« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

4/29  キラキラ対応力

恐ろしい事が起きた。

こういう時代に生きてる以上、いつかこういう事は起こるだろうなとは考えた事があるけれど… しかしいざそれに遭遇した際、自分の無力さを噛み締めること以外はまるで出来ないのだなと思い知らされた。一体何が正解だったのか…

事の始まりはこれ。

2unnamed

スマホを新しくしてみた。以前のはLTE通信?に対応してないし端末の性能も恐ろしく低いものだったそうで、ネットのあまりの遅さにイライラしていたのでいよいよ本腰入れてスマホを使ってみようと変えてみたのだ。いや、本当は将棋アプリをやっててタッチパネルのあまりの反応の悪さに何度も思った場所と違う所に駒を置いてしまい、いい加減キレて新しいのを買うことにしただけだ。

G2とかいうなんか新しめの機種だそうだが、恐ろしくネットが早くなって驚いている。タッチパネルも良好。これでもう王手放置もなくなるだろう。端末一つでこれじゃあ、上を見たらキリがないな…

余談だが使い方は所謂「携帯二台持ち」という方針に変わりは無く、今回ついでにガラケーも一緒に機種変更してしまった。五年使ったN706先生も、最近バッテリーが半日持たなかったりしたしな。

Unnamed

しかしこのガラケー、会社は同じNECで折りたたみなのだが、この中央側面部にある「オープンボタン」(正式名称不明)が今回変えた新機種にはついていない。あのボタン一つでパカっと開ける事が出来ないのがここまで不便とは知らなんだ。

個人的に改悪以外の何物でもないと思うのだが、どうして失くしてしまったんだろう?

 (ん?)

さて、話は戻るがスマホを新しくしたためLINEを再度登録し直す必要があるらしい。実際機種変更前に設定しておけばその手間を省く事も可能だったらしいのだが、知らなかったため再度新規登録みたいな感じで友達登録がやりなおされたのだと思う。

 『なんだうみ。ようやくスマホ買ったのか?』

さっそく懐かしい友達からメッセージが届いた。なぜ前回ではなく今回のタイミングで?と思ったが、前回は偽名で登録していて今回は本名で登録したのでその差が出たのかな?よくわからんが、とにかく久々の会話。やんややんやとやり取りは続き…

 『そういえばこないだ子供が生まれたんだよ』
 『おお!そいつはめでたい。おめでとう』
 『ほら、写真』

そうして、画像が貼り付けられ… そこには赤ちゃんとしか形容できない写真が一枚。

 (ううむ)

しかしなんだな…。生まれたての赤ん坊ってのは本当に男か女か見分けがつかない。だけど気の利いたコメントでもしてやればやっぱりむこうも嬉しいだろうし、ここはビシっと性別にちなんだコメントを返してやりたいところ。

…でもやっぱり男か女かわからない。1/2に賭けるべきだろうか?それとも…

 (確かこういう時は「美人さんだね」と言っておけば間違いないと聞いた事がある)

その心は女ならOK。男でも女と見違えるぐらいかわいいという言い訳が立つとか立たないとか… 僕は秒単位の反応が求められるLINEにおいて瞬時にその言葉を導き出した自分を誇りに思った()

…のだが、自分はそのまま使うを良しとしない男の中の漢(をとこ)でもあるため、多少のアレンジを加える。

 『凛々しいね!いい男になるぜ』
 『女の子なんだけど…』

Img_5

なんで俺は男か女かわからないから無難な言葉を選んだのに、「いい男になる」なんて付け加えちまったんだろうな… 相変わらず1/2が弱すぎて嫌になる><

とりあえず手早くフォローしなきゃ。

 『かわいいじゃなくて美人になりそうだね。つーか嫁さんにそっくりだな!』
 『俺に似てるってみんな言うけど…』

Img_5_2

危なげなく会話は弾む。

 『あ、名前は!?』

そしていよいよやってくる審判の時。勘の良い方なら僕が先ほどの会話如きで「恐ろしい事が起きた」なんて言う訳無いとわかるでしょうし、では…?と、ある程度予想はついていると思いますが、そうです。そうなんです。

 『名前は○○』
 『○○…、なんて読むの』
 『○○』

 (!?????)

これまで淀みない会話を繰り返していたのだが、この時はすぐに返信する事が出来なかった…

 (ついに来てしまったか…DQNネー・・・いや、キラキラネーム!!)

無論名前はここでは書きませんが、初見ではまず読めないだろうって漢字を当て字にしている所謂「読めない系キラキラネーム」。それは例えるなら「聖闘」を「セイント」と読むような感じで、言われると・・・あー、って。まあキラキラネームは全般そうなんだが。

ただ、読み方はともかく響き自体はよくある名前なのが救い…でしょうか?今ネットで検索したら結構メジャーなキラキラネームとして紹介されてるし…。それに、一概にそうとは言えないけどこういう名前って悩みに悩んでこうなった場合も多そうだしな。愛情を込めすぎて溢れ出た結果となれば微笑ましくもある。

 (しかし、それはそれとしてこまったぞう)

こんなときLINEの既読機能が本当に疎ましい。なんて返せばいいのだろう。先程の会話を見て判るとおり、ワイは世辞が下手というかサービストークが出来ないというか、すればするだけ墓穴を掘るようなタイプ。

なので正直ありのままに言った方が傷は少ないと思うのだが…これまでの経験として、ありのままに感想を述べてもいい結果になるとは思えん。

 (うーん。うーん。時間が経てば経つほど不利に…考えすぎか?うーん。しかし。うーん。えい、もうこれでいいや!)

 『また凝った名前付けたなぁ^^先生泣かせなw』

結局こんな無難?な感じで返信し、その後二言三言やりとりをしてこの日は終わったのだけど、なんで変な世事は言えるのに「いい名前だね」の一言が言えないのだろうね、僕は。
 
それにしてもこれを現場で直接聞かされてたらと思うとゾッとする。LINEでさえこうだったのだ。今後も何度かこういう事は経験しそうだし、世辞もそうだが鉄壁のポーカーフェイスこそ早急に鍛えねばならない分野かもしれない。

| | コメント (10)

2014年4月27日 (日)

4/27  嫌軍

アメイジングスパイダーマン2を見ようと街へ出ると、何やらリニューアルオープンの文字、そして並びが。ふむ、GW前の餌撒きかい。なかなかエエ釘しとるやんけ。

 (って、知ってて来たんだけどさ)

前日打った台に腰を下ろす。しばらくしてこれじゃ映画は見に行けないなとうれしい悲鳴を上げつつも、そんな事より隣がずっと気になっていた。

隣に座ってるのはなんと外人のオッサンだ。それもパチ屋でよく見るフィリピーナ系とかじゃなくて、コテコテの白人。僕の目の悪さもあるけど、初見ではブルースウィルスと間違えて驚いたぐらいだ。

しかしもっと驚いたのはこのブルース、なんと軍団の打ち子のようなのだ!先程からしきりにクソガキがブルースに一万円札を渡している姿を目撃している。それにプラスして、手つきがおぼつかないブルースはどう見てもリニューアルのために寄せ集められた「人員」以外の解釈の仕様がないわけで。

 (・・・)

他人の思想やらやり方にケチをつけるのはあまり好きじゃないのだが、僕はどうしてもこの「打ち子」やら「軍団」やらが昔っから嫌いで嫌いでしょうがない。特に最近のは限度を超えているというか、普通パチ屋の中で金を大っぴらに配らないだろうよ。打ち子のためにも、そして何より自分のためにも。そういう所にすら気が回らないというか、もっと根本的な問題なんだけど、もう坊主憎けりゃの精神できゃつらの一挙手一投足の全てが憎い。最近はパチ屋の中でチャライのが三人ぐらいで固まってるだけでデスノートでもあったら書き込みたくなるぐらいだ。

 (どうにかして出禁にならんかなぁ)

気になってクソガキの後を尾けてみると、何という事でしょう!?今度は買い物帰りの主婦のようなオバチャンにまで金を渡しているではないか!

 (・・・ん?もしかしてこいつ金貸しか?)

一度はそう思うも、そいつは三人ほどさらに巡回して自分の台に戻っていって、まあ動きを見てる限りじゃただのパチプだろうな。交代して捻ってたりしてたし。それにしても酷い時代がやってきたもんだ。

ブルースは一体今何を思ってハンドルを握っているのだろう。こんな極東の島国で、自分より一回りくらい小さいクソガキに事もあろうにパチンコなどというものを介して使われて…

 (でもまあ、割のいいバイトと割り切ればアリなのかね…しかしなぁ。う~ん…) 

帰り間際、これまた別の軍団が得意げに大景品85枚とか交換してて萎えてしまった(軍団の出玉全てを一枚にまとめたと思われ)。これなのだ。最近のきゃつらと来たら心の底から配慮というものがなってないというより、もはや想像力の欠如といった方が正しいレベルの無邪気さで事にあたる。

その行動がどれだけ自分達の首を絞めているのかまるでわかっていないのだろう。

…が、それらの行動をどう取るかはその人次第なわけで。あくまでこれらは「軍団嫌い」な僕の感想に過ぎない。これらを普通だよという人もいれば、僕よりさらに過激に嫌う人だっているだろう。全くの無関心の人だっているかもしれない。考えすぎと言われればそれまでだ。


最近、僕の住む地域の掲示板でとあるピンプロが叩かれていた。僕はその人とは話したことはないけれど、まあよくカチ合うし動きを見てればある程度はわかる。一人で黙々と、マナーのいい人だなと勝手に好感を抱いていた。

しかし掲示板に書かれた彼に対する辛辣な言葉を見ていると、僕が受けていたのとまるで違う印象を持たれていたらしく、それには勿論僕の知らない部分もあるのだろうが、その大半が妬み嫉みから来る悪印象なんだろうなと思わされる内容であった。

少し偉そうだが、勝ってる人間が見る勝ってる人間と、負けてる人間が見る勝ってる人間の印象は大分違うのだろう。「理解の及ぶ範囲でしか」というやつだ。胴の側から見ればさらにその人は違って見えるのだろうし、これまたやっぱり無関心なのかもしれない。

どこまで行こうが感じ方なんて人次第、という事になる。

 (・・・さて)

話が少し戻るが、ブルースの隣で結構・・・いや、かなり出てしまったのだが、途中から白シャツ風の店員がゴト師でも見るような目で度々後ろに張り付くようになった。気のせいではない。昨日はいなかった。盤面越しにめっちゃ見られているのがわかる。

 (おいおい。店内で金をやり取りしている軍団ではなく、普通に打ってるだけのこの俺をか!?)

一体店からしたら僕はどういう風に見えていたのだろうか?たかだかライトミドルで五万発出た程度でさ。それともあれか、ブルースもかなり出てたのでお仲間だと思われて疑惑がさらに深まったんだろうか?だとすれば勘違いもいいところだ。

 (なんて説明するわけにもいかんしなぁ)

しかしそもそも、つい先程述べたように僕がこの白シャツを勘違いしているだけの事だってある。僕は彼が何をしているかまるでわからない。理解が及ばないのだ。僕の理解の範囲ではあくまで彼(白シャツ)は張り付いているようにしか見えないわけで、そこから判断を下しているが、実際何か別の理由があったかもしれない。

 (んな事言ったらブルースが打ち子ってのもどうだか…)

案外オバチャンとブルースが夫婦で、クソガキが二人の息子でパチンコを教えてるだけかもしれない。軍団なんて初めっからいなかったのかもしれない。考え出したらキリがない。そんなものに腹を立ててもしょうがない。

…と、理屈ではわかるんだけど、「軍団嫌い」だけはどうしても止められない。別にピンが偉いってわけでもないんだけどなぁ。

| | コメント (12)

2014年4月24日 (木)

4/24  トドドド

 「旅行しようぜ!」

誰かがこう言い出して、……十五年。

1

僕らの仲間内で中学時代より計画されていた旅行が、この度遂に実現しました!

感無量、構想十五年の大計画。他人からすれば非常にどうでもいい事でしょうが、本人達にとってはなかなか感慨深いものがあります。

それもそのはず、世間で「高校時代の友人は一生モノ」と言われるように、中学時代の友人というのは悲しいかな疎遠になりがちなもの。僕らもご多分に漏れず、高校で別れ離れになるうちに自然と旅行の話もどこかへ消えていって…

しかしここ数年、なぜか頻繁に彼らと集まるようになったのですが、図らずも方々に散った面々。望郷の念が僕らを再び集わせたのでしょうか…?故郷もまた一生モノなのです。

11

と、言うわけで満を持して選んだ行き先は「ヤマハリゾートつま恋」。静岡県内です。15年悩んで僕らはそれでも尚県内を選んだのです。地元愛に溢れすぎだろ…

ってのは半分冗談ですが、ここヤマハリゾートつま恋は一大レジャー施設。野外フェスなどでもここは有名なのですが、運動施設としての名声でも負けてはいません。この度僕らは運動しに来ました。今現在の自分の体力を知りたいような知りたくないような。当時中学生の時分、僕らは集まってよく野球などをやってましたし、そういう思い出に浸りたい部分もあったのでしょう。

僕はその中でもかなり気合いを入れて、50M走のタイムなども計るつもりで来ていたのですが…

13

当日はあいにくの雨。

これにて、施設の半分以上が使えなくなりました(´;ω;`)

しかし諦めるのはまだ早い。ここヤマハリゾートつま恋は、山を一つ丸々切り開いたような巨大施設となっているため、雨の日でもやれる事はたくさんあるハズ。 

6

ご覧の画像のように、距離がありすぎるため施設間の移動にシャトルバスが出ているぐらい。

そんな中、初めに選んだのは…カート。

7

理由はカートコースが明日休みなのでこの日しか出来ないから(´;ω;`)

晴れてればみんなでレースとかもできるらしいのですが、背に腹は変えられない。雨の中レインコートを着てスピード制限をされながらマッハGOGOGO。

8

レインタイヤのため普段40kmぐらい出るところがこの日は30Km程度しか出ないそうだが、それでも体感速度は中々のもの。さすが免許証が必要なだけある。超楽しいな、これ。

 「これってCCで言うとどれぐらいなんですか?」
 「90CCぐらいですね」
 「エー!?じゃあマリオカートとかで150CCとかあるじゃないですか?あれって化け物レベルなんですか!?」
 「そうっすね。150だと体感速度は300kmぐらい出るんじゃないですかw」
 「あいつら凄いんだな…」

この日は平日(月曜)というのもあってか、人が全くいない。カートもこのとき僕らだけしかいなかったし、もっと言うと他の客の姿を一切見ていない。おかげで係りの人も暇そうだ。

9

お次はアーチェリー。

和弓に比べて比較的容易と言われる洋弓だが、それでも全然まっすぐ飛ばない。おまけに結構腕が疲れて実は弓道部って中々ハードなんだなと思わされたり。何より驚いたのがその威力。僕らトーシローが打ってもズバッといい音をして刺さる矢を見てると、今までゲームやアニメで「弓矢使い」を馬鹿にしていた節があったが、その考えを改めねばなるまいと思わされた…

これは恐ろしい「武器」だな、ホンマに。

到着時刻がそこそこ遅かった事もあり、この日は早々に部屋へ。想像以上に素晴らしい食事の後はメインイベントである「卒業アルバム座談会」の時間です。

4

以前も少し触れましたが、「スクールカースト」について熱く議論し、この日は卒業アルバムを持っていき正確な記録と照らし合わせつつ一人一人の思い出を語り合う。ブルマがまだ存在していた頃なので大変貴重な資料である。

そんな中でふと、誰かが「卒業文集」なるクラス別の発行物を持ってきたのですが、

2

中学生らしい野暮ったい文集群。

3

の中で一際異彩を放つ僕のページ…。内容は運動会でコケた話と野茂のサインボールが当たったのに届かない愚痴、それから盗まれた自転車の愚痴と…それはともかく一人だけ新聞や雑誌の切り抜きなどでコラージュをやっていて、当時からこんなんだったんだなと驚いた。

三つ子の魂というわけではないが、性質がまるで変わってないのだな、我は。書いてある事もドキっとするぐらい同じような思想で、まあ僕が書いたんだから当然っちゃ当然だが、それにしてもここまでブレないと逆に好感すら持てるぐらいだ。

結局十九時過ぎから始まった座談会は翌朝四時過ぎまで行われ…

5

翌日は寝不足のまま、人生初ゴルフ。

今回はこれを目的にやってきたと言っても過言ではなく、なんとか晴れたおかげでコースを回れる事になりました…良かった。客がいないのが幸いして、素人四人でボカスカOBをやりながらも楽しくじっくり後続を気にせず出来たのもよかったのですが…しかしゴルフってのは想像していたよりもずっと難しいのだな。

 「どう?」
 「野球のスイングみたいになってるぜ」
  「ふむ」

記念すべき人生第一打。友人が記念動画まで撮ってくれたというに、僕のショットは盛大に空振り…からぶり!!?

 (うそ・・だろ!?)

正直言ってゴルフを舐めていた。この後も何度も空振りして何度もスライスしまくって、まともに当たったのは全ショットの5%にも満たないぐらい。止まっているボールを捉えるのがここまで難しいとは思わなかった。ショートコースを回ってPAR3のホールを全部で9つ。僕の結果は+47であったとさ… 平均5ボギー。上手いか下手かで言ったら、多分下手なんでしょうね('A`)

 「しっかり打てるようになったら面白いのかね?」
 「じゃあ一生面白くないだろうな」
 「(´・ω・`)」

その他に、クレー射撃とかもやり、他にもテニスや野球なんかもやる予定でしたが思ったより全然疲れてそれどころじゃありません。

逃げるように温泉へと行くのですが、疲れ果てたみんなの体を見てギョッとする。それはそれは恐ろしいぐらいに「中年」の肉付きで、当時からトド橋君と呼ばれていた人間が一人いるのですが、悲しいかな今ではみんながみんなトド。

 (老いっつーのは、顔なんかよりもずっと体に出るものなのかもな)

次はキャンプに行こうという話になりましたが、何十年後になるか…?みんなトドで留まっていればいいのだけれど。

| | コメント (7)

2014年4月19日 (土)

4/19  今日から俺もクリエイター

前回記事の続きになるんだけど、どうやらこの「LINE用自作スタンプ販売」という試みはつい一昨日、つまり4月17日から始まった出来立てホヤホヤのもののようだ。

LINEを始めたのがつい最近だったため、もうずいぶん前からある企画だとばかり思っていただけにこれは驚いた。特筆すべきはそのタイミングの良さ。

 (乗るしかない、このビッグウェーブに!)

まだ誰も経験の無い事なので初心者というハンデが無いに等しい…というわけでもないが、どういったものがウケるかってのがわかっていない状態なので良い解釈をするなら現時点での可能性は無限大!!

さっそくガイドラインを見て販売までの流れをしっかり確認してみる。

①LINE Creators Marketでクリエイター登録をする
②メイン画像40点+説明用画像2点の合計42点のイラストを用意
③42点のイラストの審査を受ける
④審査に通れば晴れて販売可能に!

スタンプは100円固定で日本・台湾・タイ・インドネシア向けに販売され、売り上げの50%から源泉徴収を引いた額がクリエイターの手取りとなるらしい。

…たったこれだけ!

どのくらいの利益が見込めるかとか、そういうのは全くの未知数というか期待するだけおこがましいのでこの際忘れよう。ただクリエイター登録に費用はかからないのでイラストを用意する手間隙さえクリアすれば後は売れるのを待つだけ。店子もいらない、維持費もかからない、だけど自分のイラストが全世界に発信されてちょっとお金が入るかもしれない夢のあるお話ではないか!

 (うーん。なんか甘すぎる気がするが、審査が相当通り難いとかあるのかね?)

実際プロの方々、セミプロの方々はこの件にどれくらい注目しているものなんだろう?初期だからこそ入り込める隙間があったりするんじゃないかなと思っているが果たして!?

スタンプの審査は主に表現に関してのものらしい。著作権や性的、暴力的なものの禁止はもちろん、ナショナリズムを煽る物も当然NG。まあうちのタプ公は基本的にここらへんは引っ掛からないと思うから心配な…くはないか。モジャ公にクリソツな所が引っ掛かるかもしれん。

Tapuko02

22323_400

そこはまあ、「ぬっぺふほふ」という江戸時代の妖怪をモデルにしてると説明するつもりだが…。

Suushi_nuppeppo

ほら、こいつ駿府城に現れたそうだし、静岡縁のゆるキャラとしてもさ… 

それから禁止事項の欄にある「公序良俗に反する物」という項目も目につく。「肌の露出が多いもの」「過度に不快、または粗野なもの」という点だ。タプ公は一応公式では素っ裸だし堕落の権化であるため不快な生き物という設定なのだが…!?

まあ冗談はさておき、二次創作が不可という点も気をつけねばなるまい。中でも「漫画、アニメなどの二次創作・パロディの禁止」「有名なキャラクターやアーティストのイラストを自分で書いてスタンプとして販売する事はできない」という部分は重要だ。

Dsc_0043

Dsc_0042

Dsc_0041

タプ公単体でのバリエーションに限界を感じ、派生キャラを考えてみたけどこいつらが使えなくなる可能性があるって事だもんな。。しかしパロディという部分と有名アーティストの部分に引っ掛かってる彼らだが、実際のところどうなんだろう?

でも正直、こういうの使ってかないと42点のイラストは素人には厳しいっすよ…

Dsc_0044

それから、原案は僕がやるとしても仕上げは誰かに頼まんとな… さすがに自分に絵心が無い事ぐらいはわかってるつもりさ。

| | コメント (13)

2014年4月17日 (木)

4/17  嘘から出たプ公

まだまだよちよち歩きのスマホ一年生なんだけど、LINEをやってて思う事がある。

 (スタンプうぜぇ…)

未だガラケーの人には何の事だかわからないと思うので簡単に説明するが、僕も初心者なので合ってるかはわからないので悪しからず。

スタンプとは、LINE上で使われる次世代の絵文字のようなものだと認識してほしい。

20120605051324838468_thumbnail

こんな感じで、チャット上にイラストを出す機能、そしてイラストそのものを指す。従来の絵文字…例えば(´・ω・`)←こいつや('A`)←こいつらよりも表情というか動きが豊かで、完全に絵文字の上位互換。なるほど突き詰めてけばここに行き着く気がしなくもない。

が、どういうわけか僕はスタンプというものを見てるとムカムカしてくる。

おまけにそういうしきたりでもあるのかわからないが、最近LINEを導入してから連絡をくれた人の大半が置き土産とばかりに「置きスタンプ」を去り際にしてくる。あまりにもみんながみんなそうやるので、もしかしたらこれは貼られたスタンプは回収が可能で初心者のためにみんな自分の手持ちスタンプを張り分け与えるのがマナーなのか?とさえ思ってしまった程だ。

しかし聞いてみるとそんなしきたりはなく、そもそもスタンプは「買う」ものだそうで。

Screenshot_20140417001708_2

しかも二百円。マジで??え?二円じゃなくて二百円!??

と思ったらまあ、一応イラスト数十点セットで二百円とからしいが、それでも僕は大層驚いてしまった。

 (これ、買うやついんのかよ?)

しかし現実にたくさんの人間が色んなスタンプを貼り付けてきたのだからやはり買う人はたくさんいるのだろう。そして僕が独自の目線で調べてみたところ、どうもスタンプを買う人間ってのはソーシャルゲームに課金している層に多い気がする。

他人のお金の使い方にどうこう言うつもりはないが、うーん、みんな色々とやってんだなぁ。


さて、話は変わって後日の事。上野と書いてノガミと読むドサ健縁の地に用事があっての帰り道、駅周辺をプラついていたら気になるものを発見した。

LINEのキャラクターたちのグッズだ。

LINEのスタンプには有名アニメからオリジナルキャラまで、実に多種多様なキャライラストが存在するのだが、一応公式キャラ?というのかどうかわからないが基本的なやつらが存在しているらしく、それはまあ2chでいうところのモナーみたいな立場だろう。そのキャラと仲間達がぬいぐるみだのペンケースだの小物だのと、所狭しと並べられている。

知ってるキャラを見たので「おっ」とついついそれらが並べてある玩具屋に入ってしまったのだけど、それから周りを見渡すと見た事もないオリジナルキャラ達のグッズまでもが似たような扱いで売られているではないか。

 (こんなキャラいたっけかなぁ?)

初め、僕が知らないだけだと思ったがどうも脇にあるスタッフ手書きの説明ボードを見ると「オリジナルキャラグッズ委託販売しています!」との文字。なるほど、どうやらモノホンのオリジナルキャラのようだ。

 (・・・っ!!?)

O0320024010397639241

 (同じやり方でタプ公、売れねえかな…?)

Tapuko02

果たしてこれを読んでる人の中でタプ公を覚えてる人がどれぐらいいるだろうか?

過去にも何度か触れているが、タプ公とは僕の弟をモデルにしたオリジナルキャラ。ちなみに元絵はこんなんで、

Tapu5

これを見て触発された(わけないw?)ダンデさんという方がビックリマンシール風にして送ってくれたのが最初の画像というわけだ。素晴らしいね。気に入って待ち受けなどにしていたのだが、このクオリティなら売れないかなぁってずっと思ってたんだよね。

Screenshot_20140417010903

と、言うわけで友人を何人か騙くらかして「タプ公プロジェクト」に引き入れようとしたが結果は無残な物に。

この話題の中でたれパンダはなぜ売れたのかという論議になったが、そういえばなぜなんでしょうね。タプ公とそう差はあるとは思えないが、やはり広告力なのか?

正直、贅沢言わずに全然売れなくてもいいから遊びでシールやグッズを作って販売ってのはやってみたい。低反発タプ公クッションを作るのは僕の近年の目標の一つである。それを女子高生が抱えながら「タプ公キモカワいいー(↑)」なんて言ってたら興奮するし、さらにタプ公の生みの親とかでチヤホヤされたらもっと興奮する。ほら、umiだけにさ。

 (・・・・・・)

冗談はさておき、その後委託販売などについて色々調べてたんだけど、しかしここ最近LINEに思い至りシールじゃなくスタンプだったらもっと気軽に出来ないものかと考え始めている。店子が必要ない上にデータなので在庫も抱えずに済むので初期費用がべらぼうに安く、そしてJKにも親しみやすいし。

とっかかりにしてもそうだし、遊ぶにしてもこっちの方がよほど気軽に出来そうなのだが、そういえば僕の「LINEのスタンプを見てるとムカムカするという現象」はこの場合どうなってしまうのだろう。

これでムカついたら相当なものだぞ。

| | コメント (8)

2014年4月14日 (月)

4/14  小ぼ方

連日小保方さんのSTAP細胞関連の記事を読んでいると薄ら寒い思いで一杯になる。いつの間にやら問題がSTAP細胞から小保方さんの個人叩きに摩り替えられている。リケジョ()だ割烹着だ何だと散々煽っておいて、舌の根も乾かぬ内にこの掌返しなのだからもはや呆れを通り越して感心してしまうほどだ。と、言えるのも矛先が他人に向けられているからだろう。もしこれが自分に向けられる日が来るとしたら…ああ、毎度の事ながらこの手の事は恐怖と同情で一杯である。

実際のところ、STAP細胞があるのかないのかもこうなると怪しいものだ。無論この場合は「ある」側の意見として、何か大きな権力に握りつぶされようとしているのではないだろうかと勘ぐってしまう。この際小保方さんに虚言癖があるとかそういう報道、その真実性などは知った事ではない。論文がコピペだらけだったのも、まあ事実だけを見ればそういう事なんだろうが、それなら小保方さんを叩く前にまずやる事がありそうなものだ。いくらユニットリーダーと言えど、小保方さん「だけ」が吊るし上げられる日々を見ていると漠然とした何かそういった得体の知れない権力の影を、それこそマスコミの体制云々を超えた何かが動いているのではないかと勘ぐらずにはいられない。

そんな中、とても興味深い呟きを見つけた。

1_2

2_2

とある有名漫画家さんのツイートらしいのだが、ううむ。いい事言うなぁ。

最近生活の中にメガネ要素がすっかり抜けてたので何かこう、ガツンと来た。だよなぁ。メガネを装備した際に発生するエフェクト一覧の中でまず真っ先に挙げられるのが「知的に見える」というものすごいシンプルなもので、だからこそ逆に学者先生=メガネみたいなイメージが持たれてるわけで。

ええなぁ。白衣のメガネ女医。ここでリツコさんを出すセンスも脱帽である(一応リツコさんは作業時にはメガネをする)。

Ri2

 (そうだ、エヴァ、打とう)

と言うわけである日のエヴァ。クソボッタ店が入るなり「魂のルフラン」を大音量で流しつつ、

 「今日は某アニメタイアップ機種がオススメであります^^」

Yan1

とか何とかいう展開になったので、エヴァのシマを覗くとそこそこ信頼のおけるプー太郎一号君がセカセカとカチカチ君をポチポチしてる。ううむ、ヤツがいるなら設定が期待できるのかもしれない・・と、空き台の中で適当に座ってみると

Dsc_0042

なんという事でしょう!!

7000ゲームで判別ツールにかけると88%設定6、11%設定5という数値に!別に5.6確定演出を引いたわけではないけど、各数値がそれぐらいズバ抜けててまあ判別ツールにかけずとも疑いようが無い感じ。

で、出球は

201404132116000

 7552ゲーム B21 R16  差枚 +550枚 \(^o^)/

合算が設定1より悪い。6だとするとボーナスが13回足りていない計算。いきなり1260ハマリとか舐めてんのかテメー。

5543f05b

過去何度もエヴァの6も、偽6も打ってきたけど、大体3000ゲームくらいまでは6の挙動をしている台でも本物でない場合5000ゲームを過ぎた頃にはボロが出るもの。その点今日は最後まで素晴らしい数値(小役関係だけ)を残し、果たしてこれで中間設定とかあんのかなぁ?

いや、むしろこの合算でプラス差枚が出てるんだからやはり高設定なんだろうな。

せっかくモンハンで万枚出ても、その後うみねことエヴァで期待差枚が四千枚近く足りてないのであっという間にその威光も霞んでしまう。ここにも感じる何か大きな陰謀の影…

そんな事よりさ、同じメガネでもリツコさんより真希波さんがイイネ!でも俺、小保方さんが真希波さんみたいな逆ナイロールのお洒落メガネなんぞしてき日にゃあ、途端にバッシングすると思う。

メガネは諸刃の剣って事をよく覚えておいて欲しいんだな。

| | コメント (10)

2014年4月13日 (日)

4/13  勝ち方

モンハンが面白いという噂を聞いたので、化物語がちょっと嫌になってきた事もあり気分転換に打ってみた。ちょうど旧イベント日に良い番号が引けたのも幸いだ。

 (…これ、あるんちゃうん?)

まだ設定推測要素で強い部分が出て無いし、初打ちだったので普段との比較も出来ないためなんとも言えませんが、ただ当選ゲーム数が設定6だと9割方300ゲーム以内なんてどっかに書かれてて、この日打った台も天国抜かした初当たり10回中300ゲームを超えたのは1回だけ。一応9割…ですね。現時点での設定差と言われる共通ベル確率も上の数値だし、何より周りと挙動が違い過ぎたからさすがに当たりだったかな?

 【モンハン】推定高設定? 
 総当たり119  青18-赤62-黒39 (うち、大連続1:109G)
 共通ベル 144/9026 +強ベル2回 =合算1/61.8 

と、言うわけで…

431166_336424249732744_1388308279_n

 「九代目を襲名したモンハンです。正直なんで自分が?と戸惑っています」

7年ぶりに鬼浜で万枚が出て以来、一ヶ月ちょいでまた出るとは…本当、恐ろしいな最近の台の荒さは。

201404091612000_2

201404092245000_2

前半戦は七連単とか喰らって意気消沈してたのですが、気付けばフリーズや中段チェリーなどのプレミア役を引く事もなく、ひたすら連打連打でエンディングを迎える。そして19時過ぎからもう一波来て、今度は閉店取りきれずの54連で万枚達成と・・・^^;

この時点で見込みストックがまだ10個近くあったので、時間さえあれば一撃万枚も行ったかもしれません…(;^ω^) なんなんでしょうね、マーフィーの法則的な閉店前のあの強さ。

特に10連を超えた辺りから討伐は七割方成功してずーっと自転車操業状態で、時折来る部位破壊でストックが減るどころかどんどん増えてく勢いでしたし…さすがにここには設定差は無いと思うんだけど、メーカーがメーカーだけに勝ちやすいモードみたいのはもしかしたらあったりして??

 (もう乗せないでええんやで~><)

閉店間際、誰もいないシマでこの日三度目となる剥ぎ取りチャンスG(50%ループ)のピコピコピコーンを鳴らしながらガックリ項垂れる。一発目と二発目は単発だったのにさ、絶対取り切れない場面になった途端、きっちり収束(笑)の4連とか、嫌がらせとしか思えない。

閉店取りこぼしがどうしても損だと思っちゃう貧乏症は何年経っても治りませんな。

 (くぅぅぅぅ…!!!!何回カイザーフェニックスに負けんねんクソ鯨!!)

201404042117000

かと言って、二日程前に打ったファインプレーの鳴くころに。推測要素が見事に全部が全部6以上の数値だったのでもう疑いようもなく高設定でいいと思うんですが、こいつはこいつで午前に3500枚出てからひたすら嬲り殺される展開でフラストレーションが溜まる溜まる。

 (出て項垂れ出なくて怒り、台もどうすりゃいいんだって感じだよな)

ことパチスロに於いて、理想的な勝ち方にどれだけの価値があるというのだろう。しかしこの「注文を付けられる幾筋もの展開」こそが、パチスロがまだ遊戯としての体裁を保っている何よりの証かもしれないね。

次は1ゲームでフリーズ引いて閉店一時間前(謙虚)に取りきる方向で頼む…と言いたいけどやっぱりそれも味気ない。

| | コメント (8)

2014年4月11日 (金)

4/11  負け方

息も絶え絶え、撤退…したいのに出来ないのには理由がある。

 (んん??)

Cimg4119

この画像、おかしなところがあるんですがわかりますか?

 『ヒント・化物語って天井が999ゲームで、初当たり+倍倍チャンス1回が保障されます』

しかし上記の画像、1002ゲームで当たったのにも関わらず(画像はマイスロなのでデータカウンタのズレは無い)なぜか倍々チャンスが発動していません・・・??

 「どういう事だ!?」
 「天井ストッパー…」
 「!!??」

Osino

 「客を殺す呪いさ…」
 「!!??」
 「うみ君は何か勘違いしちゃってるようだけど、この台の天井はAT終了後引き戻しゾーン3ゲーム+999。だから厳密には1003を踏まないと天井は発動しないんだよ」
 「え!?でも… 1002ゲームにレインボー演出が出て…」
 「出目は?マイスロには当選契機がチャンス目って書いてあるけど、解呪の儀は経由してないよね?」
 「出目は…左バー狙いで怪異が滑ってきて後はスイカ狙ってポンポ・・ あ!」
 「怪異揃いは狙わなかった、と」
 「・・・マジすか」

どうやら天井まであと1ゲームってところで1/16384の強チャンス目での直撃当選を引いてしまったらしい… 

 (酷いよ、こんなのって無いよ><)

何がひどいって、これ168ゲームと208ゲームでアララギ君ランプがペカった「シナリオ7=全ゲームHI状態」が確定している状況なんですよ(´;ω;`) 設定も十分期待できる挙動だったし、どうせすぐに当たるだろうと思ってたら天井まで解呪を7回スカってやっとゴールしたと思ったらこれって酷い。酷い><

 (でもまあ、倍々チャンス1回なんて高が知れてるしな…)

化みたいな「高設定は事故るチャンスが増えるよ!やったねタエちゃん」みたいな台を打ってると、基本的にじわじわと真綿で首を絞められるようにやられていくのが高設定での負けパターンとなる。そういう時って、いっそスパっと鉈で叩き切ってくれと思うんだけどさ、いざスパっとやられても存外気分は晴れないもんだな… 

当然か。

最近気持ちよく負けれる機種ってのが無い。しかしこれまでそんなものがあったかと言われるとやっぱり無い。つまるところ、どこまで行ってもこいつは僕にとって遊戯になる事は無いんだろうな…

| | コメント (6)

2014年4月 9日 (水)

4/9  祭りのあと

先月の終わりごろからニュースに取り上げられる事も増え、ここ最近目に、耳にした方も多いと思われますが、「MNP高額キャッシュバック問題」について皆さんはご存知でしょうか?

以前よりMNP(Mobile Number Portability)=携帯電話の番号そのままで回線を他社へ移せる、というシステムは存在していましたが、なぜ急に問題視されるようになったのか。

今回、偶然(?)にも僕は海外スマホを購入した事でこの問題に触れる事となった。ガラケーのままだったら恐らく意味がわからず入っていけなかったと思う。

古きに固執するのもいいが、新しいものを受け入れられない頑固さも問題だなと毎度の事ながら考えさせられる…

それはまあともかく、MNP問題=携帯乞食問題について説明しよう。尚、僕は全容を把握しているわけではないので所々間違ってる部分があるかもしれないが、そこはまあプロの方が気になったら指摘してくれたら幸いであります。


まずこの件で何が問題視されているかだが、携帯ショップでMNPを行う際に端末が一括0円でもらえてしまうに止まらず、更にCB(キャッシュバック)、つまり現金やそれに準する物(商品券など)が貰えてしまうこと。そしてそれが5万だの6万だのと、超高額な事である。

それにより、キャリアへ短期解約の違約金を払ってもお釣りが来る状態になってしまい、結果『契約して高額キャッシュバックゲット!→違約金を払って解約→他社と契約して高額キャッシュバックゲット!→』を繰り返す事で錬金術が可能となってしまった点にあるのだ!

とは言え、一応最低限これぐらいは回線を寝かせておかないとブラックリスト入り(次回契約不可?一定期間不可?)してしまうという「○○日ルール」などもあり、大体三ヶ月が目安とされているらしいので各回線三ヶ月に一度しか使えない錬金術ではあったものの、それでも一人当たり五回線ぐらいは最大で持てたためそれを回すだけで三ヶ月に一度数十万の利益が見込めるわけで…  早い時期からやってた人は七桁万円の儲けもあったとか。

時期によって多少の変動はあるが、最盛期には一回線当たり5万円ぐらいの利益を見込めたそうだ。

具体的な例を挙げてみよう。例えば某携帯ショップで

【iPhone5c32GB 一括0円 他社から乗り換えで40000円現金キャッシュバック! 条件は○○と○○】

みたいな案件があったとする。今はもうどこを探してもこんな案件はないと思うが(これからはわからんけど、少し前までは普通にあった)。

で、まず転出にかかる費用を計算する。今現在auの回線を持っていてそれをドコモへのMNPに回す事にしようか。大体高額CB案件はオプションを何個か付けられるのが条件のため、それらを契約上の最低期間で解除し、さらにこの段階で最低三ヶ月寝かせる事まで考え費用に組みます。どこからどこへ移るにしても、MNP番号発行手数料と解約費用がかかるので大体2万円ちょっと、それから契約時のオプションを含めて25000円前後を見ておくべきかな。

・転出手数料(MNP番号発行手数料) 2100円 
・契約事務手数料             3150円
・タイプXiにねん 780円x3ヶ月      2340円
・Xiパケホーダイダブル下限x1ヶ月   2100円
・SPモードx1ヶ月              315円
・解約金                   9975円

                   合計 19980円

で、費用の次は収益を計算。ここでは貰う端末を売る事まで見越しているので、選択の余地さえあるなら人気のある=高額買取が期待できる端末を選ぶのが基本。ここはまあ、iPhone5を選んでおけば間違いはない。中国に需要があって高値で捌けてたらしいですね。色によって結構値段に変動があるみたいですが、5cだと今の相場では33000円ぐらいで売れるみたいです。
 
と、言うわけで

 ・キャッシュバック     40000円
 ・端末 iPhone5c 32GB  33000円

              合計 73000円

後は収益から費用を引いて 73000-19980=53020

なんと、この一連の流れで53020円もの利益が出ました!!

この回線は三ヵ月後にまた活躍してもらう事にして、他に数回線作れば更に利益は増やせます。

 (回線を増やすのって他社と新たに契約するって事だよね?面倒じゃないの??)

と思われる方も多いと思います。僕もそうでした。しかし、最初に書いたとおり今回海外携帯を使うようになってMVNO(仮想移動体通信事業者)を利用するようになった事が偶然にもこの問題を吹き飛ばしてくれる事になりました。詳しい説明は前の記事で。

日本通信
というMVNO業者があります。ここでスマホに対応したSIMを買うと、そのSIMに番号がついてきて一つの回線として扱われます。MVNOは以前も説明しましたが、その利用料の安さこそが最大の魅力でありますが、今回のようなMNP回線として利用する際は別のメリットが生じます。

それは最も懸念されるべき「短期解約によるブラックリスト入り」が無い事!!

するとどうなるか?

日本通信でスマホSIMを契約→回線を取得したらすぐに他社へMNPへ

こんなコンボが可能になるのです。これだと大手キャリアで問題視されていた短期解約のリスクが無いため契約してから数ヶ月寝かす必要がなく、結果初動が早くなりさらに費用も通常より安い。

・パッケージ代(SIM代)       3150円
・LTEプラン              1050円  
・月額定額               980円
・MNP予約番号発行手数料    3150円
・解約金                8400円

              合計 16760円!!

これで例えば日本通信SIMをドコモへ、ソフトバンクへ、auへと移動し、高額CBを貰い回線を寝かせ、数ヵ月後に今度はドコモへ移した回線をソフトバンクへ、ソフトバンクへ移した回線をauへ、auへ移した回線をドコモへと『回せば』夢の錬金術の完成です。一回線五万の利益を見込めるとして、うーん。。ポイントを溜めて三ヶ月に一度初代獣王の6が打てるチケットを手に入れられるって感じでしょうか?しかもノーリスク、ノー引き損保障。すげえぜ。

この初期回線を作る事を「弾」を作ると専門用語(笑)で言いまして、日本通信(ニッポンツーシン)の弾という意味でこの方法は「ポンツー弾」と呼ばれ携帯乞食入門の基本となっていました。なぜか僕が最初に契約していたOCNモバイルoneではこの方法は取れないらしく、他のMVNO業者はどうか知りませんが、とにかく日本通信に乞食が群がったのは当然の成り行き。その結果、この数ヶ月でアホみたいにパッケージが売れ日本通信の株価も相当上がりました。高額CBの廃止と共にガクっと落ちたのにはご愛嬌w

今までの僕ならこの「弾を作る」という作業にややこしさを感じ、また、実際やってみるまで理解できなかったと思いますが、今回僕が海外で買ってきたスマホを動かす際に既にMVNO業者との契約をしていたために一連の流れがよくわかっていた事もありすんなり入り込む事ができました。

と言うわけで、高額CBが廃止されるかもしれないと噂された3月下旬、一件だけMNPをやってみました。

Dsc_0041

auのFJL22が一括0円で47000円のCB(画像は手数料引いての金額)。この時点でのFJL22の相場は20000円ちょっとだったんですが、今は下落して13000程度にまで落ちました。

ポンツー弾を使用して総費用が21294円で、収益予定が59580円(端末を売るタイミング次第で下がると思われ)。というわけでこの一件での見込み収支は+38286円となります。全盛期のプロ乞食達に比べれば寂しいばかりですが、まあ終わりかけに慌ててやったんだからこんなものでしょう。

1a816267

 (やり方さえわかっちゃえば簡単なもんだね)

実際、僕はこのシステム自体は半年以上前に知っていました。ご丁寧にもこのブログを通じて知り合った方がわざわざ僕に懇切丁寧に説明してくれたのにも関わらず、僕は全くピンと来なくて当時そのまま右から左へと話を流してしまったのですが…う~ん。

まあ聞いた直後は正直、倫理的にどうなのかなとも思っていたのですが、よくよく調べるとこれって別に誰も損をしていない異例のシステムなんですよね。キャリアは回線を増やしたいから金を出し、ショップはキャリアからのお金を回しているだけ、乞食達はその隙を付き…

乞食という言葉がどうしても先行してしまうが、現実はキャリア間での回線の奪い合い戦争に生じた特需に群がる武器商人、みたいな感覚なのかな。

まあそれは綺麗過ぎる言い方かもしれないし、法律的に問題がなければ何をやってもいいのかと問われるとまた疑問なのだが、少なくとも「個人の範囲」でやる分には問題が無いと思う。半年前にそれに気付けていればもっとおいしい思いが出来ていたと思うのだが、ここらへんが商才の無さってやつなのかな…


しかし問題が無いならなぜここ最近ニュースで取り上げられているかという事になるのだが、これはもう高額キャッシュバックチキンレースをやめるにやめられなくなった大手キャリアのどこかが総務省に泣きついた結果じゃないかという説が乞食の間では有力のようだ。どことは言わないが、黒幕は必ず存在するだろうと。

若しくは、少し前に韓国でやはり同様のキャッシュバック戦争による異例の「携帯販売停止処分」が下された事を重く受け止めたとの見方もあるが…?

日本の通信システムはSIMロックの面などから見てもそもそもおかしい部分が多々あるそうで、それは海外に行くととてもよくわかる。料金が高すぎるのだ。今回の高額CBにしたって端末でなく月々の利用料が高すぎるのがそもそもの発端という見方さえある。つまり、いくら入り口で金をばら撒いても結局利用さえしてくれれば道中でいくらでも儲けが出るぐらい阿漕な料金体系、それが現状の日本の携帯利用の現実なのだ。

乞食達は決して褒められたやり方で無いにしろ、図らずもこの古めかしい体制に一石を投じる事となったのだろう。誰がどう動いた結果であれ、現状は刻々と変化していっている。

皮肉な事にそれが乞食達の首を締めることになろうとも。

| | コメント (11)

2014年4月 4日 (金)

4/4  今さら家庭事情

風情かな、風情かな。

Dsc_0039

近所の河原。酔っ払った帰りに何度も寝た場所。いつの間にやら桜が満開だ。早いもので、ここに越してきてもう一年が経つのだな… 

僕は特に桜が好きとかそういうは無い筈なのだけど、この国のDNAがそうさせるのか、満開の桜を見ると図らずも胸に熱いものが込み上げる。そういえば去年もこの光景を見て一発でここが好きになったのだけど、この気持ちはなんだろう?目に見えないエネルギーの流れが、大地から足の裏を伝わってくるのだろうか?

何気に僕は人生で「お花見」というものを一度もした事が無い。物心ついた頃からそういうものに行った記憶が無いので行きたいと思った事さえない。すると親の影響でそうなったと言えるのか?そもそも我が家は家族でご飯を食べに行ったりとか、そういう文化そのものが『一切』なかった。大体父さんがキャンプに連れてってくれたり、母さんが親戚の家に連れてってくれたり… たまの外食にしたってどっちか片一方で、父と母とセットでどこかに行く事はなかった。

 (…うちってもしかして夫婦仲悪かったのか?)

うーん。冠婚葬祭以外で『家族だけ』でどこかに行った事って一度でもあったっけかな^^;?

知人から家族旅行の話とか聞くと、どういうきっかけで行く事になったのだろうと少し気になる。

結婚とか銀婚式とか、人生の節目でそういうイベントが発生するのかもしれないが、その場合は家族の誰が旅行に行こうと言い出すのだろう?やっぱり長男なのかな。

ここ最近、立て続けに知人の親が倒れた話を聞かされてるので少しばかり時間を気にしてしまう。それにしてもまさか「倒れる前に記念旅行」に行こうなんて言いだせるわけもないしな。

| | コメント (11)

2014年4月 2日 (水)

4/2  辛味依存症

息も絶え絶え、訴訟の準備。証拠固めに精を出す。

 (いくらエイプリルフールとは言え、これが嘘って事はねーよな)

201403291722000

設定5or6確定画面。この画像さえあれば最悪、台を壊しても情状酌量の余地ありという判決が下る事だろう。

時刻は17時。多分そうかなと思って粘った甲斐があっ…たのか?現在マイナス27本('A`) ちなみにフリーズを既に『2回』引いててこの負け額である。

 (きついで。この台ほんにきついどすえ)

それは重々わかっちゃいたけど、しかしこの台は増台増台で今現在一番設定が使われてるだろうし、その増えた台数・激辛スペック故に抽選負けしたときでも比較的取りやすいから案外そういう面では重宝している。っていうか好きだから打ってるだけか。

099_2

これまでも何度もこれ絶対高設定!って台を打ってきたけど遂に確信には至らなかった。が、この設定5or6確定画面を見た今なら言える。多分今までも散々高設定打って負けてきてたんだろうなーって。凄い推測の難しい台だとは思うけど、さすがに半日以上打てば上か下かってぐらいの判別は利きそうだ。スイカの強さがぜんぜんちゃう。

 (さて、いくらやられる事やら…)

ガキンッ!!─キーン───プギュル─

 (!!?)

201403292110000

18時から始まった三度目のフリーズから四度目のフリーズを経て恐ろしい事になった。一日に四度のフリーズはさすがに経験に無い。1/5000程度ならともかく、この台のフリーズって一応1/16384(各設定によって微妙に違うみたいだが概ねここらへん)なんだよな。っていうか、一撃2000枚超えたのも初めてだがや。

正直、今日はたまたま出たけど基本この台のフリーズってしょぼいし、そこまで頑張らなくても…と思ってしまうのは贅沢か。

Cimg4110

結局設定がまるで関係ないところで勝てたけど、本当今の台って設定って何なんだろうって思わされるものばかりだ。結果的に大勝だけど、何かスッキリしない。

…エイプリルフールだし一つぐらい嘘をついてもいいだろう。

| | コメント (9)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »