« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月28日 (土)

3/28  こうどなじょうほうせん

金太郎が導入されたばかりの頃、BIG中にチャンスリプから拳図柄が揃って+5の上乗せがあった。

 (は?+5???)

拳揃いからは最低でも+10乗るという認識だったため首をかしげる。モンキーターンの+7演出のような、大量上乗せ確定演出かと思えばそういうわけでもなく、何事もないままATは終わってしまった。+10でもどうにならないのにふざけてんのかと思ったけれど、どうやらこれは高設定確定演出だったようだ。

最近同じ地域で打ってる方が化物語で忍+赤7の高設定確定演出を出したそうだ。少し前には別の方から平常営業で北斗救世主の6確定演出を見たと言う話も聞いた。僕も何だかんだで月に二度ぐらいはジャグのコレゼッテー6!みたいな台を打てているし、思っている以上にこんな僻地にも高設定は使われているらしい。

Img01101

 (!!!?!??)

これは心底ビビった。設定狙いで座った台だったとは言え、微妙な展開でヤメようとした直前だったので。

こういうのは実際に確認できるととても勇気が出る。この日の今後、という意味ではなく、これからの設定狙いに関して。昨今のAT機なんかは確定演出が出ないと設定なんてわからないが、あるというだけで心持ちも変わってこよう。

ちょっと打てる人だと、出てても≠設定使ってるとは繋がらないが、だからこそそういう状況下で自分だけが「ある」と知っているのは相当な価値になる。事実、次の旧イベ日にも絆の高設定をライバル不在の状態で掴めた。

「あるかも…」で探すのと、「ある!」と知ってて探すのでは雲泥の差だ。

高設定が使われる頻度の高いジャグにしたってそれは同様の事が言える。数字で判断するしかないから「踏み込み」にどうしても個人差が出てきてしまうが、「ある」と確信してれば粘れるし拾える。「あるかも…」ではどうしてもどこかでヘタれてしまう局面がくる。

Img1085

あくる日のBIG間2048ゲーム…長かったぜ(´;ω;`)さすがにBIG間2000は久々だ。最終的にこのジャグラーは8788ゲームBIG42REG38で肩凝りが酷かったがヘタれないで良かった。


さて、先日の事だ。ビンゴでお約束の単発を喰らってる最中、隣の鬼浜でバケ中に「むち子」が出現していたのを確認してしまった。

・バケ中むち子出現率
 設定1〜3で各0.59%
 設定4で3.52%
 設定5で4.69%
 設定6で7.03%

 (おい!おまえもっと驚けよ!!!)

古い台だから仕方がないけど、まるで無頓着なクソガキに小一時間問い詰めたい気分だった。

 (大体なんでおまえウエイトかけてる間レバー何回も叩くんだよ!見てて腹が立つんだよ!ベンリーシステムを何だと思ってんだこの野郎!!!!!)

ちょうどこの日は旧イベント日。鬼浜に珍しくリセットをかけられているのを確認していたが、設定なんて入るわけがないと即前兆だけ見て捨ててしまっていた。

 (う~む…推定モード移行がすこぶるいいな。。)

空き台になってから履歴を見るとかなりよろしく見える。鬼浜は小役解除率が高いので履歴はそんなにアテにしてはいけないのだが、それにしても良すぎる!加えてむち子…

 (まさか、ね^^;)

気になったので翌日朝一確認しに行ってみた。鬼浜は…というかビンゴもそうなのだが、この筐体は打たずにリセット判別が可能である。普段は当然ベタピンなのでリセットなぞかからないが、前日もし万が一高設定を使っていたのであれば今日もリセットがかかっているだろう…

 (ッ!!!!!)

19_image

朝一ベットランプ消灯+屋上・・・それ即ち、変更対策である。

 (こ、これは…!!!)

*わからない方のために今さら敢えて説明すると、この筐体は朝一据え置きだとベットランプが点灯したままになります。

Img_1523

変更した場合はこのランプが消灯するのですが、クレジットを精算した場合もランプは同様に消灯します。ただクレジットを精算すると、画面は通常画面のまま固定されてしまうのです。そして設定変更した場合はランプが消灯し、尚且つデモ画面が流れるわけで…

つまり、朝一状態に限り

・ベットランプ点灯→①据え置き確定
・ベットランプ消灯→②デモ画面が流れている=変更確定 
           →③屋上画面のまま固定=変更or変更対策

という法則があり、これによって①と②の場合は回さずとも設定変更が見抜けるというわけです!!これビンゴでも使えるので覚えておいて損はないよん。ただ、例外として変更してから1ゲーム回して、さらに電源オンオフすると見た目据え置き状態になってしまうのでそこは注意。(ここまでやる店はあまり無いが)

今回は③のベットランプ消灯で屋上画面。このシマに来たのは僕が一番のため、誰かがコインを入れて精算したという可能性も無い。すなわち店側が変更判別対策をしてきたという事になるが…

 (んー?この店でこういう対策してきたのって初めてだな('A`))

普段この店はリセット判別には無頓着というか、敢えてわかるようにしている節があるのだが…ジャグにも金太郎にもガックンは効くし、鬼浜やビンゴにしたってランプ対策なんて今まで一度も無かった。

 (これをどう見る…??)

一応鬼浜は微妙だがガックンが効くのでとりあえず回してみる… 

プル・・・ン

 (・・・おうおう、びみょ~だなw(;^ω^))

ガックンしたかしないか、本当に微妙で判断に困る感じだ。これぐらいだと普段のリール動作でもありえるブレ幅。仕方ないのでガックンは忘れてもう一度状況を考えてみよう。パターンはざっと…

①前日高設定。変更
②前日高設定。据え置き
③前日低設定。変更
④前日低設定。据え置き

この中で、まず③は除外されよう。何にもない平常営業でリセットをかけてくる事はほぼ無い。強いて言うなら前日高設定使ったかもよ?アピールだが、過去の経験からそういう事はしてこない店だとわかっている。

次に④もほぼ無さそう。低設定の据え置きだったとして変更対策をしてくる意味が無いし、そもそもリセットをしたらこれまで対策などしてこなかった。

前日の挙動も合わせ、当日この状況だとやはり前日は高設定濃厚だったと考えるべきだろう。

 (で、前日高設定だったと仮定して…今日、据え置くだろうか?)

この台、前日は全然回っていなくて差枚数はプラマイゼロ付近。据え置く理由にはならない事もないが…

 (…しかし、ならばなぜ普段しない変更対策なんてした?いつもならリセットはリセットでそのままわかるように放置してあるのに)

これはちょっと難しい。考えられるパターンとして、先ほどの

 ①前日高設定。変更
 ②前日高設定。据え置き

この二つをベースとするのだが、①の高設定を変更というパターンの場合、ほぼ低設定への下げであろう。万が一の高設定→高設定への打ち変えパターンがあったとしたらわざわざ変更対策などする必要がない。この平常営業日に高設定を使う以上、前日不発分を打って貰いたいという考えがあるわけで、打ってもらいたいなら素直にやってくるはずだ。わざわざ対策をしている時点でそれは考え辛い。

しかし低設定への打ち変えにしても、変更対策をしてくる理由が思い浮かばない。とても強引にこじつけるのであれば、敢えて変更対策をする事によって深読みした馬鹿が高設定の据え置きを疑い回してくれるのを期待するわけだが・・・ それにしたってまず前日が高設定という風に思ってる人間がいる事が前提となる。

まさか僕がむち子出現を見て驚いてそれから履歴をポチポチしながら腕組みしていた一部始終をカメラで見ていてこの企画を考えたなどとは言わせない。いくらなんでもその可能性は低すぎる。高設定を期待させて回させたいのであれば、普通に変更の跡を残しておいたほうがよっぽど釣れるだろう。

 (考えれば考えるほど低設定への打ち変えのパターンが見当たらないな・・・)

すると必然、②の高設定の据え置きの可能性が俄然高まるわけで。

これも根底に『前日この台が高設定とわかっている人間がいない』という仮定があっての推理なのだが、先の理由と真逆の考えで「変更してないが、打ってもらうために敢えて『小細工』してアピールしている」と考えると辻褄が合うのだ。

・・・ここまで、当事者の僕の考えだからちょっと分り辛いだろう。わかりやすく店長の立場で考えてみよう。

 店長 『前日不発の高設定。くやしい><せっかく据え置くのだから打ってもらいたいな。しかし朝一ランプで据え置きとわかると前日不発台だけに稼動が全然付かなそうだし…そうだ!クレジット精算してランプ消灯すればアホなヤツが変更だと思って粘ってくれるかもしれないな!よーし!』

・・・てな事があったかもしれない。

 (ありえるな。というかこの線が濃厚だろうよ)

この間0.9秒。強引に打てる理由を考えてみたものの、そこまで無い話でもなさそうだ。そうじゃなきゃこれまで一度もしてこなかった対策の意味がわからない。

とは言え、この「今まで一度もしてこなかった」という理由が今日からいきなり変わる可能性も無いわけではないが… 

唯一ここまで積み上げたロジックを崩すパターンがあって、それは何を隠そう

 ⑤ 店長の気まぐれ。もしくは店員の悪戯

こればっかりはもうどうしようもない。これをされると前提である低設定の変更・据え置きの可能性も出てくるが…そのときは運が悪かったと思って諦めよう。どの道そういう小細工を弄するようになったかどうか、今後のために確かめられれば収穫である。重ね重ね言うが、「敢えて」実直にと思わせるぐらい、これまで何ら小細工など弄してこなかった店である。

とにかく今は目の前の可能性の高いであろうパターンを考えるべきだ。

ポイントは何と言っても『前日高設定濃厚』という事と、『普段してこない変更対策』。

変更対策に意味があると仮定すればこそ、考えれば考えるほど『稼動を促すための小細工』にしか思えないんだよなぁ…

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

・・・


5bca5cf8

 -12k

まさかここまでグダグダ長文書いて、何もわからないまま負けましたなんて誰が思うよ(´・ω・`) これが昨今のAT機の恐いところだね。

にしても、こうして追えるのも設定が入っている事を知っているからこそ。設定確定系演出はお値段以上の価値がある。価値があるけど、スロットルを打ってて一番楽しいのってこの「設定あるかな?ないかな?」とワクワクしている時間帯だと僕は思うので、そういう意味では確定されちゃうと作業になるから・・・難しいもんだw

| | コメント (10)

2015年3月25日 (水)

3/25  反省会

もはや身内の間ではネタになりつつあるタプ公スタンプ。

目標金額76500円(しぞーかの最低時給換算)までまだまだ遠いと思っていたけど、このスタンプを使った翌日には既にこんな事があった。

Screenshot_20150323234512

目標達成である!!!

…ってのは冗談で、何気に導入から結構経つが、勝負玉が40個を超えたのは初めてであり、」獲得枚数2000枚を超えたのも初めてだ。

Img01092

  (サギーサギー!!)

ATもかなり闘神行ってたし大半が激闘。高レベルに百裂乱舞5回、SPバトル4回とかいうアホみたいなヒキで完全に万枚を意識した途端に17連敗→14連敗→24連敗→3連敗→26連敗で84個玉を消費。アホかと。・・・アホかと。

勝ち方も負け方も理不尽な偏りを感じずにはいられない。このメーカーだけは何も信じられない。滅茶苦茶出たのに滅茶苦茶フラストレーション溜めて終わるって凄い台だよ、本当・・・こんな台はこれとモンハンぐらいだな。

それはともかく、最初で最後の転生の事故になるのかな。一矢報いる事ができてよかったぷ。

 (キター(゚∀゚)ープ公!)

Img01093

初めてと言えば、何気にこの「激アツチェリー」も初めて引いた。たかだか1/9362なのに1年近く引けないとか… 

しかし引けた!しかも金レイア中という最高のタイミングで引けた!もちろん討伐、4000枚!

 (なんだけっけ?これを使用してからアホみたいに調子がいいぞ(゚∀゚)!!)

Otoko

チン公…じゃなくてタプ公スタンプ!幸運を呼ぶタプ公スタンプ!!


…と、茶番はさておき、今にして思うとこういう風に売り出していけばもう少し良かったかなーと色々考えてしまう。例えばタイトルも「世界のタプ公」じゃなくて、「幸運のタプ公」みたいにして2chでステマして…とかw

実際このスタンプには当時の僕のMAXの力が込められているので後悔など微塵もないけど、こいつの売れ行き・反応を踏まえた上で第二弾も出そうと当初は考えていた。例えばハズレが少ないといわれている「方言」スタンプは既にアイディアはある程度描きだしてある。

 (まさか半年も審査がかかるとは思わなかったもんなぁ…)

また待つのは嫌だし、何より待ってる間に自作スタンプの契約内容が大幅に変わってしまった。取り分が50%から30%に減るとかさすがにナメすぎだろう。LINEというソフト自体も怪しいニュースが飛び交っているし、今さらここで何かを始めようという気にはちょっとなれない。そりゃ売れてりゃ別だったろうけどw

 「うみくんさ、麻雀とかで使えるスタンプ作ってよ」

知り合いにこないだ言われたのだが、確かに僕は昔麻雀ではないがパチ・スロ・ギャンブル系の会話で使えるスタンプも考えていた。スタンダートなところで「あっついで~!」とか、「チャンス!」みたいなパチンカス御用達な感じにしようと目論んでいたのだ。

しかしながら、クリエイターズスタンプの規約に「ギャンブルを連想させるもはNG」とハッキリ記載されていてあえなく断念したのだが・・・ 今見ると普通に麻雀のスタンプなどは発売されているらしい。麻雀はギャンブルじゃないって認識なのか??よく見るとパチンコ系のスタンプもちらほらあるじゃないか!!???

盲点だったな…。まさかここらへんがLINEにギャンブルと認識されてないなんて。いや、お上もギャンブルじゃないと言っているから巷で堂々と営業しているんだけど…それにしても、まさか…ね。

タプ公+方言。
タプ公+ギャンブル系。

売れてたかどうかは神のみぞ知るってか?

| | コメント (10)

2015年3月22日 (日)

3/22  肉の塊

LINEスタンプをリリースして丸一日が経ちました。気になる売り上げはどうでしょう?実は初日はとても重要なんです。

と言うのも、クリエイターズスタンプは現在『人気順』と『新作順』、それから『キーワード検索』という三つのカテゴリから閲覧する事が出来るのですが…

2

・人気順… 直近何日分かの売り上げ順?(詳しい説明はないので想像)
・新着順… リリースした順に新着ページに加わる
・キーワード… タイトル・説明文に含まれた「キーワード」と一致するものを表示

現状自作のスタンプ販売は63000点にも及ぶため、1ページ20作品ずつ見ていくと膨大な量・手間となってしまいます。そのため、大抵の人は人気順や新着順のカテゴリを数ページペラペラとめくるだけになる事でしょう。

すなわち、新作スタンプが人目に触れるのは実質『新作』カテゴリの早いページにいられる間のみという事になります!!

ここで上手い事売れ、人気が出て少しでも上位ページに居座る事が出来ればそれがそのまま売れる要因になって永く居座る可能性が高くなるわけです。

後はよほど宣伝がしっかりしていたり、過去に売れた作品の第二弾、それから名の知られた人の作品だったり、有名人にツイートされたり・・・そういう付加要素がないとそのまま埋もれて行ってしまう可能性が非常に高く、如何に『スタートダッシュを決めれるか』がスタンプ販売における重要課題になっているのですね。

余談ですが、この法則を『大量の自買い』という戦略で乗り越えようとした人がいました。つまり、自分で何百何千個と買って、人気ランキング上位に飛び出そうとした人が。

…結果は花火のようでした(;^ω^)

それでも、何もしないよりは人目に付いて多少は売れたと思います。それぐらい、「人目」に付くというのは重要な事なのです。ラーメン屋の行列の法則と同じです。

本当にクオリティやセンスのあるものはその限りではないのでしょうが、残念ながらタプ公にそこまでのポテンシャルがあるとは思えず・・・。それ故、マグレでも売れる可能性がある新着状態は重要!!

それでは我らがタプ公はスタートダッシュを決められたのか、気になる初日の結果は!?オープンザ・プライス!

いち

じゅう

ひゃく

せ…

Photo_2

ジャカジャン♪ 

Image20080304214924

\(^o^)/わーわーわー

スタンプ一つを売り上げた際の分配金の割合が50円と37円らしいのですが、条件がよくわからないので平均44円ぐらいだとして… 11個?11個しか売れてないって事か!!

 (そのうち4つが自分で買ったものなんて言えない><)

で、現状僕が把握してる限り、ブログのコメント蘭・実際に買ったと教えてくれた知り合いの数を集計するとそれだけでピッタリ数が当てはまってしまうのです。。

 (見知らぬ人に一つも売れてない…w)

まあ無理もないな。コメ欄でも散々言われてたし、実際友人にも言われた事なんだけど、さらに某掲示板に誰かがここのURL貼り付けやがって(毎回毒女スレとか糖質スレとかわけわからんところに貼り付ける人がいるんだけど何なんだろうねw)・・・その時の感想が皆口を揃えてこうだ。

“某掲示板に勝手に貼り付けられた感想より抜粋”

624 :クリックで救われる名無しさんがいる:2015/03/21(土) 19:27:16.07 ID:7ueos01S0
これどう?

http://umi-umi-daraku.cocolog-nifty.com/hotlemon/2015/03/320-7505.html


625 :
クリックで救われる名無しさんがいる:2015/03/21(土) 19:36:59.59 ID:MRiJhYjN
>>624
ち○こやん

 

“友人との会話より抜粋”

Screenshot_20150322102438

 “当ブログのコメント欄より抜粋”

一番上のエブリバディの画像が、亀頭に見えてしまった。
疲れてるのかな。

投稿: 三重県人 | 2015年3月20日 (金) 12時35分

うみくん、待ってました!早速スタンプ買ったお!

でもなんにも知らない人が見たら、タプ公は色が肌色なので
おちん○んをモチーフにしてるのかな?って思われちゃうかも‥
って思っちゃうのは自分だけかなw

あれ?最初の頃はタプ公、色が付いてなかったよね??

投稿: Ajax | 2015年3月21日 (土) 22時25分

 (くっ…、こいつら・・・言わせておけば・・・!!)

132326982223513117704_krillinjp_3  

 (俺のかわいいタプ公が、よりにもよって・・・)
33_2  


どう見てもちん○です。本当にありがとうございました。

| | コメント (9)

2015年3月20日 (金)

3/20  伝説の始まり()

大変長らくお待たせ・・・させられました!

もう覚えてない方も多いでしょうが、本日ようやくLINEの自作スタンプが承認されました。

2

無理も無い、あれからもう半年経っているのだ。LINEスタンプ製作の流れはカテゴリ『タプ公プロジェクト』を参照して貰うとして、最初の審査申請をしたのが8/12。その際、スタンプ内に「某村河内」をパロったぷ公がいたのが理由でリジェクト(審査落ち)を喰らい、そこから手直しして再度審査申請をしたのが9/19。

そこからちょうど六ヵ月後の今日、3/19にようやく・・・ようやく承認され晴れてタプ公を世に出す事が可能になったのです(´;ω;`)

 ((ブーブーブー))

 (ん?メールだ珍し…んんんん!!??????)

見た瞬間、会いたくないのに震えてしまった。

Photo

 キタ----(゚∀゚)----プ公!!

半年である。最後に審査待ち画面がアップデート(審査の進捗具合を表す指標)されたのが11/13。もっともこれはただのメンテで、この時審査待ちをしていた人全てがアップデートされたらしいので、実際は最初にアップデート表示があった9/29を境に一度もLINEからの応答はなかった事になる。

 (おいおい…本当に審査してんの?俺より後に申請した人がどんどん承認されてるみたいだけど…これ、忘れられて埋もれちまってねえか??)

無論こういう人は僕だけではなかった。某掲示板のLINEクリエイターズスタンプスレにはいつもLINEの会社に対する不平不満罵詈雑言が並びたてられ、一方では長い期間待った人々の承認報告、それから売り上げ自慢に宣伝が飛び交い嫉妬と羨望やらで埋め尽くされていた。

長い人は九ヶ月待って尚反応が無いという話も聞いたし、反面早い人は二週間ほどで承認されたなんて事もあった。同時期に申請をした人でもまるで承認タイミングが違うらしく、実際のところ現段階で審査基準、スピード、承認条件に関しては明確なものは何も出ていない状態である。一説によれば担当審査員の運と作者の知名度の兼ね合いとか何とか…

 (ある日ひょこっと承認されるんだろうなぁ・・・)

そう思いながら待ち続け、気付けば半年が経っていたのだ。


ともかく、ついに「勝負の土俵」に立つ事が出来る。目標はタプ公を静岡のゆるキャラにするところ・・・はまだちょっとキツいので、謙虚にタプ公グッズが販売されるところ辺りにしておこう。本音を言うと、これを作るのにアイディアを出すところまで含めて合計100時間ちょっとかかっているはずだから、時給換算でしぞーかの最低賃金765円ぐらいは行ってくれると嬉しいな…って、えええ??いつの間に静岡の最低賃金そんな高くなってたの??俺が学生の頃って確か670円ぐらいだったような記憶があるんだけど???

話が逸れてしまったが、金額に換算すると76500円が目標か… 

僕の場合、スタンプが一個売れると分配金が50%なので50円入る計算である(ちなみに二月以降に申請した人は分配金が30%に引き下げられてるので注意('A`))。76500円の利益を得るためには最低でも1530個の売り上げが必要になる。ただ、なんか購入の仕方で安く買えるのか?分配金が37円になったりするとかいう話も聞いているので実際1800個ぐらい売れてようやく目標達成って事になるのかな('A`) う~ん…このブログが最近は平均1000/日アクセスぐらいなので、実際に見ている人は400人ぐらいか。1人頭3個買ってもらえば… う~んw誰に配るんだよこんなの^^;

冗談はさておき、元はと言えばタプ公を何らかの形で世に出すために作ったスタンプであり、僕自身が使いたいから作ったスタンプでもある。他の人がこれを使っても微妙だろうとはこの半年で薄々感付いている^^;なので、無理に購入などは勧めません。

Screenshot_20150320015329

 (というか、とてもじゃないけど勧められませんw)

それでも購入したいという方がいたら、一応このページから購入できるそうです。ぜひ嫌いな上司、疎遠になっていた友人などへプレゼントするといいと思います。さらに疎遠になる事でしょう。

結果がどうであれ、経過は随時報告していくのでお楽しみに。現実は甘くないって事がよーくわかるのか、はたまた・・・あるか!?タプ公ドリーム!!!

| | コメント (16)

2015年3月18日 (水)

3/18  最後の野菜

そこそこ名の知れたメーカー「マルホン工業」が3月12日、民事再生法の適用を申請したそうだ。簡単に言うと倒産である。

マルホンと言えばハネ物のファインプレーで一世を風靡したメーカーだが、僕にとっては何と言っても個人的名機「ワンワンストーリー」を始めとするエサカマサミシリーズが印象深い。近年は「シャカRUSH」シリーズが記憶に新しいが、いつの間にそこまで経営がやばくなっていたんだろう?

最期に出した機種は「CR野菜の王国」。そういえばなんか見かけたな。何を狙ってるんだろうと思ったがこれマルホンだったのか。隣に「占星少女ななみ」があって、あの不気味な風貌に全てを持ってかれて記憶にも残っていなかった。

少し前に「CR MIDNIGHT LAS VEGAS」という台も出していたが、確かこれも川崎麻世が主役で原作があるんだかないんだかわからないけど、何をやってるんだコイツら…と思った記憶がある。今にして思えば野菜や麻世など、これら微妙なモチーフで台を出していたのは単に版権に金をかける余裕がなかったせいなのかもしれない。

…と思って調べてみたら、川崎麻世の『CR MIDNIGHT LAS VEGAS』の説明文にこんな記載があった。

>ラスベガスにて1カ月以上行われたロケで撮影された圧倒的スケールの映像と豪華俳優陣。そして、川﨑麻世とミュージシャン・GACKTが共作したオリジナ ル楽曲が収録されている。ルーレットを完全再現した「ラスベガスルーレットギミック」など他機種とは一線を画した作りが魅力的。

 (…結構気合い入ってたんだな(´;ω;`))

この台、パチンコとしての出来は悪くなかったと思う。V-STという今風のスペックに良い意味で馬鹿らしい演出や、特にルーレット役物(出来レ)は面白いと思ったけど、如何せん扱いが悪すぎてどうにもならなかった。どこもバラエティに一台や二台程度しか設置されておらず、とてもじゃないけど釘が開く気配も無かったし…そんな台には人は座らない。いや、座り続けられない。稼動が無ければ次の機種も期待されず、買ってもらうのもどんどん困難になっていく…

一度こうなっちゃうと奇跡的に大ヒット作でも飛ばさない限りずーっと窓際族から抜け出せないのは想像に難くない。抱き合わせ販売なんてクソみたいな文化が未だ根強く残っているこの業界、この負のループ。中小企業だとどうにもならないんでしょうね。

そうして、マルホンは抜け出せないまま逝ってしまった…

Turayogoshi

 (もうエサカマサミシリーズを見る事は出来ないのかな(´;ω;`)…)

西陣、奥村、豊丸なんかの中小メーカーはマルホンとほとんど立場は変わらないと思うし、大一なんかもちょうど大ヒットがないまま先細ってる感じがして徐々に落ちぶれていっている。リングで1発当てた藤のようにどっかしらで奇跡的なヒットが起きない限り、この倒産はどこも他人事ではないのだ。

競争社会なんだから仕方が無いとは言え、三洋やサミーみたいなメーカーが判子台や詐欺台を連発しながら胡坐をかいてる現状にはなんだかなぁという思いでいっぱい。

超大型版権を超絶クソ台にしてしまう大手に果たしてマルホンは何を思うか…

Img01086

ガンダム、なんでこのスペックで出そうと思ったんだろうね… パチの潜伏台って本当いい思い出が無いな('A`)

| | コメント (10)

2015年3月16日 (月)

3/16  俺の楽観妻の諦観

ホワイトデーの週末、嫁と娘を連れて温泉旅行へ行って来ました。無論僕が計画するような甲斐性はないので連れてってくれた…が正確ですが。

温泉へ浸かり、近くで釣りをして、釣った魚を焼いて食べ…読書に耽り。

十年前の…いや、三年前の自分が果たしてこんな穏やかな時を過ごしているなどと想像が出来ただろうか?

長年勝った負けただそういう事しか無い世界で生きてきた自分が馴染めるとは思えなかったけど、気付けばもうすぐ家族になって一年。確実に僕の「当たり前」が変わりつつある。便座の上げ下げで文句を言われていた頃が懐かしい。いやはや、なるようになるものだ。

特にこれと言った問題が無いのが今の不安要素。こないだ嫁が倒れた際に、いよいよ来たか…と思ったけれど、どうやら食中毒程度ですんでくれた。根っからのネガティブ思考なのか、順調すぎると不安になるのだ。幸せすぎて恐くなるのだ。

幸せすぎて不安になるという描写は使い古された展開だけど、実際こういう何も無い時だからこそそういう考えに至ってしまうんだろうな。後に振り返った時、ああいう風に思えてた頃が幸せだったと回想する一場面が正しく今なのかもしれない。漠然とそういう思いがある。

人生でそういう風に思える時なんて稀だ。少なくとも、今まで無かった。ならばとことん堪能しようじゃないか。

 「子供もう一人欲しいね^^」
 「おう!」
 「結婚式どうすんの?」
 「おう!」
 「しご…」
 「おう!」

或いは問題から目を背けているだけなのかもしれないけれど、背けられる程度の問題は問題ではないと偉い人が言っていた。それでも根がネガティブってのは訂正しておこうかな。かなりの楽観主義者じゃないと今の状況に耐えられないんじゃないかとさえ思えてきたぞ…

そう考えると、僕も大概だが妻もなかなかのつわものだ。

| | コメント (7)

2015年3月14日 (土)

3/14  約束された詐欺の件

Apple Watchですってね。

Applenewiphone3

まだまだこれからの分野でしょうが、何にせよいよいよここまで来たかという印象。誰もが思い描いた未来にまた一歩近づいた、そんな感慨深い想いがあります。早くホログラム装置を実装して貰いたいものですが、これもそう遠くない将来確実に搭載されるでしょう。

何だかんだで遠い昔から人々が夢見てきた未来の品は、きちんと形になるものです。スマホ然り、ロボットしかり。

…或いは形ありきで、想像したと思わされているのかもしれません。J・P・ホーガンの「巨人」シリーズで似た様な話がありましたが、例えばそれは未来人や別の惑星からの誘導の結果だったりしてね… 卵が先かの話ではありませんが、物が先か想像が先かなんて事も決して無いとは言い切れない??


 (定められた未来・・・か)

Img01064

前日478ゲーム辞め、当日921ゲームに確定画面。

478+921=1399

アラジンの天井は1400+前兆。

135

…いやねwもう凄いとしか言いようがない。

サミーはアレだよ、未来に生きてんな。ここまで見事だともう怒りとか湧いてこないもん。
直前で図ったようにこの日初のCZに入って、ゲーム数がゲーム数だけに慌ててネットで検索しても、どうもペナで潰せなさそうなので心臓を止めていざ勝負!そこで弱チャンス目しか引いてへんねんで?当選率10%やねんで(´;ω;`)???

いやはや、見事。その一言だな。

Img01061

 (!!!????)

またキタ(゚∀゚)ー!お詫びがキタ。俺の記憶が確かならフリーズ二確の初代リスペクト出目。こいつのフリーズは超しょぼいからこんなとこで1/65536フラグ引きたくないんだけどなぁ…

 (まあいい、せっかくだしブラックアウトする瞬間を撮ったるで!!)

ドヤ顔でカメラを台に向けます。

第三停止をねじりこむように…打つべし!!

Img01062


 (・・・・あれ?フリーズしないじゃん)

画面じゃなくてリール部分がブラックアウトしてもしょうがない。

 (・・・あ!なるほど。次ゲームレバオンでプチュンか!?そういうのもあるのか!)

若干隣の人の目が痛いのですが、再度カメラを構え直してレバーオン。

・・・

・・・+30!

・・・+赤7!!

・・・だけ!!!!

O064005541394280690392

上段青テンって別にフリーズ確定の出目じゃないのねw


開発チームのこの台への意気込みなどどこにも無かったのだ。初代へのリスペクトなどほとんど無かったのだ。勝手に感心し、勝手に呆れ、気付けば散々文句を言いながらサミーの台ばかり打っている俺がいる。

ここまで来ると文句を言いたいがために打っているような気さえしてきた。サミーが先か、文句が先か。サミーの文句は俺に言え!

| | コメント (10)

2015年3月12日 (木)

3/12  推測の限界

恐ろしい事が起きた。

Img00999

こんなもんじゃない。

Img01036

Img01034

これはちょっと効いたがなんのこれしき。

Img01054

8セット引き戻しもすごいが、1セットあたりの獲得枚数159枚って… この台マジ無理。

あ、無理と言えばこいつも。

Img01058

またフリーズを引きました。今回はAT中にプチュン。どこかで上段青テンはフリーズ二確と書いてあったのを思い出し、まさか…ね?なんて思って第三停止に注目したら本当にフリーズ。もしかすると本当に上段青テンは金チャンス目Gでしか出現しない出目なのかもしれない。すると赤7サンドビタ狙いで打ってると、そこが停止した時点で金チャンス目だけどフリーズ一殺という事になるが…いや、贅沢な言いがかりかwそんな事よりこの出目をそこまで偉い扱いにしているというのなら、マジで初代リスペクトしてて開発チームのこの台への意気込みを感じずにはいられない!やっぱ作りこまれてるよこの台!!

このフリーズはEX6連と天王山で赤3青1+1G連赤1の+10スタート。結果としてフリーズ分では1000枚程度上乗せしただけでした。セット数上乗せも無かったのでビツクリ。フリーズは通常時に引くと強制的に金太郎チャンス初当たりがついてくるので実質+50Gされてる事を考えると、AT中に引くのは損という事か?金チャンス目としての上乗せもフリーズのドサクサに紛れて無かったしな…

いずれにせよフリーズの期待値3000枚ってのは眉唾物もいいところだと思えてならない。体感2000枚も怪しい。今のところ3回引いて1280枚、704枚、1000枚弱。平均1000枚前後。別にヒキがとことん悪かったという印象もないから実際の実力もこんなもんじゃないのかな?むしろどういう計算をすれば期待値3000枚という数字が出てくるんだろう??ねえ、サギーさん!!!

Img01059_2

では本題に入ろう。

久々に鬼浜を打つ機会があった。ちょうど通りがかったら天国準備期待度の高い演出が出てて、少ししてからそのシマを見たら空き台になっていて… 履歴を見ても天国準備の可能性は高そうな感じ。何より現在180ゲームほどで捨てられているので、ちょうど193~256という天国準備の一番濃いゾーンがすぐそこだ。最悪でも384ゲームまで打てばいい、ここでスルーする法はない!

180~
251 バケ

ニヤリとする。目論見どおり当たった事もそうだが、演出が完全に天国準備示唆のものである。詳しく書いても今さらなので適当に書くが、天国準備期待度8割超の演出が三つほど既に確認できている。そしてこのゲーム数。

鬼浜の天国準備モードはそれだけで期待値一万円超と言われている。天国抜けするまで全ツするだけでこれだけの期待値があるというのだ。実際そんな無いとは思うけど、僕は鬼浜が大好きなので打てる理由さえあれば積極的に打つ。

180~
251 バケ
256 特攻
255 特攻
213 赤 (小役解除)
256 青30G
251 赤

 (くぅ~…懐かしいな。この真綿で締められるような死に方><)

天国準備モードは384ゲーム以内に必ず当たる。そこからのモード移行率は残念ながら解析が出ていないのだが、番長2などと同じく基本的には設定が高いほど天国モードへ行くものと思われる。これまでの経験から言えば、設定1とかだと天国移行率は3割か4割ぐらいだろう。運が悪いと延々天国準備ループをする事になる。

ただ、鬼浜は一度上がると天国へ行くまでモードが落ちないので、天国準備へ移行してしまえば以後は絶対に384ゲーム以内に当たるのだ。今回のような事になってしまうとさすがに辛いが、実際はボーナスにATを絡めつつ1発デカイのを引くのを待つというのがこの天国準備モード狙いの真骨頂である。

考えてみて欲しい。384ゲーム天井の事故待ちAT機なら…喜んで打つでしょ!?例えばリングなんかがゲーム性としては近いが、384ゲーム以内に絶対当たるリングなら打つでしょ?それも384ゲームまで連れてかれることは稀で、小役解除も強く最期は絶対天国移行。打たないわけがない!!

ましてや相手は大好きな鬼浜!!

 (よーし、パパ久しぶりに極限突破しちゃうぞー^^)

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

・・・・
・・

で、上の画像に行き着くんだけど…心底驚いた。

1232271236714

まさかまさかまさかまさかの天国準備モードの天井超え。

これすなわち、天国へ行くまでモードが落ちないという特性を考えるとこれまで一度たりとも天国準備にいなかったという事になる。

 (え??あんだけ256ゾーンで当たっておいて??え??)

参考までにモード別のゲーム数振り分けを書いておこう。


モード別ゲーム数解除振り分け
         通常A    通常B  天国準備
  1~ 32G 0.78% 1.56%  4.30%
 33~ 64G 0.42% 0.81%  0.49%
 65~ 96G 0.02% 0.02%  0.10%
 97~128G 3.15% 3.15%  14.06%
193~256G 7.03% 18.75% 41.89%
321~384G 3.91% 15.63% 38.38%
385~448G 4.69% 10.94%
513~576G 12.5% 21.61%
641~704G 5.47% 7.03%
705~768G 17.8% 19.73%
833~896G 3.13%
961~989G 12.5%
    990G 28.27%


お分かりいただけただろうか?

最期に天国準備モードの天井を越してしまったという事で、僕が引いた6発のボーナスは全てモードB以下だったという事になる。さすがにモードBだったんだろうが、それにしてもモードBでも193~256のゾーンの振り分けは18.75%しかない。

そいつを5回連続だ!(1回は小役解除なので除外)。ましてや道中、天国準備濃厚の演出をわんさか見ている。Wリプ左を選択したカットビ中に当選(次回天国準備以上濃厚)やVSギンジで勝利(天国準備期待度64.8%)、それからPUSHステチェン時リュウジ通過を数回(天国準備期待度73.8%)。セリフで「ナイショだぜ!ムフフ」が出現したり(次回天国準備以上79.5%)とかボナ後4人背景(天国準備期待度60%)は半分以上出現していた… ぶっちゃけ、確定演出こそ出ていないものの天国準備モードを確信していた。

僕はこの台はかなり打ちこんでいるつもりなのだが、ここまで確信する材料が揃っている中でのスルーはさすがに経験がない。確かに鬼浜の演出は期待度が崩壊気味っつーか、何やら悪意めいたものすら感じる人を小馬鹿にしたような流れも多かったけど、ここまで酷いのは見た事がない。

それに加えて今回は天国準備が一番濃いゾーン。モードBなら18.75%の振り分けしかない場所をを5回連続で引いているのだ。そしてATを一度も引けずに延々飲みこむ様。もはや意図的に仕組まれているようにさえ感じるではないか^^;

信じられない思いを抱きながら席を立つ。

 (1500枚ほどマイナスだったけど、不思議と腹が立たんな…)

これがサミーの台とかだったら鬼の首を取ったように喚き散らしたんだろうが、そうならなくて良かった。結果的に自分のミス?とは言え、些か理不尽な目にあったというのに好きな台というのはそれら全てを相殺してくれるのだな。

 (おう、次は楽しませてくれよ!)

この前向きな姿勢が、このあとさらに3万負債を上乗せするのだからやってられない。

| | コメント (6)

2015年3月 9日 (月)

3/9  人生一度は三国志

最近北方謙三版の「三国志」を読んでいる。

Sangokushi

さすがに三国志だけあって結構な巻数だが、非常に面白くぐいぐい惹き込まれあっと言う間に残すはあと二巻。これまで三国志と言えば横山光輝先生の三国志しか読んだ事がなかったが、所々内容は違えどこちらも素晴らしい作品だ。

僕は三国志の登場人物の中では群を抜いて「関羽雲長」が好きなのだが、元々横山三国志を読む前はなんとなく曹操推しであった。しかし作中で描かれる信義の男、地に根の張った存在感・・・ 僕はたちまち関羽の虜となり、彼の最期には思わず涙したぐらいだ。

しかしどうだろう。北方三国志では関羽は相変わらず頼れる兄貴的な描かれ方をしているものの、自分の下で武将が育たないのを悩む変哲な頑固親父という側面も多々見受けられる。『部下との接し方』とか読んでいそうな、そんな悩める役員という印象だ。こういう関羽も悪くはないが、どこか(勝手に抱いていた)万能感が欠けた思いはある。

その他、主を裏切り続けただただ強いだけの男という感想しかなかった呂布や、やはり豪快で粗暴なイメージしかなかった張飛、それから孫家筆頭武将という認識しかなかった周瑜も、いずれもこちらの小説を読み進めて行くと随分と印象が変わる。聞けば横山三国志は演義を元にしているそうだが北方三国志は正史をベースにしているそうな。言われてみると映画レッドクリフでの周瑜の扱いが良すぎる事に疑問を抱いていたのだが、どちらかと言えばこちらの方がより史実に近いという事になるわけか。それでも詳しい人に言わせれば北方三国志もかなりエンターテイメント性に重きを置いたオリジナリティの高い小説なのだそうだが…

三国志となると真っ先に浮かぶのが久々登場、我が義兄弟の魚君だ。彼は「三国志大戦」というカードゲームを長年やり続けているせいもあってか、三国志には少々うるさい。あのカードに書かれたフレーバーテキストを読んでそう言ってるのであれば失笑ものだが、それでも僕が大した知識もなかったせいかこれまでヤツの言う事にほとんど反論できなかった。

C20090723_san3_04_cs1w1_511x720

 (何が「諸葛亮」だよ、おまえ・・・どう見てもアイツじゃねえか!!1!)

今なら僕も野郎に負けないぐらいの会話は出来そうな気がするが、気のせいかもしれない。ともかく、三国志は語りたくなるだけの何かがあるとても偉大な作品であると再認識するばかりである。

次は吉川英二三国志を読もうかな。最近面白いと思う漫画が少ないので自然と漫画喫茶から図書館へと足の向く先が変わってしまった。或いはこれも老化の一現象なのかもしれない。

| | コメント (10)

2015年3月 6日 (金)

3/6  金太郎大満足!

ようやく引けた。

Img01052

いつ無双一閃が当たるんだろうって一年ぐらい思ってたけど、引けたのは超高確リプ重複からの初当たり真瞳術でした。振り分け0.4%、よくこんなん引けたな。ちなみに無双一閃は現在0/13である。

Img01053

 (おう!)

恨みを晴らすべく一撃八発。2500枚ほど出てくれたのでここ最近5スルーを2台打って投資が63kにまで膨れ上がったのは許してやろう。

しかし導入から結構打っててもうズーフリも3回、エンディングも2回見てるというのにずいぶん時間がかかったものだ。収支も何だかんだで奮わないし、こういうのを見るとどうしても相性って言葉がチラつくよね。まあ結果を見て言ってるんだから相性が「悪かった」という意味では間違ってないんだけど…

反面で、こいつは相性がいいんだろうな。

Img01045

こいつもようやく見れた。これで赤サンド、三連ハッピに上段青テン…それから枠内拳三つと金チャンス目成立時に止まる偉い出目は全部見れたけど、思えば昨今の台…それもAT機で四つも狙いどころがあるってすごくない?(正確には三つだけど、赤サンドビタすると金チャンス目成立時は青7は滑ってこないので、青テンを見たいなら恐らく1コマ以上ズラして狙わないと駄目。そういう意味で四つ。中押しも含めたら5つか。中押し時は中段ハッピから右アガリにハッピテンパイで金チャンス目っぽい)。

演出の法則も含め、やっぱりこの台結構作りこまれてるよ。あのポリゴンのせいで想像以上に損してる気がしてならない。なあ、ばあさん!ばあさん!ばあさん!!

さて、初代は上段青テンの時点で豪華なフラッシュが発生した記憶があるんだけど、今作はしないんだなぁ…と思っていたら、

─プッツン─

 (キレちまったよ…)

Img01046

どうやら金チャンス目は金チャンス目でも、偉いほうの金チャンス目だったらしい。相変わらず退職願いのシーンを撮り損ねてるけど二度目のフリーズ。フリーズ期待値は3000枚もあるらしいので()、前回1270枚だったから今回は4000枚ぐらい出てほしいなッ☆

Img01047

EX8連、天王山で青1赤2の3ボーナス引いての上乗せゼロでスタートです…

Img01048

 (おう!)

まさかフリーズ引いて一度も拳を揃えられんとは… 投資分すら回収できないとかもぅマヂ無理(´;ω;`) 

蒼天もそうでしたが、サミー系のフリーズって一体いつからこんな弱くなったんでしょうね。初代エウレカ辺りからもう駄目だったような気もするが…つまりセブフラが悪って事なんだろうか!??

さすがに金太郎のリセはもう厳しくなってきたが、十分過ぎる結果になったので満足している。一時期全く出なかったが、何だかんだ均せば満足行く数値。とにかく土地に助けられた感が強いが、やはりライバルが少なかったってのが大きかったな。都会じゃこうはいかなかったろうに。

Img01041

待望のナビ50も引けた。

Img01042

金チャン当たらないとは思わなかった(´;ω;`)

上乗せ+150も引けたし、フリーズも引けた。EXの大連荘も体験出来たし偉そうな出目も全部見れた。後は豹柄の獲得表示(設定5.6確定)ぐらいだが、無い物は探せない。そういえばAT中のBIGで拳を揃えて+5が出ると456確定らしいが、導入当初に一度見ている。当時はここまで来たかサギー…と呆れていたが、今にして思うと貴重なものだったんだな。何だかんだで店がAT機にも「高設定」を入れていると知れた事が何よりの収穫だ。

と、バジ絆の半分も打ってないのにここまで色々引けている。やはりこいつは「相性が良かった」台なんだと思う。

なぜにそういう台に限って短命なんだろう(´;ω;`) ああ、鬼浜が打ちたいな…

| | コメント (10)

2015年3月 4日 (水)

3/4  初めての虹

英才教育の甲斐あってか、娘が最近二次元の世界へよろしくメカドッグ。

Bda911c2

どうも「七つの大罪」というアニメのキングというキャラにぞっこんLOVEのようだ。PCでもテレビでも四六時中アニメを流してて、それもキングが活躍する場面ばかり延々見ては溜息を吐き恍惚とした表情を浮かべて「うー!キングかっこい~><!!」なんて言っちゃって…完全に恋する乙女になっている。

 < なーりやまーぬー♪

 (もうこの歌嫌><)

生き物係というバンドが歌う主題歌は何度も聞きすぎてもう覚えてしまった。こないだ都内へ遊びに行った際におみやげで買ってきてあげたキャラグッズは家宝のように扱われている。

 「やっぱPCに早いうちから触れさせすぎなんじゃない?」
 「そうなの??」

こういうのに全く興味の無い妻が心配そうにしている。

とは言え、これぐらいの年代の女の子ならそんな不思議な事でもないとは思う。パッと思い浮かんだのは確か魔術師オーフェンとかいうラノベのキャラだったかな?僕が小学校中学年ぐらいの頃、やはりそんな感じのグッズを持って教室の隅でキャーキャー騒いでた子らがいたような気がする。あ、忍たま乱太郎の誰が好きかって話題になってたのもあったような記憶もあるな。今にして思えばなんてハイセンスな会話をしてたんだろうあいつら。

それに、そんな事を言ったら僕ら男子だって好きなアニメキャラの一人や二人いた筈だ。精通を迎えたとまでは言わないが、気になってチラチラ見ていたセーラームーンだってそうだし、微妙にエロい格闘ゲームのキャラをこっそり使っていた時期だってあった。

当時僕は豪血寺一族というゲームの花小路クララというキャラがすごい気になり足繁く近所の駄菓子屋へ通っていた。

このキャラ、何らかの条件が揃えばセクシーなお姉さんに変身するのだが、

978006378

このお姉さん姿を偶然見かけた僕は気になって仕方が無かった。来る日も来る日も周りに誰もいないのを見計らってこのキャラを使うのだが、どうしても変身させる事ができない。当時まだネットなどなかった時代。ゲーム雑誌の存在も知らず、筐体に貼ってあるコマンド表にもやり方が載っていなかったので自力で探り当てるしかないのだが、結局撤去されるまでよくわからず終わってしまった。ひたすらレバーをガチャガチャやってまぐれで技が発動するのを待つ猿であった。

後年、ゲーセンに「ホットギミック」という脱衣麻雀のゲームがあるのだが、それのキャラデザインが先のゲームと同じ人で見かけるたびにドキっとしたし、コンビニによく置いてある快楽天というエロ本(だっけか?)の表紙にも、恐らく同じ人がイラストを書いているのでドキっとしていた。三つ子の魂百までとはよく言ったものだと思う…って今ググったらホットギミックって快楽天の世界へ迷い込んだって設定だったのか!??初めて知ったぞ^^;

にしてもまさか、パチンコで豪血寺一族が出て再びこのキャラに会えるとは夢にも思わなかったが!!

…話が大きく脱線したが、とにかく誰にでもこういう経験はあると思う。人生で何度か二次元のキャラに恋する時期。

嫁が何と言おうと、娘の初めてのソレは暖かく見守ろうと思う。

 (それにしてもキングか~)

七つの大罪という漫画は僕も読んでいるが、お熱をあげるにゃ主人公やバンとかギルサンダーとか、もうちょっと女受けしそうなキャラがいそうなもんだが…と思っていたのだけど、

8377972b

こないだ原作漫画の人気投票があって、見事娘の推しメンがぶっちぎりで一番人気で驚いた。案外良い目をしているのかもしれん。将来有望だな。

| | コメント (10)

2015年3月 1日 (日)

3/1  アラジンの威光

アラジン、いいね!

しぞーかは新台が入るのが一週間ほど遅いため、情報収集には事欠かない。某掲示板に寄せられた毎度の罵詈雑言を読みながら、呆れ半分でサミーの行く末を心配していたのだが…

 (はぁはぁ!!)

駄目だ。シマの後ろを通り過ぎると聞こえてくるピッポッパッポ!とか、絨毯引っ張り演出のジャジャジャジャーン…、それからラクダ煽りの何とも言えない甲高い音。音、音、音。

アラジンの音は聞いてるだけで打ち気を逸らせる何かがある。確か前作ポパジンレボリューションもそんな事を言って大層負けた記憶があるが、それだけアラジンAは偉大だったって事か。

とは言え、適当打ちするには僕はあまりにも某掲示板を見すぎた。アンリミテッドリールに裏切られすぎた。研ぎ澄まされた感性が決してヒラ打ちを許そうとはしない。何とか打ちたいが、そうなるともう天井狙いぐらいだろう。

 (これならいいかな?)

しばらく探していると上手い具合に750ゲームの台があったためライドオン!浅いかもしれないが、恐らくこのゲーム数ならそんな酷い事にはなら

Img01045

 (おう!)

幾多のCZの屍を乗り越え辿りついた天井SACは14ゲームスタートの2セット終了!おうおうおう!やっぱ音はいいね。血湧き肉踊るっつーか、三連チェリーが単チェリーに昇格する瞬間がたまらねえんだ!

 (´;ω;`)

それにしてもこの台、チェリー=チャンスなのでチェリーを待つのだが、チェリーはリプレイフラグ。なのでAT中など特にそうなのだが、チェリーがバンバン出て一喜一憂しているとふと気付く…あれ?全然増えてねえぞ、って。しかしチェリーが出ないでベルが連続で成立すると今度は全く熱い展開にならずにやきもきするわけで… 

 (俺は一体チェリーを求めているのかメダルを求めているのか?どっちだっけ?)

いやはや、本当に上手い事出来ている。さすが世界のサギー。別にクソ負けたから言ってるわけじゃないぞ!!

隣のSAC連をかましている人を見ると本当に楽しそうだったのでまたチャレンジしたいが、今回の結果を見るに天井狙いも800とか900でも浅いような気がしてならないなぁ。1000ゲームぐらいからようやく打ってもいいかなって感じに思える。

蒼天のときも、当初は350ゲームからGO!って思ってたけど、打てば打つほど獲得枚数のショボさ、初当たりの異様なまでの重さ。それらが相まって、最終的に450ゲームは無いと打ちたくないって思えたわけだし… 正直、今だと500ゲームでも若干躊躇するぐらい酷い目に合い続けている^^;

巷では天井狙いは800ゲームから2000円の期待値があると言われているようだが、アラジンも遠からず同じような流れを汲む事になるんだろうと確信している。

Img01030_2

 (おう!)

この台が思った以上に辛いせいか、なぜかアラジン導入後に金太郎の客付きがよくなってきているw。おかげでまだまだリセットを漁る事が出来ている。

アラジン、いいね!

| | コメント (10)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »