« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木)

1/29  クルペッコ最強説

初打ちで万枚出て以来まったくいい所が無かったコイツだけど、ついに来た。いや、ようやく来た。

Img00914

時刻が20時10分ってのがちょっと引っ掛かるが、最悪倒せなかった際の心の慰めにはなるか…

 (おう!!!)

Img00915

杞憂でございました。28Gで討伐。28ゲームだよ!残り28ゲームじゃなくて28ゲーム目で討伐!!世にはこいつを取り逃がして1/65536なのに300枚出なかったと嘆く人が多い中、恵まれすぎです。つーかこれ世界記録じゃない??とググってみるも、ゲームの記録しか出てこない。わざわざスロットルのこんな馬鹿な事を気にしてる人がいないのだろう。参考記録止まり。

ってこんな写真撮ってる場合じゃねえ。閉店取りきれずを心配しなくちゃ…

Img00916

 (おう…)

このあと四連敗で余裕で取りきれましたぷ公(´・ω・`)

なんかホールに置いてある雑誌見たら、今さらモード毎のゲーム数解除の振り分けがようやく掲載されていたけど何だかなぁ… いい加減鬼浜の解析出せってんだよ!

 (おうおうおう!)

Img00842

じゃなくて別の日、初ふぅあふぅあ!最大天井だとちょこっと確率が上がるようだが、基本7そろいの1/25で抽選しているらしい三桁スタート。自身40回目ぐらいの7揃いだったと思うのでまあまあ早かったかな。鬼浜の時は大分時間かかったもんなぁ…

しかし222ゲーム止まり。仄かに1222を期待したがそんな甘くはなく、600枚ちょっとを獲得して終了と相成った。

 (うーん…)

どうも初代の頃のイメージで過大な期待を抱いてしまうがこんなものなのか。初代ビンゴは恐すぎてほとんど打ってないし、そんなわけでふぅあふぅあなんて引けなかったものな。あの頃のホールはほとんどが真っ暗で、その中で妖しく赤いバックライトに照らされキチガイじみた音と共にゲーム数が上がっていく様は羨望の的であり、また神々しくさえもあった。ビンゴの「ふぅあふぅあ」にはえもいえぬ魔力があった。引いてないからこそ、という部分もあったにせよどうも神格化しすぎていたのかな。

獣王にサラ金、GODのような爆裂AT機。それからベルコやテクノコーシンみたいな怪しいメーカーの怪しい台全般に言える事だが、あの頃の台はとにかく恐さが先立っていた。当時僕はまだ高校生なのだからそう思うのも当然なんだろうけど、そんなわけで自分もスロ歴はそろそろ十数年となるのだが、実は語れるほど先代を打ち込んだ機種と言うのは多くない。実際サラリーマン金太郎だって天井以外で金太郎チャンスを引いた事はないのだ。全く語れない。サーフトリップとかそういう微妙な台ばっか好んで打っていたのが悪いのかもしれないな。

| | コメント (11)

2015年1月27日 (火)

1/27  リメンバービックカメラ

実家を出てからテレビの無い生活をかれこれ十年以上してきたのだが、それに不便を感じた事はほとんど無い。せいぜい流行のCMなどがわからない程度で、それ以外は全部ネットで事足りたし見たいと思うドラマもなかった。

 「はんざわなおき?よく聞くけど面白いの、あれ?」
 「まだディスクに残ってるから見てみれば?」
 「え?まだあるの?」

嫁とこんな会話をしたのが数ヶ月前だ。このとき驚かされたのだが、今の「録画」って物凄い発達しているのですね。デッキの内臓HDDにかなりの容量の番組を溜め込んでおけ、いつでもボタン一つで閲覧可能。加えて現在進行形でやってる番組を「録画しながら再生出来る」のはもはや驚愕の一言。少し時間をズラしながら見ればCMをスキップできるとか、こりゃ人類がどんどん堕落していくわけだよ。いつの間にこんな事になっていたのやら…

録画と言えば忘れられないエピソードが一つある。

昔、僕が中学生の時にエヴァの「ビデオ(死語w)」がレンタルされ始めたころ、なかなか最後の方の話が貸し出されない時期があった。レンタルビデオにはアニメ版26話が全14巻にまとめられたのだけど、そのうち後半6話ぐらい…?たしか、最後の三本が全く発売されなかったのだ(10巻が出てから11巻が出るまで実に1年2ヵ月かかった。で、12巻はそっからさらに五ヵ月後w)。当然レンタルにも回ってこない。

1eva_v192211838_

 ↑ (懐かしすぎて死にそうになるビデオ版のパッケージ。これだよ。最近のスタイリッシュな感じじゃなくて、この明朝体の羅列。俺の中でエヴァと言えばまずこのイメージしかない!!)

僕はエヴァは有名になってからTUTAYAの店頭に並んだ「ビデオ」を借りて見始めたので、なかなか貸し出しされない最終話にやきもきしながら、当時初めて存在を知った「フィルムブック」なるもので一足先に結末を知る事となる。これも、当時はチャリンコで市内ほとんどの本屋を探し回ってようやく見つけたレアな代物だった。

が、読んだ事のある方ならわかると思うがフィルムブックは文字通りアニメの画(フィルム)と、その時流れるセリフを文字にしてそのまま貼っただけの内容なので、臨場感もへったくれもない。

4509576743_2

例えば有名なカヲル君の首が飛ぶシーンなんかはひたすらエヴァとカヲル君が対峙してるシーンが続き、続き、続き、続き、ボトン…!である。正直わけがわからない。(記憶違いだったらスマンが)

そんなわけで皮肉にもうみ少年はこれを読むことによってより一層まだ見ぬアニメ版最終六話への渇望を強くしていくのだが、無情にも一向にレンタルが始まる気配がない。まだネット配信どころか某掲示板すら知らない頃だったのでガキんちょの僕には出来る事が何もなく、ただただやりたい放題毎週のように出されるエヴァの考察本を立ち読みしてはあーでもないこーでもないとカヲル君への想いを募らせていったのだった… 

そんな折、事件が起きる。

 (お、オールナイト…全話一挙放送やと!!??)

夏休みの事だ。なんとテレビ東京で「夏のアニメ祭り!三夜に渡ってエヴァンゲリオン全話一挙放送!」と銘打たれた『何か』の宣伝を目にした。どの媒体でこの情報を知ったのか、今となっては覚えていないがとにかくそういう事があると知ったのだ!!

 (この機を逃すわけにはいかんべぇ!)

しかしながらウチの地域には残念な事にテレビ東京の電波は届いていない。アニメ不毛の地しぞ~かとよく揶揄されるものだが、それは紛れもない真実である。

・・・がっ!!!!

なんと、山を越えて隣町まで行けばなぜかテレビ東京は映るのである!つまり、同じ静岡県でも正確には「うちの地元から」アニメ不毛の地という事になるわけだ。

なんでも峠が電波を遮っている形になってるそうだが、それはちょうど周波数が「50Hz」と「60Hz」で変わる境目のように… 実際この電波の届かない場所からもう少し東へ向かうと周波数の境目があるのだが、そういうわけでアニメ不毛の地はうちの地元が境目になっていて…

そして幸運な事に隣街には父の実家があるのだ!!!!

 (うおおおおお(゚∀゚)おおおおおお)

こうして僕の三泊四日エヴァンゲリオン合宿が始まった。放送は深夜なので昼に寝て夜に起きる、祖母の一人住む家へわざわざ引きこもりに来る孫。おばあちゃん的にはどうなのだろう・・・これ?

当時はそんな気も回らないのでやりたいようにやる。

 (この際だからCMを自力でカットし、完全版エヴァンゲリオンのビデオセットを作ろう!)

そうして僕と同じように最終話を渇望している友人達に「自慢する」のだ。僕はそう計画していた。CMカットと言ってもそんなたいそれた機能は当時のビデオデッキにはついていなかったので、手作業でやるわけだ。CMの始まりは遅れも許されるが、CM開けのアイキャッチは重要なのでミスは相当痛い。集中して録画と停止を繰り返す。

今となっては馬鹿みたいな事だし、それこそ今の子供からしたらこんな原始的な事をやっていたなんて信じられないだろうが、中学生当時の僕は本気でコレに向き合っていた。それぐらいエヴァのアニメに命を懸けていたし、他にやる事もなかったのだ。

 「・・・っと!!あぶねぇ・・・」

しかしいざ放送が始まると、予期せぬ事態が僕を襲う。深夜という時間帯も手伝い眠気が襲うのだ。何を当たり前と思うかもしれないが、まさか夢にまで見たエヴァがやっているのに眠くなるなどありはしないと思っていたのでこれは大誤算であった。

それから、敵は深夜という時間帯よりもむしろCMであるのも意外であった。

 『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』

 ('A`)zzz

これ、多分当時の静岡にビッグカメラが無かったと思うのでテレビ東京で初めて聞いたCMなのだが、このビッグカメラの破壊力がとにかく凄まじい。一夜で八話ぐらい放送するのだが、後半になって眠気のピークになる頃こいつが流れるとかなりの割合でうつらうつらと… 慌てて気付くといつもこのCMが流れていた記憶がある。

 『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』

十年経った今でも覚えているこのフレーズ。

 『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』

忘れもしない悪魔の旋律。


 (…いよいよだ!)

最終夜、それまで順調に録画を進めてきた僕が楽しみにしていた最終夜。この日のために僕はここへ来た。この日のために高いビデオを買い揃えて祖母に嫌そうな顔をされても耐えてきた。

この日のために全てはあった!

期待に胸が張り裂けんばかりで迎えた最終夜。まだフィルムブックでしか見た事のない映像がこの後ついに見れるのだ!あと数分後に目の前で見れるのだ!録画ボタンを押すタイミングを今か今かと待っている。



  『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』


 (・・・ん)


  『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』



 (・・・・・・・・・ん?)


時計を見る。その時流れていたのはビッグカメラのCMだっ

Img_0

気付いたら、朝だった。エヴァが綺麗に終わった瞬間目覚めたらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

・・・・・
・・



あの時の悔しさは未来永劫忘れない。忘れる事は出来ない。なぜあの場面で寝るのかな?なぜ見ていない部分だけ撮り忘れるのかな?祖母が睡眠薬でも盛ったんじゃないかと疑うくらい嘘みたいなタイミングで眠ってしまった。

 “リメンバー ビックカメラ”

あの日から僕の脳裏にはずっと『ビッ~ックビックビクビックカーメラ♪』の歌が流れ続けている・・・ 


で、なんだっけ。随分話が逸れたけど、妻が僕ににこにこしながらコレを見て!と先日あるドラマを薦められた。

 『残念な夫』

タイトルはともかく、妻役の倉科カナのメガネ姿が超絶かわいかった。リーガルハイも面白かったし、鉄腕ダッシュも毎週見逃せない。なんだかんだでテレビも見るものあるな。

| | コメント (11)

2015年1月24日 (土)

1/23  金太郎駆け抜ける!

何やら導入当初は罵詈雑言を浴びせられ散々だった金太郎だが、スレの流れを見ると良台っぽいな。リセットがおいしいという噂を聞いたので試しに触ってみる事にした。

 (何だかんだで俺ぁサミーの台ばっか打ってるな…)

最近は雑誌も買わずにネットで情報を仕入れるばかりなのでこの台の仕様がよくわからない。こんな適当でいいのだろうか。どこかに劣化鉄拳とか書かれていたけどそういうタイプなのかな?

…とか思いながらガックンした台を打っていたら、画面に突然ナビが出て反応できずに押し順を無視してしまった。

 (なんだ?通常時からナビが出るのかこれ???)

恐らく初めて打つ人は同じ事をしてしまうと思うので気をつけてね。普段なんのために出ているかわからないレバーオンで液晶に浮かび上がる謎の拳。そいつが突然ナビに変わるとは思いもよらなかった…つーか、ナビ出るのが遅ぇよサギー!!おまえらは機械割詐称が売りなんだからそういうところで勝負してんじゃねえ!!

ほどなく、よくわからんままキャバクラへ。確か高確ステージってどっかに書いてあったな。

 (!!!)

驚かされたのだが、この金太郎はなぜかフルCG。通常演出を見ているとまったく金太郎の絵柄に合っていないため違和感たっぷりなのだが、キャバクラへ来るとその評価が一変した。

Img00935

黒川社長の動きが実にいいのだ!

Img00947

Img00948

風俗嬢に説教するオヤジの如く、見ていて気持ちの良いぐらい身振り手振り語るウザイ親父を完全に再現している様は必見である!表情が抜群にいい。

Img00950

一通り語り満足したのか渾身のドヤ顔を決める社長。こんな活き活きした黒川さん見た事ない!

加えて、存外にキャバの嬢も素晴らしい。

Img00934

金太郎に付いているこの娘を見てるだけで飽きない。ナイスメガネ!さすがは世界のサミーさん。言われてみると通常時のOL達、それからキャバ嬢だけでなく金太郎の妻もそう。女性キャラに関して言えばものすごく丁寧な作りである。

 ↓例外の美々さん(なんだこの踊りはw)
Img00954

それだけに気になるのだが、

Img00941

なぜ竜太(金太郎の子供)はこんな気が狂ったような表情なんだろう?

今にもグワシッ!とか言いそうな…、AT中のBIG終了画面で家族が集合するのだが、こいつ一人だけこの世界の住人じゃないような造形で見ていて不安になってくる…

Img00943

 (おう!誰だ金太郎のリセットは甘いとか抜かした野郎は!!)

メガネのちゃんねーを視姦しながら気付けば600ゲーム手前まで連れて行かれてゲーム数当選。まあリセット時は50%で天井600Gが選択されるそうなので恩恵にあやかれたとも言えなくはないが… 確か初当たりも甘くなるって話だったんじゃないのかよ><

Img00959

天井での当たりは金チャン直撃も信頼と実績の駆け抜け…と思いきや、ボーナスを引けなかったものの10G乗ってる。鉄拳と違ってボーナスを引かなくても直乗せがあって、駆け抜けでもある程度枚数を貰えるのはありがたいね。

Img00928

 (!?????)

金チャン終了後、高確っぽい演出が頻発したため様子を見てるとレア役から僥倖の引き戻し!そしてすぐさま中段ベル(共通ベル?)を引き上乗せ+30G。鉄拳システムであれば恐ろしく大きい上乗せだが、この台は鉄拳を間延びさせたようなゲーム性なのでどうなんでしょう…

っと、そのまま偉そうな演出が続き虹エフェクトとともに偉そうなステージへ移行した。

 (確か天王山って一番偉いステージじゃ…)

金太郎スレを見ていると天王山も大した事ないようなのであまり期待しないで見ていたが、そこからあれよあれよと…

Img00929

 (おう!金太郎のリセットは良いじゃないか!!!)

これに味を占めた僕は以後リセット台を漁る事にしたのですが、これがどれだけの奇跡か気付くまでにそう時はかからず・・・ ほとんど駆け抜けるのね、この台^^;

  リセット7件 586(天井)・122・283・432・88・127・202 
    → 自力当選確率 6/1840 = 1/306.7
  天井狙い5件  532→891(天)・492→883(天)・648→893(天)・583→599・534→788
    → 自力当選確率 2/1265 = 1/632.5

まだサンプルが少ないので何とも言えませんが、他の方のデータも見る限り一応リセットの恩恵は初当たりにも作用してそうです。今のところリセットがかかってると体感高確移行率がまるで違う気がします。レア、即、キャバ!…みたいな。高確行っちゃえばあとはトドメを刺すだけなので、そこには設定差なさそうだし天井短縮以外にもリセットの恩恵はここなのでしょうか?

 (と言っても設定1の初当たり合算が1/341なんだよな…w)

僕の予想は尽く外れるのですが、今回はどうでしょう?

今のところかなり勝ってるので嫌いじゃないです^^AT中はそこそこ楽しいですし、通常時の拷問っぷりは考えてみると鉄拳の方が全然酷い。何よりこの台でもっとも評価したいのは初当たりのチャンスゾーンを設けなかったところ。おかげで連続演出がほとんどハイワロになってるのですが、無理ゲーを感じるその他のチャンスゾーンに比べればこちらの方がまだマシかなと、アイルービンゴを打ちながらそう思いました。

| | コメント (8)

2015年1月21日 (水)

1/21  洗練された理不尽

ここのところ調子が良すぎて気が緩んでいたのかもしれない。いや、知り合いの乙さんが番長で勝ちまくっているのを見て自分もやれると思ってしまったのかもしれないw

 (キターーーー(゚∀゚)------!!)

Img00908

起死回生のこいつも空振りで徒労感はますます深刻に…

旧イベント日のホールにて、朝一異様に違和感を覚えた台があってそれが番長だった。このホールは強いイベントでも全リセをしないので、必然リセット台が熱い。無論リセット=高設定ではないのだが、無い台に比べて格段に熱い訳で・・・ 特に打つ台もなかったのと、先に書いた理由から僕はちょっと打ってみるかと番長に座った。ほどなく訪れるリセット挙動。周りの台に一切リセットがかかってない事にプラスして、いきなり謎仁王門が来た事で早くも僕のテンションはMAX状態。そして最初の頂RUSHが2連続で引き戻しとあっちゃあ…こいつぁ久々に高設定が楽しめるかもしれない!

 (そう思ってた時期がありました…)

ボーナスが当たらん。ほとんど強小役でのまぐれ解除ばかりでマップ高確によるハズレ目からの当選が全くない… 加えて、仁王門にはよく行くのだがそちらの当選も全然駄目で・・・ 

真綿で締められるようにじわじわと負債が募る展開。。

Img00909

この画像は最後の方に撮った時のものだが、コレ以前に共通ベルを集計するために一度ダイトモを終了した時点でのデータは

総3933ゲーム (通常2757G)
・共通ベル 141回 (1/27.89)設定3以上4未満
・押忍ベルからの仁王門 4/7 (57%) 設定6以上
・AT引き戻し 2/8 (25%)設定4以上6未満
・謎仁王門 1回 

共通ベルが多少弱いものの、その他の数値が極めて良好である。実際僕は番長の高設定を打った事がないのでどのようなものかはわからないが、こういう時のために他人のブログがある!

 (検索検索…っと。ふむふむ)

元バリバリのプロである知り合いの乙さん曰く、番長の6を探すには共通ベルと天国移行率(というか、単発割合)、それから引き戻しや謎仁王門を見る事が重要らしい。

 (うーん・・・)

自分の台、共通ベルが微妙で天国移行率(100以内当選)はよろしくない。引き戻しが強くて謎仁王門が一度あるものの、試行が少ないからあまりアテにならないし…これは興津的に2とか4のヒキ強なのかもしれん。

もちろん6の可能性だって十分あるとは思うが(というか、現時点では6の可能性が一番高そうな気さえする)、何と言うか、打ってて苦痛が半端ない!!!

 (大都嫌い><)

僕は日頃サギーサギー言ってはいるが、一番嫌いなメーカーは大都技研である。毎度のシステムの無理ゲーっぷりもそうだし、演出の一つ一つがクドすぎて嫌になる。今回の番長なんか特に、花見や食堂に行った時点でそのまま捨てたくなるし、やけくそのように出まくる第一消灯もウザったい。女秘書の「行くぞぉぉぉぉ」を聞いていると胃がムカムカするほどだ。

待ち焦がれた青頂RUSHは2回も引けたのに二度とも駆け抜けだった。スラッシュも超番長もいまだに一度も引けていないし… なんつーか、駄目だこの台(゚∀゚)!出るイメージ湧かんぜよ。ゲーム数当選を無くしてマップ高確での自力解除にした点もよくない。なんか知らんが異様に引けんぞこれ!

 (これが6でも後悔はないぜ!)

マイナス32kでフィニッシュです。これを捨てるという事は、今後二度とこの台を高設定狙いする事はないでしょうね…

 (ヒャッハー(゚∀゚)!!)

Img00911

番長を捨てて貯玉無料の店で北斗を打つ。最初の店が駄目ならこちらへ来るつもりだったお店で、前日この北斗は23ちょっと回ったのだが、やはりというか今日はちょっと釘が閉まっていて・・・一応試し打ちをしたらすぐに潜伏を引いてしまった。

 (むう、千円19程度だがものすごいストレスだこれ)

消灯に怯えながら打つ。二度画面が割れたが二度とも小当たり。はやく大当たり引けや!!

思った以上に回りが落ちていることに胃がキリキリする。

キリキリ。キリキリ。

Img00912

ビキビキッ(+^ω^)

なんと潜伏で209ゲームハマってしまった。

そして出てくる拳王ボーナスと言う名の4通。

593a66f2ceb70a64de1c3eb1a0c1d4ed

10%→20%の夢のコラボに観客のボルテージはMAXだ

Images

MAXで初当たりを引いたのにも関わらず-2200玉ってなんや!?

普段打ってて電サポ中でも200ハマリとか滅多にないのに、ここで、このタイミングでなぜ5倍ハマリなぞするのだ???

今まで4通が当たったり、図柄が揃っても即落ちで600玉しか獲得できなくて最悪だぁ…とか思っていたけど、かわいいものですね。昨今のMAXで当たってマイナスとか許される事じゃないだろう!!

昔、ジュラシックパークやスパイダーマンの朝一潜伏台を拾ってマイナス2万とかやってぶちキレてた事があったんだけど、久々にその感覚を思い出した。

サギー!これだよサギー!このメーカーは頻繁にこういう絶望感を味わわせてくれるから良い。この絶望感があるからこそ勝ちが際立つのだ!理不尽な負けは依存症への良いエッセンスになるから僕はサギーが好きだ!大都のそれは単なる無理ゲー。ブチ切れそうなほど熱くなる理不尽と、ただただ冷めていく理不尽。この違いが素人にはわかるまい。

 (おう!)

Img00931

やらかしたと気付いたのは結構前だ。

蒼天の宵宵越し357ゲームが当日189ゲームで落ちていたので喜んで拾ったら…なぜか400ゲームを超え、そろそろ宵越し天井のゲーム数になってもアタッアタッ言わない。

 (おいおいおい、まさかのリセットなのぉ???)

基本相当深いハマリじゃないとリセットをかけないお店なのに、こんな120+57+180みたいな台を変更するなぞこれまでのパターンからすると考えられない。

 (おかしいなぁ・・・あああああ!??????)

ここで重大な事に気付いた。

 × 0-0 189ゲーム
 ○ 10-0  189ゲーム

なんと、大当たり回数を見間違えるという超凡ミス。10回当たりがあるんだけど、なぜか横の1が目に入っておらず0-0の189ゲームだと思っていた。

 (うわあ、ひっさびさにやらかした><)

そりゃ宵越し天井なんて発動しないわ。つーか、当日ハマリなら200か400台でゲーム数煽りが一度ぐらいあってもよさそうなのに…。ちなみにここまで中段チェリーを6発、天国移行を2回スルーしている('A`) 

そうして迎えた最大天井。後の展開は馬鹿でもわかるよな!?

 (おうっ!!)

Img00932

こういう都合の悪い事ばかりが『異常な程』重なるのがサミーの台だぜ、覚えておいてくんなっ!

 「あったらいいな」をカタチにする。

という小林製薬のCMがあるが、サミーのそれは

 「起きたらやだな><」がカタチになってしまう…

そのユーザーに一切媚びない姿勢は王者の貫禄と言っても過言ではないだろう。ここまで突き抜けると様式美のようなものさえ感じ…中毒にさえなるわけない。ぶち壊すぞこの野郎(´・ω・`)

| | コメント (12)

2015年1月19日 (月)

1/19  死は誰のもの?

 「三大しつびょうは恐いもんな!」
 「あんた…それ、三大『しっぺい』だから…」

結婚・保険…それから就職という単語に縁のない男と言われ続けてはや十数年。いよいよ私も保険メンに成り下がりました。宵越しの銭は持たないと豪語していたのに情けない限り。もちろん妻子持ちの心得として世間一般的にはどちらが正しいかなんていうまでもありませんが…

 「保険だけどさぁ、ウチで契約してるヤツでいい?なんか結婚したんなら入れなさいって五月蝿くてさ」
 「あー、なんもわからんから好きにしてよ」

この歳まで生きて初めての保険です。いや、まあ車とかそいうのは入ってたけど、生命保険?的なのは初めてなので右も左もわかりません。あれだけたくさんの保険のCMを見てきたはずなのにどこか他人事のように思ってたんでしょうね。魚君なんかは若い頃からずっと入ってるみたいだし、一体どこでこういうのを学ぶんだろう?会社なのか??

保険は妻の担当になってるおばあちゃんのところに決めた。よく保険は付き合いだ、なんて言うし実際昔、バイトしてた雀荘を辞めた先輩が保険の仕事を始めて周囲の人を勧誘しまくっているという話を聞いてうへぇとなったのだけど、やはりこれも他人事のように思っていたが、実際自分がそうなると「保険は付き合いだ」という言葉がよくわかる。

というか、皆保険に関して無関心でチンプンカンプンだからこうなるのだろう。ちゃんと自分で調べて保険を選べばいずれこのような「なあなあ文化」は廃れると思うのだが、悲しいかな僕もまたそれに貢献してしまっている。よくわからんから知り合いのでいいや、という気持ちが今は痛いほどわかる。

 (死亡したら3000万かぁ…)

僕の家は母方がガン、父方が糖尿病の系譜を辿るエリート家系なので入っておいて損はないと思うが、実際これは僕のためというより僕の周りの人のための保険なのだろう。妻は僕が死んでもお金なんかいらないからもっと安いのでいいよと言っているが、僕としてはせめてお金ぐらい残してやりたいと思うし、またそうじゃなきゃ保険なんて入らない。

 『保険は自分のためならず』

これは大きな発見だ。無頼を貫いていたら生涯気付けなかったかもしれない。

そうそう、話は少し変わるが似た様な事でこの間こんな会話があった。

先日、六歳未満の女子が脳死判定を受け両親が臓器提供を決断したというニュースがあったのだが、それを見て僕は両親の葛藤を想いつつもその尊い決断に一人頷いた。

僕は「臓器提供」についていつも免許証の裏などの意思表示カードの提供する側にチェックを入れている。基本、死んだらどうでもいいから好きにしてくれと思っている派である。

しかしこの件についての自らの見解を語ると、妻はちょっとヒステリックにもこう言うではないか。

 「やだよ!あんたが死んでも絶対に誰にも渡さないから」
 
 (・・・ッ!!)

僕はこの言葉にある種の愛を感じると共に、何か強烈な違和感を感じずにはいられなかった。妻の言い分はもちろんわかる。陳腐な表現だがやはりこれは愛から来る感情なのだろう。相変わらず女のこういう感情論が先立つヒステリックな部分は好きになれないが、この件に関しては責める気にはなれない。

しかし僕の気持ちはどうなんだろう。いや、僕の死後の自分の身体についての取り扱いじゃない、

 『僕の体はどうでもいいが、妻や娘が脳死判定されたとき、同じように臓器を提供できるか』

という問題だ。今まで考えた事はなかったが・・・どうなんだ?僕は何も博愛主義で自分の臓器を提供すると言ってるわけではなく、死んだ後のものはどうなっても構わないし必要としてる人がいるなら使ってもらえればよっぽど良いと単純にそう思っているから臓器提供欄にマルを付けているだけだ。となれば、それが妻や娘の臓器であれ同じ感情を持つのが正しいのだと思う。

ただ、それを想像するといい気はしない。両親や弟のものだって同じだ。だけど心のどこかでは提供すべきだと思っている。妻のような考えの持ち主からしたらこれは愛が無いという事になってしまうのだろうか?

愛する者を失った直後の人に理屈や正当性を訴えるのは酷ではあるが、臓器提供は速度がモノを言う。臓器提供に際し、脳死直後、遺族を振り切り即座に臓器切り離しをするという話を聞いた事がある。それはもう事務的なまでに…

中身が空っぽになった遺体を見て遺族は何を思うのだろう。

残された遺族の心の平穏のために助かる命を見捨てていいものか。

どちらの意見もわかるけれど、別の見方をすると事はもう少し単純になるかもしれない。

 『自分や自分の大切な人が臓器提供を待つ身になったとき、そういう遺族の悲しみをわかってなお臓器の提供を望むかどうか』

これはもう、考えるまでもない。

望む以上は、逆の立場になったときは提供すべきなのではないか?と僕は思うが、そう簡単に割り切れる事でもないから誰もが頭を抱えるのだろう。

今回、臓器を提供する事になった子は自らもまた臓器提供を待っていた身だそうだ。だからこそ、両親は痛いほど両者の気持ちがわかっていたからこそ臓器提供という決断が出来たのだと思う。その上で尚、自分の子の臓器はやれないと言っても仕方のないことだとは思うが、それだけに立派な決断だと思う。

先にも言ったが、愛する者の死にはどんな理屈も正当性も当てはめるべきではないという見方がある。僕自身、書いてて提供するべきだと思っているが、それでもまだ心に引っ掛かりはある。人々の心にある死という概念が変わらない限り今後もこういう議論、葛藤はずっと続いていくだろう。

もう少し時間が経てば、万能細胞などでこういう問題から開放される日も来るだろう。でもそれを待てない人もいる。

現在、僕の意思表示カードは提供する側にサインがされたままだ。いつそういう日が来るとも限らない以上、今後も妻とこういう話はしていきたい。その妻や娘のためにせめて何か残したくて保険に入るが、金は残して臓器は残さないという考え方はズレているのだろうか?

| | コメント (14)

2015年1月16日 (金)

1/16  名を捨てて実を取る

なにやら14日の深夜未明、サミーの会長宅で発砲事件があったそうな。ドンと言う音と三発の薬きょうを残して…

このニュースを見た瞬間、不謹慎ながらこう思ってしまった。

 (三連ドー(゚∀゚)ーン!!)

じゃなくて、

 「ついにサミーの詐欺っぷりに耐えられない人が出たか…」、と。

まあ実際はパチじゃなくカジノ絡みの方がありそうだけど、なんにせよ会長を襲ってもどうしようもないだろ。あまりの詐欺っぷりについカッとなってしまう気持ちはわからんでもないが…

Img00901

 (さて…どうしたものか^^;)

別に最近調子がいいだけでトータルでは至って普通の結果なんだけど、普通になった時点で散々サギーサギー言ってたのが恥ずかしくなってくる。

 『転生や蒼天みたいなおまけじゃなく、北斗ブランドの主幹だから詐欺らなかった』

もうこう思わないとやってられない。それぐらい北斗の拳6に関して言えば皮肉なまでに確率通りになってしまった。謝るよ。北斗6は多分無実だな。こう言った後にまた恐ろしくやられそうだが、現時点ではもはやこの機種に関しては恨みがましくデータを取り続ける必要性は感じられない結果になってる。あくまで現時点では!

とは言え相変わらずサミーに対する疑心は拭えない。それぐらい長き宿怨。慈母とか甘蒼天とか、それにスロの蒼天とか挙げればキリがない。つーかここまで疑いをもたれる方がおかしいんだよ^^;

ただ、とにかくこのMAX北斗はこういう結果になっている以上僕の非を認めよう。

嘘を吐く時は何割か真実を織り交ぜるのがポイントと昔誰かが言っていたけど、何となくそれを思いださずにはいられません。

Img00898
Img00902

 【CR北斗の拳6】 
 総回転数 16259  初当たり35 (1/464.5)    
              総当たり184 (平均5.25連)  
   16R-75 4R確-49 突確-25 4R通-35
(ヘソ 16R-5 4R-26 突確-4 4R通常-4)

 連荘履歴 2・2・2・2・5・3・4・17・3・3
              3・4・2・1・1・8・9・4・8・7
       2・12・4・4・5・2・3・7・2・3・1
       4・23・1・7・14

結局収支があがっている以上、勝負に負けて試合に勝った感じになるのかな…複雑な心境です。


 (マンモスうれぴーv)


ところでタイトルの「名を捨てて実を取る」という諺だけど、今の今まで「実を捨て華を取る」だと思っていた。よくある間違いには「花を捨てて実を取る」というのがあるそうだが、僕の間違いは一体どこから来たのだろう?

| | コメント (10)

2015年1月13日 (火)

1/13  プレゼント☆レボリューション

静岡の1.7kmとこの街の1.7kmは違うのかと思うほど、歩けど歩けど目的地へ辿りつかない。

Img00904

道中ではラーメンまつりをやってる隣で何かのデモ?シュプレヒコールが轟いていて、なんだか忙しい街だ。昔、この裏の新栄という飲み屋街のコリアンエステで酷い目に合って以来だけど、こんなに広い街だったんだなぁ…名古屋。

週末、フィリピンカンボジア旅行でお世話になったゆうたさんがいよいよ世界一周旅行へ出かけるとの報を受け名古屋まで見送りにいく事にした。なお、その際に餞別と言っちゃあなんだけどささやかながら感謝の印に何か贈りたい。それぐらい言葉では言い表せない程僕はこれまでのゆうたさんの行為と好意に感謝しているし、それに何だかんだで結婚祝いも貰っている。このタイミングで一つぐらいお返ししても重荷にはなるまい。

 「いいや、それはおまえのエゴだ!」
 「これから世界旅行って少しでも荷物軽くしたい状態で荷物増やそうとか無いわw」

 ((´;ω;`)))

で、毎度の如く何を贈ろうかなと某巨大掲示板のあるスレで相談を持ちかけてみるも上記のような正論を捲くし立てられ…

僕としては無論あまり荷物になるのも考え物だし何か小さくて実用的な物・・・と考えた結果、「サングラス」を贈ろうかなと当初考えていた。そしてそれをオシャレ番長である師匠に相談し、何点かに絞るところまでやってみたのだが、ふとゆうたさんが「カメラマン」であり、今回の世界一周もカメラの仕事も絡んでいると思いそちらの方で何か贈れないかな?と専門スレに書き込んだのだが…結果がこれだ。

確かに彼らの「おまえのエゴで物を増やされる者の気にもなれ」という意見は間違ってはいないと思う。しかし、何か釈然としない。そうして、じゃあ何ならエゴでは無いのだと問うと

 「そのサングラス買う分の金を包めばいいだろうが!予算20kの欲しくも無いサングラス贈られるよりよっぽどマシだ!!」
 「そうだね、2万と言っても色んな国を周るのであれば、千円札20枚とかさらに細かくして渡すと喜ばれるよ」

と来たもんだ。

 (金かぁ… )

結婚式の祝儀を除き、贈り物に直接金を包んだ経験はまだ無い。それに、僕が先輩とかならともかく、ゆうたさんの方が年上である。そんな人にお金を包むというのはいくらそれがこれ以上役に立つものは無い!というツールであれ、何か余りにも無粋というか、失礼なんじゃないかとさえ思えて抵抗がある。

そんな事をグダグダ言ってたら最終的にこういう結論になった。

 「面倒くせえ野郎だな!じゃあ本人に何がいいか直接聞けや!!」
 「金が抵抗あるなら本人に聞いて欲しいものあげた方がいいよ」

 (う~む・・・)

正直、贈るならサプライズ的に贈りたい。しかしサングラスを選んでいて思ったけれど、結局こういうの装飾品の類って本人がしてみないと似合うかどうかなんてわからない。少なくとも僕にはまだノールックで贈るには難易度が高すぎる品である事は間違いない。すると、適当な物が見付からない中アドバイスを無視して何か贈ろうという時点で彼らの言う「エゴ」、自身でハッキリとエゴだと思えてしまうわけで…

ちなみに本人に希望を聞いて物を贈るという経験は…妻にはあるけどそのほかの人にはまだ無い。さっき贈るならサプライズ的に贈りたいと言ったがこれは多分、驚き感謝される様を見て悦に入りたいのだろう。思い返してみても師匠へのプレゼントなんかが代表的だが、過去僕のプレゼントは何かと自己満足の部分が大きいと認めざるを得ない。

  (エゴ、、か)

ここ数年でプレゼント…贈り物に対する僕の認識は随分と変わった。そうして、その中に「贈り物は贈る人の気持ちが何より一番」という気持ちが強く、物云々よりも贈るために費やした時間、気持ちを尊ぶ面は確かに存在する。

 (一体誰のためのプレゼントなのやら…)

僕が妻に対しては何が欲しいか聞いてからプレゼントするようになったのは、妻が余りにも僕があげたものを気に入ってくれた試しがないからだ。驚かせ甲斐が無いというか、未だにどういうものが好みかよくわからない部分があって(爆笑)、ならば本人が欲しいものを聞けばいいやと思っているのだが、それでお互い良い気分になれるのならそれが一番だろうと今は思う。

考えてみれば、それを他の人に出来ない理由はどこにもない。僕もそろそろプレゼントに対する認識を改める時期にあるようだ。

 「えっ?本当ですか、それは嬉しいです!それじゃあ、やっぱせっかく頂けるなら使うものがいいと思うんで…買おうか悩んでいたコレをお願いします」

僕の懸念などまるで杞憂だったように、ゆうたさんに尋ねてみると色よい反応。悩んでいたのが馬鹿みたいだな。

とは言え、僕がこれまで思っていた「贈り物は物云々よりも贈るために費やした時間、気持ちが大事」という意見も決して捨てたものでは無いと思う。そりゃ何でもかんでも本人に聞いてりゃ楽だけど、さ… 

押し付けがましさとのバランスが大切なんだろうな。まだまだ難しいぜ、プレゼント道。

0854630001346_mars

ちなみにゆうたさんのリクエストはこの足場を選ばず固定できる三脚。なるほどなー、これは聞かないと絶対出てこないわ…。つーかあの専門板のやつら、罵倒するだけしといてこういうの出してくれないんだもんなぁ…('A`)

| | コメント (8)

2015年1月 9日 (金)

1/9  ただのニート♪

お正月に雀荘でかかっていた有線のある一曲が頭にこびりついて離れない。

 「押してもだーめ、引いてもだーめ」

と、

 「へんなの!へんなの合図」

というフレーズだけ覚えていたので検索してみると、南野陽子さんの『へんなの!!』という曲らしい。1990年にリリースされたそうだが…マジか??

恐らく「けいおん!」はここから来ているのだろうよ…というのが冗談とは思えないぐらい当時にしては斬新な曲だったのではないだろうか?それぐらい最近の曲だと思って聴いていたので驚いた。当時はどういう評価だったんだろう?

ちなみに「へんなの合図」じゃなくて「へんなのアイツ」だったらしい。

ついでについで、途中で歌詞に「ミュージシャンなんて 浮気ばかり 楽器を持たなけりゃ ただのひと」って部分があるんだけど、この最後の「ただのひと」って部分が「ただのニート」と聞こえ、ここも凄く印象に残っている。ニートという言葉がここ十年ぐらいで発生したはずなのでこれも最近の曲だと思った原因の一つだろう。

 (つーか楽器持っててもただの人だけんね…)

まあ聴いてみてよ。PV見ると昭和臭がすごいけど、曲はなんか一周して新しいから。普通にキャリーぱみゅぱみゅ辺りがちょっと歌詞を現代風にして歌ったら今でも売れそうな気はする。

・・・そうでもないか(笑)

なんかプッチモニとかもう少し遡るとリンドバーグとか、時折無性にアニメ声に惹かれるときがあるんだけどこれもその一種なのかしら。

にしても南野さんからしたらこれはきっと黒歴史もいいとこだろう。カラオケで流れる謎のPVとか、見ていてこっちが恥ずかしくなるような映像… でも当時はこれがナウかったはずなんだ。たった十年そこいらでここまで世の感性が変わるんだから、今格好いい、最新と言われているような振り付け、PVにしてももう十年後には見てられないようなものになってしまうのだろうか。

このブログの十年前ぐらいの記事を見ているとそう思わずにはいられないわけで…><

正月、実家に帰った際に引越しで置き去りにしてきた荷物を漁っていたら当時…このブログをまだHP上で手書きのテキストで書いてた時代のノートが出てきた。そこで、当時のHPの設定やパスワードなど色々書き込んであったんだけど、偶然にもHP上で使われていた個人掲示板のURLも出てきたではないか。(当時はHPに掲示板をつけるのがナウかった)

これは数年前に一度検索してみたが、名前だけではもう探すことは出来ず、半ば忘れかけていたのだけれど今回URLが書いてあったのでそっくり入力してみると…出てきた!

Photo_2

 (ぎゃああああああああああああ)

これは恥ずかしい。懐かしさも当然あるが、それより恥ずかしさが勝る。

この掲示板は多分覚えてくれてる方もいるんじゃないだろうか。未だに当時からコメントをくれている人とかもいるしな。ここに書き込んでくれてた方もいる。

最近まとめサイトで『個人HP全盛期の意味不明なルールwwww』というスレタイを見て、真っ先に(キリ番の足跡!)と思い浮かんだんだけど、そういう時代だったよなぁ。今は全然そういうの勘弁ってタイプなんだけど、当時は僕もこれが当然だと思ってやっていた。

当然が当然じゃなくなる時間…十年ってのはそれぐらい長い月日なんだよな。

| | コメント (9)

2015年1月 6日 (火)

1/6  長い付き合い

なんかうちの地域、先月辺りからすごい状況が良くて、単に年末年始の撒き餌かと思ってたらそうでもないらしい。なんでか知らんが年末年始も、そして正月明けも状況が良いままだ。

Img00882

 (おう!)

懲りずに北斗を打っているのは何も大きく開けが見られたからだけではない。なんと今日からアミバがバトルモードに参戦するらしい!こんなもん打っちまうに決まってるだろう><本当、卑怯だよサミーは。犯罪的だよ色んな意味で。

アミバを使うためには一日のうちに数分しかない「アミバ降臨タイム」中に大当たりを引かないといけないのだが、運良く連荘中に降臨タイムが重なり難なくアミバ使用権をゲゲゲット!

Img00891

それにしてもこいつは本当にいいキャラだな。エヴァのカヲル君と並んでパチンコで最も成り上がったキャラの一人じゃあるまいか?アミバを嫌いな人などおるまいて。

僕もご多分に漏れず好きだ。初代北斗の初当たりがアミバ発展からで、その頃は原作も読んでなかったからワケもわからず落ちていったきゃつの断末魔は今でも耳にこびりついている。あれはそうだな、期間工で働いてた時か。原作どころか台の仕様さえ知らずに打ったからチンプンカンプンだったな。

 (まさか未だに北斗を打ってるとは…)

Img00883

さて、アミバのバトルモードはひたすら奇跡の村のようですが・・・、それはともかくBGMが何かおかしい。

 「俺は天才だー。俺は天才だー!テ、テ、テ俺は天才だー」

 (!!?)

44aaec84

じゃなくて、なんだっけ?なんか山手線の車掌さんがDJやってるような音楽が一時期流行った様な憶えがあるんだけど、あんな感じ。で、で、で電車が参りますー。みたいなラップ。

終始あんな感じで、「俺は天才だー」のフレーズを繰り返しているギャグとも狂気ともつかないBGM。覇者のトキのバトルモードでラップが流れてたのも斬新だったが、これはさらに斜め上を行ってるな。よく考えるものだ。

今回アミバの敵として登場するキャラはトキ、ケンシロウ、レイの三人でレイが最弱らしい。

 (レイをどこまで落とせばすむのだ(´・ω・`))

次はバトルにレイを参戦させて欲しいですね。原作通りとは言え、さすがにパチではちょっと扱いが酷くて可哀想w

Img00885

アミバは攻撃されると毎回こんな顔をするので笑いを堪えるのに必死ですが、ケンシロウより強いので頑張って降臨させましょう。

826    4確×2 16R×3 突確×1 4通×1
20+25  4確×1  4通×1
20+445  4確×3 16R×8 4通×1
20+55   4確×2 突確×1  4通×1
20+199  4確×1 16R×1 突確×1 4通×1
20+586  ヤメ
 
 回転数 2236 初当たり 5(1/447.2)
           総当たり 29 (平均5.8連)

【CR北斗の拳6】 
 総回転数 11111  初当たり25 (1/444.44)
               総当たり112 (平均4.48連)  
 16R-39 4R確-37 4R突確-11 4R通-25
 (ヘソ 16R-2 4R-21 突確-1 4R通常-2)

*ここ最近引いたサミーの自称80%(厳密には80%以上も含む)の抽選結果。(転生のSP・蒼天の天授・北斗6)

 1・3・3・2・4・2・2・1・2・1
 3・1・2・2・2・2・5・1・3・4
 17・3・3・3・4・2・1・1・8・9
 4・8・7・2・12・4・4
 
  = 138÷37 =平均3.7連   
  185-138= 当たり 47個 の欠損

序盤が酷かったからこのまま足りずに推移していくだろうが、何だかんだで見れるぐらいにはなってきましたね。っていうか転生と蒼天がキチガイじみてるだけで(前半部分)、北斗6に関して言えば詐欺と呼ぶのは失礼な結果にさえなりつつある。

ともあれ、これは欠損というもののとても良いモデルケースになっていると思う。ご覧のように、ここ最近継続勝ちしているので連荘率はどんどん高くなっているのに、対してデータ上の当たり回数の欠損の数は初期からほとんど変わっていない。けど分母が変わっているのでトータルでは欠損率が下がっていく。欠損したままなのに欠損が減る!??試行が重なればどんどん数字は薄まって行くという、所謂これが収束の正体ってやつだね(キリッ 

いつも下にばかりブレるからか、これには「数の暴力」って表現がピッタリな気がしてならない。

 (上ブレしまくったらなんと表現するのだろう?)

アミバに初めて出会った頃から、その機会がなかなか来ない。

| | コメント (7)

2015年1月 4日 (日)

1/4  一年の計は元旦に

理解ある、理解のありすぎる嫁のおかげで今年もヤツらと麻雀三昧の年末年始。

 「ぶははははっwwww」

Img00873

合間のパチ初打ちで魚君がエヴァでSTスルーしブチ切れ、最高だ。

 (おおう!?)

Img00875

一方で僕の新年初当たりは金色初となる全回転リーチから、この展開はよろしいんじゃねえ?

Hasikamig_thumb

四ヶ月ぶりぐらいに打ったけど、麻雀ってとんでもないクソゲーだって事忘れてました(´;ω;`)にしても酷かった。天罰か!!

家族サービスを蔑ろにし、遊び呆けてクソ負けて… 恐ろしいぐらいの自己嫌悪から2015年スタート\(^o^)/ 

理解ある嫁にもさすがに言えないZE!カプセルホテルに泊まったら足をダニに喰われまくったZE!精算したZE!精算したZE!

俺は不幸を精算したんだZE!

| | コメント (7)

2015年1月 1日 (木)

1/1  流れるままに

明けましておめでとうございます。

今年も除夜の鐘を聞けずにダウンしてしまいました。やはり例年通り帰省してきた友人達との徹夜麻雀が響いているわけですが、例年と違うのは隣で妻が寝ているという事。

昨年、新年の挨拶の際は海外移住を考えていて、終わってみたらまさかの故郷で妻子持ちとか人生何があるかわかりませんね。文字通り僕にとっては激動の一年となったわけですが、今年は一体何が待っているのやら。

それにしてもいよいよ2015年… エヴァの舞台となった西暦にいよいよ立っちまいましたね。あの頃とても遠い未来に思えた「2015」という数字がこうして現実を迎え、感慨深いというかまるで現実感が無いというか…

…と、これは昨年年号を勘違いして書いた文章のコピペなのですが(昨年は2014年、と書いていた)、昨年はこのあとに「正直、この数字を見てると不安になります」と続きました。

しかし今は既に不安とかはなくて、なるようになるしかならないなという気持ちだけです。出来る妻の存在が大きいのでしょうか?激動といいつつも、僕自身が特に何か変わったわけでもないのはご愛嬌。

今まで変わらなきゃ変わらなきゃと漠然とした不安に追われていましたが、不思議なものでこうなると変わらなくてもいいんじゃないかとさえ思えてきます。昨年の目標は挑戦でしたが、今年はどうしようかな。

 『模索』

ある程度馬鹿も出来なくなってきている状況です。というより、やる事に責任が付き纏うようになったというのが正確でしょうか。これから僕のやる事は全て僕一人でやる事ではなくなってきます。そういう意味で、今後の進み方を手探りで見つけられるような…家族と一緒に見つけていけられたらと、そんな年になったらいいなと思っています♪

何か良い事言ってる風で、その実相変わらずの行き当たりバッタリ。

       ∩ ∩   
       (・ω・ | |  ズコー   
       |     |   
     ⊂⊂____ノ =§

それでは皆さん、今年もヨロシクお願いします('A`)

| | コメント (7)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »