« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

7/31  被害者Sの憤慨

 「おう魚!帰りに『ベコ』り行っか!?」

 (・・・ベコ・・る?)

本社に飛ばされて、いやこの表現はおかしいか。本社にて帝王学を学ぶことになった魚君。持ち前の人当たりの良さで新しい環境には徐々に慣れていってるようだが、一人めんどくさい先輩が居るという。その先輩はチト歳の離れた35歳で、魚君をかわいがってるのか気味悪がってるのかは誰も知らないけれど、転勤以来飲みに連れて行ってもらったりと色々と気にかけては貰ってるようだ。

そんな先輩からの冒頭の言葉。

 「ベコるって何だったと思う?」

22時過ぎに帰宅した魚君が疲弊しきった表情で僕に問う。ベコるか・・・。うーん、まあアレだよね。

 「ジャグラーっしょ?」
 「正解」

ベコるって表現は初めて聞いたけど、ニュアンスとしてはわからなくはない。それにしても、何だか台パンとかおかまいなしな暴力的な匂いがしないでもないけど・・・

 「で、ベコったんですか?」
 「ええ、ベコりました」

わけもわからず『ベコ』る事を了承した魚君が後に付いて行くと、前を往く先輩は一直線にあるホールへと入っていった。その時初めて魚君は(ああ、ベコるってもしかしてペカるって意味だったのか!?)とジャグラーの事に気付いたそうだが、それよりも先輩の入っていったホールを改めて見てギョッとした!・・・魚だけに。

 (ここはうみ(僕)が入るなって言っていたあのホールじゃないか!)

そう、そこはこの街に越してきてから一緒に近隣ホール周りをした際に「ここには近づかない方が無難だなw」とニートの同居人が真っ先に落第の烙印を押していたホール。大抵のボッタクリ店を愛す事が出来るニートの同居人が近づくな!と言って毛を逆立てていたホールである。あろうことか、先輩はまるでいつもそうしていますと言わんばかりにその店へ堂々と足を踏み入れた!

 (うわぁ・・)

魚君は内心危険だと知りつつも、同時に断りを入れた際の今後の先輩との関係を考え、その両方を秤にかけたところ「今後の関係」が上回ったらしく大人しく鬼ボッタ店のホールをくぐる事にしたそうだ。

  (まあジャグラーだし・・)

きっとそんな考えもあったのだろう。


シマを一通り見渡すと、先輩は魚君にこう言った。

 「おまえ、コレ打て」

 (・・・ええええええええ?)

この話は魚君から聞かされている僕でさえ、えええええええ!?であった。今時こんな話があるのだろうか?社会常識の無い僕にはわからない。一流のスロプロ様が教えを請う素人君に渋々「じゃあ、これ打ってみるといいよ」と言うならともかく、そもそも店選びからして信用ならない人間が堂々と人の打つ台を指定するこの現実。僕には信じられない。いや、逆にその傍若無人ぶりには惚れ惚れさえする。しかし、あるのだ。こんな昭和な話が未だあるのだ。少なくとも、眼の前に被害者Sさんがいる。

とは言え、先輩の立場になって考えてみるとわからんでもない。先輩は魚君がある程度スロットルに関する知識があるとは知らないからこそ、親切で『指導』してくれているのだろう・・・

関係第一主義の魚君は従わざるを得なかった。

 「でもね、先輩もイイ所があってね・・・」
 「その状況でいいところ?」
 「なんと、指定された台はシマで一番回数の付いてる台だったんだ」
 「へぇ!それはちょっとイイ話だな」

魚君は先輩が決して悪い人ではないのだなと思いつつ、【総回転約4000ゲーム BIG21 REG10】の台に腰を降ろした。なんか、こう言っちゃ悪いけど「ソレ系」の人が好きそうな履歴だよね・・。

そして先輩はやっぱりイイ人なのか、はたまたたまたまそれが先輩の何かに当てはまる台だったのか、魚君の隣のほとんど稼動していない台に腰を降ろす。こうして、閑散とした店内で魚君と先輩は一緒に打ち始めることとなった。

 「なんだか聞いてると、確かに押し付けがましいのはウザイがいい先輩なんじゃないの?」
 「俺も席を指定されたトコまではそう思ったよ・・」


ここからが酷かったらしい。


 「おい魚!何やってんの!?」

しばらくすると、先輩が怒ったように魚君の右手を掴んだ。

 「?」

いつも通り打ってるだけの魚君の頭上には当然「はてなマーク」が浮かぶ。

 (一体なんだろう?まさかベルやピエロを狙えってんじゃ・・・)

魚君はきっとこう思ったに違いない。だが、現実はもっと厳しかった。

 「おまえ、ネジりが足りないよ!!!」


1216576521687











やっぱりというか、なんというか。先輩はソレ系の人でした。

 ((´・ω・`)・・・はぁ)

一応、長年身近で二流のスロプロ様を見てきた魚君である。しっかりとスロットに関する考え方は叩き込まれているから先輩がおかしなことを言ってるなという事はわかった。

そして、おかしいけれどそれが必ずしも間違いでは無い事も。

 「だから俺はネジったよ。必死にネジッたよ!」

疲弊しきった顔で魚君がポツポツと語る。僕はそんな魚君を見ながら、成長したな・・・こいつと心の中で親指を立てた。そうだ!それが正しい対処法だ。

 「でもさ、ヒドイんだよ!いくらネジっても当たりゃあしない。いきなり800ハマリってなんだよ!?でもって先輩は当然のように一瞬で下皿カチ盛りの北連到来ですよ?わかりますか僕の気持ちが!?おまえは俺の言うとおりに打たないから駄目なんだって言うような目で時折こちらを同情したような目で見る先輩の顔がわかりますか!?」
 「落ち着けって」
 「それにさ、ハマってる最中先輩俺にもう一つアドバイスしてきたんだけど何だったと思う?あれにはさすがに殺意を覚えたぜ」
 「なんだろう?チェリーを狙うな、とかw?」
 「ちげーよ!第二、第三リールを素早く押せ!って言うんだよ。おまえのはトロすぎるからベコらないって言われたときは殺してやろうかと思ったわ」
 「そ、そっか・・」

こんなに怒ってる魚君見るの久しぶりだな・・。僕はボーッとそんな事を考えつつも、超他人事なので全く気にせずに続きを聞く。我ながらいい性格だよ、ほんと。

 「でさ、投資23kでようやくちょびちょび当たりだして、今辞めれば一万負けぐらいで済みそうだなって思って箱に手を伸ばしたんだ」
 「冷静っすね」
 「そしたらどうなったと思う?」
 「北連・・・ゾーンの説明、でしょ?」
 「正解、よくわかったな」
 「まあこの手の人のいう事なんて決まってるしな」

ほんと、説明書が売ってるわけでもないのに、どうしてこうもオカルト信者の言う事は被るのだろう?これってもはや人間のDNAに何か刻まれてるんじゃないの?ってぐらいのレベルで一致してる気がしてならない。海しかり、ジャグしかり。


息も絶え絶えの魚君、BIGが終わるとすぐに下皿にある600枚ちょっとのコインを流して傷を少しでも軽くしようとヤメル決意をしたらしい。社会人としての付き合いのよさと、スロッターとしての冷静さを兼ね備えた完璧な立ち回りだ!

しかし害悪はソレを許さない。

 「何やってんの魚!?」
 「え?」
 「ジャグラーは200までチャンスゾーンだからそこまではしっかり打てって!」
 (マジっすか!?)

こうして、200付近でバケ。200付近でバケを数回繰り返し、最後は流してもしょうがない枚数となって200を超えて全て飲ませる事となった魚君。さすがに先輩も飲まれてまで追加投資しろと言うほど鬼ではなかったそうで、オカルト的に言うなら「波が悪い台」とかそういうのなんだろうか?ちゃっかり勝っている先輩が腹立たしい。

 「あれ以上の時間と金の無駄遣いはねーよ!二度と先輩に誘われても行かねえ!!」

魚君は一頻り喋り終えると満足したのか、オリジンで買ってきた弁当を取り出し食べ始めた。その姿に僕は違和感を覚えて恐る恐る聞いてみる。

 「魚さん、もしかして、ですよ・・」
 「ええ、そのもしかして、です」

先輩、勝ったんなら飯ぐらい奢ってやろうよ・・・

| | コメント (9)

2009年7月28日 (火)

7/28  スープラとの旅 裏話

そういえば、こないだ新潟に行ったって書いたじゃないですか。

今更隠す必要も無いと思うんで書きますが、つい先日紹介させて頂いた『Stray cat's Stories Stray dog's Stories』というブログ開設のお手伝いのために行って来たんですがね、それがもう酷いのなんのって・・

 遥稀さん  「おーうみ。ちょっと週末新潟来てくれ」
 うみ    「は?」
 遥稀さん  「いや、新潟」
 うみ    「いや、週末はバイトが・・」
 遥稀さん  「いや、頼むって・・・。大事な用があるんや」
 うみ    「はぁ・・ そういう事ならば・・」

こんな、強引な展開でバイトを代わってもらう事にしたのですが、

 うみ     「ところで、用って何ですか?」
 遥稀さん  「スープラと旅行や」
 うみ     「・・・?(頭でも打ったのかな)」

あまり詳しく用件を聞かずに新潟まで七時間かけてえいこらしょ。すると待ち構えていたのは言葉どおり、本当にスープラでした。ちなみに、言うまでも 無いと思いますが車のスープラじゃありません。我々パチ廃人がスープラと言ったら古今東西スーパープラネット。ケツテンが非常に美しいスーパープラネッ ト!

042









  
遥稀さん  「んじゃ、コレ運ぶよ」

運んでどうするんだ?と思いましたが、車中で今回の目的を聞いて納得。なるほど、ブログ用に写真が撮りたいのですね。っていうか、それ、一人で出来ないの?

 遥稀さん  「持ってみ」
 うみ    「OHhh・・」

持った事の無い方は想像しづらいと思いますが、スロットの筐体ってのは相当重いです。良さ気な撮影スポットを見つけるたびに車のトランクから筐体を入れたり出したりするのは大変な重労働。なるほど、こりゃ確かに一人じゃ無理だわ。

 遥稀さん  「期間工で鍛えた肉体を生かす時が来たのだ」
 うみ    「ヒ゜キーント゛コ゛ーン!」

そんなこんだで撮影スタート!

今回の撮影コンセプトはレトロ感?けして、そう決めたわけではありませんでしたがスープラの放つソレは我々に「レトロ感」という陳腐な答えしか導き出す事を許さない何かがあるわけで・・・

043
  
スープラ (いや、だからって
      倒すことねぇだろ・・)




それにしても、こういう写真を撮るのって意外とおもしろい!!撮ってる最中、段々テンションが上がってきました。や、やっぱり僕はげ、げ、げ、芸術家寄りなんだな、うん。

      ↓  

テンションが上がってきたメガネっ娘好き好き!若者の図

018










なかなかシュール。世が世なら通報されてもおかしくありません(;^ω^)。・・・まあ今がその『世』なんだけどね!


しかしながら、一口に『レトロ』と言われても急に思いつく場所なんてそう多くはありません。とりあえずは潰れたパチ屋や廃墟等、そういう場所を回る事になるのですが、とある廃墟の岩場で写真を撮ってると急にひらめきました。

 「「そうだ!海へ行こう!!」」

新潟です。海は近くにあります。そういう訳で四件目の撮影スポットに海を指定し向かうわけですが・・・

 遥稀さん  「ん?・・・あれ?」

ここらへんから相棒である遥稀さんの様子が次第におかしくなってきます。これも単に疫病神と呼ばれる私の成せる業なのでしょうか・・。

 うみ  「・・・?」

もっとも、この時点ではソレが何かはわからないのですが。


 うみ  「海だー(゜∀゜)!!」

海に到着すると、名前の通り海が好きな僕は初めての新潟の海にテンションがだだ上がり!浜辺にスロットの筐体という浮いた代物を運ぶ姿は周りの人々から相当変な目で見られる事となりますが、そんな事お構いなしとばかりにシャッターナウ!

いいよいいよ!はぁはぁ・・ スーフ゜ラかわいいよスーフ゜ラ・・・

057

  スーフ゜ラと言えば

   緑と赤のコントラスト!

  
  
  筐体を子役に見立てた
  斬新な一枚。

  


普段あまり体験する事の出来ないシチュエーションにシャッターを押す指にも力が入ります!なんて楽しいんだ新潟!なんて楽しいんだスーパープラネット!

 うみ  「あはははは!」
 遥稀  「・・・」

しかし、こうしてはしゃぐ僕は今思えばなんとKYだった事でしょう。それほど事態は切迫しておりました。

Akagi26194
 遥稀さん  「・・・アカン、立てへん」

 うみ  「えっ!?」


海へ来た辺りから妙に元気が無かった遥稀さんのまさかの告白に驚きます!なんとなんと、言い出しっぺの人間が

                     リタイヤ 
    ぎ っ く り 腰 にて 再起不能

たしかにスープラの筐体は重いし、遥稀さんさっきの廃墟でやたらはしゃいでたけどさ・・・

 (・・・齢33にしてぎっくり腰、ですか^^;)

笑い飛ばしてやりたいけれど、明日は我が身。もうそう若くはない自分にとってもこの出来事は色々と考えさせられるものでありました。仕方ない、武士の情け。せめて見えない場所で笑うとしよう
・・・m9(^Д^)フ゜キ゛ャー

044
 一見すると海辺でスープラと語らってるように見えるカッコいい写真だが、実はぎっくり腰で動けないだけのオッサンの図。笑っちゃ駄目だからね!1!



  (・・・っていうかここから筐体は一人で運ぶ事になるのか!?)

笑った後、この後起こるであろう重労働に冷や汗を流しましたが時既に遅し。残念ながら想像通りこの後の数時間、わざわざ新潟くんだりまでお手伝いに来た客人は家畜のようにコキ使われましたとさ。そうして、その家畜をこき使う主人は夜になると容態が更に悪化して病院送り。神様はいるんだね♪(byゆうこりん)

で、これがその家畜とギックリおじさんの頑張った結果です 
 →遥稀祐輔ブログのルーム

それにしても恐るべきは引退して尚、廃人を生み続けるスーパープラネット。今宵も一人の人間があなた様によって病院送りにされた事実を我々は重く受け取らねばなりません。

新潟から帰ると、僕はその日よりウォーキングを始めることにした。

| | コメント (9)

2009年7月27日 (月)

7/26  よろしこ!

ようやく新居にインターネッツが開通しました\(^o^)/

040


  








上の写真、新居に着いた際にY君に撮って貰ったものなんだけど、今こうして見てみるとあのAA(アスキーアート)そっくりだと言う事に気付かされる。

             ↓

           / ̄ ̄\
         /  ヽ_  .\    パシャッ!
         (>)(<)。  |     ____
         (__人__)  ゚ |    /      \
         l` ⌒´    |  / ─    ─   \
        . {         |/  。⌒    ⌒ o   \
          {       / |     (__人__)       |
     ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´      /_
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ...ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
         2007年1月14日  最高の友と共に


しっかしほんと、魚君って名前とは裏腹にブタだよね。ドラクエのデータが消えたって怒り狂ってたけど、俺のせいじゃないからね!!ポテチ喰いながらカルピスばっか飲んでんじゃねーよデブ!!1!

| | コメント (8)

2009年7月23日 (木)

7/23  次章予告!

引越し完了しましたがネットがまだ開通しておりませんので現在、近くの漫画喫茶から更新です。

それにしても、新居周辺の充実ぶりったらありません。スーパーはもちろん、ラーメン屋から吉牛に松屋、バーミヤンからオリジン弁当、市役所と郵便局も目の前にあるし、ショッピングセンターとヤマダ電気もこれらすべてが徒歩10分圏内に存在!娯楽関係も、ゲームセンターにTSUTAYA、それと今ここである漫画喫茶まで!!学生が集まる雰囲気の良さそうな雀荘もすぐ近くにあったし、パチ屋は4~5軒近くにあります。

足りない物は無いのか!?と、逆に不安になってきました。


もっとも、魚君が会社から帰ってくる頃にのっそりと起き上がり、台所で「おかえりー」と彼を迎える新婚生活に対する不安に比べたらどうって事ありませんが・・・


いざ三日程生活してみてわかりましたが、僕たちキモイよね!


そうそう、LINK先に『Stray cat's Stories Stray dog's Stories』というブログが増えてますが、このブログ主の遥稀佑輔さんは現在スロマガで「Stray dog's Stories」という小説を、スロマガドラゴンで「のうさぎ亭」 というコラムを連載中なのでその名を目にした事がある方もいるのではないでしょうか?今回は開設したブログ内にて『Stray cat's Stories』というオリジナル小説を連載しております!

この遥稀佑輔さんとは縁あって半年ほど前から現在進行形にて、色々と一緒にやらせて頂いております。少し前にスロマガの携帯サイトで僕の書いた「オカルト道」という小話を五週程掲載させて頂きましたが、それもその縁のうちのひとつ。現在他にもやってる事があるのですが、それはまた時期が来たらという事で^^

とりあえず、この『Stray cat's Stories Stray dog's Stories』というブログ内に「オカルト道」の作品のひとつが載っかってるので魚君ファンの方はぜひ見て下さい!「オカルト道」の主人公「遠藤恵一」は僕の相棒である魚君がモデルになっていて、その彼女の美香ちゃんは魚君が恋をした例のパチンコ屋の店員さんがモデルになってますw  

魚君が現実世界で実現できなかった事を、せめて妄想の中でぐらい実現させてやろうという親友の優しさから生まれたお話(38%実話)!パチンコ好きのカップルの小話という感じの読み物となっております。今後どこかで見かける事があったら応援ヨロシクメカドッグ!


と言う訳で、堕落blog第四章 ~そして伝説へ~ がいよいよ動き出そうとしています!!昨日雀荘で7万ペリカ負けたけど頑張ろう、俺!

(´;ω;`)・・ウウッ

| | コメント (11)

2009年7月20日 (月)

7/20  うみの日

現在11時28分。引越し業者が来るまであと30分も無いというのに未だ荷造りは終わっておらず。自分に至ってはブログまで書き始めてしまっている始末。

なぜここまで計画性がないのだろう。

理由は様々なれど、その原因の一つとしてこいつらが絡んでいるのは間違いない。

038













昨夜、飲んでいてそのまま酔いつぶれてしまった魚君。起きる気配は・・・無い。これから一緒に生活する身としては先が思いやられる事この上無し。

ついでに、引越しの手伝いに来てくれたY君もごらんの有様。

039













ほんと、俺はいい友達持ったよ。こいつら早く死なねえかなぁ・・・


ってこんな事してる場合じゃない!!1!!

| | コメント (8)

2009年7月16日 (木)

7/16  ミノフスキー人間

桃キュンソードを打ってみた。

 【桃キュン剣FB 1/309 確変62%】
  総1478  初当たり2 (1/739) 
        総当たり3 (平均1.5連)
         (下16R*1 下12R*2)

エヴァといいガロといい、ここ数年デジパチの当たりの足りなさが異常だ。最近ヒキ勝ちしたのはちょこっと打って勝ち逃げしたWEEDくらい。

 ・北斗の拳     総2588  初当たり2 (1/1294)
                   総当たり4 (平均2連)

 ・カイジ 人喰い沼 総7697 初当たり 19 (1/405)
                   総当たり 84 (平均4.4連)

 ・エヴァ 最後のシ者 総7289 初当たり20 (1/364.5) 
                    総当たり36 (平均1.8連)

 ・GARO  総4311 初当たり5 (1/862.2)  
             総当たり13 (魔戒突入率 1/4311)  
 
 ・慶次 斬     総1203  初当たり2 (1/601.5)
                   総当たり5 (平均2.5連)

 ・WEED      総1386  初当たり6  (1/231)
                  総当たり26  (4.3連)

MAXタイプのカイジは引けてる気がしたけど結局公表値の辺りをうろうろしてるだけだった。他が余りにも悪すぎるから普通に引けると大勝した気分になってしまう不憫な私。


ならば初当たりをたくさんとって安定させようと、甘カイジ沼を打つ。

 【カイジ沼 ~ざわっ・・~ 1/99.8 ST中 1/29.2】
 総1321   初当たり 11 (1/120.1)
         総当たり 28 (平均2.5連)
         5R凸*5 5R*17 15R*1 黙示録*5

⊂(#・∀・)    
 /   ノ∪     ST中の大当たり確率が1/54って       
 し―--J |l| |          舐めとんのかワレ!!1! 
    )   @  (_  ドーン!!
     ⌒)   (⌒
       ⌒Y⌒

やっぱり駄目。合算継続率80%超と言われるスーパー沼モードを5連続でスルーした時、僕の中で何かが切れた。


 駄目だ・・・ 

  俺はパチンコ打っちゃ駄目なんだ・・・



そんなわけで、緑ドンを打ってみる。

周期以外でARTに入らず、ボーナスは高設定域で引けるもののじわじわとマイナスが積み重なっていく展開にヤキモキしてると、ついに好機が訪れる!ほぼ高確間違い無しって所でBIGを射止め、そのBIG中にドン揃い。わくわくしながらCZを消化してると再度BIG!!そのBIG中にまたもやドン揃い!!そうして、満を持して揃えた特殊リプレイと共に打ち上がった花火は・・・
 
 ドン&ロン(゚∀゚) ← 継続率75%or90%濃厚

YES!!YES!!!YES!!!!

僕は煙草を吸わないが、こういうとき煙草で一服したくなるオッサンの気持ちがよくわかる。代わりにアツシボで顔を拭いてみた。よーし行くぞおおおおおお!!!!


 『終劇』  てやんでい!!


⊂(#・∀・)    
 /   ノ∪        なんでこんな神展開でビリー       
 し―--J |l| |         一匹も捕まえられないんだよっ!!!
    )   @  (_  ドーン!!
     ⌒)   (⌒
       ⌒Y⌒

気を取り直して、その日の夕方からエヴァ約束を打ってみた。

月一のBIGイベント、総4616ゲームでBIG16 REG10 2000枚近くお持ち帰りの憎いやつ。学生風の若者が彼女とおぼしき女性に腕を引っ張られて辞めて行くのを偶然眼の前を通りかかった私が見届ける。神よありがとう。地球よありがとう。アレだな。今日は彼女の誕生日なのに無理して打ちにきたんだなボウズ。わかるよ、高設定捨てたくないって気持ちは。でもな、俺の友達にYって男がいるけどそいつも嫁さんの誕生日忘れて麻雀打ちに行ってそりゃあ酷い目にあったってもんよ。悪いこたぁ言わねえ。ここでこのエヴァを捨てた方が人生の期待値は遥かに高いぜ。

見た感じ、カチカチ君らしきものも持ってなくて、渋々辞めていった感じの若者。周りに一切出てる台は見受けられずこの履歴。私は基本的に、夕方以降捨てられたエヴァってのは触る気がしませんが、さすがにこの展開では打たない理由がございません。っていうか、これアレでしょ?貰ったんじゃね?貰ったっしょ?やっほっほい。

どれ、おめぇさんの恨み、晴らしてやらぁ

 【エヴァ約束】 設定6希望
 総4616ゲーム B16 R10 342ゲーム捨ての台。

 342~
1918 
 赤7 (スイカ4 チェリ1 一枚1)
 542  飲まれ

合算1/2118っておまえ・・・

しかし天井で増やしたコイン150枚程と(目算)、赤7BIGの400枚との合計550枚で542ゲーム回った事は評価してやりたい。余りにもイライラして、道中スイカを二回こぼしてこれだから、やっぱり君は設定高いんだろ?(イライラしすぎて途中からベルの数がわけわかんなくなってるw ベル150個の時点では1167ゲーム=1/7.78) 追うよ?地の果てまで追っちゃうよ??

と、まあプロっぽい事はもう言いません。辞めます('A`) 当たる気しねえよ。ここまで毎回酷い目に合うと、もう設定なんて関係ねえよ夏。

って言いたくなるよ。

隣に座ったおばさんが、超低設定濃厚台でお座り三発!クレジット赤赤青と三連発させるのを横目に見ながら僕は心底萎えて帰路に着くのでありました。時刻が19時を回っていたのでもう追いかける気も失せてたのです。

家に帰ると、暑くて熱くてイライラして・・・ 一年ぶりぐらいにエアコンをかけてみたのですがしばらくすると水がボタボタジャー。

・・・ジャー!!??

冷たさを感じて見上げると、エアコンがすでに団地妻もまっさおなくらいの受け入れ態勢。そして、なんという不幸かエアコンのすぐ下に置いてあったパソコン本体がびしょ濡れに!!

Bro4757_2
 




 

 俺が一体
    何したってんだ!!!!


叫び出したい。我慢の限界を超え、エアコンをぶん殴ったら更に大量の水が別の箇所から駄々漏れエクスプロージョン。ごめん、俺が悪かった。

幸いまだ動いてはいるけど・・・ これでパソコンが壊れた日にゃあ僕は正気でいられるかわかりません。あ、そういえば前回の日記で知り合いのパソコンのマウスが壊れたという話を書きましたが、僕が新潟から去った途端に直ったそうです。

僕の体からは機械の調子を悪くする何かが撒き散らされているのかもしれませんね。アハハ。

(´・ω・`)アハハ


(´;ω;`)・・ウウッ

| | コメント (19)

2009年7月14日 (火)

7/14  人はそれを疫病神と

ちと所用で新潟に行く事になりました。

 (どれどれ、運賃はと・・・・げえっ 一万円!?)

後に控えた引越しに友人の結婚式、それにモモキュンソードのクソ野郎のせいでとにかく金欠気味な僕には新幹線で片道一万円なんてセレブな旅は出来ません。

そんなわけで、夜行バス。

 (うおお(゚∀゚)!!)

035









私、何気にこれが人生初夜行バスだったりするのですが思った以上に客がいる事に驚きました!写真は新宿駅から徒歩5分くらいの集合場所なのですが、もうすぐ日付が変わる時刻だというのに人でごっちゃごちゃ。新宿という街にそんな事は全然普通なような気もしますが、大荷物を抱えて地べたに座り込む彼らの姿はやはり街から浮いていて・・・。夜行バスを待つ集団が居座るこの一角は乗務員のプラカードを掲げる姿も相まって、さながらこれよりデモ行進に赴く団体のように見えない事もありません。なんでしょう?雰囲気がちと異様なんです・・・

それと、こういっちゃ悪いけど、新潟という土地にこれだけの人間が用があるという事実に驚きました。新潟という地は私にとってはどちらかといえばマイナーな部類。まだ帰省シーズンというわけでもないのに、私の利用した会社のバス三台が余裕で満席だった事は、少なくとも私の新潟観を変えるには十分過ぎる出来事でありました。ううむ、夜行バス侮りがたし。


行きは5000円のちょっとゴージャスなバス。(急だったのでこれしか空いてなかった)

036  








ふかふかな椅子に、隣人との仕切り板(?)もしっかりついており、おまけに目隠し用の幌まで完全装備!ちょっとした宇宙船気分を味わえる高級バス。

隣に闇金ウシジマ君の主人公のような兄さんが座らなかったらもっと熟睡できたハズだ!



帰りは日曜だったのもあり、空席がたくさんあったので一番安いプラン(3500円)のチケットを購入。

Basu









かったい椅子に、隣人との仕切りは皆無。力ずくで肘ポディションを奪い取れと言わんばかりの普通の観光バスです。1500円という金額の差は想像以上に大きいのだな・・・ ふっ、また一つ学んだぜ。


さて、肝心の新潟なのですが

037












  (あれ・・・?デジャヴ?)

新潟駅南口に降り立った瞬間、僕を猛烈な既視感が襲いました。この光景、どこかで・・・


  (あっ!山口、山口駅にそっくりなんだ!)

以前、放浪してたときに訪れた山口駅。その駅の大きさとは裏腹に、恐ろしいまでの人気の無さ。けして外観が似てるわけではないのですが、どうやら両者のかもし出す雰囲気が僕にデジャヴを感じさせたようです。(新潟駅東口の繁華街を見たらそのデジャヴは吹っ飛びましたがw)

新潟は垢抜けない街であると、どうしてか僕はずっと思ってました。新潟に対するイメージはまず田舎。お米。そして、キテレツ大百科でブタゴリラの好きな人である「タイコちゃん」の故郷が新潟だったはずなんですが、新潟と聞くとその事がなぜか真っ先に思い浮かびます。僕の中の新潟=田舎というイメージは、キテレツ大百科の作中でのタイコちゃんが住む新潟がとても田舎で、そのイメージがとても強く刻まれているからなのでしょうね。

ただ、実際に新潟の街を見て回りましたが、そのイメージが払拭されるわけでも無かったりw なんだろうね。永遠の垢抜けない街と、そう呼びたくなるのは何故でしょう。


ちなみに、この日新潟ではとある御方と一緒に行動をしていたのですが、しばらく一緒にいるとその御方の体調が急激に悪くなりました。楽観視していると夜には病院に担ぎ込まれるぐらいの大惨事に。命に別状はありませんでしたが、なんだかなぁと感じます。昔から魚君や周りの人間に

 「おまえは人の運を吸い取る!」

と言われます。一人に言われるわけじゃなく、複数の、それも面識のない友人から同じような事を言われるのです。具体的な例を挙げると、私と麻雀をやった人間はその大半が配牌が腐るようです。それだけではありませんが、似たような事が度々起きるそうで・・

何を馬鹿なと聞き流していたあの日のセリフが私の頭を過ぎりました。

おまけにその御方の仕事場のパソコンのマウスが僕が行った途端に突如ぶっ壊れるという怪奇現象まで起こってしまい、もうね。責任感じちゃうわ。


 「吸い取るって言うけどさ、でも俺、運強い方じゃないぜ?見ててわかるでしょ」

ある日、たまりかねた私は魚君にこう言い返した事があります。すると魚君は待ってましたとばかりにこう言いました。

 「吸い取るだけ吸い取るけど、おまえには貯まらない。ホンマ迷惑なやっちゃの」

うん、妙に納得。


結局、明確な因果関係こそないけれど、私がこの日新潟に行った事で体調を悪くした人が出たし、ぶっ壊れるマウスも出た。私が行かなかったらどうなった?答えはでないけど、オカルトだけど、積み重ねてきた経験がそれを簡単には否定してくれないわけで・・・

微妙な罪悪感を残して私は新潟を後にするのでありました。

| | コメント (11)

2009年7月11日 (土)

7/11  決戦、第三茅ヶ崎市

同棲すると今まで知らなかった、いや、気付けなかった相手の嫌なところが見えてきて、結果別れてしまった・・・そんなカップルの話はよく耳にする。

考えてみれば、かれこれ魚君との付き合いは七年近くになるのだが、今まで喧嘩らしい喧嘩の一つも彼とはしたことがない。男の友情は拳で築き上げるものとは昔、誰か熱い人が言っていたけどその論法でいくと僕らは大丈夫なのだろうか?

 「部屋決まったよー」

魚先生がつい先日、こうメールをしてきた。同居人である私の意見を聞かずに部屋を決めてきたのにはワケがあって、彼の会社の方であらかじめ部屋を2~3ピックアップしてあったそうな。独身男性は一律間取りは1K。これは決まりらしいから仕方が無い。本音を言えば2Kとか2DKの部屋で楽しくルームシェアをしたかったけれど、今更どうこう言っても仕方が無いしね('A`)駄目ならその時考えればいい。とりあえず住宅補助があるならそれを使わない手はないわけで・・・。

家賃を浮かせたい私と、生活費を浮かせたい魚君。

双方の利害が一致するのだから、これでいいのだ。きっと、おそらく。大の男二人が1Kの間取りで共同生活する姿というのはどうにも想像つかないが、肴とならうまくやれる。確信はないけどそう思う。それに、夜型の私と昼型の魚君。同じ部屋を使っても案外一緒にいる時間は少なかったりもするし、きっとなんとかなるだろう・・・。

そう言い聞かせる。

開放的なオナ○ーは出来なくなるけど、

親友のいる生活 priceless

お金で買えない価値がある。浮いたお金は桃キュンソードへ。
多分来週引越します。


堕落blog 第三章 ~禁断の愛編~ お楽しみに!

この次もサービスしちゃうわよん♪

| | コメント (9)

2009年7月 8日 (水)

7/8  働けど働けど…

雀荘に勤めるだけあって、皆さん程良く勝負好き。悪い言い方をすればギャンブルジャンキー。

ある日、早い時間に卓割れ(客ゼロ)してしまい暇を持て余す事となった僕と先輩Aとチーフ。

 「マジョリティバトルやろうぜ!」

そう言って、連想クイズなるものをやる事になりました。ルールは簡単。『○○と言えば!?』というお題に対して三人で一斉に答えを言って、被らなかった人の負けというものです。

例えば  

 A  「渋谷と言えば!?」

このような問いに 「せ~のっ!!」 で

 うみ  「センター街!」
 チーフ・A  「「ハチ公!!」」

こういう風に答えるのです。この場合は一人だけ違う答えを言った僕の負け。この時はちきしょうめ、渋谷と言えばセンター街だろこの田舎者達が!!と悔しがりつつ次のゲームへ移ったのですが、しばらくやっているとこのゲームの肝がわかってきました。

3cfe1a4f

 この勝負、
 運否天賦じゃないっ・・・!




そう、これは相手の性格を加味してわざと合わせにいく技術も必要となってくる頭脳ゲーム。そういうわけで、世間一般の常識よりも相手がこう言いそうだな、というのを予想するのも技術の一つ。

 うみ  「エヴァのヒロインと言えば!?」

ここで僕はチーフ(29)がアスカ好きだという事を知っていたため、敢えてレイたんと発せずに合わせにいきます。喰らえAさん、正義の鉄槌っ!!!!

 うみ  「いきますよ~、せーのっ

 うみ  「アスカたん!」 
 チーフ・A 「「レイ!」」


Daddycool


 ・・・




まあ裏の裏をかきすぎるとこういう事もあります。ここらへんの匙加減が難しい。チーフは僕がレイ好きだと知っていて合わせにいったそうな('A`)

初めは100円のレートで勝負していたのですが、そこはジャンキー達の集い。いつまで経ってもお客が訪れない事に対し勝負は時を重ねるに連れ熱を帯びていき、最終的には負けた人が全自動卓に搭載されているサイコロを振って払う金額を決めるという形式になっていき・・・ 

 A   +9800
 チーフ  +5800
 うみ  -15600


671e0d64_2









余興のつもりでやってたのにこんなに負けるなんて、インチキッインチキッ!というか、自分が如何に一般と常識がかけ離れているのかよくわかるゲームです。  

 出勤  打数   トップ 二着 三着  ラス   収支    
30日目  25    6   6   5   8    -3.6 
31日目  22    8   4   3   6    +19.9
32日目  17    6    5       4     2       +30.3
33日目  25    4   6   7   8    -35.3
───────────────────────
   総計  736  194  177  195  169   -313.0
              (うち、ゲーム代 \387.400)

それにしても搾取されっぱなし。ちくしょうちくしょう!!!悔しいっ!!絶対リベンジしたる!何か違う勝負でっ・・・!!覚えてろっ・・・!!!!

| | コメント (9)

2009年7月 4日 (土)

7/4  「破」で振り返る我が半生

映画館にてエヴァンゲリオン「破」を見てきました。さすがに封切りから一週間経った平日に行ったので客で一杯という事はありませんでしたが、それでも人はわんさかわんさか。世間で言われてるように今回の「破」、間違いなく最高の出来でしたので見ようかどうか迷ってる人は早く見に行った方がいいですよ。現在1800円で感じられる日本で最高の幸せかもしれません(ファンにはね)。

それにしても未だ世間を騒がすエヴァは本当に凄い。魂のルフランをBGMに舞い降りてきた白ウナギ達に鳥肌を立てたのがもう10年も前なんて、とても信じられません。

10年、あれから10年かぁ・・・。

この調子で、気付いたら三十路を迎えていそう。果たして10年後も僕はパチンコをやってヒイヒイ言ってるのかな?ブログは続いてそうだけど、一体どうなってるのかしら。

結婚は?子供は?そもそも職業は?

考えることは山積みです。とりあえず、魚君の転勤が本決まりになったので同棲はほぼ確定的。生活費が楽になった分で将来に繋がる何かをしなくちゃな・・

しかし将来というのはどこを指すのだろう。

白ウナギに鳥肌を立ててた僕からしたら、今が将来のはずなんだけど・・・

| | コメント (11)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »