« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

10/31  「敢えて」スルーしたら全6だったでござる

1165678900578

クリスマスは絶対ハローサンタ打つど(´;ω;`)!!1!

| | コメント (10)

2011年10月30日 (日)

10/30  いやはや全くその通り

先日、エヴァの6を掴んだ日の事。

 (・・・おいおい、2連続でビースト1ゲーム終了かよ(+^ω^)ピキピキ)

その日、23回REGを引いてビーストモードの完走はゼロ…だけなら良かったのだが、50ゲームを超えたのが23回中3回しかなかった。一桁終了は11回。トサカに来た。

実は僕は導入以来今まで一度もこのビーストモードを完走させられた事が無い。これまで覚えてるだけで60回前後、おそらくはもう少し多いのだろうが、約1/50で成立する転落リプを100ゲームの間引かずに完走するという行為を60回以上の試行で一度も成し遂げられていないのだ。

 (・・くううううう!!インチキッインチキッ!!これがST機だった・・・あ!!)

そんなわけでST機を打ってみる。

ST機とはパチンコの確率変動システムの1つで正式には「スペシャルタイム」、回数区切りの確率変動の事を指す。例えばST70だったら70回転の間は確率が変わりますよと。最近のST機で有名どころである銭型だったら通常確率が1/199のところを、ST中は1/70.9にまで上がる。ST中に当たったらその繰り返し。従来の確率変動システムのように次の当たりを保障しないものの、その自力感が好評で人気を博している。

一方は一定区間で転落フラグを引いてはならない。
一方は一定区間で当たりフラグを引かなくてはならない。

 (エヴァのビーストモードと間逆のこのシステム、今の俺ならッ・・・!!)

・CRリング MAX *ST70 ST中大当たり確率 1/49.7
 初当たり7回 (単・単・単・2・2・単・2)

・CRバンバンラッシュ *ST80 ST中大当たり確率 1/58.3
 初当たり8回 (2・4・2・単・単・3・2・単)

あの…マジで勘弁してもらえないっすかね。たった数回の稼動で大当たりが30回ぐらい足りてないんですけど…

  「くぅううう!!引くのも駄目、避けるのも駄目となったら一体俺には何が向いてるってんだよっ(´;ω;`)」

  「そもそもおまえはパチンコ向いてないんだよ」

同居人の冷徹な言葉が痛い。

| | コメント (9)

2011年10月27日 (木)

10/27  ツキの表裏

黄門打ってたらこんなん出たんすよ。

201110261147000  

 *REG中の登場人物紹介で出てくると設定5or6が確定するキャラ。

既にかなり高設定&偶数っぽい挙動を示していた事もそうですが、そもそも中途半端に5を使ってくるような店でも無いのでわたくしはこの時点で6を確信しました。

 (どうだっ!?見たか、テメェら!!俺がジャスティスや!!!!)

このときなぜか神の末裔と思われる方々が僕の両脇を固めてまして、右隣がART50連の一撃4000枚超。左隣は黒バー揃いからやはり一撃で2000枚の連荘ing状態のおばちゃん。

…そんな二神に挟まれ、ずいぶんと肩身の狭い想いをさせられたのももはや過去の話。

涙目で投資を重ねている僕を常連達が不思議そうな目で見ていたのですが…よかった!!やはり両脇が異常なだけだったんだ!

56確定キャラを見るや否や、そそくさと辞めていく右隣の神を見ていよいよ僕の時代が来たと安堵しました。おばちゃんは未だに連荘中ですが、所詮は設定1のバカ噴きよ。

 (見せてくれよう、高設定の実力とやらを!!)

ちなみにこの時点で我が台は3000ゲームでBIG5のREG11。投資は31k。

1:1の比率であるはずのBIGだけが引けずにかなり苦しい展開ですが、時刻はまだ昼過ぎだし、設定6だし^^なあにかえって免疫が付く。。

 (ここからここか・・・)

 3000ゲーム BIG5-REG11
    ↓
 6000ゲーム BIG11-REG22


 ⊂(#・∀・)     冗談じゃねーぞこのヤロォォォオオ!!
  /   ノ∪     
 し―--J |l| |
    )   *  (_  ビターン!!
     ⌒)   (⌒
       ⌒Y⌒

マジハロやひぐらしなんかもそうなんだけど、どうしてBR比率が1:1ぐらいの台ってこうなりがちなんだろうね?逆は滅多に見ないってのに。スロット七不思議のひとつてむ。

 「・・・これ、あるっぽくね?」
 「他の台合算悪いし全然アリじゃね?」

 「ッ!?」

そうこうしている内に、未だ頭角を現さない僕の台のせいで56確定キャラが既に出たのを知らないスロプー達が黄門のシマに高設定が眠っていると勘違いして群がってきました。神の残した履歴は偉大だったのです。

 (くそっ、これでまた隣が一撃三千枚とかってパターンじゃねえだろうな!?)

もはやこの時点でかなり滅入っていた僕は気が気じゃありません。もう一度神と遭遇したら恐らくは死…それもむごたらしい「引退します」との言葉を吐いてしまう恐れすらある。

いっその事それを避けるためにも既に僕の台が6だと教えてやるのも手なのですが、

 (う~ん・・・前みたいに軍団長バトルに発展したら嫌だしなぁ…)

そんな事を考えていたらお約束とばかりにでっかいハマリがやってきました。そしてやはりこちらもマーフィーの法則通り、軽い当たりを連発させてイチイチその度に仲間に報告しに行くスロプー。

少し前に同じ店の全台設定6の蒼天のシマで一人-53ペリカと死んだ記憶が蘇ります。冗談じゃない!!このご時世、せっかく掴んだ6でまた死んだら気が狂っちまう!!


 (くぅうううう><!!!なぜこの俺がっ!!!)

 (・・・こんなっ!!)

 (・・・・・立ち回りのたの字も知らないッ・・・!!)

 (四流ドモにっ・・・!!)

 (毎度毎度・・・・ヒキが弱いというだけでっ・・・・)


 (・・・後塵を拝さにゃ・・・)


 (アカンのじゃああああああああ)

700・・・800・・・・・900・・・・・ 

って、おいおい・・・ちょっ・・・・せっ、1000・・!?

 (いくらなんでも黄門の6で1000ハマりはよそうよ(´・ω・`)…)

黄門ちゃまは6の合算が1/162なので、1000ハマりとかは結構な確率です。そうじゃなくても今日は既に三倍四倍ハマリを量産してるってのに。。

やがて1100を突破し、嫌な記憶が蘇る…

 (くぅー><駄目だ、思い出すな。こないだ1262ゲームでバケ引いた事と1182ゲームでバケ引いた事は思い出しちゃ駄目だ><恐怖は伝染するんだ><駄目だ忘れろ忘れろ><)

何気に黄門の天井は結構強力です。過去二度の失敗も含め、ここまで来たら是が非でも物にしたい!

カウンターを見ないよう見ないよう、必至にぶん回す事数分…

 『ガオー!!!!』

 (ぎゃー!!!!!)

聞きなれない音がして青ざめます。この音はそう、平和の激熱演出・・・

 (げ、激熱の虎柄演出やないけ!!)

よりによってこんな時に…いや、こんな時だから、か。知ってたよとばかりに妙に覚めた感覚でそう想いつつも、それと同時に目に入るゲーム数。

 (・・・1196ゲーム、神は死んだ。アーメン。)

こうなる事はわかっていたけど、やはりゲーム数を見ると落ち込みま・・

 『ラーメンを食べるでやんす!』

 (・・・っ!!?)

しかし聞こえてきたのは普段なら殺意を抱く八兵衛の声!!!こいつは当たったらプレミアというぐらい信頼度の低い演出だが…これは・・・まさか!!?

 『ウヒーウヒー><』

 (うおおおおお!!!!!)

Res58

期待通りのハズレに天を仰ぎ小さくガッツポーズ!

(やったぞ!俺はやったんだ!!!)

先ほど虎柄に釣られうっかりゲーム数を見てしまったため、天井まであと80ゲームほどという事を知ってしまった僕は極めて平静を装いながらプレイを進めますが、

 (ヒュ~…手汗が止まらんぜ!)

ほんの10分前ぐらいまで死んだ魚君のような目をしていたというのに、一転してこの興奮ッ・・・!!

 (これで残り10ゲームとかで当たったら麻雀物語以来の台パンをしてしまうかもしれないな…)

時刻はこの時20時ちょっと前。このハマリが訪れる前まではトントンぐらいだった事を考えても、ここで天井をモノに出来なかったら確実に今日の負けが確定する場面とあっちゃあ興奮もしましょう。

1214ゲーム。ヒットマンにすら見えた強チェに耐え、1246ゲーム、ほぼ当たる悪代官演出も奇跡のスルーを果たし・・・

Kou2_2

 (ああ・・・ゴールだ)

無事天井へ。そして始まる最後の賭け、天井ART(最高継続率ループ+ストック5)!

 (よーし、多分千枚ちょいぐらい出せればトント・・

Kou


 (ってあぶねェえええええ!!!!!)

天井ART突入の10ゲーム後にバケが当選。前後したら酷い事になってただけに、相変わらずの憎っくきバケであるにも関わらず気分も高揚しま…

ピキーーーーン!!!!

 (っ!??)

201110261954000

なんと、そのバケ中にフリー・・・ズ!?
 
 (っておいおいおい・・・)

フリーズも天井ART同様、最高継続率のART+ストック5個です。ただし、今回の場合は既に最高継続率のART中ですのでストックが+5個付くだけですが…(´・ω・`)

ともあれ、82%ループにストック10個スタート!!!

 (今度は取りきれない心配せにゃアカ…

201110262111000_3    

 …ンなんて事は無いですよね。そうですよね。)

1296ゲームでバケを引いて、203ゲームでBIG。そのまま当たらず800ゲームで抜けとか…もうね、さすがに当たらなすぎだろ('A`) 閉店取りきれずを覚悟したというのに21時ちょっとには通常ゲームにいましたとさ。

 最終的に9029ゲーム BIG13-REG29

201110262156000_3

合算1/214。ビッグだけで15回足りてない計算ですが、それでもARTの引きで何とか補えギリギリプラスだったし、もっと言えばそもそもあの56確定演出が出てなかったらどこかで心折れて捨ててしまっていたかもしれない。

するとその後粘ってのプラスが無かったろうし、そう思えばこそあの時点であの演出が出たことが、BIGの足りなさなんて瑣末な問題に思えるぐらいのダイナマイトラッキーだったのでしょう。

 (ツイてないように見えても、実は相当ツイていたって??)

気持ち高らかに、今日も欠損だけが残った。

| | コメント (17)

2011年10月24日 (月)

10/24  こうして深みを増す

少し前の話になりますが、一時期某掲示板のあらゆる場所に無差別的にこのブログのURLが貼り付けられていた事がありました。貼る目的こそわからないものの、麻雀板や無職板ならまだここの内容と関係が無いわけでは無いので納得も行きましょう。が、例えばそれが毒女板や宗教スレに貼られているともう何が何だかわかりません。

 (こんな事何人もやるとは思えないけん…しかしそれにしちゃ色んな場所に貼られてるなぁ)

とは言え、別に貼る際に何か否定的なメッセージを添えるわけでもなし。見ている限り悪意があるようにも感じなかったため気に病むレベルでもなく、逆に検索している内に楽しくなってきたりもして…

それからというもの、僕にはいつの間にか定期的にそういう事がないかどうか検索してみる癖がつきました。ほら、誰でも自分の名前を検索してみた事ぐらいあるでしょ?その延長と思っていただければ…

 (…久々に検索してみっか)

そんなわけでつい先ほどの事です、半年振りぐらいにumi-umi-daraku…てな具合に、ここのURLを検索ワードに打ち込みまして、

 (おっ、どれど・・・んん??)

そこで面白いレスがあったので紹介しようと思います。


感情の・・涙の・・理由を知らない糖質達の穴蔵.part17

630 :◆C0xb0ZG7Y :11/06/23 18:29:15 ID:VOdCyU/B

>>628
堕落BLOG似
http://umi-umi-daraku.cocolog-nifty.com/hotlemon/
 
 
あえて「似」ってつけている
以前この人は~堕落BLOGってやってた確か
それにあえて「似」とつけている
似は似ているともとれるし
二 2 ナンバー2 オリジナルなのにコピーと卑下をしている
それはある意味わかる人にとっては(自分も含め)誰が語源のオリジナルであるかというのを理解しているから
自分が勝者って理解をしているから ある意味「似」て付けれる
自分は無いなあそういうのって 

 
 (こ・・・これはwww!?)

どうも僕のブログをコテハン(固定ハンドルネーム)の方が紹介しているようですが…むむむ??何か、何かがおかしい(;^ω^)…。

このレスだけ見てもさっぱりだと思いますので(僕がそうだったしw)、このレスに至るまでの流れを以下に載せます。


621 :名無しさん :11/06/23 18:05:27 ID:yp0Q4fJb

> あとは他人が自己紹介というか自分の事を独り言するに対して
> 自分が「俺に対する嫌味か皮肉か?」って解釈
> これも日常でありうる反応
 
普通はありえねえっつのw
明らかに病的なんだよ
そのあり得ないことをお前がやりまくったからダラプスレは潰れたんだが
そこのとこはきちんと認識してもらいたいね 

623 :○○ ◆C0xb0ZG7Y :11/06/23 18:12:12 ID:VOdCyU/B
>>621
潰れたというがダラプスレは存続している
ああ
ダメプとダラプを履き違いしていた
ダラプスレはつぶれてしまった。
ついでにいうと語源となるソース元の人物がネット上に存在する
そのあたりも関係をしているのかと付加読みをする 付加?深読み
まあ「そんな人物は知らない」って返答が来ると予想している
知っていても知らなくとも 


624 :名無しさん :11/06/23 18:14:30 ID:yp0Q4fJb
> ダラプスレはつぶれてしまった。
 
人ごとみたいに言うな
お前が潰したんだよ
 
> 語源となるソース元の人物がネット上に存在する
誰? 


625 :○○ ◆C0xb0ZG7Y :11/06/23 18:16:36 ID:VOdCyU/B
例えば管理人にメールは
自分じゃなく誰か他に誰に断ってダラプとか単語を使ってんだゴラアとか
ライセンスは俺にあるぞみたいな 


626 :名無しさん :11/06/23 18:18:12 ID:yp0Q4fJb
>>625
意味がわからん
何言ってるの? 


627 :○○ ◆C0xb0ZG7Y :11/06/23 18:19:15 ID:VOdCyU/B
>>624
以前スロプーで今は期間工だか?ブログは見てない
堕落した生活のぷー(という設定)現実の存在かは謎
略してダラプロだとかダラプーとかダラブロ だら風呂?(俺?
なんか正確な略称は忘れというか当時も注記したかも
誰かが使っているもののぱくりで悪いがみたいな
ダメプー に対してその人のダラプロからダラプーみちあな
それでライセンス料というか取られている(いや、ないか 


628 :名無しさん :11/06/23 18:25:04 ID:yp0Q4fJb
>>627
ググったけどそれらしいのは見つからんな
で、語源になる人物だかがネット上にいたなら何なの?
オリジナルじゃないから基地外連投で潰してもいいってこと? 
630 :○○ ◆C0xb0ZG7Y :11/06/23 18:29:15 ID:VOdCyU/B
>>628
堕落BLOG似
http://umi-umi-daraku.cocolog-nifty.com/hotlemon/
 
 
あえて「似」ってつけている
以前この人は~堕落BLOGってやってた確か
それにあえて「似」とつけている
似は似ているともとれるし
二 2 ナンバー2 オリジナルなのにコピーと卑下をしている
それはある意味わかる人にとっては(自分も含め)誰が語源のオリジナルであるかというのを理解しているから
自分が勝者って理解をしているから ある意味「似」て付けれる
自分は無いなあそういうのって 

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

・・・・

・・

Kurokou


どうでしょうか?話の流れが理解できたでしょうか?

 (すげぇ…もうね、すごいとしか言いようがないよ^^;;)

どうやら話をまとめると、以前『ダラプスレ』というものが存在していたらしく、ダラプというのはダラダラしているパチプの略称かと思われますが、そういう人たちが集まって雑談をしていた板があったのでしょう。

で、そのダラプスレとやらが何らかの原因で潰れてしまった…??

いや、まあそこら辺はよくわからないのでこれ以上突っ込む事は出来ないのですが、問題はいつの間にかその『ダラプ』という言葉の語源が『僕』であり『このブログ』という事になってしまっている事です(;^ω^)

さらに『僕がその事実を知った上』で、『語源のオリジナルである事を認識し』、さらにさらに『皮肉の意を込め』新しいブログのタイトルを敢えて堕落blog『似』にしているというではあーりませんか!!1!

 >似は似ているともとれるし
  二 2 ナンバー2 オリジナルなのにコピーと卑下をしている
  それはある意味わかる人にとっては(自分も含め)誰が
  語源のオリジナルであるかというのを理解しているから

Vi9156348770

 *糖質=統合失調症のネットスラング

統合失調症を指す際に、よく「被害妄想がすごい」「思い込みが激しい」「自分が世界の中心=話が通じない」などと言われたりしますが、これは正しく…^^;

しかし思い込み云々はともかくとして、ここまで来ると逆に凄みすら感じる。本人ですら考えた事のない深い深い(w?)考察がそこにはあって、なるほどなぁと関心させられてしまった。

僕は言い争いの種になったダラプスレというものを知りませんし、このブログが「似」になったのは以前も書いたとおり「壱」に当たる以前のブログが引越しの際のトラブルで存続不可能になってしまったからであり、さらに言えば「似」に関しては適当に変換した時に一番最初に出てきた文字が「似」だったから(お、これいいな♪)なんて思っただけだなんて…

 (今さら言えないっ(´;ω;`)!!!)

僕はなぜか昨今の漫画などにも見られる読者の常軌を逸した深読みを思った。

51scjslfhtl_ss500_

作者が何の気無しに書いたものでも、読んだ人達が勝手に深読みしてさらにそれを語り合っているいるうちに段々自分でもそんな風な気になってしまう…そんなこと、あるんじゃないでしょうか。

 >堕落した生活のぷー(という設定)現実の存在かは謎

と、言うわけでせめてもの罪滅ぼしにこの設定を貰おうと思います!今日から僕らは想像上の人物。魚君なんて魚面したキモメンも、うみなんて無職もいなかったんや!!はぴはぴはっぴー^^

| | コメント (13)

2011年10月20日 (木)

10/20  なんとかツアー11

六日目(7/30)

いよいよツアーも山場です。この日、八戸の漫画喫茶で朝を迎えたわけなんですが、この時時刻はまだ朝の4時。

実は前日18時30分ぐらいにこの漫画喫茶を見つけて道を調べようと入ったのですが、長時間のドライブにより疲労がピークに達してましてそのまま泊まる事にしたのです。が、生憎この漫画喫茶のパック料金は最長でも10時間。ケチなあたしは疲れてるにも関わらず延長料金を恐れるあまりバッチリ目が覚めてしまいましたとさ。

そんなわけで、4時30分にはここを出ないといけないわけですが…

 (今から恐山行ったらちょうどエエんちゃう?)

こんな事をふと思いつきまして。

当初の予定では恐山に登る前日にむつ市に入り、そこで宿を取ってしっかり準備を整えてから翌日の恐山へ向かうつもりでした。ほとんど何も調べずに向かっていたのですが、それなりの長丁場を予想しての計画。

が、距離を調べてみるにどうもここ八戸から向かっても四時間足らずで目的地である恐山まで着きそうな感じでして、ならば…と。今から向かえば遅くても昼前には着く事でしょう。

 (どうせここにいてもやる事ないしな~)

と、言うわけでノープランな僕は急遽この日恐山へと向かう事に決めました!この適当さが一人旅の醍醐味。よく考えるとちょうど今日は土曜日だし、イタコさんがいるならやはり来訪者の多い休日の方が確率が高そうだしね♪

おしっ、そうと決まればレッツラ・・・

It55

 (;^ω^)ゴー・・・!?

 ( って、すげえ霧だな・・・)

この日がたまたまそうだったのか、単に青森の朝はみんなこうなのか。恐らく前者だとは思いますが、とにかく少し先を見通すのも困難な…それこそ前日の浄土ヶ浜に勝るとも劣らないレベルの霧が立ち込める道を一路北へ、北へ、北へ。

 ・八戸45号線周辺  4:30~
   │ (国道45号・19号・338号)
 ・むつ市   ~7:30

It57

 (なんかいかにも東北っぽい名称だべさな)

あ。そうそう、東北っぽいと言えば道中のコンビニ…

It54

It56

どこも大体ドアがこんな風に二重になってるんですよね。恐らくは雪払いのためのスペースかと思うのですが、う~ん…いいね。こういう地方色。

・・・え?静岡?静岡はなぁ…、静岡は………ちびまる子ちゃんが途切れずに毎年やってんだよ!!!

 (おっ!)

It58

とか何とか言ってる内に、いよいよ今ツアーの目的地が文字として現れました!いいですね、テンション上がります。ここらへんまで来ると、もうほとんど一本道。

It59

 (む・・・!?)

そのまま市街地を抜け、県道四号沿いを辿りいよいよ山道に入った頃に目についたとても不自然なスペース。バス亭のようだが、なぜこんなとこに…?

実はここ、冷水(ひやみず)と呼ばれる歴としたむつ市の観光名所。名の通りとても冷たい湧き水が出ており、それは不老水と呼ばれこの水で手を洗い、口をゆすいでから恐山へと向かうのが恐山登山暗黙のマナーとなっていたりいなかったり(?)。

一応ここが俗界と霊界の別れで、冷水を1杯飲めば10年、2杯飲めば20年、3杯飲めば死ぬまで若返るという不思議な水と言われてたりもするようです。             

僕は前日、たまたま漫画喫茶で恐山について検索していたらここの存在を知ったので寄ることが出来ましたが、果たして知らなかったら車を止める事が出来ただろうか??まあ寄らなくても何も無いのは間違いないが、ただ、霊場と呼ばれる場所に行くんだし清めは行っておいた方があちらも喜ばれる事でしょう。

It60

しっかり清め、そのまま道沿いへ二十分ほど進むと…

 (ん???)

細い山道を走っていた景色が一転、スプラッシュマウンテンの正にこれから落下しようというその瞬間を思い浮かべてください。これまで光を遮っていた木々が音と共に視界から消え、それと同時に照りつける太陽の光と共に拓けた場所へ出ました。

 (おおォおおお(゚∀゚)!!!こんな山の中にこれだけの広場が!?)

それはさながら阿蘇山を彷彿とさせる、突然の盆地。

It66

 ↑パノラマっぽくしたけど微妙だなぁ・・・(;^ω^)

阿蘇のカルデラ湖のような目が痛いほどの緑々しさは無いものの、代わりにここまで感じなかった鼻をつんざくような強烈な臭いが辺りに立ちこめます。

 (クンクン・・ 匂うな、硫黄が!!)

そう、これは硫黄独特のあの匂い。山道では一切感じなかった強烈な匂いが盆地一体に充満しているのです。

恥ずかしながら、ここに来るのが目的であったのにも関わらず知らなかったのですが、どうやら恐山は「火山」のため終始この匂いと共に行動する事になるようで。

 (おお、硫黄の「あの黄色い」のが見える・・)

It67

そこらかしこで煙が噴き出しております。


さて、ここまで来るといよいよ肉眼でも恐山のお寺が確認できるのですが・・・

 (おおおおおお!!!!)

It61

ある意味で寺そのものよりテンションが上がる有名どころ、『三途の川』が道中に何気なく佇んでいるではあーりませんか。

僕はいままでこの橋の写真こそ何度も見た事があったのですが、寺の中にあるとばかり思っていたため通りがかって発見した時は変な声が出ました。

 (Yeaaaaaaaaaah!!ウォッホッホーゥ!!(゚∀゚))

硫黄臭い中大はしゃぎで撮影タイムです。ちなみにこのとき時刻は朝の八時。周りに人っ子一人いないのが残念ですな。

It62

橋の上から。

中央の道の先に見えるのが恐山菩薩寺。今回のツアーの目的地であります!では、満を持して行きますか!

 ・むつ市市街  7:30~
   │ (国道338号・県道4号)
 ・恐山菩薩寺 ~8:20

It63

結局八戸からは四時間弱で到着!ストレスフリーでスイスイやってこれたものの、シーズンはあの山道が渋滞になったりするのだろうか?ともかく、シーズンを外れた朝一にやってきた僕を出迎えてくれたのは馬鹿みたいに広い駐車場… 

ガラガラですが、まあ朝の八時じゃね・・・

It64

It65

 (ついに、来たぜよ…)

別に前世で何か因縁があったとかそういうわけではありませんが、感慨深い何かを感じつつ、さあ、いくぜ。行くぜよ。      

To Be Continued

| | コメント (10)

2011年10月18日 (火)

10/18  ビッグマン

日曜日、エヴァで25kほどさっくりやられた魚君はヤケクソでスクラッチくじを買ったそうなのだが、それがなんと1万飛んで200円当たったらしい(200円は10枚買えば絶対当たる)。10枚入りで1枚200円のクジなので投資2000円のプラス8200円。

 「なんかもったいないね」

僕は率直な感想を述べたのだが、この意見は果たしてどうなのだろうか?

 「当たって勿体無いってこたぁねえだろう」
 「そうなんだけどさ、しかし・・・」

魚君の返しはもっともだけど、僕のこの感覚もわかって欲しい。

そもそも宝くじをなぜ買うかと言えば、人生を変えるだけのお金が入る可能性があるからの一点に尽きると思う。そうじゃなきゃ誰もこんな控除率の高いギャンブルに進んで手は出さないはずだ。

 『ほぼ確実に負けるなら、当たった時ぐらいはガッツリ欲しい』

この思考から僕は上記の感想を述べているのだけれど、しかし当たって得をしている以上アヤを付けているのはやはり僕なんだろう…

しかしこれだけはハッキリ言える。別に羨ましいとは全く思わなかった。エヴァの負けを抜きにしたって、スクラッチで一万円当たったから何だと言うのだ。10回に1回も当たらないクジに偶然訪れた対価がそれって…。僕なら逆に、何とも言えない微妙な心持ちにさえなると思う。

ああ、せっかくの貴重な当たりをこれに使ってしまったか…と。

 「いやいや、別に一回当たったら次回当選率が下がるってわけじゃねえんだし」
 「何回も当たると思ってる方がすげえよ」

これを読んでる皆様方は果たして二人のどちら側の意見であろうか?僕の方がオカルトを言ってるとは百も承知だけれど、そもそも宝くじを買う時点で既にデジタルから外れてると思うのでこの件についてはオカルト上等。控除率で考えるならデジタル的に買うという選択をした時点で間違ってるんだし。

昔も今も、僕は宝くじの類に手を出した事は無い。理由はやはり上記の通り控除率の問題で、特にパチンコで勝ってる人ほどこういう考えの人は多いと思う。「プロは宝くじを買わない」なんてドラマが今に始まってもいいとさえ思ってる。

 「そりゃ長い目で見れば確実に損をするけどさ、生きてる内に一回当たったらそれで勝ちなんだぜ?」

けれど、ある日こういう意見を知り合いから聞かされ考えが変わった。

 (なるほど、言うなればパチンコの一発勝負に似てるのかもな…。一発勝負にボーダーもクソも無い。要は当たるか当たらないかなんだし、それに当たって得るものがパチンコなんかと比べ物にならないぐらい大き過ぎる)

つまるところ、人生を変える大当たりに期待値云々を持ち出すのがそもそもお門違いという事だ。

今までそんな風に考えた事がなかったためそれはそれは新鮮な意見であった。それ以来、僕は未だに宝くじを買う気にはならないが買う人を非難する気も無くなった。「夢を買う」とは宝くじ中毒者の常套文句だがよく言ったものだよ。一発勝負のギャンブルにはやはりオカルトでも何でも各人好きなものを持ち出せばいいのだと思う。

 「次はミニロトに手を出そうと思う。当たったら次はトトBIGや!!」

かくして意気込む魚君だが、聞けばなんとこの間もスクラッチを買ってやはり2000円で1万200円の当選を果たしていたそうな。一万円の当選確率が大体1/400ぐらいらしいが、それを2回買って2回当てるたぁ… 

 (いるんだなぁ、やっぱりこういう人知を超えた半魚って…)

しかし、やはりもったいない。それなら初めからトトBIGなり大きい金額のものを買えばもっと違った結果になっていたかもしれないのに。タラレバだが、どうせ大幅に分の悪い一発勝負。そこには1/400も1/10000もそれほど大差があるようには思えないのだが…そこらへん、僕のような凡人にはわからない彼なりのオカルトがあるのだろう。

 「お互い当たったらさ、祝儀として三割渡す事にしようぜ!」

デジタルな僕は悪魔の契約を持ちかける。

| | コメント (10)

2011年10月16日 (日)

10/16  水面下の死闘

ふふ…その、私、恥ずかしながらこの歳にして初めてワンクリック詐欺というものに遭ってしまいましてね。所謂常駐型というヤツなのでしょうか、ふふ。モニタの右下部分に消しても消しても料金の支払いを求めるポップアップが浮かんでは消え、浮かんでは消えそれはもうウザイのなんのって。

ポップアップ上では連絡先に加えてご丁寧にも『あと90時間…』と、時限爆弾よろしく刻一刻とカウントダウンが進んでいます。

 (まっ、まじい…)

Jan2

私は相当焦っていました。再起動すれば消えるなんて夢見る少女みたいな事を思っていたわけではありませんが、それなりに色々試してみても一向に消える様子が無いですもん。

 『あと88時間48分…』

無慈悲にもカウントダウンは進みます。

しかし90時間って、この業者さんもずいぶん気の長い事ですね。どうせ脅しとわかっているのでこんな制限時間は初めから気になぞしていないのですが、それよりも差し当たって1つ問題がありまして、それはこのパソコンがバイト先の雀荘の備品であるという点。


このとき時刻は午前2時の丑三つ時。ちょうどお客さんがいなくて暇だった私は雀荘の売り上げデータなぞの入った大切な大切なパソコンであろう事か「岡本玲」などと検索を始めまして…

 「おうおうおう、玲たんか!いいねいいね!」

思えば、ここで先輩がしゃしゃり出てきたのがいけなかったのです><

 「おっ?なに今の?『岡本玲、濡れ場』だって」
 「マジっすか!?」

そうして先輩が目ざとくも画像の中に見つけた一文。「岡本玲、濡れ場動画はこちらから!」。私はその文章に気付いていなかったので先輩がいなければこの惨劇は無かったのでしょう。まあ今さらそんな事を言っても始まりませんが。

ともかく、見つけてしまった以上我々は是非も無くそのURLへ飛び…そして。

 「あったあった^^なになに?この動画か、ポチっとな…」

通常ワンクリック詐欺というものは最後にかならず『実行』と呼ばれる何らかのクリックアクションを促されます。大概が動画を読み込むための再生ボタンなどにその機能を付属させるところから『ワンクリック』詐欺と呼ばれるのですが、今回の場合もそのパターンでした。

いざ動画を見ようというその刹那、我々の逸る気持ちを遮るよう動画上にはポップアップブロックのような説明が出てきました。

Js1

 『セキュリティ保護のため 
      ~ 中略 ~
   表示を許可するには、ここをクリックしてください』
 
こんな説明が表示されたのです。

 (んー?対応する動画プレイヤーをダウンロードしないと見れないってヤツなのかな?まあ後でアンインストールしとけば大丈夫ら^^無問題無問題♪)

私は何の疑いも無くクリックしました。

Explosion_1

直後、動画は見れず、代わりに請求を促すポップアップが画面右下に現れるようになったのです。


 (さて…)

画面右下には今も尚カウントダウンが進んでおり、現在は『残り88時間27分…』と。

しかし本当のタイムリミットは違います。まず最大で僕のこの日のバイトが終わる午前10時…いや、もう少し早く早番の人が来て売り上げデータをまとめる事も考えると9時30分が限度といったところでしょうか。となると残るは七時間弱…

しかしその七時間弱もまるまる使える保障はどこにもありません。お客さんが来たら当然現在誰もいない状況ですのでメンバー三人入りで卓に入る事になり、その間パソコンを触る事なぞ叶いもしませんし、いや、それならばまだ早く帰る可能性があるだけマシというもの。

本当に不味いのは突然オーナーが様子を見に来る事です。来れば確実にメール等の確認も含めパソコンを触るのは間違いありませんから、そしたら一発でアウツ!!

別にパソコンを触るなと言われてるわけではありませんが、しかし消しても消しても一分後には再度不死鳥のように蘇るこの請求ポップアップが相手に与える衝撃たるや・・・ 

一瞬でエロテロリストの烙印を押される事必至…!!


 (いやだ>< 本当にエロ動画を見ていたのならともかく、未遂でそんな事言われるのはいやだ><)

こうして私の長い闘いが始まったのです。

不幸なのはこの雀荘のパソコンのOSがvistaである事でした。普段私が家で使用しているXPであったのならばもう少し勝手がわかって何とかなったかもしれません。

が、自分のパソコンでもなくさらに少々規格の違うOS。ググってもググっても目的のファイルに辿り着くどころか、そのファイルを検索する術すらわからない始末…

 (もうどうにでもなあれ!!)

結局来客に怯えながら3時間近く格闘した末、僕は『危険なのであまりオススメしませんが…』という一文と共に書いてあった最後の方法を試す事を決意しますが…

それは文字通りデータの破損よりも己のちっぽけなプライドを守る決断。半ばヤケクソとも言えます。

Bro4757

 (頼むッ・・・!!!)

・・・・・・・
・・・・

 (頼むッ・・・・・!!!!!!!)

・・・

・・







Vista



ガロォォォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!!!!

Uooo_2

 
 淫  我  消  滅  


2011年10月… 未だこの雀荘でエロテロリストと呼ばれる者はいない ~Fin~

| | コメント (15)

2011年10月14日 (金)

10/14  見向きもしなかったあの娘に

回らん回らん、どこを探してもとにかく回らん。

Kiba

それはもう、そろそろMMRに取り上げられてもいいんじゃなかってぐらいに。

僕がホールに入り浸るようになって何年経ったろうか。その中でも過去に例を見ないレベルで打つ台が見つからない昨今。捻り打ちだの何だのと、今年の中盤以降その手の小細工を駆使しないで「純粋な回り」だけで打てる台をほとんど見かけなくなりました。特に、イベント規制が入ってからというものその傾向はより顕著になり…

今年は色々ありすぎたし事情はわからんでもありませんが、それにしてもいち打ち手として厳しい。パチンコがこんなんじゃスロットなんて平常じゃ触る気にすらなりません。3円交換で25程度のセッセイヤーを死ぬんじゃないかとビクビクしながら打ち続ける日々に僕はもう疲れました…

 (座して死を待つぐらいなら・・・)

何とかならんもんかと考えた僕の最後の悪あがき。前から気になっていたアレに手を出してみる事にしました。アレとは無論、裏スロではなく… 

 『低貸球営業』

1パチに5スロと…。今ではすっかり定着した低貸玉営業。1パチが出た際にも一度考えたのですが、「回らない4パチより回る1パチを探した方が期待値ある台見つかるんじゃないかな?」と。

その時はさすがに厳しいなという結論に達したわけなんですが、ここ最近状況が変わってきましてね、

 『2.5パチ』

ここ最近、増えているようです。2.5パチの等価交換

この等価って点がポイントでして、今までの1パチのように換金が0.6円とかになるとやはりお遊び感が否めないのですが、2.5円の等価になるとそこらへんグッと現実的になってきます。

感覚は完全に羽モノのそれ。いや、今の時代だと甘デジと言った方が伝わりやすいのかな?

そもそも僕がそうだったんですが、やはり低換金を打ってて一番気になるのは当たりの価値の薄さ。どんなに回ろうが2万発出して換金1万円とか言われるとやる気がなくなるわけで。しかし2.5等価という事は今も巷に存在する2.5円換金で打っているのと何ら変わりの無い計算。しかも、換金ギャップが無い2.5円!低貸玉なんて言っても普段打ってる3円と大して変わらないのですよ!

…と、換金に関しては各々のスタイルがあるので感じ方も違いましょう。上記はあくまでも僕の感想に過ぎません。

僕が2.5パチに目を向けた本当の理由、それは…

 ・パチプがまだ余り目をつけていない分野である事

少なくとも僕の周りではこのコーナーに釘をチェックにくるプーは見かけません。たまたまかもしれませんが、僕がそうであったように低貸玉という時点で選択肢に入れてない人が未だ多いのでは無いでしょうか?

 ・4パチに比べて釘が甘い店が多い!!

そしてここが何より大事なのですが、1パチがそうであるように、2.5パチは4パチに比べて釘が甘くなってる店が多いように思えます。特にリニューアル後などは4パチに比べて釘が締まる割合が少ない!

これは一回転の重みからそうなってるのでしょうが、いずれにせよ隙があるのは事実です。さすがに一度締まった釘が大きく開けなおされる事は滅多にありませんが、リニューアルや導入して間も無いお店なら狙い目と言えそうですね。今の時代、狙いがあるだけでもありがたいものです。

僕もそんなわけで、上記に該当する2.5パチを導入して間もないお店で最近よく打っていたのですが…

 (釘次第じゃ、パラダイスになるのでは…?)

連日、4パチの等価ボーダー換算で+5ぐらいの台を掴めています。それでも計算上は一日打っても2万ペリカに届かないぐらいの台なのですが、投資も4パチに比べて穏やかですしやはり回るので『安定感』が段違いです。パチはやはり回ってナンボですからね!精神の安定という面でもこれは大きい。

今はたまたま状況がいいお店を見つけられただけなんでしょうが、しかしどんな形であれこのご時世に状況のいい場所を見つけられた事が何より大きいのです。そして同時に、今までの視野の狭さも反省するのでありました。食わず嫌いはおいしい話を逃すとは言いますが、正しくその通り。

僕なんて今でこそこうして大発見やぁ!!ってなテンションで書いてますが、知ってる人からしたら今さら何言ってんだこのブタは?ぐらいに見えるでしょうしね(´;ω;`)なんにせよ、プーがいなくて快適な空間でもある事だし今後は丹念にチェックしていくつもりです。

このブログを読んでいて僕と同じように低玉貸なんて…と馬鹿にしていたアナタ!

4パチに比べれば当然期待収支などは落ちることになりますが、前述の通り4パチより甘い台が見つかる事も多いため稼動量で均せばどちらが得かは一目瞭然。(無論、あればの話だけど)

2.5パチに限らず、今後は色んな営業形態のチェックもしておくといいかもしれませんよ!

| | コメント (9)

2011年10月11日 (火)

10/11  麻雀ぷろ

何やら今、麻雀界が騒がしい。

と言うのも、麻雀プロ三大派閥の中でも最も大きな団体である日本プロ麻雀連盟、通称「連盟」内における『十段戦』という由緒正しきタイトル戦が波紋を呼んでいるのだ。
 
奇しくも我が同居人であるハン・ギョジンの誕生日を含んだ(まことにどうでもよい)週末の三連休に行われた今回の十段戦。それに合わせニコニコ動画にて三日間完全生中継をされる事となったのだが…

 「とにかく解説が酷すぎる」

どこの感想を見てもほぼ9割以上の方がそう感じたらしい、皆口を揃えてそこを強調している。酷すぎるとは解説を担当した連盟の大御所プロ達の発言の数々で、特定の人物をクサすような言動・態度。また、逆に特定の人物の贔屓も当然あったそうで…これは連盟という団体が昔から指摘されていた悪い癖であるが、それにしても今回贔屓だけでは飽き足らず批判まで入ったというのだからやれやれである。

特に前回このタイトル戦で優勝した堀内プロに対しての「何があるかわからんよなぁ、素人は・・・」などという前代未聞の発言は頭がイッちゃってるとしか思えない。仮にも自団体の運営するタイトル戦優勝者だぞ??これはさすがに老害と罵られても文句が言えないだろう。連盟の縦社会体質は何度か耳にした事があったが、どうやら単なる冗談というわけでも無さそうだ。これでは嫌でも自分の派閥に入っていない者は徹底的に叩く、という印象を受ける。

と、このような身内贔屓&自分語り&説教に終始した解説だったため非難が殺到するのは当然で。

また、今回視聴者数が多かったのも騒動が大きくなる要因のひとつだったと思う。いくら三連休だったとは言え視聴者数が最終的に合計で9万人を越したそうなのだからこれは一団体のタイトル戦としては物凄い数字だと思う。昨今の格闘倶楽部やMJなどに代表されるアーケードゲームの数々や、天鳳などによる家庭用ネット麻雀の普及も視聴数の底上げに一役買ったのは間違いなかろうが、それにしてもやはり皆、麻雀団体最大手のトップレベルの麻雀に少なからず興味があったのではなかろうか?

それが蓋を開けてみればこの体たらく。

日ごろ「サークル活動」と揶揄されるような麻雀プロだけに、こういうところから地道にPRしてかなきゃいけないっていうのに…。

連盟、最高位戦、協会という三大派閥の中で連盟ばかりがいつも小馬鹿にされる理由が垣間見えた気がします(´・ω・`)


ちなみにここまで書いておいてアレなのだが、僕は今回のこの騒動について実際にニコ生を見たわけではないので解説云々に関しては何とも言えない。全て聞きかじりと想像で書いているw 詳しい話は麻雀界の大御所である福地先生の記事を読んで確認してもらいたい。が、そもそも解説以前に今タイトル戦の下馬評の段階で既にそのような動きがあったのを記憶している。


あとの3人はこの2人に比べたらまだまだ甘い。仕掛けも多く隙がある麻雀なので問題にならないだろう。とにかくプロとして品のある麻雀を打ってもらいたい。チー、ポンが激しいのは見ていられないから、そんな品のない打ち方はつまらない。


これは今ではネタとして完全に定着しつつある連盟の御大のコメントを一部抜粋したものである。時代に逆らったこの発言は聞く人の失笑を大いに買ったものだが、その御大が今回解説をするってんだからこのような贔屓解説になるのもある意味で必然だったのかもしれません…


それからもう1つ、今回の問題として焦点を当てられたのがこれ。

 「八百長疑惑」

森山プロという方がどうにも不自然な打ち方を何度か見せ、その動きが誰に利するか考えると八百長があったのだろうと、そう指摘されたのだ。

具体的には最終戦、目無しになった(優勝がほぼ無くなった)森山プロが優勝争いをしている堀内プロの邪魔をするような打ち方があったというもので、このとき暫定トップ者は瀬戸熊プロという連盟の重鎮(?)。彼はそこそこ名の知れた方で、連盟としては「勝ってタイトルの『格』を保ってもらいたい人物」であろう一人であると予想される。本来はさらに重鎮である森山プロに勝って貰いたかったのだろうが、その彼が目無しとなった今… という状況で行われた疑惑の打牌の数々。

先の「品のない麻雀は・・・」との御大の辛口コメントを受けていた通り、優勝を争っていた堀内プロが連盟の上の人間に好かれていないという事情もより一層この勘繰りに拍車をかける。

真実は定かではないが、実際森山プロはそう疑われても仕方の無い、また、ある高名な雀ゴロに言わせれば言い逃れの出来ない動きもしていたそうだ。

それが果たして彼の意思か、はたまた縦社会の圧力によるものなのか… いずれにせよ森山プロは日ごろ「目無しは空気であるべき」との論を主張しているそうなので、本人の意思以上のものが働いていたのは間違いありません。

…と、連盟といえばそうだ。wikiを見る限りでは八百長疑惑がきっかけで出来た団体と書かれているだけに何やら皮肉めいたものを感じさせられる。これを良い機に一気に団体の体質改善…とは行かないんだろうなぁ('A`)


雀荘でバイトを始めてからというもの、たくさんの麻雀プロの方と知り合い話す機会が出来たのですが、彼らは僕の認識を良い意味で覆してくれました。

世間一般ではまだまだお遊び集団という認識の麻雀プロ、実際大半のプロはその通りだと未だに僕ですら思っています。実力もなくプロとだけ名乗る人が何と多い事か。

けれどそんな人ばかりじゃないと彼らは僕に教えてくれました。

僕は彼らのように麻雀に人生を懸ける事は出来ませんが、少なくともそういう志を持って活動している方々を知っている以上フォローをしたいと思います。

ピンチはチャンスの裏返し。

このような騒動に繋がるというのは逆に言えばそれだけ関心が高かったという事。「好きの反対は無関心」なんて言葉がありますが、プラス思考に考えればネット麻雀の普及により麻雀はそれだけ注目されるコンテンツとなりつつあるのです!!

 (・・・ちなみに僕は今日、同じ言葉をキモッ・・!!と言ってきた女友達に使いましたがそれ以降メールが返って来ません。ですがそれは別の問題ですね\(^o^)/)

どうか賢明なる麻雀団体の方よ、今回の騒動を単なる他団体の恥と思わずに、業界全体の問題として考え麻雀界の更なる発展へと繋げて頂きたいものです。

そう、これは考えようによっちゃあ麻雀界の夜明けぜよ。

頑張れ、「一部の本物の」麻雀プロ達!そしてキモくない俺(´;ω;`)

| | コメント (10)

2011年10月 7日 (金)

10/7  ロードオブザレモン

王の帰還である。

これがとある指輪を巡る世界の存亡を懸けた壮大な物語であったのならば間違いなくそうサブタイトルに記されたであろう衝撃のカムバック。

つまるところ、何が言いたいのかというとはちみつレモンの復活である!

Image

それはまだ缶ジュースが110円だった時代。まるで初体験が近所のお姉さんであったかのごとく、僕のそれからの人生に多大な性癖の爪痕を残していった初恋のジュース。

 『はちみつレモン』

僕がお姉さん好きになったのとは関係ないが、レモン好きになったのは間違いなくこの一本のせいであろう。

現在お熱をあげてるほっとレモンだってそう、元を正せばみんなはちみつレモンが始まりだった。小学生の時分に出会ってからというもの、それからの僕はレモン系のものを見るととりあえず手に取ってみるという粋でイナセな静岡人へと成長したのだ。

スーパーでそれを見つけた際は天にも昇る気持ちであった。

何十年かぶりに喉を駆け巡る『本家』のはちみつレモンは、僕のレモンに賭けた熱き青春の記憶を走馬灯の如く蘇らせる…

Hichew_lemon2006

 (ハイチュウレモン、レギュラー化するって話はどこへ行っちゃったんだろ(´・ω・`))

Dscf0010

 (ガブリチュウのレモン味って画像探しても見つからないけど、どうして無かった事にされてるんだろう(´・ω・`)…)

5911988

 (最近こいつも見かけなくなったなぁ(´・ω・`)…)

なぜか知らんが不遇な扱いを受ける事の多いレモン味。今、世間で市民権を得ているレモン系の飲食物って、かむかむレモンとほっとレモンくらいじゃなかろうか?

いや、本当は世の中こんな商品だらけなんだろうけど、特別僕が気に入っていたレモン系一族だけに余計に気になる。

…はちみつレモンはその中の筆頭であった。

 (まさか今世で再び巡り会えるとは…感謝ッ…!圧倒的感謝ッ…><!!)

今回の帰還、僕は喜びが隠せない。

 「お、なんだ?おまえも買ったの?」
 「おまえ・・・も?」 

だからだろうか?その日の夜、懐かしそうにはちみつレモン片手に帰ってきた同居人を見たとき、僕は言いようも無い嫉妬心のようなものに駆られた。

変な話だが、まるで僕の思い出が穢されたかのような…

自分で言ってて異常だと思うが、僕はそれほどまでにレモンを愛して止まないのかもしれない。どれほどかと言えば、ガブリチュウのレモン味の再販を神龍にお願いしたいぐらい。

| | コメント (8)

2011年10月 4日 (火)

10/4  拝啓、神戸(仮)さま

 「最近すっかりレギュラー化したねw」

先日、某雀荘で常連さんに言われた言葉。

恩あるこの雀荘は現在深刻な人手不足らしく、そんなわけでヘルプのお願いを無碍に断れるほど強い材料を持ち合わせちゃいない僕は便利屋よろしくシフトの穴埋めを強いられる日々。片道2000円弱かかる道のりを、交通費が1000円までしか出ないとかいう鬼畜条件の中通う僕はきっと今に悟りを拓こう。

 「引っ越したら?そんでついでに社員になったら?」

店長の悪魔の囁きが僕の鼓膜を破る日は近い…?

さて、週末シフトに入っていたら見覚えのあるお客さんがやって来たのだが、どうも名前が思い出せない。しかし顔は覚えてる…って、客商売やってりゃこんな事は日常茶飯事なのだがどうもこの人は普通のお客さんとは違う何か…、そう、何かがあったような気がする。

 (…それも、あまりよくない思い出のような^^;)

何だったかな~と思いつつ、しかしこのお客さんから何も言ってこない点を見るに単なる僕の思い過ごしだろうか?

モヤモヤした気持ちで麻雀を何時間かご一緒し、結局思い出せないままお客さんは帰って行った…わけだが、帰り際の店長とお客さんのセリフでハッとした!!

 「ご自宅は近いんですか?」
 「いや、今日は神戸から結婚式でこっちに来てて・・・」

 (あっ!!!)

神戸というキーワードでモヤモヤが吹き飛ぶ。

 (そうだ、この人あれだよ!このブログを2ちゃんで発見して来てくれた奇跡の人だよ!!)

あれは一年ちょっと前だったか…?2ちゃんに僕のブログが無差別に貼り付けられる時期があり、彼はそこでこのブログを知り都内へ出る用事があったついでに店を特定してやって来たそうだ。

しかし僕はその当時ほとんどシフトに入っておらず、さらに店に関しては都内のピン東風+α程度のことしか書いてなかった。にも関わらず彼は店の特定に成功し、さらに僕のいる日にピンポイントでやってきて直接お話をする事が叶ったのだ。この時点でかなりの確率。

だが今回、またも月に5回ぐらいしか入っていなかったシフトの日にピンポイントで巡り合ったのである!!

 (なるほど、悪い思い出ってのは2ちゃんに晒されてる事を知って物凄い焦った事だったか…)

神戸さん(仮)はきっと、僕が覚えていない様子だったのを見て敢えて言う事も無いとその事を伏せていたのだろう(多分)。経緯が経緯だけに、大変失礼な事をしたと後から大後悔モード。もしこの記事を見ていたのであらば、この場を借りてお詫びします。

・・・年々、こうして記憶が薄れていくような感覚がある。

最近白髪もポチポチ目に付くようになってきたし、食べ物の趣向も大きく変わってきた。が、一番の変化は何と言っても睡眠時間が短くなった事だろう。

ちゃくちゃくと老化の道を辿る自身を感じる。夜型の生活がそれを加速させている感は否めないが、そもそも普段からパチンコばかりして考えることを放棄している生活そのものがよくないのかもしれない。

そのパチンコも、もう駄目だと本気で思う。小細工なしで打てる台をここ最近全く見ていない。
 
 「うみよ、俺達はもうこっちの世界で生きてくしか無いんだ…」

師匠の言葉がズシリと響く。言われなくてもそれは自分が一番わかってるんだよ><。

 「と言う訳で何か始めようぜ。と言っても出来ることは限られてるが…」

続けて出てきたその言葉は、「社員になれ」よりは僕の興味を惹くわけで…

| | コメント (11)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »