキだらけの絶狼のシマ。酷いヤツだと台にスマホを固定して堂々とアニメを見ながらすごい格好で打ってるやつもいる。最近そういう勘違いクソガキ軍団が本当に多い。

これは四号機後期辺りにも見られた傾向だが、馬鹿でも勝てる台+群がる若者という方程式から導き出される必然の風景なのかもしれない。

 (そんな台撤去しちまえ!!!!!)

僕は死ぬほど軍団が嫌いなので、彼らの資金源になりそうなものは漏れなく消して行きたい方向である。決してヘソ落ちしたのが悔しくて言ってるわけじゃない。決して思ったより増やせなかったから言ってるわけじゃない(´;ω;`)

| | コメント (6)

2015年5月28日 (木)

5/28  守山みるくに教わるペットとの距離感

最近うちのハムが下痢気味で、そういう事はこれまで何度かあったけど今回のは些か長い。なんだかんだでうちに来てもうすぐ一年、キンクマハムスターの寿命は三年ほどらしいので今は人間換算で言えば30代半ばといったところだろう。老いてはいないが、決して若くもない。

 (わかるよハム…、急に体の衰えを感じるんだよな)

Img01126

冗談はさておき、体重を計ってみると二月前に比べ20gも減っていると言うではないか!たかが20gと侮るなかれ、119gが99gになったのだから割合で言うと相当な憔悴っぷりだ。

 「ね!ハナちゃん死んじゃうよ。病院行こうよ(´;ω;`)」
 「…さすがにこれはなぁ」

基本的にどのサイトを見ても、ハムスターは自然治癒力が高いので下手に手を出さずしばらく様子を見ましょうと書かれているのだが、さすがに今までとは勝手も違うようだし娘たっての希望という事でいよいよ動物病院なるものに行ってみることにする。なんか高そうなイメージがあって二の足踏んでいたんだけど、背に腹は変えられまい。

 (ふーん、町の診療所って感じだな)

適当に評判を調べてやってきたは近所の動物病院。

受付をすませ順番待ちをしつつ周囲を覗っていると、犬を抱えたおばちゃんが息を切らせて玄関の戸を開け放った。人々の視線を一身に集めたのを知ったのか、すこし間を置き…気持ち悲壮感を籠めた様子でこう言う。

 「守山… 守山みるくです!!」 

 (!!??)

なんだこのおばちゃんと思ったのも束の間、すぐにそれは犬の名前と思い至る。さすがにおばちゃんの名にしては40年早いだろう。そして看護婦(?)さんの対応を見るに、予め電話で来院を伝えていたのだろう。急ぎの様子を見ると緊急を要するのかもしれない。

程なくおばちゃんとその犬は奥の部屋へと入っていったが、僕はそれを見送りながら先ほどのシーンを振り返っていた。

 (みるく・・・守山、みるくか) *仮名です

あのおばちゃん、普通に犬を苗字付けで呼んでいた。単に記号として区別するための院内での慣習なのかもしれないけれど、それにしては臆することなく堂々としていたように感じた。

よく動物は家族の一員だって言う人の話は聞くし、実際長く動物を飼っている人たちにとってこれは当たり前の文化だったりするのかもしれない…そう思わせるほど、堂々と。

 「うちも○○(僕の苗字)ハナ(ハムの名前)って事かね?」
 「えー、その苗字ダサいから嫌だなぁ」
 「(´;ω;`)」

結局、うちのハムは特に大した事はなかったらしく、胃腸薬のような飲み薬を貰っただけで診察は終わったが、やはり先生がハムを呼ぶ際に「○○ハナさん~どうぞ!」と言っていた。

ペットに苗字。

慣れれば当たり前のような気もしてくるが、しかしこれまで考えた事もなかったな。

 (そっか。家族なんだな、こいつも…)

その家族も、一週間ほど薬を飲ませたら下痢も止まり元気になったようで一安心。

それから…少し気にしていたお値段だけど、初診はともかく経過を見せに来いという二度目の検診で、聴診器をおなかに当てて3分で診察は終わり1800円と言われたのはさすがにどうかと思ってしまった。

金額云々というより、あれで金取んのかよ…って。

でも冷静に考えると健康保険が無い全額負担だからこんなもんなのか?アメリカで盲腸になったら200万だもんな…いや、それにしても…

 (聴診器当てただけでこれじゃあ、手術なんて事になったらどうなっちまうんだ…)

行ってみて、払拭されるどころかますます強まった動物病院への畏怖の念。家族の健康を守って貰っているのにこう思ってしまうのは不謹慎なのだろうか…

| | コメント (9)

2015年5月25日 (月)

5/25  徒労遊戯

かねてより打ってみたいと思っていたCRプリキュア麻雀。先日、ようやく打てそうなレベルの台を発見したので突撃。

Img01304

 (…もはや麻雀物語の原型すら留めてねぇなw)

回りは28玉で23弱。右がちょい減る調整なものの、これぐらい回ると全くストレスがないし、何より8個保留機種なので非常に楽チン。

この機種はMAXエイト+(プラス)と銘打たれた新機構が搭載されていて、従来のMAXエイト…すなわちヘソに入った後シーソーで振り分けて電チュー保留も埋める事により8個保留を可能にしていた機構をさらに進化させ、なんと!!!

X6b9bf4891f2b0318ccbad432437dfeb1jp

シーソーの行方にもうひとつ穴をプラスさせ、「ハズレ穴」を搭載してしまった恐るべきチャレンジ作である!

もっともただのハズレ穴ではなく、お助け電チュー開放抽選を高確率で行ってはいるものの…『ヘソに入っても保留が埋まらない』をついに実現させてしまった罪は重い。シーソー振り分けは当然ながら一回ずつズレる仕組みなので、単純にヘソに入った3回に1回の玉は『無抽選』なので…

 『ふざけんな詐欺じゃねーか!』
 『ついにヘソに入れても無抽選の時代が来たか…』
 『ノーマル調整だと12~13しか回らないw』

これにはさすがの萌え豚達もブチ切れだったらしく非難轟々。

ちなみに今回、23ぐらい回る台を打ってるって事はMAX8+の構造上、千円当たりヘソに30~33回入ってる事になる。デジタルの回りとは裏腹に、やはりヘソにスポスポ入っていく様を見ていると気持ちいい。

恐らくまわるんパチンコよろしくメーカーとしては「それ」を見越した調整を期待していたようだが、そんなのダルマッシュの扱いを見てればどうなるかなんてわかるよね♪
 
 (こうなるとわかっていての確信犯かもしれんが^^;)     
 
23     単/0-1 (4R-16R)
100+360 3連/2-1
100+341 2連/1-1
100+1   2連/2-0
100+407 2連/0-2
100+246 3連/1-2
100+151 5連/2-3
100+572 13連/6-7
100+364 2連/1-1
100+443 単/実12R 
100+99  3連/3-0
100+444  ヤメ

Img01307

 【麻雀物語2】
 通常総3451回転 
 初当たり 11/3451=1/313.7
 総当たり 37(平均3.36連) 
 ST 26/1953=1/75.1
 電チュー振り分け (32/4R*14 16R*17 12R*1)

初当たりほぼ理論値通り、ST連=平均連荘が弱め(当たり9個ほど足りず)、振り分けはちょい勝ち。二日で差玉が+960発。

Bro4757

打ち続けている間はかなりキツイ印象しかなかったが、数字で見るとそこまで酷い結果ってわけでもないんだよなぁ… すなわち、やっぱりキツイ台だというわけかw 釘が残ってたらまた打つと思うけど、正直あんま勝てる感じしないなぁ('A`)

さて、麻雀つながりで…

Photo_3

これは今年のフリー麻雀の成績。

ピンの1-2面前祝儀で、22-25-13-12の平均順位2.21にもかかわらずトータル収支はたったの+27k。

Bro4757_2

こちらはプリキュアとは逆に、打ってて相当勝ってる感覚があったんだけど成績をまとめてみるとまっっったく勝てていない事がわかり驚いた。

すわなち、相当キツい条件って事だなw

しかもこれ、ゲーム代サービス券を11枚(6600円分)使っての結果なのでそれがなかったら収支はさらに下がる。

初来店から三回連続で役満被害にあったりと、たしかにチップで結構負けてると思うが、それにしてもこの成績でこれだけしか勝てないとは…本当、ピン東南ぐらいのレートじゃ場代が強すぎてどこまで行っても『遊戯』の域を出ない。

 (ま、ピン東風行ったらこんな成績にはならないんだがw)

キツいとわかってても、他に選択肢の無い地方の辛さよ…

| | コメント (11)

2015年5月23日 (土)

5/23  インターネッツ教育

娘が最近友達に誘われてアメーバピグなるものをやり出した。

アメーバピグってのはネット上の仮想空間で各々が自身のトークンを用いて他者と交流を計れるサービスの事で、わかりやすく言うとセカンドライフのようなもの。もっと砕いて言うと狩りに行かないモンハン(やった事ないけどw)…かな?とにかく、交流系オンラインゲームのそれである。

小学生がそんなもんやってどうすんだと思ったけれど、聞けばチャットやらゲームをするそうで…

 (う~~ん)

実はこのアメーバピグ、結構前に知り合い達がこぞってハマっていたのを僕は見ている。初めは単なる付き合いでやってたらしいけど、次第にアイテムに課金を始め挨拶に縛られ・・・俗に言う「ペタ疲れ」ってやつだ。mixiにもあった「足跡疲れ」やら「mxi疲れ」ね。結局、そういうのに倦んで一人二人と去っていったのを僕は知っている。

 「なーうみ君、ちょっと時間ないから代わりにペタ周りして貰ってもいいかな」
 「は??ペタ…周り??」
 「うん、50件ぐらいあるんだけどブログに行ってペタ付けて来るだけでいいから」
 「!?!???」

実際あった会話なのだが、このような文化が理解できない僕にとってそれはそれは異様な光景であった。

また、僕が元来そういうものが好きじゃないだけでなく、この手の物は未成年の少年少女らを狙った出会い系の温床となっているなんて話も耳にした事があるから嫌悪感もひとしおだ。毛むくじゃらのオッサンだって、小奇麗なイケメンアバターで紛れ込めば簡単に話が出来るのだ。

 「わかった。やってもいいけど友達以外と連絡先みたいの交換しちゃ駄目だぞ。あと、知らない人と遊んじゃ駄目。向こうから話しかけられても(ピグ上で)、住んでる場所や年齢も言わない事」
 「わかったぷ公(゚∀゚)!!」

こうして渋々ながらもアメピグを始める事を許可したわけですが…

 (何がそんなに楽しいんだろう?)

最近、見かけると常にピグをやっている娘。

Img01300_3

一日三十分の約束が一時間、二時間… どっぷりハマっています。

 「ん?それ○○ちゃん(友達)じゃないよね?誰?」

ある日、見知らぬアバターとゲームをしていたので問いただすと相手は大阪のおばちゃんとの事。

 「誰だよそれw」
 「えー?知らない。話しかけられた」

チャットに目をやるとやれ宿題がどうだの、運動会がどうだの…

 「おまえ思いっきり年齢バレる事書いてるやん(´・ω・`)」
 「違うよ!この人ね、小学生の子供がいるんだって!暇な主婦って言ってたよ」
 「そ、そうか^^;」

実際この自称大阪のおばちゃんがどうかはわかりませんけど、こういうの見てるとアメピグが出会い系の温床と言われているのが非常によくわかるなぁ。

ここのところパソコンに携帯、娘のインターネットとの接し方について妻とよく話し合っています。

 『どこまでを許すか、どこからを禁止するか』

エログロは勿論ですが、インターネッツの世界は便利な反面、刺激が強すぎる面もあります。フィルターをかけるのも手ではありますが、その匙加減が難しいところ。

今回のアメピグも実験的にやらせてみている節があるのですが、実際教育上はどうなんでしょう。

僕としてはお金がかからない系なら早い内から一通りやらせてみればいいという考え方なのですが、妻としてはまだ早いと思っているようで… 

Photo

 (わかりやすい弊害その1ってか…)

娘にパソコンを触らせるようになってから、やたらウイルス(スパイウェア)反応が出ることが多い('A`) 覚悟はしていたとは言え、僕がこれまで一度も見た事のない面倒なスパイウェアを拾ってきてしまったようでまいっちんぐ。montera.toolbarを簡単に消す方法誰か教えてくれ…

月並みだけど、娘に色々やらせたいならまず親である自分が様々な勉強しなければなるまいか。

| | コメント (7)

2015年5月20日 (水)

5/20  ヤッパガロヤデ

ここ最近、我が地域も貯玉無制限が主流となりつつあって…

喜びも一瞬、この変化は決して喜ばしい事ばかりではない。そりゃそうだ、店が換金ギャップで儲かってた分が減るのだから、それがどこにマイナスとなって現れるかなんて馬鹿でもわかる。

 (スロはともかく、パチに関しては完全に改悪だったな…)

もはや二度とあの綺麗な右釘は帰ってこないんじゃないかと思える牙狼を前にして嘆く。以前まで2150発取れてた台も、今は2050発ぐらいしか取れなくなっている。回りは日によってだが、やはり以前に比べれば相当開かなくなっている。それでもかまわず人海戦術で安い台を打ち続ける軍団もまたよくないが、そんな事今さら言っても始まらない。

ハイエナをする分には有利だったが、パチンコを打つに当たってはむしろ改悪と言ってもいい変化。長い目で見た時、僕としては悪い方へ転がったと思わざるをえない…

Img01288

 (おう!)

そんなわけで、近頃はめっきり金色を打てる機会も減ったのだが、セコセコ打ちつつ先日ようやくST100回に到達したので久々にデータでも貼ってみよう。

【牙狼 金色】
総回転数  167/70824 = 1/424.09
      →ヘソST 87 (15R-16):時短66
        +時短中 11/66
        +通常時電チュー 3回

  ST連  411/101 = 4.07連
      (0.4.1.6.1.4.8.2.2.9
        4.2.1.0.1.4.4.2.11.6
              4.2.1.0.3.0.2.14.4.4
              0.1.1.0.5.0.8.8.2.14
              8.0.7.3.8.8.0.0.1.2
              2.4.2.1.7.2.2.1.3.12
              3.4.0.6.2.3.0.0.0.0
              0.1.18.20.12.0.0.1.14.4
              2.10.6.9.10.1.2.3.2.4
              4.17.2.0.3.7.0.6.6.11
              0

  ST中当選確率  408/40077=1/98.22(3回分抜け

素晴らしいの一言。初当たりが10回ほど足りていないが、反面でST連は70回ほど余剰が出ている。図柄の振り分けも87:66と完全に恵まれているし、強いて言えば電サポ時の当選がちょっと弱いぐらいで他は文句の付けようがない。STスルーも21/101で約5回に1回とほぼ理論値通り。STスルーの印象が強く残るけど、やはり数字って正直だな。

要約すると、ヒキ強乙って事だ!道中色々あったけど金色は結果的に相当勝ち越している。ちなみにアタシ、MAXスペックをある程度打ち込んで余剰が出たのは実はこの台が初めてです\(^o^)/!!

ヤッパガロヤナと言い続けて来たが錯覚じゃなかった。

Img01290

ところで、この砂時計が50以上になったのを最近初めて見た。ST100回目で初めてバトルボーナス(初回)で尊士に先制した。赤い砂時計はまだ見た事すらない(起こすの失敗は一度だけある)。フリーズ演出とやらは本当にあるのだろうか??

演出どうこうを語るつもりはないけれど、これだけ打っててもまだまだ全然見た事のない演出があってまるで飽きない。金色の通常時は歴代パチンコNO1と言っても過言ではないぐらい完成されたものではなかろうかと本気で思う。

相性というものがあったとして、こんな偉大な機種と最高に相性がいいと言える結果になったのは最高に幸運だ。気付いている人もいるかと思うが、かつて欠損王と呼ばれたこの僕もここ半年程でいつの間にかヒキ弱と呼べるレベルではなくなっている。

Hqdefault

あ、でも初代も鋼もファイナル打ってた頃もそんな事なかったかwやっぱりSTAP細胞も陰我消滅もないや、忘れてくれ。

| | コメント (11)

2015年5月18日 (月)

5/18  ルーツ

今宵は百万年に一度、この地に生まれた幸運に感謝する日。模型の首都にいる事の興奮を噛み締めたらさあ祝杯をあげよう。

Img01292

今年もやってきました静岡ホビーショー!!

なんて言いつつ、ぼかぁ何だかんだで最後に行ったのが2007年なので8年ぶりなんですね。8年って…そうか、ちょうど上京したのがこの後なんだなぁ。

 (そして今やわたしも子連れ狼…)

時の流れを感じるぜぃ。

妻も誘ったのですが、全力でNOと言われて憤慨。こいつ、静岡に生まれた幸運を何だと思ってやがる!!せめて娘にはその事を認識しておいて貰うべく連行。

 「ねー、ここって何してるの?」
 「うん?時代の最先端を行くおもちゃのショーだよ!!」
 「なんかタプ公みたいな人がいっぱいいるね…」

娘は恐らく太った大きい人を指して言っているのだろうが、間違っちゃいない。コミケよりも萌えの要素が燃えに変わった模型ヲタクが多く集うのもこのホビーショーの特徴である。

Img01293

 (ふーむ、なんか規模が小さくなってるというか)

出展企業の数が以前に比べて大分減ってるような気がするんですが、気のせいでしょうか?かなり大きなスペースが展示に使われている点も気になりました、これじゃ本当にコミケのようだなw

まあ8年来てなかったら全然変わっててもおかしくないのに、それでも当時の空気がかなり残っていた方をさすがというべきかもしれません。自衛隊も相変わらず来てるしね。

ただ、TAMIYAブースにしても毎年やってたミニ四駆のコースがなくなっていましたし、ミニ四ファイターらしき人の姿も見えなかったし…ソーシャルゲーム業界の一人勝ち状態で、子供のおもちゃ離れは深刻なのでしょうか。

 「おーー!!騎士ガンダム!!懐かしい!!!!」

Img01296

が、子供そっちのけでテンション上がりまくりなオッサン達もいる。

ミニ四駆も最近『当時のミニ四駆全盛期世代』に人気が再燃しつつあるような事を聞きましたが、SDガンダムも当時のものをリメイク&クオリティを上げて再販するようで、もはや子供路線は辞めわれわれオッサン世代に高単価で売る戦略に時代は変わってきているのかもしれませんね。

 「あ、ドローンっぽいのがあるよ」
 「本当だ。ドローン欲しいんだよな。買ったらアイツ(妻)怒るかな?」

やはりというか、ホビーショーではドローンブースも注目の的でした。ラジコンヘリって昔から憧れだったんですが、どうしても高嶺の花という感じで手が出せませんでした。値段もそうですが、操作やメンテの複雑さ…

が、ドローンは見た感じそこらへんの垣根が低くなってる気がしてとてもソソるのですよ(実際そんな事もないかもしれないが)。

 「げっ、このドローンっぽいの45万円だってw」
 「高ッ!!本物のドローンより高いんじゃない?」

なんて会話を、実演ブースの手前で娘と話していたら、傍にいた係りのお姉さんが

 「これもドローンです!!!」

って怒られた(´・ω・`)

 (ドローンもピンキリなんだなぁ。マジで安いの買おうかな…)

今回せっかくだし久々に何か模型でも作ってみようかなと思って来ていました。が、いろんなブースで物色してみたのですが、なかなか食指が動きません。

そうして、やはりというか足が止まったのはバンダイのガンプラブース。

 「娘よ、ワシはこいつが一番カッコいいと思うのだが…」

K0000362519

僕の一番好きなモビルスーツは昔から一貫してシャアズゴです。時点で百式、ガンキャノンなのですが…やはり頭ひとつ抜けてズゴックのフォルムに圧倒されてしまいます。この丸みを帯びた凶悪さは芸術の域だろうよ!!

しかし、それらを熱く語った後に娘が放った一言は衝撃的でした。

 「なんかこのロボット、タプ公みたいだね」
 「!!!!????」

Tapuko02

 (言われてみると確かに…)

何かものすごい真理に触れた気がする。

同時に、娘の中にタプ公というキャラがどれだけ根付いてんだと恐怖した。

| | コメント (8)

2015年5月15日 (金)

5/15  机上の期待値

さすがにリプ3からのG-STOPで鏡無しの状態からポンポンポンと揃うのは勘弁してもらいたかった('A`)

Img01269

リセ後480から打って964で単発。

これで天井狙い14回で到達2回、天井100ゲーム以内のストッパー発動が6/14件ってどないやねん。天井行ってないから仕方ないけど、一回辺りの収支が+51枚… ポニョ、この台の天井狙いキツイような気がするんですポニョ。

 ──カォーン──

Img01272

っと思ったら次の台にて凱旋二回目となるGOD揃いが来ました。キタ---ー(゚∀゚)---!!とならないのは、ね。わかるでしょ?

Img01273

テンション通り、予定調和の5連。

つーかGOD引いても全然テンションあがらんとかミリゴシリーズとしてどうなのよ??ちなみにこのフリーズ時の音、人によって擬音が様々ですよね。僕はカォォンと聞こえる。まだ四回しか聞いたことないけど。

とりあえずGOD揃いのおかげで一台辺り+127枚に… 2.5kかぁ。GOD揃いも赤7も確率以上に引いての結果なので微妙なとこだなぁ('A`)

Img01275

 (おう!!)

懲りずに日を変え、15回目の天井狙いで久々の到達。これ、前日117ヤメの490から打ったんだけど、他の台で既に朝一1000ゲーム天井の発動を3/3で確認している。この日が旧イベ日だった事もあって全リセだろうと踏んでのスタートだったのだが…屈辱の1024超え。

032

 (なんてね、状況的に絶対打ってたから後悔はしてないが…)

僕がこの絶対防衛ラインを超えるのと同時に、当日ノーボーナス400ぐらいの台を抑えながらグルグル見守っていたであろうプー太郎達が一斉に蜘蛛の子を散らすように消えていったのはご愛嬌。

 (さて…)

久々の天井だ。過去2回は単発、2連と… 正直これまで見てきた周りの天井も7割方は単発だったように思える。この台の天井は50%で『50%以上のループストック獲得』と言われている。この50%以上の振り分けはどうなってるかはわからないが、時折壊れたように爆連している台も見受けられるのでそう非現実的な数値ではないと思う。というか、ソコに天井の割が全て凝縮されているように思えるので“ソレ”を掴めない限り天井狙いの収支が上がる事はまずないだろう。

 (とりあえず最初の50%に打ち克って継続確定の状態にならなきゃ話になんねぇ…)

投資が36本逝っちゃってるし、これまでの経緯を考えても祈るような気持ちで演出を見守る。

 (頼む…Vぶいブイ武威部位ブイVVVVV…)

Img01276

キタ---ー(゚∀゚)---!!

GOD揃いの8倍ぐらいテンションあがったぜ。

Img01281

道中赤7揃ってさらにテンション上がるも安定のスルー…しかし、ループだけで9連!!これだよ、これを求めて打ってたんだ><!!!

さらに途中G-ZONE中にリプ四連してストックされてたG-STOPにて…

Img01282

キタ---ー(゚∀゚)---!!

こいつもGOD揃いの2倍ぐらいテンションが上がったぜい!!!鏡で2個潰れてるので残るは3.V.Sの三択… 

 (3以外、3以外、3以外…)

島唄で鍛えた0.5コマ目押しの力を今こそ見せてやる!!

Img01283

 (おう!)

君には見えるか?真っ赤な栄光が!

Img01285

ド高めをツモったはいいものの、相変わらず赤7はどうにもなる気がせん('A`)

しかし唯一引けた一発が1ゲーム目だったため、赤7の2連という扱いで(だと思う)、隠れストック。プラス、黄色七五連などもあって最終的に14連。

 (本当、天井だけは夢があるな~)

現在のところ天井狙いの結果は通常6268ゲーム+AT57セットで都合約11968ゲームでgod2、赤4(1.0.0.1)。G-stopが通常時4/6、AT中 2/7。それから天井ループが単発・2発・9発となっていて15戦トータルは+4200枚ぐらい。

これにて一戦辺り+280枚。約5千円弱プラスか… 

 (たった…たった一発ですぜ)

そういう台ってのはわかっているものの、なんだかなぁ。この1発が次は何十回先になるかと考えると恐ろしいポニョ…

| | コメント (9)

2015年5月11日 (月)

5/11  カツレツきっかけ

おう兄さん、カツレツって…知っとるか?

ガンダムのあいつらちゃうで。

072d7764

食べ物のカツレツや。

わしなぁ…恥ずかしながらこの歳まで知らんかったんや。と言うより、「トンカツ」の気取った言い方がカツレツだと思ってたんやな。だからメニューで見たことはあってもこれまで特にレストランなどで頼むものでもないと思っとったんや。

しかしのぅ、最近ドラマで「天皇の料理番」ちゅーのが日曜にやっとっての。妻が料理系のマンガやドラマが好きなので付き合って見てたらこれがなかなか面白くての…

このドラマは主人公が天皇の料理番=天下一の料理人になる過程を描いた作品だと思うのだけど、作中で料理人を志すきっかけとなったのが何を隠そうこの「カツレツ」。

Croppede0fc30ba0de293348238f6a61327

  「な、なんぞこら~~!!!??」

当時、まだ庶民の間に牛肉を食する文化が浸透していなかった時代、偶然にもカツレツを口にする機会に恵まれた主人公の文字通り「こんな上手いものがこの世にあったのか?」的なリアクションも良かったのだが、何よりその際に出されたカツレツそのものを見てたら辛抱たまらなくなった。

 (つーかこれ、トンカツとは違うんだな)

ここで初めてその違いに気づき、ぜひとも食べてみたくなったわけだ。

そして本日、偶然にも妻の知り合いが始めたレストランに行ってみたらメニューにカツレツの文字を見つけた次第。

 (むむむ??)

しかしよく見ればカツレツの文字の隣に、地鶏or松坂豚と書かれているではないか。

 (ドラマだと牛肉だったが…つまり、カツレツってのは素材は関係なしに調理法そのものの事を指しているのか?)

まあいい。期待に胸を膨らませて松坂豚の方を頼んでみたら…!!!

Images

うまかったです。

調べたらフランス料理のコートレットcotelette、英語ではカットレットcutletがなまってカツレツと言われる様になったそうですね。ずっとカツレツの「レツ」が気になってて、オムレツと何か因果関係があると思ってましたが意味はなかったようです。

しかも豚カツの「カツ」の方こそカツレツを略したものらしく…思えばずいぶんと由緒正しい料理なのだな。ローストビーフにも飽きてきた頃だし次はこいつを覚えるとしよか。

| | コメント (10)

2015年5月 9日 (土)

5/9  TEIAIキャッチャー

最近のUFOキャッチャーの「取れそうで取れない感」は一昔前のそれとは比べ物にならない。

と言っても昔からやりこんでいたわけではないのでいつからこういう形式になったのかは知らない。僕の記憶ではUFOキャッチャーというのはアームにどこかを引っ掛けたり、直接掴んだり、そうやって景品を取るゲームだったはずなのだが、最近のUFOキャッチャーはむしろ「押し込んで落とす」方式が主流になっているように見える。

少なくとも僕らがよく行くラウンドワンはそういうやり方をさせる。

B0uuqo5cmaallwm_2

写真のようにあらかじめかなり落とせそうな配置にしておいて、獲物が来るのをひっそり待ってるわけだ。実際かなり楽勝で落とせそうに見えません??

 (なにこれ???絶妙なバランスでビクともしない(´;ω;`)やだー!)

これがなかなかどうして、落ちない。

無論従来のようにアームでガッチリ掴むタイプのものや、景品につけられた輪っかに引っ掛けるもの、それから棒を穴に通すものなど様々な形式があるが… 写真に上げた「押し込む」タイプが一番取れそうに見えて、そして懲りずに毎度罠にかかってしまう。

 「あ、コマさんだ!」

Img01268

妻が妖怪ウォッチのコマさんというキャラクターが好きで、ちょうど良い感じのクッションが目に入った。これがまた例に違わず「落とし込む」タイプのやつで、すっごい簡単に取れそうに見えるのだが…

 「なにこれ?すっごい滑るよ!」

このコマさん、落とし込もうにも表面がツルツルしていてアームを滑らせるので暖簾に釘押し状態でどうにもならない。

Suberu

 (それでも力の逃げ場のないような「芯」を捉えられれば…)

そういう思いで200円、300円と入れていくが糠に釘。ビクともしない。

 「これ…無理だろw」
 「えー、取れそうじゃん」
 「そうやっていつも騙されてるじゃねえかw」

続行か否か。なんとも絶妙な配置の仕方を考え出したものだと、昨今のゲーセン業界に感心していたその時だった。

 『あー、コマさんはですね…』

突然話しかけてきた…店員!

 『ここの、眉の炎の部分にアームを引っ掛けるといいですよ』
 「へー。そうなんですか」

言いつつ、無理だろと思っていたのだが、そんな空気を察したのか店員さんは徐に筐体のガラスを開けてコマさんを“さらに”取りやすい…少なくとも取りやすく見える位置へと再セットするではないか!本当に、あと触れるだけで落ちそうなぐらいの位置へ…

 『さ、どうぞお父さん!次こそ取れますよ^^』

そう言って去っていく。これはさすがに取れそうだ!

 「お金たくさん使ってるとああいうサービスあんのかな?」
 「かもね~」

なんて良心的なのだと思ったのも束の間、

 「つるっつる滑るよ!眉毛の炎の部分ペラッペラすぎて引っかからないよ(´;ω;`)」

相変わらず取れそうで取れないw

気づけば500円…600円と消えていく。

 ((はっ!!まさか、罠か!!??)

こうやって、絶妙に出そうで出ないところで客から金を搾り取る…これは朝鮮玉入れの手法そのままではないか。

 『さ、お父さん、次です!次!』

どこから湧いてきたのか、いつの間にか先ほどの店員がコマさんを再度取りやすいようにセットしなおしている。

 (しかし、本当に取れそうなんだがなぁ~…)

800円、900円、

 『お父さん、本当に取れそうですよ!』

1000円、1100円…

 『コツは掴んでます!次です!次こそ』

いつの間にか取るまで辞められないような雰囲気になってるし、いつの間にか店員さんが専属コーチみたいになってるし…

っていうか、おまえ一条だろ?

Kaiji_b_07_045

ひたすらあおられ続け、ようやく取れたのは1700円目であったが、1500円ぐらいから店員もさすがに気まずくなったのか距離を取っていたらしく、僕らがクッションを手にしたのを見てようやく慇懃な笑みを浮かべ戻ってきたぐらいだ。

 (あいつ、俺をハメた分のインセンティブとか出るのかな…w)

途中から親切なのかそういう営業方針なのかわからなくなってきた。しかしたかがゲーセンでそこまでするか?いや、昨今のゲーセンは厳しいとも聞くし…

Img01266

なんにせよ、高いクッションになっちまったぜ…

 「ねーうみ、これね、調べたら850円だって!」
 「そういうのは調べちゃ駄目!!」

| | コメント (8)

2015年5月 6日 (水)

5/6  デジタル化の先に

もう何年連続で言ってるか数える気すら起きないが、パチ屋の客の知識レベルの上がり方が半端ない。じいさんばあさんが普通にスマホ片手にエナブログらしきページを見ている時代だ。そうじゃなくても似たようなスペックばかりで、「とりあえず600ぐらいハマったら当てるまでやった方がいいかも」って事にいよいよ気づいたのかもしれない。

いくらGWだからと言って別段おいしい台が普段より落ちているという実感はまるで無い。本当はあるんだろうが比例して客数も多いので拾える頻度はむしろ普段より少ない気がする。ちょくちょく様子を覗ってたけど無理にがんばる必要はなさそうだ。

そんな中で拾った凱旋。

Img01248

 (マジでなんなのこの台(´;ω;`)??)

また1400ゲーム台で当たりやがった…前日117ゲームヤメなので1446。このあともう一台やってこちらも天井到達せず。

これにて凱旋の天井狙いで天井に到達したのは2/12だ。そのうち天井まで残り100ゲームを切って当たったのが5/12件。天井以外ほとんど連荘なんてしない仕様なのでこの展開が一番悪い。もうGOD揃いの分しか浮いていないぜ…

ポニョ、この台、嫌い!

Img01249

気を取り直して久々に雀荘に行ったら吹いた。1日発売の近代麻雀が攻めすぎているのだ。

Img01250

 (さすがに鉄雄と正也は卑怯だろw)

いくら永遠の二流雑誌とは言えここまでパクりすぎてて大丈夫かよと心配になる。とは言え「ムダツモ無き改革」が訴えられない限り何をやっても大丈夫そうだが…それにしても最近は殊更酷いw

まあそれは置いておいてこの雀荘、通い始めてから3日連続で役満をツモられたという大いなる何かを疑いかねないスタートだったのだけど、ルールが普通なのが気に入ってちょくちょく顔を出している。(大抵へんてこりんなハウスルールがある雀荘がほとんど)

しかしながら、ルールはいいのに常連の会話がウザくていい加減耐えられなくなりそうだ。

 「これが入ってたらさ~」
 「こうなってればね~」
 「これが鳴けてれば~」

常連のオッサンらがメンバーに延々「たられば」で自慢とも負け惜しみとも取れるわけのわからん管を巻いている。傍でそれを聞いてる僕は辟易としている。メンバーの彼らはその比ではないだろう。

不思議なことに、麻雀もパチ・スロと同じく近年レベルの底上げが大きいと言われているゲームであるにもかかわらず、地方に於いてその変化を感じられることは稀だ。

地方の雀荘では最新のセオリーを駆使している人は3割にも満たないだろう。多分、レベルの底上げをしているのは大半がネット雀士で、都内のピン東風で遊ぶ人たちで…その技術の普及率はパチ・スロなどとは比べ物にならない狭く深い範囲なのだと思う。

客は元より、地方ではメンバーでさえもその傾向が強くまだまだ麻雀の技術の普及には時間がかかりそうだなと思わずにはいられない。彼らはいつまで国士のイーシャンテン如きでリーチにゼンツし続けるのだろうか。

皮肉なことに、地方と都会では実力と態度が反比例している感が否めない。

51vddejivkl_sy344_bo1204203200_

最近、こんな本を買って読んでいる。福ちんこ先生も絶賛していたし、どんなことが書いてあるか気になっていたのだが…なるほど、かなり細かく掘り下げて書かれている。

近年こういった『良書』と呼んでいい麻雀戦術本は数多く出ている。しかしそれらを読む層は未だ限定されるのだろう。少なくともピン雀常連のオッサン共が読んでいるとは思えないし、逆に読んでる層が地方のピン雀に来る事も少なそうだ。

覚えることの多さ、反射神経、我慢することに対しての是非、勝つことへの姿勢etc…

ここらへんが麻雀はパチ・スロと比べるとハードルが高そうだけど、それにしても現状のホールのように、場末の雀荘にまで最新セオリーが浸透するのはいつの事になるのだろう?

今の砂漠のようなパチンコ店の状況に鑑みるに、雀荘はこのままの方がいいような気がしないでもないけれど…

| | コメント (13)

2015年5月 4日 (月)

5/4  五面楚歌

嫁の一族はイベント好きな家系なのか、盆・正月・クリスマス…何かにつけて集まりたがる。親戚仲が良いのもそうだし、家の距離が近いのもその一因であろう。うちの家系はアッサリしたものなのでその頻度に面食らう事もしばしば。

期待を裏切らず、ゴールデンウィークはバーベキューだそうだ。

どうやらGW恒例行事らしく、今年は一組子供の病気で欠けたにも関わらずそれでも総勢15名ほどが集まった。入籍してもうすぐ一年。もはや嫁の親戚内で僕がどういう風に言われているかはある程度想像が付くとは思うが、そんな中に飛び込む遊び人の身にもなって欲しい。決して敵ではないと思うが、気持ちは四面楚歌。自業自得とはいえゾクゾクしちゃう。。

Img01260

 (ふーむ、それにしてもさすがはGW…)

今回の会場はでっかい釣り池などが併設された施設の広場。釣って焼いて食べれる場所なんだけど…普段は閑散としている釣堀が、どこぞの中国の海水浴場かと疑うぐらいの人・人・人で驚かされた。それでも元気よく釣られるヤマメたちをボーっと見ながらBBQに興じる。考えてみると近年GWにこうやって出かけた記憶が無いが、やっぱりゴールデンウィークはゴールデンウィークなんだなと久々に思い出させてもらった。

運転要員のため酒が飲めない事を除けばご機嫌だ。子供達と遊び良き父親を演じるとともに、親族から逃げるという高度な技でその場を乗り切った俺に幸あれ!

 「痛たたたたぁ(´;ω;`)」

Img01265

 (俺…肌弱いのかな(´・ω・`)?)

で、その夜…風呂場で涙目。五時間ぐらい屋外にいただけでこれだ。今年初めてサンダルを履いてったんだけど、見事にサンダル跡に痛々しい日焼け跡。腕はもっと酷いことになっている。

考えてみるとカンボジア沖縄でも鬼のように焼けたんだけど、思えばあれは場所のせいじゃなく僕の肌質が大きく関わっていたのかもしれないな…

出掛けに嫁から日焼け止めクリームを『強く』薦められた際に、「へっ。カンボジアに比べれば今日の日差しなんて電球だろ」と豪語したのも今は昔。腕をふーふーやってる僕を嫁が心底あきれた顔で見ていてゾクゾクしちゃう。。

| | コメント (9)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »