« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

8/29  大海物語inカンボジア その6

・3日目 その2

ベンメリア遺跡から出るとちょうどお昼だったので、ソッケアおすすめのレストランで昼食を取る事に。

K184

今回ソッケアとは一日35ドルの契約で遺跡周りをしてもらってはいるが、こういう一日ガイドの場合は昼食代ぐらいは出してあげるのがマナーらしい。無論、チップとは別に。

K185

南国定番ココナッツジュース。驚くぐらい水…というかジュースが入ってる。隣にかの国の団体客がいたのだが、これまた驚くぐらいマナーが悪くてなんだか安心&ほっこり。やっぱ君らはそうでなきゃね。

K186

腹ごしらえをすますと、また長時間ドライブが始まります。郊外すぎて遺跡以外は何もないのだ。

K187

道中、集落の中にポツンと聳え立つやけに立派な建物があり、ソッケア曰く「これは学校なんだ。日本の人達が建ててくれたんだよ」との事。遺跡修復工事の話を聞いた時もそうだったけど、こういうのって何もしていないのに聞くだけで誇らしくなる。ニッポン、バンザイ。

K193_2

 「現地のJ・Cだぜ!イヤッホゥゥ!」
 「・・・」

K188

ベンメリアから一時間ほどドライブして到着した寺院。一応郊外遺跡ツアーとしてのルートもあるようで、今回ソッケアはそこを周ってくれているらしい。よくあんな標識も何も無い場所でスイスイ来れるものだ。この遺跡も名は知らないが、一応ソッケアが連れて来たって事は有名所なのかね。

K189

ここは今までの寺院と毛色が違い、印象としてはタイやインドを感じさせる作りになっている。仏教系寺院なのかな?

寺院内部は隙間無く壁画で埋め尽くされていて、中にはお釈迦様らしき人物が各地を彷徨い教えを説いていくストーリー上に…ってなんだか随分とっぽい寺院だなぁw

K190

K191

放浪の末、遂にはオーラを纏うまでに成長したお釈迦様(?)。傍らには何ヶ国語かに通訳された募金箱が置いてあったが、さすがに観光客を意識しすぎじゃないw?

K192

この後、郊外ルートに沿って僧の宿舎?修行場?総本山?みたいな寺院へ行ったり、

K194

いつもの石造りのヒンドゥー寺院を何個か周り(贅沢な話だが既に新鮮味が薄れてるw)、ぐるっと一周してシェリムアップに着くころには夕方になっていた。
 
 「最後に面白い所に連れてってやるよ」

ソッケアはホテルへ戻らずある場所へとトゥクトゥクを走らせる。

K195

街外れの市場はすごい賑わい…も、目的地はここでは無いらしい。

K197

だんだん建物が減ってきて辺鄙な住み難そうな土地へとやって来た。

 「恐らく湖に行くんじゃないですかね」
 「湖??」
 「ええ、たしか有名な観光スポットがあったような」

K196

ふむ。そういえばこの足場の形は水場によく見られるものだった気がするが…??

 「着いたぜ!」

K198

ご名答!この日の最終観光地は「トンレサップ湖」という東南アジアで一番大きな湖で、ここではとても珍しい光景が見られるのだそうで…

K199

お世辞にも綺麗とは言えない湖…?河に見えるが湖。

 「ヘイ!こっちだ」

K200

小さなボートに乗って湖を一周するのだそうだ。料金は一人20ドル。一時間半ほどのツアーらしいが、それにしてもこの国の物価を考えると相当高い。

 (あれ?他のお客さんは乗せないんだ?)

K202

夕刻で最終便だったこともあり、客は僕らだけの貸切状態。とういか、船がたくさんあるので相当混んでない限り一グループ単位で案内するのだろう。

というわけで船に乗ったら、あとはやりたい放題。案内人の裁量次第だと思う。

 「おい、こっち来てみろよ!」
 「いいの?」
 「いいさ」

K203

船頭と打ち解けると、さっそく舳先への移動が許された。

 「俺の名は『チャン・ヌー』。ヌーって呼んでくれよ」

物凄くラフでフレンドリーな船頭さんだ。運転手の人は英語が話せないらしく、ヌーの通訳付きで会話に加わる。二人とも僕らとそう歳が離れていないように見えるのもあって、すぐに仲良くなった。

K211_2

 「ところでおまえら中国人?」
 「いいや、日本人」
 「OK!」

こんな会話が初めにあったのはご愛嬌。

K204

河のように見えるけど湖です。左側が本土。右側は土が積もってできた中州らしい。

K205

そして、そこに住む人もいるのだそうだ。

K206

しかし、このトンレサップ湖の見所は中州の住人ではなく…

K207

なんと、水の上で生活する人々!!そしてその集落。日本人にとってはかなり馴染みの薄い水上生活を見学できるツアーなのである。

K210

ここで生活する人のほとんどはベトナムから移住してきたか又はその子孫。ベトナムはカンボジアの隣国ではあるが、どこの世界も隣国とはそう仲がよく無いのか()、差別や偏見が激しいらしく、結果この水上生活を余儀なくされているとか何とか…

 「ただし、観光客が落とすお金で相当裕福な人達もいるよ。一等地に店を構えてたりね」
 「一等地?」
 「ああ、こういう俺らの船の通るルート沿いに店があったりとか、この湖の中でも観光客相手に上手くやってる場所があるんだ」
 「ふーむ」

K209

差別されてここへ追いやられたのに、この中でもまた格差が生まれるんだなぁ…

K212

とか何とか言っていると、船は突然ある売店へと停泊する。ヌー達が何か買うのか、それとも売店の様子を見てこいという事かな?と思っていると…

 「これからこの水上生活で貧困にあえぐ子供達の学校を見学するので、彼らにおみやげを買っていこう!」

突然そんな事を言い出すヌー。とりあえず促されるままに店内に入ると、店主が恭しく手をコネながら、それでも神妙な面持ちで一言。

 「おみやげには、米が…喜ばれます」 

K213

ちなみに米は50ドルだw 高杉晋作。

 「I have no money><」

即座にカンボジアに来て何度使ったか覚えていない必殺単語を繰り出す。すると店主は

 「アナタ達次第ですので、好きにしてください」

などと一度は言うものの、

 「ではこちらのカップヌードルではどうか?」 (40ドル)

一向に引き下がろうとしない。どうしてこんな押し売りみたいな事をされなきゃイカんのだと思いつつも、ここは水上。逃げられない。あれだけ道中仲良くなったヌー達も、そそくさと船の方へ行ってここぞとばかりに知らん振りをしているし…

 (オラ、段々腹が立ってきたぞ)

と、ちょうどここで同じタイミングで日本人観光客と思われる一人のオッサンがこれまた連れられてきて、キョロキョロとどうしたものかと迷っていた。聞くと、やはり我々と同じように突然連れられてきて何かおみやげを買えと言われたそうな。

 「これ、店ぐるみの詐欺…というか、戦略なんでしょうね('A`)」
 「あいつらのいいようにされちゃあ不愉快ってもんですよ」
 「ここは日本人らしく遺憾の意を示しましょう」

と言うわけで、我々は策略にははまらんぞとばかりに強気の態度に出る事にした。

 「どうやら我々は力になれそうもありません。それでは」

すると店主は慌てて

 「ではこちらのお菓子の詰め合わせではどうか?」 (15ドル)
 「実はカップヌードルは小さいのもあるんだが」(20ドル)

よくもまあ「アナタ達次第だ、好きにしろ」などと言えたものである。結局、面倒くさくなってカップヌードルを買う事にするも、最後の抵抗でゆうたさんとの割り勘だ。おっちゃんは文句を言いながら米を買わされていた。かわいそうだけどおっちゃんに義理はないので勘弁してくれ。

 「ジャパン・シンガポール・インド・タイの人達は何だかんだで買ってってくれるけどさ、中国人はマジで絶対何も買わないし怒り出すからなー。あいつらマジで嫌い」

おみやげを買わされた僕らを船に乗せ、あっけらかんとヌーは言う。

 (なるほど、冒頭の「おまえ中国人か?」ってのはここに繋がるわけか…)

悔しいけど策略どおり怒り出せない日本人です、はい。

K214

てなわけで、強盗水上バスツアーのような様相を呈してはきたが、いよいよその総本山である学校へ。

K215

到着するなり先生へおみやげを献上イベントが発生。相手も貰い慣れているのか米が良かったのか、あまり感謝も見られないw

K216

 「なあ見ろよ!ここに米を貯蔵してるんだぜwwwwww」

教師の目を盗んでヌーが無邪気に僕らに舞台裏を見せてくれたが、そこにはどれだけ『援助』させたのか、物凄い量の米があって苦笑い。

 「これはあまり観光客には見せないほうがいいと思うよ^^;」
 「え?そう?」
 「(;^ω^)うん」

どうもヌーには罪悪感というかそういう意識が毛ほどもないように思える。船のツアーの一環にこの強盗学校見学が含まれてるだけで、悪意あっての事ではないんだと思わされる行動だ。というか、ヌーにそこらへん突っ込んで聞いてみると彼はかなり真面目にこの取り組みを支援しているらしい。

あくまで、彼は。

K217

 (この見送りの人数も、おみやげの質・量によってグレードが変わるのかな…)

K219

 「さあ、飲め。俺のおごりだ!」

学校から出ると、ヌーはまたも売店へ行きビールを大量に買い込んできた。僕らが最後の客で、もうおまえらならいいだろうって事で飲もうと言うのだ。運転手の兄ちゃんもグビグビ飲み始め、飲酒運転上等というかこのおおらかな感じが異国を匂わせ大変よろしい。

こっちのお酒は度数が高いものが多く、それをかなりのハイペースで飲み続けたのでかなり酔ってしまった…

K220

ツアーの最期は屋上デッキからの夕陽の鑑賞…なのだが、生憎の天気でこの日は拝めず。ちなみにこういう施設を持つ売店が所謂ここでの富裕層らしい。

K221

このあとさらに売店によってビールを買って飲んで飲んで飲んで… 運転手もへべれけなので船の進行がかなり緩やか。結局1時間半ぐらいのツアーの予定が、ソッケアの待つ船乗り場に着くころには二時間半も経っていた。

 「楽しかったぜ!これ、俺のFB(フェイスブック)のアドレスな。また来ることあったら連絡くれよ」

ヌー達とはすっかり打ち解け、連絡先の交換もして、ではいよいよお別れという段。

 「ゆうたさん、チップいくらにします?」
 「うーん、多いですけど一人10ドルぐらいずつあげます?ビールもかなり貰っちゃいましたし」
 「そうですね。」

てなわけで、相談の末10ドルずつチップを渡すことにしたのだが、

 「あいつにもあげてくれよ!」

ヌーは一人で20ドルを受け取り、さらに運転手の分まで請求してくる。

 (うーん。ビールの件もあるしなぁ)

すごい下種な勘ぐりだけど、今思うとこういう空気にするために必要以上に飲ませてたのかなとか思っちゃったり…^^;

結局、運転手にも10ドル渡し合計30ドル。さらに道中カツアゲにあってカップヌードル代を20ドル(割り勘で10ドルづつ)取られているし、ツアーの代金が20ドルのはずなのに終わってみたら約50ドルも失っているという恐ろしい観光になってしまいましたとさ。

 「あ?おまえらトゥクトゥクでしょ?俺も途中まで乗っけてってよ^^」

この後ヌーは僕らのトゥクトゥクに途中まで乗って交通費を浮かせたりと、逞しさを感じずにはいられません。天職なんだろうなぁ、きっと。

 「旦那方。夕食一緒にどうですか?」
 「??いいけど」

この後、なぜかソッケアが夕食に誘ってきて、連れて行かれた先はキャバクラ?だった。

K223

しかし日本のキャバクラと違いちゃんとした料理も出てきたのでどちらかというとスナックという方が正しいのかもしれない。

K222

ただ、ここは地元向けのスナックなのでホステス達はクメール語しか話せない。それでもどこで覚えたのか、「カンパーイ」だけは言えるので会話に困ったら「カンパーイ!」と… この日、何回「カンパーイ」が鳴り響いたかわからない。

ソッケアだけがひたすら楽しそうに飲んでいた。

ちなみにこの日は娘の誕生日だ。結婚が決まり家族になる大事な娘の誕生日に僕は一体何をしているのだろう。とりあえずカンパーイ!

 to be continued →

| | コメント (5)

2014年8月25日 (月)

8/25  急にLINEが来たので

ドラえもんの映画を見た帰り道、携帯を見ると珍しい人からLINEに連絡が入っていた。お相手は以前バイトしていた雀荘の店長様。結婚の報告以来久々の連絡となるが、普段からちょくちょく変な事で連絡が来ていたので今回もそんな用件かなとメッセージを読んでみると、ふむふむ。

2

 (・・・んん??)

iTunesってよくわからないけど、たしかIpodとかで音楽を買うのに必要なカード…電子マネーだっけ?どうして僕に頼むのだろうか。突然こんな事を言う人ではないのだが…

しかしこの人がアニヲタである事を知っていたためiTunesという単語が絡んでもそこまで不自然に思えない。前にアイドルマスターにハマってたとか何とか聞いた事があったような無かったような…そういう課金関係だろうか?

 (もしかしたら何かのアニメや声優イベントで都内ではiTunesuってのが品薄になっているのかな?)

傍にいた妻に「かれこれこんなLINEが来たよ。都会は恐いね、ははっ」と話してみると状況は一変、心底呆れた顔で

 「あんたそれ詐欺でしょ」
 「やっぱそうかな?」

いや、そういう可能性も半分ぐらい疑ってたけどね… 

なんか人選があまりにもハマりすぎていて、このLINEのっとり詐欺犯の方、口調が持ち主と非常に似ているのだ。そして僕が勝手に連想しただけだが、Webマネーを使いそうな雰囲気を持っていて… 正直お金の話を予めされたら騙されてたかもしれない。お金の話というのは、初めに「代金は○○(雀荘で働く共通の知人など)に渡しとくから」とかそういう単語ね。人間として信用している人だったので、恥ずかしながら正直危ないところでしたw

偶然にしては本当にハマリ役を乗っ取ったものだと拍手したいくらいである。

 「あ、もしもし○原さんですか?…もう聞いてます^^;?」

一応電話を掛けてみると、恐らく既に何件も連絡が来ていたのだろう、少し疲れた声で○原さんは電話を取った。うーん。噂には聞いていたがLINE乗っ取り詐欺を生で見れるとは、本人には気の毒としか言い様が無いが、貴重な体験が出来たぜ。

 (・・・さて)

あとはこの詐欺師をどうするかだが、以前この手口を紹介した記事を見た事があって、たしかこう書くと怒り出すとか何とか… 試してガッテン。

Screenshot_20140824215124

 (ほほう…)

噂どおり、例のキーワードを入れると詐欺師はそれ以降返信をせず…そして誰もいなくなった。

いなくなった後、どうしてもっと面白い事を言わなかったんだろうと、例えば狂ったようにタプ公タプ公言い続けたらどうなっただろうとか、そういう事が頭に浮かぶも全ては後の祭り。

ユーモアのセンスってのはこういう時に出るんだろうなぁ…

 (くそぅ…こんなときタプ公スタンプがあれば…><)

| | コメント (8)

2014年8月22日 (金)

8/22  ゴワリハニワリ

送られてきた封筒の中身。予感はあった。

 (やはり…)

P8150273

この胃の痛みは明らかに異常。

原因はモーレツ宇宙海賊のガチ抽選の辛辣なる結果か。はたまた新牙狼のクソハマリ&ST突入せずか、はたまたAKB2か…

思い当たる節が多すぎてわからないが、とにかく僕の胃に多大なる負担がかかっていたのは誰の目に見ても明らかで、今度おいしんぼでもそこらへんを取材に来るとか来ないとか…

 (このヒキの弱さは明らかに異常!)  

最近打った台って、モーレツ宇宙海賊の24.5/k回る台(3.8円)。それから新牙狼の23.7/k(3.8円)。んで、AKBの新しいやつ23/k(3.8円)。なんか新装だけすげー開ける店を見つけたのでそこだけ打とうか、と打ってたらこの三台+α(スロ)を終日粘っただけでほにゃらら万円消えた。LINEのタプ公スタンプが4000個ほど売れないと取り戻せない金額だ。

ちなみにLINEの自作スタンプは一個100円で、売れるとクリエイターと運営で取り分は半々だ。それを約4000個(´;ω;`)おかしいだろ…

モーレツは以前書いたようにガチ抽選という自力振り分けでアホみたいに負け、新牙狼は終日通して初当たり2回。どっちもST無し。AKBはこれまた1/2に負け続けやっとこさ入った右打ちも奮わず終日通して16Rが5回しか引けなかったりと散々… 

モーレツ以外は右打ちで増やせるレベルのお宝と言っていい台達なのに、これで勝てなきゃ何で勝てるっていうんでしょうね。これだけ安定して負けられる人が全国で何人いるんでしょうか。しぞ~かの50%って20%ぐらいなんちゃうん?などという疑心暗鬼が芽生え始めてきています。

 (こんなん、健康診断で異常無しと言われるわけがないよ><!)

胃をさすりながら健康診断結果報告書を読む。読む。読…   

 (…ん?)

Img00532

よく見たら胃じゃなくてコレステロール値の異常だった。いやいやいや。毎食コンビニ弁当。食後のアイスは欠かさず、カツ丼にコーラを合わせるような魚君でさえ健康診断で何も言われないのにどうして俺がこれに引っ掛かる!???

 (そういえば前に治験の検査のときもこの項目で落ちたっけな)

しかしながら、結婚してからというもの、嫁がバランスの良いこれまで一切採ってこなかった野菜たっぷりの食事を毎食作ってくれているというのにだ。一人暮らしの時と変わらぬ…いや、それより悪いかもしれないこのコレステロール量。これは一体どういう事か。

 「おかしいよな。酒もあまり飲まないってのに」
 「うん^^」
 「運動だって以前より増やしてるのに」
 「うん^^」
 「・・・」
 「・・・うん?^^」

ふと、カトちゃんの顔が脳裏に浮かんだが気のせいだろう。調べたら遺伝やストレスが原因という事もあるそうだ。どっちも思い当たる節がありすぎるし、AKB2はクソ台すぎる。

| | コメント (10)

2014年8月18日 (月)

8/18  出発タプ行!

大分時間が経ってしまったが、ようやくタプ公スタンプが完成した。

2

あ、ちなみに上の画像は英語版タイトル(英訳:ゆうたさん=カンボジア旅行記参照)で、日本語タイトルは「世界のタプ公」になると思います。深い意味はありません。

Photo_3

詳しくは前回前々回辺りの記事を読んで欲しいのだが、LINEの自作スタンプの存在を知ったのが四月半ば。実際にやってみようと道具を揃えて書き始めたのが六月終りだったので実に二ヶ月弱掛かった事になる。

そもそもこれまでペンタブで絵など描いた事が無かったため、操作方法やシステムの勉強からスタートしたから時間が掛かったのは仕方ないとして、若干小慣れてきてもスタンプ一つに費やす時間がどうしても一時間ちょっとかかってしまい、それを40個である!(正確には40+サムネ用とTab用にもう2つの合計42個)。

平均すると一つの絵に二時間以上かかっているので、それだけでもう80時間を越す作業となるのだ。さらにイラストは描くだけでなく考えなくてはならないので、そこも含めると100時間は越えていたと思う。

気軽にこれを人に頼もうと思っていた自分、無邪気な無知とはかくも恐ろしきものか。

今は審査に出していて、この審査に通れば晴れて全世界に向けて「タプ公」が販売されることになる。苦労はしたがコレは中々胸が躍るものだ。審査は早くて数週間、長いと数ヶ月かかる事もあるそうなのでまだ時間がかかると思うが、発売の際にはひっそり告知させて貰おうと思うので買えとは言わないが、ぜひ親族にプレゼントしてあげたらいいんじゃなかなと思います^^^^

ただ、描いてる最中はすげー!売れる!!と思っていたけど(親バカw)、実際に完成品をマジマジ眺めているとこれを人に薦めるのはちょっと勇気がいるなと思えてきた(;^ω^)

実際にアプリを使ってLINE上のトークルームに似た場所に表示させてみたが、

Img00526

 (うーん…)

どういう場面でこれを使うんだろうねw

頑張って作ったのでそりゃ売れたら嬉しいけど、本来の目的はタプ公を何らかの形で世に出したいという気持ちの方が強かったわけで… そりゃここからアニメ化、漫画化、キャラクターグッズ化、果ては静岡のゆるキャラまで狙っていますけど、正直このスタンプは素人のクオリティの域を出ないので、何らかのきっかけになってくれたら嬉しいな程度。

でもね、でもね、

01

最初に書いた絵がこれでさ、試しに親指をビシッとさせる定番のポーズを作ってみようと思ってたんです。しかしこれをリアルタプ公(三男)に見せたら「一族の恥さらしめ!」とまで言われたので、

2_2

じゃあ「へたうま」みたいに味のある絵になる事を期待してクレパス風に書いてみたりと、色々やったわけですよ。これも三男に「頼むから死んでくれ」と言われましたが(´;ω;`)

で、そこから頑張ってお絵描きソフトを変えて色んなサイトを渡り歩いてコツを学び、図書館でイラストの本を借りて、僕なりに到達した最終地点がここ。

09

この絵を褒めろとはいいませんが、多分、上の二つの絵を見た後だと何となく僕の気持ちがわかって頂けると思いますw 気持ちはあごなしゲンさんの初期から監獄学園に至るぐらい、恐ろしく絵が上達した平本アキラ先生。現時点で持てる画力の全ては出し切った!!悔いは無い!

…とは言え、あくまでそれは「僕」基準ですからね。全世界に向けた自己満足、果たしてどうなる事やら。

| | コメント (12)

2014年8月16日 (土)

8/16  大海物語 in沖縄2 with雨女

新婚旅行というわけではないけれど、家族で四泊五日の沖縄旅行に行ってきました。なんでわざわざこんな時期にと思いますが、嫁が予約してて強制連行されたのでそれは僕の与り知るところではありません。聞けば、数ヶ月前から予約していたそうで。なんでわざわざ…

 「初日はここ行ってここ泊まって…二日目からここへ移動。道中どこそこへ行き、何時くらいにあそこへ。夕方宿に行って余裕があったらビーチへ…翌日は…」
 「おいおい、修学旅行じゃねーんだからさ…」

嫁の旅行はどちらかと言えば計画する事を楽しむタイプで、行ってからそこで情報収集をしながら動き回る僕とは正反対。どこへ出かけるにも調べに調べてノートにびっしりまとめて行きます。だからこそ、取りこぼしは少ないし事前予約等も利用して宿も飛行機も安くできたりするメリットがあるのですが…

 「そこに台風が直撃するとはね」
 「(´;ω;`)」

出発は十日。ちょうど台風11号がノロノロと西日本を苛めてた頃、中部国際空港を15時に出発する便を予約していたため運航するかしないかがすごく微妙な位置にいました。午前の便は既に全滅。午後の便は要調査という発表からHPが全く更新されません。

 (駄目なら駄目で早く言ってくれよ('A`))

こうなると見切り発車をするしかありませんが、空港まで片道三時間。最悪空港で欠航の報を聞くことになるかもしれませんが、それよりもさらに酷いシナリオがあって…

 「宿も帰りの便も含めて、欠航だとキャンセル料だけで8万円(´;ω;`)何もしないではちまんえん…(´;ω;`)」
 「・・・」

今さら別の便に変えようとしても時期が時期ですし取れるわけもありません。天災というのはどうしようもありませんが、長い間楽しみにしていたようなのでとても気の毒です。嫁は道中ずっと胃が痛いと呻いていました…

行き当たりバッタリの僕ならありえない話ですけど、そんな事を少しでも言ったら最後、冷戦になるのでここは黙って天に全てを託しましょう…

001_2

 (ふぅ…)

結局、大幅な遅れがあったものの無事に飛行機は飛んでくれました。第二次夫婦大戦を止めてくれてありがとうスカイマーク。

さて久々の沖縄。7年ぶりか?昔、ウィークリーマンションを借りて一ヶ月ぐらい住んでたのもあって目新しさは感じないが、代わりに微妙な懐かしさみたいなものはある。第五の故郷ぐらい言っても過言では無いかもしれないね(キリッ

…とは言ったものの、当時は沖縄にいたと言ってもたまたま状況のいいホールがあって、そこを根城に毎日沖スロを打ち倒していただけなので、実のところそう多くの場所へは行っていない。観光らしい観光は首里城、それから波照間島と石垣島ぐらいだったかな。思い出と言えば「めんそ~れ」のドットと玉子ポークのおにぎりが大半を占める。

Img00441

 (これこれ!!)

さっそくコンビニへ行って購入。って当時はコンビニにこんなの売ってたっけかな??相変わらずの四角いおにぎり。相変わらずクソ不味いさんぴん茶と相まって懐かしい。

今回は初日は国際通り沿いのホテルへ泊まり、翌日から瀬底島という離島?のペンションを拠点にして動くそうな。

010_2

本島から瀬底島への大橋。山口に角島という離島?があって、昔知り合いの方に連れて行ってもらった事があるのだがそことすごい景色が被った。

007

橋の下のビーチの色もくりそつ。うーん、綺麗やね。

泊まり先はこの橋の下のビーチから徒歩二分の人気ペンション。夏中予約で埋まっているそうだが、予約魔の嫁にかかればそれぐらいお茶の子さいさい。二日目から四日目までここを拠点に動くそうだ。キャンセルにならなくてよかったね!

1407753088562

喜びのダイブ。

家族旅行を長々と書いてもしょうがないので以下一部をダイジェストで。…っつーか、子供連れだとどうしても行く場所が限られてね。。

003

そんな中、僕のわがままで何とか行けることになった今回一番楽しみだった鍾乳洞へ。何気に鍾乳洞好きなんですよ、わたし。

002

例によって中は入ってのお楽しみという事で!やっぱ鍾乳洞はいいな。次は高知の龍河洞に行って日本三大鍾乳洞は制覇しとかないとなー。

009

これはター滝という滝への入り口になる沢。アホっぽいネーミングに釣られてやってきたが、聞けば知る人ぞ知る観光スポットとか??

004

河というより、沢を上って目的地である「滝」まで進む。

昔、小学生の頃に「沢のぼり」というこれと全く同じ行事があって大変面白かったのを思い出した。恐ろしく滑るため怪我が絶えず今はやっていないそうだが、お約束とばかりに僕も怪我をしたのはご愛嬌。

005

三十分近く歩くと拓けた場所へ出る。思いの他よい場所だった。場所もそうだが、過程も面白いので機会があったら是非どうぞ。

006

河原には天然のホワイトボードのような描き消し自由な石があり、みんなそこで何かを書いて写真を撮るようだ。

011

一応船で離島へも。「水納島」(みんなしま)の水納ビーチ。

012

僕らは今回十日から十四日まで沖縄にいて、盆の影響はほとんど感じていなかったのだが、それでもここはそこそこ有名なビーチらしく中国の海水浴場を彷彿とさせるような賑わいを見せていた。

 「あんた、日焼けどめしときなよ。こないだカンボジア行って学んだでしょ?」
 「甘いな。カンボジアの太陽に比べればここのはまるで電球よ!本場で鍛えた俺の肌がこんな沖縄如きで

016

 「痛い痛い痛いよおおおおおおお…」
 「馬鹿すぎる…」

上半身は僕の目論見どおり何事もなかったのですが、今回は脚が酷い事になりました。そういやカンボジアにいる時もずっとジーパンだったっけな…。足は想定外や。3日経った今も痛くて脚が曲げられないぐらい中度の火傷を負いました。嫁が心底呆れていました。

013

ちゅらうみ水族館。特に感想はない。

首里城も娘に見せてあげようと思いクソ暑い中汗ダラダラで行ってきたが、子供はああいう所がつまんないんだって今さらながら知りました。そりゃ守礼門見てもつまんないのはわかるけどさぁ…

けど無理も無いか。自分だってこのぐらいの歳(小学校中学年)で神社仏閣を見て楽しかったと言われると自信が無い。

014

シーサの置物作っているほうが楽しいようですね。何も言わずとも口の中に「タプー」と書く辺り、洗脳って恐いなと少し恐怖を覚えたり覚えなかったり…

Img00477

最終日に少し時間が空いたので、当時通っていたホールへ行って記念打ち。二階フロアが丸々無くなり休憩スペースになっていたりと、少々の落ち込み具合は見えるものの今だ健在のその姿を見るとテンションが上がります。僕ぁね、鍾乳洞と同じくらい昔行った事のあるホールへ行くのが好きなんですよ。

トリクラの勢力が微妙に衰退し、MAHAROという台、それから本土ではほとんど見かけないワンバーという台が勢力を誇っていたのはさすが沖縄。相変わらずコーヒーレディは鈴をチリンチリンやっていたり、ドル箱を置くスペースが右側に作られていたりと満足行くローカル感を味わいながら店を後にしました。

 「アンタがせっかくだから打てっていうから打ったら二万負けたんだけど」
 「知らんがな(´・ω・`)」

帰りは土砂降り。

そういえば、今回の旅行中雨に降られなかった日が一日足りともありませんでした。昨今、ゲリラ豪雨というか予期せぬ大雨が日本中で増えていますが沖縄滞在中は毎日そんな感じで、ギラギラ太陽で海に入っていた次の瞬間、どんより雨雲が空を覆い、バケツをひっくり返したような豪雨が降り注ぎます。

毎日です。

聞いてみると、最近はずっとこんなんだそうで、僕がいた当時はそんな事は無かったように思えるんですが…やはりここ数年天気が今までと変わってきているように思えてなりません。

Img00480_2

帰りの便も土砂降り、それにプラスして雷がそこらかしこで響き渡り飛行機の心配をする羽目になり、最後まで雨に悩まされる旅行となりました。

なんでこんな時期に…と最後まで思いましたが、これってプー思想が抜けきってない証拠なんだよなぁ。

| | コメント (7)

2014年8月10日 (日)

8/10  人類総アスペ時代

見慣れぬ書籍が本棚に並んでいた。

基本、小説などの文庫本に関して僕は買うタイプで妻は借りてくるタイプなので本棚は僕の本がほとんどを占めているのだが、珍しく妻が買ってきたのだろうか?タイトルが少しばかり気になるが…

 (あいつも大変だなぁ)

「部下とうまく接するために」といった類のハウツー本だったので漠然とそんな事を思いつつ、次の瞬間にはもう関心は無くなっていた。

さて、そんな事を忘れていたある日、娘がその本を見つけて妻に聞いている場面に偶然出くわした。

 「お母、この本何??」

すると妻は大変含みを持たせた口調で、勘違いではなければこちらに視線を投げかけながら大きな声でこう言うではないか。

 「これはね、社会に馴染めない大人の人のための本だよ」

 (!!?)

何やら穏やかでない雰囲気。ここでタイトルを思い出した。

Img00412

 (え??)

思う間もなく、隣の部屋からわざとらしく内容を読み上げる声が聞こえてくるではないか。

 「場の空気が読めない。約束や時間が守れない。片付けができない。忘れ物やうっかりミスが多い。お酒やギャンブルにハマりやすい… これらの症状は、ADHDの疑いが…」

 (全部当てはまってるやないけ!!!!)

え…?つまりあの本は会社で扱い辛い人がいて買った本じゃなく、家に扱いづらい夫がいたからそのために買った本という事なのか???言われてみると確かにそういう人を「サポートするため」の本と書いてあるし…

 (え?俺ってADHDを疑われてるの???)

昔、雀荘ですごい変わった人がいてみんなが悲鳴をあげていた時に、その人をアスペルガーかADHDと決め付けてかかったことがあったが、まさか自分がそうされる日が来ようとは… 

 (本物はこんなもんじゃねーから!!)

言おうと思ったが、もしかしたら僕は周りから見たら「こんなもんじゃねー」のかもしれないとふとそんな思いが頭を過ぎった。自分の事はみんな棚に上げる。僕だって例外じゃないし、雀荘のあの人だってまさか自分がそんな風に言われていたなんて夢にも思っちゃいないだろうし。

 (それにしても、当てはまりすぎてて恐いなこの本…)

確かに僕は一般的に普通の人々と比べ幾分かは人生観がズレているというか、有り体に言えば「変わっている」とよく表現されるのだが、しかし…しかしだぞ?

 (少なくとも妻にはそう見えているのかな…)

いや、世間から見たら定職につかずにパチンコなんてしている時点で何らかの障害を疑われても仕方が無いのかもしれない。或いは妻の親・兄弟などが妻にそっと渡してくれたものだったりす

 「・・・あの、冗談だからね?あんたじゃないから^^;」

相当思いつめた顔をしていたのか、妻が慌てて訂正してきた。それがまた僕の勘繰りを加速させるのだが…

 「いいよ…ショックだが思い当たる節はありすぎる」
 「いやいや、本当にこれ近所の人のだから」
 「・・・・」

なんでそんなものが家にあるのだと思ったが、真実はさておき妻は否定してくれたものの… 

 (う~ん)

・うっかりミスが多い
・忘れ物、なくし物が多い
・やりっぱなしが多い
・捨てられない
・片付けられない
・人の話を最後まで聞かない
・お金の管理ができない
・約束の時間や日時が守れない
・朝、起きられない
・何をやっても中途半端
・後先を考えないで行動する
・気分がコロコロ変わる
・暴力的になる
・すぎにキレる
・やるべきことを先延ばしにする
・家事がうまくこなせない
・わけもなく落ち込む
・貧乏ゆすりがひどい
・空気が読めない
・人とよくトラブルになる
・アルコール、薬、買い物、セックスに溺れる
・地図が読めず、方向音痴
・過食や拒食
・ハマりやすい

その後本を読み進めて行くと、「ADHDかもしれないちょっと困った人」という項目にかかれたこれらの条件。

 (…これ、当てはまらない人間の方が少ねーだろ('A`))

なんだか適当な単語を言って客に勝手に連想させるインチキ占いみたいだな、この分野。

すっと気持ちが楽になり、何事も無かったかのよう翌日の牙狼の新装に向けて寝ることにした。

| | コメント (16)

2014年8月 6日 (水)

8/6  フィフティーリフジン

パチンコは勝ってるときより負けてる時の方が面白い。

いや、正確には熱くなれる…か。ともかく熱くなれれば楽しいので最初の言葉はあながち間違ってはいない。そんなわけで妻との冷戦も3日目に入ったある日、僕はまたノコノコとホールへと足を向ける。というか、前回日記の翌日だ。

 (ゆるさんぞクソゲーめ)

ぶっちゃけ、前回の内容で57本も負けた事が許しがたくて仕方が無かった。確かに僕は自他共に認める世界的ヒキ弱ではあるし、昨今の台はこれまでに拍車を掛けたような事故待ちゲーなので悪い方に偏ればああいう展開もあるだろう。

しかしだ、僕は既に家庭人となり現役を引退した身である。

そういう不幸は現役のヒキ弱共にくれてやればいいではないか。どうして久しぶりにちょっとストレス発散しに行った男がああいうむごたらしい仕打ちを受けねばならないのか。どう考えたって久々に打ったら十万買っちゃった(きゃぴっ☆ よーし、パパ家族に内緒でヘソクリ作っちゃうぞ!!と、スロットル熱を再燃させる場面ではないか??

 (ド外道イカサマ遊戯が!!ただじゃおかんど)

昨日は十万勝ってもおかしくなかったので、マイナス57本とあわせて今日は16万勝たないと警察を呼ぶ覚悟で店へと向かう。ただ、昨日の今日でやはりスロットルは無理ゲーだなと悟っていた面もあるし、何より静岡に高設定など無いとは百も承知のため…

 (うむ)

「モーレツ宇宙海賊」という台へ携帯を投げる。釘はすごく開いている。前日帰りがけに試し打ったらめっちゃ回ったので、今日はこいつ目当てでやってきたのだ。

 (ミドルだし、そう酷い事にはならないだろう)

打ってみると最初の千円で36回!!??

って、よく見たらここイチパチ… なんて事はなく、まあただの上ムラだろうが多分23~25くらいは行くだろう。経験上20を下回る台でここまでの上ムラはない。腰を据えて打ち出していく。

さてこの台、ネットで見ていて少し気になっていたので打ってみたかった台である。原作は知らないけどなかなか面白そうな絵面だし、何よりも台のシステムが気になる。

 『ガチタイム』

そう銘打たれたラウンド決定方式は、台中央部にある「役物」による文字通りの「ガチ抽選」。この台、当たる度にラウンド抽選を目の前でアナログで行うのだ。

642fc872

ご覧のような円を四等分した形の四つ穴式クルーン役物が中央に聳え立ち、ここに玉を放り込んで抽選が始まる。玉の動きは完全ランダム!クルーンなので傾斜やクセなどが関係してくるかもと心配する方もいるかもしれないが、大当たりの振り分け先が毎回違うのでその心配は無用だ!

Pbl1406131203004n3

こんな具合に、液晶と役物が連動して当たり穴は毎回抽選で別になる。

・・・で、ここから先は大きく省くが、このガチタイムは大体上記画像のようなBIG二つ、REG二つのパターンが多い。BIGは16Rで、REGが8R。初当たり時だとREGは4Rなので、とにかく16Rのヒキが大きく勝負を分ける。

この日の僕のガチ抽選結果は…  なんと、この1/2の抽選を14回受けて、1回しかいい方を引けませんでした!!!

⊂(#・∀・)  パチンコの50%ってのは70%ぐらいで引かないと  
 /   ノ∪    どうにもならねえんだよぉぉぉぉお !!!!  
 し―--J |l| |
    )  1/2  (_  ビターン!!
     ⌒)   (⌒
       ⌒Y⌒

ラウンド振り分けだけで純粋に7250発=約三万円弱も損をしている計算じゃないですか!!そんで最後にST4連スルーとかして勝てるわけねーだろボケ!カス!つーか前日のバジリスク2も絆も勝負所の50%以上のループに全部負けて単発だし、蒼天レインボー単も言い出したらキリが無い。とにかく振り分けに負けすぎ!

そりゃ48本も負けるわボケェ!!!!

しかし、捨てる神あれば…という言葉もある。フラフラになりながら最後に見つけたハマリ台にて…

Img00395



 (!!!????)


1377ゲーム目の出来事(ちょっと複雑な心境)。

初代からかれこれ10年打ってますけど何と初GODだったりします。毎回そろそろ引いてもいいだろうと思いながら天井狙いをしてたんですけど、ついに来た。ここで来ましたか!感動。感謝。感激。

それでは、勝利の雄たけびをあげさせて頂きます!

 「わおーん」

Img00401

 (あ・・)

よく考えるとこの日の総投資は既に68本。つーかさ、なんで910から打って1377でフリーズしたのに投資が20本なの??千円辺り23.4ゲームとかおかしいだろ???こういう地味なヒキ弱マジでやめろよ。GOD引いてマイナスとか死にたくなるだろ…

Img00399

 (・・・)

妻は相変わらず機嫌が悪い。あっちもこっちも冷戦。一度だって振り向いちゃくれない…

Img00396

 (!!!)

Img00397

しかし亭主の意地で何とかマイナスは免れたようだ。

 (…アンタも苦労してんだろうな)

余談だが、最近娘に寝る前に星座の由来を読み聞かせてやっているのだが、道中「大神ゼウス」やら「冥界の王ハデス」やらがやたら出てくるので少し楽しい。ただ、ギリシャ神話の中ではハデス(ハーデスではない)はゼウスには頭が上がらないので、せっかくペルセフォネ(ペルセポネではない)を攫ってきても、ゼウスに返せと言われれば渋々返してしまったりとスロを打ってると多少違和感を感じます。とりあえず同格キャラとしてみるには無理があるなw

Img00404

 (おっと!)

なんて事を言ってたら、道中紫7を引いたりループで一発追加したりで満足行く結果に!GODシリーズで獲得枚数1000枚を超えたのは二度目であり、最高獲得枚数です^^

ちなみにGOD揃いからの裏ストックループ率は50%だそうなので、最後に50%に一矢報いたわけですな。これで2日間で50%の抽選は2/17か… 初代牙狼でも初っ端11連続魔界スルーとかで泣かされたけど、本当に昔から死ぬほど1/2に弱いなぁ。

結局GODではプラスだったけど、全体収支で見たら散々たる結果。

 (なんだかなぁ…)

パチンコが負けてるときほど面白いってのはありゃ嘘だな。ただ、熱くなるってのは本当。

冷やしてくれる妻がいるんだから僕はしあわせものです。

| | コメント (13)

2014年8月 3日 (日)

8/3  天誅

釣った魚に餌をあげない事で有名なアチキですが、先日師匠と某有名麻雀プロがわざわざお祝いに静岡までやってきてくれて、その流れで御殿場アウトレットにいく事になった際に思いなおして妻へとプレゼントを買う事にした。

それというのも、ちょうど師匠が父へブランド物の財布を買うとの事で、GUCCIかBOTTEGAで迷っていたのだが…

 「う~ん。物としてはボッテガの方がいいんだけどなぁ…」
 「え?じゃあ迷う必要ないじゃないですか。値段同じぐらいだし」
 「いやぁ、違うんだようみをよ。勿論使い勝手のいい方をあげたいという気持ちはあるんだが、今回はむしろ周りにこそ「その価値」がわかって欲しいんだよ。父がそこで、『実は息子がプレゼントしてくれたんだ』って鼻高々に言える様な」
 「ほほう」

なるほど、正しく『ブランド』の策略にハマっている気もしなくはないが、いや、最大限利用しているとも言えるか。とにかく、BOTTEGAというブランドも有名らしいがさすがにGUCCIには及ばず(現に僕もよう知らん)、ましてや相手は師匠の父とその仲間たち…すなわち初老の方々である。

 『ベタだけどこれ以上ないぐらいの明確さが求められる』

今回の師匠のコンセプト的にGUCCIに軍配が上がるのは自然の成り行きだったと言えよう。相変わらずのプレゼント大臣っぷりである。まだまだ学ぶことは多い。

さて、そのやり取りを勉強させてもらった直後だけに僕にはある一つの考えが浮かんでいた。

 「じゃあ僕は逆に、妻には「知る人ぞ知るブランド」のものをプレゼントしたいです」
 「その心は?」
 「妻は性格的にぜっっっったいにブランドを調べます。その時に、「あらまあ!」となるような…」
 「なるほど、学んだね」
 「ええ、おかげさまで」

と言うわけで、師匠のチョイスで「それらしい」ブランドの服を買って帰路へと着いた。ちょうど冷戦中だったので仲直りの意味合いもあったのだけど、とにかくまあ長年付き合ってはいるものの、妻へはプレゼントというものをあまりしたことが無いのでどんな反応が返ってくるか楽しみだった。

 (わたしって、いい旦那ね^^)

その夜、自画自賛をしつつもそれを出さぬよう嫌味のないようさわやかに渡した結果…

 「ふーん…珍しい事するねぇ(´ω`)」
 「・・・」
 「・・・」

この一言で終わり。

もしかしたら照れ隠しかと勘ぐってみるも、袖を通さず二日程放置されてたのでその線は薄い。

いい加減腹が立った僕がパチンコへ行った事も許されよう。


 ~ここから本番~

まずは蒼天2のハマリ台をたくさん。見聞きした感じ、それから実際打った感想として相当辛い台のようですが…

2_2

さすがにレインボーは偉いでしょう!!  


 →2連(初回は継続確定なので実質単発)('A`)

 (あーあ、…多分これやっちまったな)

・・・っと思いきや!!!

Tenra

この後も何台かはまり台が拾えて、何回か活目の時という特化ゾーンを引いてたら遂に一番偉いのを引き当てたらしい。何でもこの「双龍天羅」という特化ゾーン、中チェ確率が1/5になり、規定の7Gの間に中チェを引くたびに勝率6割のバトルに突入+ゲーム数再セット。つまりパチンコの大当たり1/5、ST7ゲームという事か。

 (相当凄い事が起きそうや…)

ネットで見ると3ケタは最低ラインで、500乗せやら800乗せやらなんや景気のいい事がそこらかしこに書いてあって、無理ゲー感漂う蒼天2の割を喰ってる相当偉い役なのは間違いない!

 (いくぞぉぉぉぉおおおお!!!ここで、出せな…)

 →4ループの+20ゲーム!(おそらく日本最弱記録)

 (・・・ぎゃぁぁアああああああ!!!!!!!)

これは絶対にやっちまったろ('A`)

悪い日というか、僕は全般悪いのですがこの日は特に酷かったです。この後意気消沈しながら歩いていると、転生のノーボーナス710というのがあったので即座に確保。わくわくしながらコインを入れるとそこにはなんと「1210あべし」の文字。僕が今まで拾った中では最高ハマリです。

で、お約束の如く1480辺りまでノー天破で連れて行かれ、納得の単発でマイナス。

 (全然オッケー!)

実は、これを消化している最中に隣の1015あべしが空き台になり、単発で終わったスピーディさも手伝いこれを確保。勿論最初に打ってた台の当たりが伸びてくれた方が嬉しいのですが、隣でこんなのが落ちてると気が気じゃないので理想を言えばこいつを消化でき、尚且つこっちが先ほどの分を補い伸びてくれれ・・・

 →1450 単発。

 (・・・ファックッ!!!最悪のパターンじゃねえか!!1!)

しかし案ずるなかれ。まだ勝負は終わっていないとばかりに肩を落とす僕の目にはノーボーナス780で捨てられたバジリスク2が!!前日のヤメゲーム数はわからないものの、まあ打っていいラインでしょう。

 (……)

巻物を11連続開眼スルーして辿りついたド天井。結局前日はほぼ即ヤメだったらしく、1269ゲームまで引っ張られました。なんでここまで21kも投資してるんでしょうね。とは言え一応無事に天井到達。高継続率のARTにストック2つが確定で、さらに準備中に一発上乗せ確定してのストック3つでスタートです。

 (最低でも1000枚!頼む!)

 →四連480枚('A`)(実質単発)

このあと絆の5スルーを拾い、バジリスクチャンスを三発当てた末にようやくATに入るのですが投資が28本まで膨らんでいるクソみたいな展開。ハメた甲斐あって朧画面スタート(高継続率示唆)だったものの、お約束の単発。

仕事人の700ハマりを拾って、ボーナスからARTに入り最初の特化ゾーンでなんか偉そうな主水のフリーズから偉そうなボーナスを引いて、勝舞玉という名の「乱舞」玉が18個溜まったのですが、18連敗してさようならノシ

 (´;ω;`)しどいっ…

結構いい台打てたと思ったのですが気付いたら57本やられてました(´;ω;`)人が違えば万枚ぐらい出てもおかしくないぐらいのジャンプ台は用意して貰えたはずなんですけどね…

 (一体俺が何をしたって言うんだ…ボケカスアンポンタン!!!)

こんなに負けるならGUCCIのバッグでも買ってやりゃ良かったとか色々思いましたけど、よく考えたら妻がもう少し色よいリアクションを返してくれてればこんな事にはならなかったと思いなおした。

次に妻へプレゼントを買うのは何年後になるのだろう。

| | コメント (9)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »