« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

4/27  もってる人

 (どうしようどうしよう><)

知り合いの方、・・・Sさんが僕の住んでる所まで遊びに来てくれて、一緒に打ちに行く事になった。僕が誰かをその店に連れて行くと100%の勝率で勝てるところがあるとは以前書いたと思うが、今回も例によって例のごとく連れて行くのだが…

 「もうすぐ天井っすw」
 「><」

Sさん、気づけば鉄拳で酷い目に合っていてどうしたものかと。その日は普段より特別気合いが入っているようで、僕自身も狙い台がほとんど当たらないぐらい法則が乱れていてどうにもならない。このままじゃアカン。

 「あっ、じゃあ近くで時差オープンの店があるのでそれが終わったらそちらへ行きましょう」
 「はい」

そんなわけで、この状況を打開すべく動く事にする。

 (どれどれ・・・げえっ!)

しかし移動した先でもSさんは北斗でコテンパンにやられていた。ざっと見た感じ、鉄拳で40本。北斗で40本以上はやられてそうな勢いである。

 (えらいこっちゃ!!えらいこっちゃ!!)

僕自身も相当エラい事になってはいたが、それが気にならないぐらいに焦っていた。いくら我々が分別ある大人と言えども、さすがにわざわざ遊びに来て頂いたのにあんなにやられさせちゃ申し訳が立たんぞな。

 (とは言え、今更どうにもならないしなぁ…)

甘デジを打ちながら、どうしたもんかと頭を抱えていたらSさんからメールが入った。

 【黄色七そろいました^^】

ちょうどそのとき僕は電サポで止め打ち中だったため後からそのメールに気付いたのだが、Sさん、直後に拳王乱舞をばっちり射止めたらしい。

 (よかった・・・なんとか笑えるぐらいの負け分に・・・っ!!!?)

その後、電サポが終わったのを見計らいSさんの元へ駆け寄ると… 

 「な、なにが起きたんすかこれ(;^ω^)??」
 「え?さあ?初めて打ったんで何がなんだか・・・」

なんとSさんの台、18連中でさらにトキ兄さんが並走している状態ではないか!ラオウ昇天にリーチが掛かっているのだ。さらにさらに獲得枚数は優に3000枚を超えていて…

 (…つーか俺の記録が既に抜かれている件w)

結局、このまま28連して昇天したそうだ。拳王乱舞に昇天演出。僕が半年頑張って一回も引けないものが、たった一度の稼動で塗り替えられた事に若干の嫉妬を覚えつつも・・まあとにかく何とかなってくれたようで一安心だ!!

 「よかったっすね!鉄拳でボコられて北斗でもやられたらどうしようかと思ってましたよw」
 「え?鉄拳はなんだかんだでプラスでしたよ」
 「っ!?」 

聞けば、なんと初っ端の鉄拳もプラスだったらしい。

 「天井には行かなかったんですがね、最後に偉い方のBIGが当たってそこからARTが11連荘して・・・」
 「そ、そっすか^^;」

僕の心配は杞憂だったのだ。

で、その僕はといえばカイジ2の甘(実際甘じゃないが)にて。ヘソ保留の38.4%の振り分けを引かない限りひたすら潜伏ループを重ねるこの台で、終日打ってヘソ当たり28回中、たったの2度しかその38.4%を射止めることが叶わなかった!!

約1/3を28回中2回しか引けなかったのだ。直撃率3.6%。およそ10.6倍ハマリ。

時差オープンにも関わらず貯玉が万発近く飲まれるゲロ負け。ゲロ負け。圧倒的ゲロ負けッ・・・!!

 (人の心配できる立場じゃなかったよい(´;ω;`)・・・)

片や神。片や死神。お互い何かを持っている。

  (ふっ、配られたカードで勝負するしかないのさ(';ω;`))

ビールをご馳走して貰いながら、何故だかジョッキが霞んで見えた。

| | コメント (9)

2012年4月24日 (火)

4/24  散髪物語

ぶしょったい身なりが悪いのか、ここ最近行き着けの美容院で髪を切って貰う事が出来ない。

 「今日は予約がいっぱいで…」

三度だ。三回連続で言いにくそうにこう言われた。

 (けっ!何が予約や)

僕はこれまでの人生で美容院の予約をした事は終ぞ一度もない。何だってたかだか髪を切るのにしゃちほこばって予約なぞせんといかんのだという思いがあるのだ。

そりゃいくら僕でも

200

これが

Zerozero

こうなるぐらいの美容院なら喜んで予約もするだろう。が、現実は


Bw_uploads_httpsalondehomme_sakur_2

こいつが

1f0e5f09_2

こうなるだけ。

賞味な話、余程特別なカットじゃなければある程度の技術さえあれば後は誰が切っても大差ないと思ってる。そこに大仰しく「予約」などという行為をするのはちょっと気が引けるというか何と言うか…

それに、今までだってこのお店…仮にA店と呼ぶが、こちらに越してきてもうすぐ二年。A店には今まで何度も髪を切りにいっているが、そのいずれも何事もなく予約無しのフリーで入れたというのにだ。

 (最近客が入るようになったからって急にブルジョワぶりやがって!!))

たまたま間が悪かっただけだとは思うが、しかし同時に「何時でしたら…」のような代替案を出してこない店長に僕は、調子に乗ったラーメン屋の店主に似た思いを覚えご立腹である。

言葉の節々から、態度の端々から、「ここはおまえのような福本作品臭のする野郎がフラっと立ち寄れる店じゃねえんだよ!!!」という空気を感じずにはいられないのだ。(←被害妄想)

 (くっ、…確かに俺はルンペンのような男だがなぁ、しかしA店よ。俺は昔も今もルンペンルックだ!!)

今更乞食入店禁止など、方向転換しようったってそうは問屋が卸さねえ。こうなったら意地でもふらっと予約無しで入ってやろうじゃないかという思いがますます強まる。

誰が切っても大差無し。そう思ってるなら別の店に行けばいいのに…

 (いや、それは違う!)

髪を切るという行為は大差ないとは思っているが、考えてみれば美容院選びには髪を切る以外の項目だってたくさんある。値段、距離、新規開拓の煩わしさ、散髪後のマッサージの気持ちよさ、キャストのかわいさ、etc...

そう思えばこそ、一時とは言え体の一部を削る行為を人に任せるんだから、やっぱり美容院ってのは特別な場所なのかなという思いが芽生えてきた。

或いは僕の、これまで散髪という行為に抱いてきた意識が低すぎるのかもしれない。

 (そうか、美容院ってもしかしたら大仰しいところなのかもしれん!!)

ちっぽけなプライドを捨て予約する事にした。

 「すいません、今日は予約が…」

 (ファッキン!!!)

四回連続。これ、もしかして本当に知らないうちに出禁になってんじゃねえだろうな^^;

| | コメント (15)

2012年4月21日 (土)

4/21  スロット本格的に終わったな part287

なぜか今週、僕の行動範囲のパチンコ屋で六店舗ぐらいリニューアルやらグランドオープンやらと連日お祭りが催されている。なんだってこの時期にという思いもあったが、そもそも毎年春ってこんな感じだっけかな?う~ん。あまりに記憶にないなぁ。

しかし例の等価禁止の話やら、イベントが打てないので無理やり出店してきた感もしないわけではありませんでしたが、やはり最強イベント「グランドオープン」に期待しない程僕は不感症ではありません。モンハン大量導入のおかげで設定が全く入らなくなった北斗で久々に楽しい時間が過ごせるかもと思い、長い時間並んで行く事にしました。

その北斗。

単発→単発→単発→単発→単発→単発→単発→5連(79%以上確定)→単発→2連→単発

Bro4757

奥さん、久々に打ったらこれですよ。一回だけミカン自力立ちがあって、超薄い79%継続以上が確定してウホっとなったものの、それ以外全部50%継続だったとしてですよ?1/2を10回引いて9回自分にとって都合の悪い目が出るとか毎回毎回どうなってんねん。そろそろ初当たり数百回で平均2.0連切るぞ???

 (なんなんだこれは!?)

この日に限らず、最近打つ北斗の全てが酷い。小役確率でさえほとんどが1/80とかそこらへんの台ばかりだし、継続率に至っては常軌を逸してる。

こんな事言いたかないが、まるで初代北斗の最後のように挙動がおかしくなってる気がしてなりませんよ(´・ω・`)

結局北斗は今日まで24万ゲームぐらい回して、未だ1/65536のリーチ目役を一度足りとも引けていないし、黄色七揃いは未だ8回のみ(フェイクは18回)。ちとデータが全部飛んだので推定ですが、およそART滞在率が1/3よりちょっと上だと仮定しても総ARTゲーム数は8万ゲーム以上はあるでしょう。ってことは1/4000程度で引けるはずの黄色七リプが現在1/10000以上ですよ!?10回以上足りてませんがな。当然、拳王乱舞はゼロ回。ラオウ昇天ももちろんゼロ回。隣の人はあんなに簡単に引くというのに、これがヒキ弱格差社会か。

単発連続記録は11連。中段チェリー連続スカは23連。負の記録の方ばかりが更新されてく昨今。これは間違いなくミリゴに続く欠損生産マシーンや!!

 (お、俺に死ねと言ってるのかこの台は…!?)

久々に心を折られ、初日以降は大人しくパチンコを打つことにしたのですが…

 ・戦国乙女2 甘 1/26k 等価
  *時短中玉増、スルーアタッカー良好

 ・赤牙狼2 ライト 1/23k 等価
  *時短中玉微増、スルー良、アタッカー普通

こんなお宝台を12時オープンで打って二連敗('A`)。初っ端から六倍ハマリをしたり現金投資中の潜伏時に五倍ハマリした時の換金ギャップを喰らわなかったのは不幸中の幸いでしたが…しっかし当たんねーな。

 (普通の人なら10万近く勝っててもおかしくねーっつーのに(´・ω・`))

思い返せばモンハン導入以降、パチはともかくスロットではほとんど勝てていません。頼みの綱だった北斗も設定が全く入らなくなり、探せば探すだけ傷口が広がる状態でもはやほとんど打てない状況。

設定狙い→ギガントハイリスクローリターン
ハイエナ→現物は宝探しレベル
宵い越し→全リセ

妥協しないでもっと足を使えと言われそうですが、そこまでする価値が見当たらないのが現状。これ、完全に詰んでるでしょ(;^ω^)??

加えて僕にはヒキ弱というどうしようもない結果論までついてきている。今まではそれを立ち回りでカバー出来る自信があったし、事実人の数倍引けてない状態でも危なげなく勝ち越せてきた。

しかし今。今。今はもう無理だ。とてもじゃないが立ち回りでどうにかできる範囲を超えてきている。特に、たまに見つけたハマリ台で負債を増やすような展開が続き心の底から無理だと思うようになってきた。ART機の天井狙いというのは想像以上にヒキに依存する。いや、ヒキが全てと言っても過言ではない。特に数をこなせないとそれがより顕著となり、今はその数をこなせない時期だけに結果は推して知るべし…

たまにヒキなんて無いという人がいるが、それはソイツが本当にヒキの弱い人を知らないだけだ。まあそれはいい。とにかく、僕は高らかに宣言したいと思う。


スロットはマジで終わっちまったど!!


パチンコも終わりかけてるけど、まだわからん。ただ、先日お上から「貯玉再プレー手数料禁止」との通達が入ったそうで…、これは朗報になるのか悲報になるのかまだわからない。

朗報になるパターンとしては、手数料を取らない=再プレー制限無しということで低換金店での勝負がより有利になる可能性があるという事。まあこれは現実的に考えづらいし、もしそういう店があったとしてもその分釘に反映され厳しくなるのは目に見えている。

逆に、それは今まで手数料をサービスしていた分が釘に反映されるという可能性でもある。こうなると昔のラッキーナンバー制の時代に少し戻り、低換金店での長時間勝負がより一層有利になるパチプ達にとって一番の朗報となり得るのだが… う~ん、実際今の時代、昔のように馬鹿正直に釘を開けてサービスする店なんてほとんどないような気もするが…

悲報となるパターンはもう、単純に今まで使えたサービスが廃止されるという事であり、ただでさえ貯玉サービスを駆使してなんとかなっていた状況だというのに、これが使えなくなったら…。また、打ち手側だけでなくお店側にしても貯玉手数料を取れないと厳しいのは火を見るより明らかであろう。すると次の手段は貯玉手数料の徴収を行わないか、再プレイ上限を設けるか。はたまたそれらのサービス自体をなくす事だが…、いずれにせよ客離れは避けられないだろう。

そうした店がどうするか… それはもう等価、もしくは高換金率にするしか手は無くなろう。つまり、ややこしい事を言ってるようだが、今回の通知は「等価化」を暗に促しているだけのものなのだと思う。

一物一価云々で等価交換を禁止すると言ってみた矢先、舌の根も乾かぬ内にこれでは何が何だかわからないが… 単にこの業界に難癖つけているだけにも見えるが実際それだけなのかもしれない。

等価のパチンコがどれだけ厳しいかというのは皆さんご存知のはず。今でこそ捻り打ちなどを駆使してなんとかやれてる人も多いようだが、等価が当たり前の時代にそんな隙を突いた打ち方が許されるとは到底思えず…。

パチンコも着々と終わりへの道を歩んでいる。

思えば何度目の「終わった」詐欺かわからないが、しかし今回のそれは今までとは規模が違…って、考えてみれば毎回同じような事言ってるけん、結局最後は何とかなってんだよなぁ(´・ω・`)

フリーザ様に絶望していた僕らも、セルが出ることにはフリーザ(笑)となっていた。今回もそうなるのか、はたまた…!?

| | コメント (20)

2012年4月18日 (水)

4/18  他人事

プラットフォームへ出ると列車が有り得ない位置で停止していて、そして人々がざわついている。

 (人身事故か?それにしちゃあやけに変な位置で止まってるような…)

電車が本来止まるであろう場所よりも数十メートル手前で止まっているのだ。ここは始発駅であり終着駅でもある。どうあっても超低速で駅へと入ってくる電車に向かって飛び込む人がいるとは些か考えづらいのだが…

 (しかし飛び込むって時点で既に理屈じゃないからなぁ)

そんな事を考えながら動きがあるのを待っていると、やがて担架を持った駅員さんたちが慌しくやってきた。

 (ああ、急病人が電車の中にいたのかな?いや、しかしそれにしてもこんな中途半端な位置で止めることもなかろうに??)

が、僕のそんな思いとは裏腹に事態は切迫していた。駅員は線路へと降り立ち、そのまま列車とホームの僅かな隙間に懸命に声を掛け始めたのだ。すなわち、そこに人がいるという事だ。

 (げ?やっぱ人が轢かれたのか)

時を同じくして、警察がやってきて大声で辺りに協力を仰ぐ。

 「ただいま人が突き落とされたとの事ですが、目撃した方はいませんか!?」

 (!!?)

なんとびっくり。これは事件であったようだ。なるほど、飛び込んだのではなく突き落とされたのか。なら確かにこんな場所とかそういうのは関係なくなる。

 「あっ、僕見てました」

 (っ!?)

驚くことに、前にいた若造が手を挙げた。警察官が駆け寄ってくる。僕は気持ち体を近づけ、耳に全神経を集中させた。

 「どういう状況だったか説明して頂けます?」
  「あっ、はい。誰がってのはわからないんですけど・・」
 「ええ、」
 「なんか、いきなり人が後ろ向きで突き飛ばされた感じで落ちて・・・」
  「後ろ向きで??ではやはり突き飛ばされたということで間違いないんですね??」
  「たぶん・・・ けっこう勢いあったように見えました」

 (おうおうおう・・・リアル新宿スワンだよこりゃ)

驚きだ。殺人事件だ。聞く限りかなりの勢いがあったようだし、となれば押しくら饅頭に負けて落ちたわけではなかろう。被害者は明確な殺意によって突き落とされたのだ。

 (・・・初めて殺人事件の現場に立ち会ってしまった!!)

 「大丈夫ですかー!?」

 (っ!?)

と、思ったら程なくして電車の下から男性が救出された。いや、生死が不明なのだから救出という言葉が正確なのかはわからないが… しかし、担架に乗せられた男性には不思議な事に見たところ外傷はほとんどなく、とても轢かれたりぶつかったりしたようには見えない。とりあえず意識はないようだが、気を失ってるだけじゃないか・・・?という状態に見える。

 (・・・ん~???見た感じ電車とホームの間に隙間なんてこれっぽっちも無いように見えるが、一体あの人どうやって助かったんだろ?)

視界の端で偉そうな駅員が部下にあれこれ指示をしている。彼らはこれから忙しいのだろう。やがて現場検証だなんだで電車はしばらく動かないとのアナウンスが入った。多くの人がそうするように、僕も何事も無かったように別の路線へと向かう。

…ふと、そんな人々の流れに映画館でのエンドロールを重ねてしまった。

終わってしまった物語よろしく、既に人々の心からはこの事件の興味は失せている。もしかしたら誰かの人生がここで今、終わっていたかもしれないというのに。所詮他人の命なんてその程度のものなのか?

思えば道中ドキドキもしたしワクワクもしたが、それ以上の感情があったかと問われると僕は…

| | コメント (8)

2012年4月16日 (月)

4/16  乗りかかった黒船?

ピンポーン!!

 (おっ、キタキタ(・∀・))

十九時を十分ほど回った辺りで鳴り響いたインターホン。僕はそれを十九時から二十一時の範囲で指定しておいた宅配便が届いた知らせと思い、小躍りしながら玄関へと駆け寄る。

今宵届く荷物はパソコンである。まさに今これを書いているおニューのパソコン。

つまり、そう。これはパソコンが届く前の、まだ暇を持て余している状態の僕に起こった出来事である。


 「ごくろうさまで・・・ん??」

ドアを開けるとそこには、想像していた大荷物を抱えたアンちゃんではなく、

 「あっ、こんばんわ!わたしたち、“なんたらきょうかい”という者でして、もしよろしければ本日アンケートの方にご協力頂きたいのですが…」
 「はぁ」

そこには、なんとも垢抜けない感じの若い女性二人組の姿があった。なんたらきょうかい・・・ 団体名を聞きそびれてしまったのだが、とりあえず「きょうかい」という単語だけはわかって、しかしそれが「教会」なのか「協会」なのかはわからない。

ただ、何かこの二人からはとてつもなく違和感というか不自然さというか、とにかく不思議な印象を受ける。無論、第一感では宗教臭さを感じたのだが、よくよく見るとそれ以外の何か、そう、例えるならば僕の思い違いでなければキャバクラ的な「媚び」のようなものを感じるわけで。

そのせいで宗教ではないのかな?という風に思い直しさえもするぐらいに。

ややもすればどこかの大学生サークルがアンケートを取りに来たと言っても信じてしまいそうな若さ溢れる目の前の女の子。年齢は二十歳前後と言ったところか…と思えば、よく見るともう一人の女性はそんな事もなく、一言でいえば東京ラブストーリーにでも出てきそうな、そんな90年代ドラマ風の古臭さを感じさせる出で立ち… 年齢は三十路に届くかどうかという微妙なラインか?

1

言い方が悪いが、片方の「垢抜けない」という印象に対し、もう片方の女性には「古い」という感想しか見当たらない。なんとも不思議なコンビである。

おまけにこの東京ラブストーリー女、彼女はドアの奥から半身だけを覗かせ、さらに上目遣いでひたすらこちらを見つめてくるという「ブリっ子」(死語)もまっつぁおな態勢を終始崩そうとしない。

Cocolog_oekaki_2012_04_16_03_13

 (なんだかなー。宗教の勧誘にしちゃあやけに・・・)

とある宗教団体では、確かに美人の女性、かわいい女の子等を連れて話を聞きやすくして貰うというマニュアルがあると聞くが、果たしてこれもその一種なのだろうか?

僕はパソコンが無くて暇だという事もあったし、何よりこの違和感溢れる空気に好奇心を持ちとりあえずは話だけでも聞いてやろうという気になった。形だけで言えばまんまと向こうの策略に乗せられてしまったという事にもなるが、実際そうなのだから仕方が無い…。

 「わかりました。じゃあその紙に書けばいいんですね?」

垢抜けない子が持ってるアンケート用紙に目をやりそう言う。

…すると一瞬二人は目を合わせ、「キャー><!」みたいな黄色い声を上げた後、

 「ありがとうございます!せっかくだから、インタビュー形式にして貰っていいですか!?」
 「えっ?ええ、別に構いませんが・・・」

 (なっ、なぜわざわざ??)

やはりここでもキャバクラ的な「媚び」を感じずにはいられなかった。違和感、そして不信感。しかしそれ以上の好奇心。それらを感じる間も無く間髪いれずに質問が飛んできた。

第一問。いきなり衝撃的だった。

 「ではまず聞きます。あなたは現在独身ですか!?」

 「はっ??えっ?独身???そこから???」

あまりに予想の斜め上からの質問に、情けないながらも動揺しまくり。東京ラブストーリー女は相変わらず今にも「か~んちっ!」とか言い出しそうな雰囲気で上目遣いだし、垢抜け無い子(20)は天真爛漫、無垢な瞳を僕に向けたまま回答を待っている。

 「えっと…、それ(独身)がどう関係してくるのですかね^^;?」
 「あっ、ハイ!私たちは青年部の者でして、独身男性の方を対象に活動しているんですよ」
 「ほほう、青年部。なるほど!」

 (答えになってねえよ・・・^^;)

なにやらこの時点で宗教というよりは婚活セミナーみたいな所なんだろうなぁと思い納得して適当に頷いてはみたが、後ほど調べてみるとこの印象は的外れでは無かったらしい。僕が感じた「媚び」の空気も、僕が若い男性だったということで向けられるべくして向けられてたものなんだなぁと今なら納得である。

 「ご職業は?」
 「現在悩んでいる事は?」
 「今後の展望は?」
 「結婚願望は?」

この後も矢継ぎ早に質問が飛んでくる。僕はほとんど適当に答えるが、その都度

 「へぇ・・・すばらしいですね!」

だの、

 「すごぉーい!!キャッキャウフフ」

みたいな、もはや何かこう…おだてておけばいいだろ。どうせこいつ馬鹿だし。みたいな、そんなテンプレ的な受け答えがドシドシ飛んで来た。

 (何がすばらしいですね!だよ。てめえは俺の空の十三さんかい!!)

僕はキャバクラでもそうなのだが、この手の煽ては逆に醒めるクチ。もう少し突っ込んだ煽て方ならば違ったかもしれないが、今回のようなとりあえず煽てておけ的なのは全然気持ちよくならない。

 (こいつら俺がこれでいい気分になるとでも思ってんのかなぁ??)

確かに僕はこのとき若干ニヤついて質問に答えていた。このころになると東京ラブストーリー女も自分らの嬌声が僕にウケてんだと確信せんばかりにドアから身を乗り出し会話に加わってくるようになっていたのだが、違うぞ??おまえら、勘違いすんなよ??

僕はただ、奥にいる魚君が今の会話を聞いてどんな顔をしているか想像して笑いを堪えきれなかっただけである。(魚君は奥で笑い死にそうになっていたらしい)

果たしてそれが二人の目にどう映ったのかはわからないが、何か相手もテンションが上がったらしく仕舞いには自分語りが始まってしまった。僕に悩みが無いかと尋ねていたはずなのに、いつの間にか僕が悩みを聞く側になっていた。

 「・・・まあ、生きてりゃ色々ありますよ」

僕はそろそろパソコンが届く頃だなぁなんて思いながら適当に答えていたが、相手からすればもはや完全に自分たちの思想に共感し始めたカモに映った事だろう。

 「あの…もしよろしければ、これから私たちと一緒に教会へ行きませんか?」
 「へっ??いまから??」

このとき時刻は20時過ぎ。またも予想しないところから飛んできたパンチをモロに喰らってしまい膝が笑ってしまった。

 「ええ、私たちもちょうど帰る所ですし^^隣の駅ですからすぐですよ♪」
 「あー、せっかくのお誘いですがこれから宅配便届くんでちょっと動けませんね」
 「そうなんですかぁ。それっていつ頃届きます?」
  「そろそろだと・・・」

 (あっ)

しまったと思った。今すぐに宅配便が来てもおかしくない状況なのに、実際来てしまったら言い訳が立たなくなってしまう。

焦っていたら、さらに焦りを助長する提案がなされる。

 「じゃあ明日はどうです!?」
 「(;^ω^)え、いや・・・明日はちょっと」

明日が駄目なら明後日。明後日が駄目ならいつがいいかと、執拗な勧誘が始まった。

 「ちょっと仕事が先方の予定に合わせて動く感じなんで、」

結局この言葉で予定を組む事は避けられたが…


恐怖はここから始まる。


ピンポーン

ピンポーン


これより連日、昼夜を問わずして訪問が始まる事になる。面倒臭さ半分、怖さ半分で出なかったが、窓から帰る様子を窺うにどうやら間違いなくその手の人々が来ているっぽい。特に、垢抜け無い子さんは携帯電話に自宅の住所まで書き綴った手書きの手紙も送ってくれたし。・・・って、これは誘っているのだろうか?

Image1

それはともかく、手紙に書かれていた単語を調べるとそれまで曖昧だった彼女らの所属する団体への答え合わせが出来た。「婚活セミナー」…僕の感じた印象はあながち間違いではなかったようだ。

 「統一教会」 

なんたらきょうかいとは統一教会の事だった。数万人規模の合同結婚式で世間の注目を浴びたあの団体である。合同結婚式=統一教会という事を僕はこれまで知らなかったが、しかし合同結婚式のニュースについては幼心に何かとてつもなく不思議に感じた記憶がある。そうか、あの団体だったのか!

合同結婚式だけでなく、世に「マインドコントロール」なる言葉も浸透させた勧誘方法は今も健在なのだろうか?興味本位でその洗脳っぷりを試してみたい気もするが、さすがにプロ相手にしちゃあMLMのときのように遊び半分ではいかなくなるし怖いところ。このまま関わらずにいるのが賢明でしょうね。

しかし調べれば調べるほどよくない話ばかりが出てくるこの団体。特に、日本人女性がターゲットにされてるなんて記事がわんさか出てくるのだが… 彼女らは外国人信者獲得のための結婚相手として特に需要があるという話なのだが、実際ネットに溢れる暴露文が本当だとしたらとてもじゃないが許しがたいことであり、真偽はともかく、この手の話が出てくる時点で既に問題でもある。東京ラブストーリーさんはともかく、垢抜け無い子さんについては何とかならんもんかなぁ。

マルチとかもそうなんだが、こういうのに関わる人らは自分で納得してやってるため始末に負えないし、たいてい周りが何をしたって余計なお世話になってしまう。垢抜け無い子さんも、昔見たマルチにはまった同級生によく似ている。いや、若さと垢抜け無さという点からすれば同級生以上に憐憫の情が芽生えるというものである。例えお節介と言われても、関わってしまった以上見て見ぬフリはしたくない。

僕は人助けという程高尚な目的ではなく、興味本位でこの先を見てみたいと思うのだ。

住処がバレてる事と、偽名を魚君の名前にしてしまったことがここで若干悔やまれるが、なあに、かえって免疫がつく。

何とかなりそうなら何とかしてやりたいし、何とかなりそうもなくても何とかしてやりたいなぁ。

| | コメント (9)

2012年4月13日 (金)

4/13  いまさらイタコちっく

あ、ありのまま今起こった事を話すぜ・・・と、思わずポルっちまう出来事が起きたぜ。

984fa31a

前のパソコンのHDDなんですが、4/6の記事でも触れた通り、OSの再インストールのため泣く泣くフォーマット(データの全消去)をしたんですよ。結局その苦渋の決断虚しく、パソコンはそのままお亡くなりになってしまい買い換えるに至ったわけなんですが、調べてみるとどうもフォーマットをしたデータは復旧させる事が可能とやらなんやら。

どうやら見た目上は消えているけどデータとしてはまだ残っている可能性が高いそうなんです。

フォーマットをしたあとデータの上書きなどをしていなければ、業者ならほぼ100%復旧させる事が出来るらしいと、そのような心強い謳い文句がそこらかしこに点在している現実に勇気付けられ、また、その作業はフリーソフトを使えば業者じゃなくても比較的簡単に執り行えるとの説明を見ればもはや試さない手はありません。

 (どうせ一度は捨てた命・・・!!)

ダメでもともと。こんなに気が楽になる言葉はありません。そう、失敗しても諦めてたものがやっぱりダメだったと再確認するだけの事。逆に、成功したらはぴはぴはっぴー(・∀・)

ちなみに同じ原理で「ゴミ箱」(パソコン上の)で消去してしまったファイルも復元が可能なんだそうです。これは今後のために覚えておいて損はない作業でしょう。

 (ふむ・・・)

そんなわけで、調べながら適当なフリーソフトをインストールしてイザ鎌倉。やはり人間、自主的に作業をする時が一番捗ります。それがエロ目的ならなおさら。いそいそと前のパソコンからHDDを抜き出し、ケーブルを繋いでサルベージを開始しました。

・・・と、すると。

 (お?イケんじゃね??)

すぐさま、何か手応えを感じさせる大容量データの発掘に成功しました。この時点で8割方成功したようなもんです。少なくとも消えてたはずの・・・ゼロだと思ってた部分にゼロを否定するだけのモノが残っていたのですから!

こうなると後はもう、ソフトの指示に従って引き揚げるだけ。もしかしなくてもフォーマットしたデータの復活を確信させられます。

データの量が量だったため五時間は下らない作業となってしまいましたが・・・

 (おおお!でけた(・∀・)!)

 『データの復旧が完了しました』

モニタに表示された十三文字に狂喜乱舞。やった!試してみるもんだぜBABY。ピースマークを送る・・・

 (・・・ぜ、っと?・・・んん??)

復旧したデータの一覧を見て違和感を感じました。それは見たこともないファイル名の数々に。それはお目当てのエロ動画はもとより、エロ漫画のエの字も見当たらない現実に。

そして何よりも・・・
 
 【頸部腹部CT_1】
 【頸部腹部CT_2】
 【頸部腹部CT_3】
  ・
  ・
 【頸部腹部CT_10】

 (こんなファイル無かったよなぁ??)

このように、何やら全く身に覚えのない単語で綴られたファイルの数々にはさすがに違和感・・・、もとい恐怖に似た何かを感じずにはいられません。

 (あれれ・・・(;^ω^)??)

そして決定的だったのは、普通に顧客と交わしたと思われるメールらしきものが発見された事でした。

 『○○内科』

ご丁寧に住所やら電話番号が載っていたので検索してみたらなんとそれは今も実在する病院ではありませんか!!広島県にあるとある内科。HPもそこそこ大きいし見た感じ結構立派な老舗病院です。果たしてこれらのファイルがその内科のものかどうかはわかりませんが・・・って、いや、問題はそこじゃないな。

 (俺のデータはどこへ行ってしまったんだ!!??)

いや、それこそどうでもいいか^^;

 (一体どういう事なんだ!?これは!??)

果たして額面通り、普通に現存する○○内科のデータと見ていいのだろうか?(もっとも、ほとんどのファイルは見られず、せいぜい今のところはテキストファイル・・・つまり、メールやら血圧がどうたら・・・のような定期連絡っぽいのしか見られません。他に動画やら写真やらファイルが何千何万とありますが内容は不明)


パソコン初心者の僕がざっと考えて、以下の可能性が浮かび上がります。


1・僕が使う前にこのHDDは○○内科で使われていて、その際データを消去して使い回したのだが今回どういう偶然かそれが復元されてしまった説

・・・可能性としてはこれが真っ先に思い浮かびますが、ただ、僕は前のパソコンは新品で買ったはずなんですよね^^; 普通、HDDって処分するときに穴を開けると聞きますが、使い回されてるってのは有り得る話なんでしょうか?

そうそう、ここでもう一つ気づいた事があるんですが、この○○内科のデータと思われるファイルの数々、その最終更新日は軒並み2005~2006年辺りになっています。

僕がこのパソコンを買ったのは確か3年前辺りなので、時期が合っていません!!

するってーと、使い回し偶然サルベージ説が俄然現実味を帯びてくるのですが・・・う~ん??しかし、となるとどうして僕のデータが消えて更に古い○○内科のデータが復元されてしまったのだろうかという疑問は残る。

そもそもフォーマットする際にドライブに残っているデータの最終確認をキチンとさせられていて、そこでこのデータの欠片さえ見当たらなかった。さらに言えば業者でさえも、フォーマットしたあとにデータの上書きがされたら、フォーマット以前のデータの復元は限りなく難しくなると言っているし・・・

それらの偶然が重なる確率を考えると・・・ しかし確率に裏切られるのは僕の最も得意とする分野だ。


2・どっかで拾ったファイルにたまたま○○内科の流失ファイルが紛れていた説

どっかとは言わずもがな2chである。よくある顧客ファイルの流出とかの話の可能性ってヤツだが・・・う~ん。Wで始まるファイル共有ソフトを僕は使った事がないし、せいぜい僕がファイルを拾うのはエロ動画にエロ漫画くらいのものだ。

そこにまたまた○○内科のデータが流失していた可能性・・・。無いことも無いのだろうが、如何せん可能性としは薄すぎるだろう。また、その場合は僕のデータが消えている事の説明になっていない。(・・・って、そう考えるとやはり説1の可能性が高まるな)

3・君の知らない物語説

話は簡単で、説2の延長論。単純に僕の知らないところで誰かがファイルをダウンロードしていて、そこにデータが紛れていた可能性。僕のパソコンはこの数年、確かに何人かに触られてはいる。一番可能性の高いところで魚君なのだが、まあ心当たりのなさは僕以上だろうし他の人にしたってこの可能性は薄いかな。

或いは今回のサルベージに使ったフリーソフトがそもそもこの手の問題を引き起こす類のものだった可能性も・・・いや、それを言ったらキリが無いか。さすがにあの容量を想像させるだけのダウンロード時間では無かったしな。


4・超常現象説

また別の日に書く事になると思うが、実はこの数日とある宗教団体に付き纏われている。と、書くとおっかな面白い話になってしまうが、単純に興味のあるフリをしたらカモだと思われて連日訪問されてるというだけの話。が、このタイミングの良さは何かを思わせる。あまりにも不可思議な現象の数々・・・これは呪術の類であると思うのが自然であろう。若しくは電波兵器。思えばGODの天井狙いが単発だったことも、そのGGの獲得枚数が100枚に満たなかった事も全ては呪いという事で説明が付こう。僕は狙われてるのだ。組織に、神に、大いなる存在に・・・^^

・・・と、それはさすがに飛躍しすぎた発想ではあるが、しかし機械の不具合の可能性は一応疑っておいた方がいいだろう。無いとは思うが絶対とは言い切れないし。


 (・・・う~ん、)

ざっと考えてみたが答えが出ない。一体全体どういう事なんだろう。この中に正解があるかはわからないし、また、このまま考えたところで答えが出るとも思えない。いっそ業者に持ってって調べてもらうのも手なんだろうが、そこらへんは僕の興味が今後どこまで継続するかと代金との兼ね合い次第だね。蓋を開けてみれば全然大したことじゃなかったなんて事にもなるかもしれない。

はたまた、エロへの情熱が全てを解き明かすのだろうか?

パンドラの箱の中に、どうしても救いたい女優(ひと)がいる。

| | コメント (12)

2012年4月11日 (水)

4/11  想定内

ようやく新しいパソコンが届きました。が、いざデータを移してみるとバックアップの最終更新日が思ってたよりも古かったようで、予想より全然データが残ってなかった事に戸惑いつつも、それでも「最悪」を免れた事に感謝。

前回のパソコンとOSが違うためか、外付けHDDからデータを移すのに少々骨を折りましたが、それも全てはエロ動画ベストイレブンのためと… 恐らく単なる麻雀の成績とかだけなら途中で諦めていた事だと思います。パソコンスキルとはいつだってエロを原動力として向上するものだと此度も雄の業の深さを思い知らされました。


ところでパソコンが壊れてる間にこんなの引いたんすよ。

201204091210000

BIG中の中段バー揃いからフリーズして、そのまま確定クエスト(ところでクエストGのGって何の略なんですかね?ゴールド??グレート??)を経てのウなんだか何とかって恐竜倒して+500ゲゲゲット!!

 (おいおい・・・いったいどうなってしまうんだよ^^)

周囲の羨望の眼差しを一身に受け、それから皮算用。大体これまでの流れからして万枚は固く、初打ち補正も入るので2万枚は射程圏内だなとワクワクしていたのですが…

 201204091423000_3

 (う~む)

いや、これ事態は全然満足行く結果ですよ??

しかしこれでようやくこの日の収支が+2kってのがね…なんというか^^;。全6シマっぽかったから無駄に粘ってしまった僕が悪いのだけど、それは置いておいても正直もうお腹いっぱいです。

キツいよモンハン(><)
つまらないよモンハン(><)

同じキツイ台でも、北斗って何だかんだで相当面白いんだなぁと再認識させられました。

 ・モンスターハンター
  演出    ★☆☆☆☆
  出玉感  ★☆☆☆☆
  爽快感  ★★☆☆☆
  教官(?)のウザさ ★★★★★          
  ポコチーン!!    ★★★★★   
  合計12/100点  当否が丸分かりなのは何とかしてほしかった。擬似連中に上司みたいな人が出て来たときの絶望感はフットサルを髣髴とさせる。虫の木ミッション!!じゃねーんだよ!!おまえのせいで北斗に設定入らなくなったんだけど、どう責任取ってくれんねん??


それにしてもチャンスが生かせないなぁ('A`)

| | コメント (14)

2012年4月 6日 (金)

4/6  さよならは突然に

どうしてこうも僕が触る電化製品には当たり前のように不具合が起こるのだろうか。パチ・スロにおける呪われているとしか思えない結果にしたって、言うなればあれも不具合の一種であろう。

そして今回はと言えば…

 (あばばばば!!)

簡単に言うとパソコンが壊れた。難しく言うとファッキンナウである!

いつもと違うフリーズの仕方に驚き、再起動をかけるもまるで反応しない我が愚息…もとい、パソコン。この半年で頻繁にフリーズをするようになってたものの、幾重にも渡るチャレンジに最後にはちゃんと応えてくれていた彼はもういない。

 ≪次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした:¥WINDOWS¥SYSTEM32¥CONFIG¥SYSTEM オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。修復するには、最初の画面で 'R' キーを押してください。≫

別れる直前の彼女のような、トラウマを植えつけるには十分過ぎるほどの冷たい態度でモニタ上に映し出されたメッセージ。

(らめえぇぇ!こんなの初めて(><;)!!)

僕はこれまた別れを切り出される直前の間抜けな彼氏風にアタフタと言われたとおりに動くのですが、最期に何を言ってもウンともスンとも言ってくれない辺りは機械も女性も同じようです。

 (なんという事でしょう!!)

指示に従いセットアップの手順を踏んでいく最中、必要に迫られフォーマット(初期化=データの消去)をした途端、今度はハードディスクの電源が入らなくなってしまいました。もはやお手上げサンバ。ものすごい奇遇な事に、僕の弟がこの手のパソコンを直す仕事をしていたため電話で聞きつつ作業していたのですが、これ以上は現物を見てもらわないとどうにもならなそうです。

 (まーそろそろ買い替え時だったしなぁ)

データが全部消えたにも関わらず余裕があるのは年明けに一度バックアップを取っておいたからでしょう。三ヶ月の被害と言えばせいぜい麻雀の成績とパチンコのデータぐらい。一番消えて困る殿堂入りエロ動画と思い出の写真さえ無事ならもはや何も言うまい。

 (最悪回避はデジタルの基本思考だからな(キリッ!)

取っててよかったバックアップ!


てなわけで、パソコン買い換えるまでしばらくは漫画喫茶から更新する事になりそうです。それにしても久々に石器時代のような生活をしているけれど、夜ってこんなに長かったんだね。

2chに毒されていなかったら… パチンコなんて知らなかったら…

果たして僕はこの暗い時間に何をして過ごしていたのだろうか?詰め将棋をしながらそんな事をふと考える。

| | コメント (9)

2012年4月 2日 (月)

4/2  似てるよね

それにしても四月から等価禁止!なんて触れ込みが年初めにあったのはなんだってぐらい何も動きがありませんね。聞くところによれば突然変わっていたなんて地域もあったにはあったそうですが、僕の周りは果たしてどうなのだろう??

一説によれば「四月から等価交換禁止」という噂が、「四月以降等価交換に出来なくなる」という風に変わったらしいという話も耳にしましたが、さて…??

実はその話を聞いてからというもの、33玉以下の低換金のお店複数にて、ひたすら貯玉を溜める作業に勤しんできたのはここだけの話。過去、何度か換金率の突然の変更は見てきているのですが、下げる場合は事前告知で早めに貯玉を換金してください!などと言ってくるものの、上げる場合はその限りでは無いんですよね。

もちろん以前の換金率を参照して貯玉がソレ相応に調整されているなんて事もありますが、そのままの玉数を保持していて、結果換金率が上がった分だけ得をした!!なんて事もありました。相手もそんな馬鹿じゃないだろ~なんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが、実際に僕は体験しているのです。もっともその時は直前に何万発か換金していたので悔しい思いもさせられましたが(´;ω;`)。。。

今回、もしも本当に「四月から等価交換という換金率に変更が出来なくなる」のであれば、慌てて等価交換に変更するお店も出てくるでしょう。もしもそのとき、僕が以前体験したように貯玉をそのままの数で保持するような事があればそこで溜めれば溜めた分だけ利鞘を得られると目論んでいたのですが…

 (さすがにそんな上手くいかないか~)

(換金率を)上げる事はあっても下げる事はしないだろうという読みの下、普段の僕ならあまりしないレベルの貯玉をしてきたのですがどうやら徒労に終わりそうです。とは言え、ここで大量に貯玉を換金した途端に動きがあっても悔しいのですぐには動けませんが…

話は変わりますが、実は昨日一日(エイプリルフール)、「堕落ブログ」というタイトルを「墜落ブログ」に変えて放置していたのだけど、誰か一人くらい気付いてくれただろうか?

すっげーどうでもいい事を、自分でネタバレしなきゃならないこの恥ずかしさ(´;ω;`)

| | コメント (11)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »