« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月27日 (金)

6/27  花の定時

  「えー、本日の稼働時間は…

・・ドキドキ。朝礼のこの一瞬はいつも期待と諦めが同居したような、そんな不思議な気持ちで一杯になる。どうせ今日も残業なんだろ、という気持ちと実は今日は定時なんですよね○○さん?って気持ちが頭の中を行ったり来たり。

ま、大抵は「今月は予定生産台数に達しておりませんので・・」とか言って残業確定演出へと発展するわけだが・・・

    …本日の稼働時間は 定時間 です」

 (おおお(・∀・) !!)

たまにはこんな日もあったりするわけで・・・。

この「定時」という言葉を聞くとみんな笑顔になる。喜びを堪え切れず今にも叫び出したい気分になって、でもまだ上司が業務連絡をしてるから声を出せなくて、だから近くにいる人達と目を合わてみちゃったり、朝礼が終わったら握手なんかしちゃったり、若い僕らはハイタッチするときだってあるぐらいだ。定時と聞いただけでこれだけみんな幸せになれるなんて、ちょっと…いや、大分不憫な気がするけれど、きっと地獄に風俗なんかが出来たら地獄の住人達も同じようなリアクション取るのかもしれない。そう思うと何か納得できる。

辛い毎日の中で少しずつ僕らは洗脳されていくのだ・・・。


そうして、いつもより早く帰れたときはコブラを打つ。これが礼儀である。いつも遅くまで頑張っているのだ、こんな日ぐらい釘が悪くてもきっと勝てるだろう。なぁ~レディ!

  定時の収支 -19k

| | コメント (8)

2008年6月23日 (月)

6/23  地下の一週間

月曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度30%

火曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度85%

水曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度92%

木曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度96%

金曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度98%

土曜  昼3時30分出勤  深夜3時30帰宅   疲労度99%

日曜  慶次で二万使って突然通常のみ    疲労度280%  

月曜  朝5時30分出勤               疲労度282%    

    / ̄ ̄\  
  /   _ノ  \   日曜の早朝に帰ってきて  
 |    ( ●)(●) .  月曜の早朝から仕事って・・・  
 |    (__人__)  
 |    ` ⌒´ノ     この会社・・・ 狂ってるだろ  
 |        } .   
 ヽ        }     
  ヽ     ノ       \   
  /     く  \      \   
  |       \   \      \  
  |        |ヽ、二⌒)、     \

 週末 -22k

| | コメント (9)

2008年6月20日 (金)

6/19  ため息

 「(´・ω・`)はぁ・・・」

現状に不満があるのだろうし疲れが溜まってるのだろうし、とにかく、ここ(地下王国)へ来てからため息をつく事が増えた気がする。いや、増えたというより常時ため息をついてるような気すらする。自分の行動というものは意外とわからないものだ。ため息をついてる自分をハッキリと自覚できたのが地下へ来てニヶ月程経ったつい最近だというのだから・・

しかし、遅かったとはいえ自覚できたのはよかった。

 (・・・これじゃいかんよなぁ。)

考えてみれば負の連鎖を自ら作り出してるような気がする。病は気から。元気も気から。ため息ばっかついていちゃ余計に疲れるような気がしたわけだ。

 「おーっす!今日も元気出してこうぜぇええ^^」

隣で作業をしている期間工のKさんは今日も元気だ。こう言っちゃとても失礼なのだが、頭がカラッポに見えるくらいいつも元気だ。

今まではそんなKさんを見て

 (どうしてこんな辛い作業をしてるのにこんなに元気なのだろう?
  ものすごい体力の持ち主だなぁ・・)

なんて思ってた日もあったりしたのだが、今にして思えば辛い作業を少しでも楽しくするためにカラ元気を振りまいてくれていたのではないか?とも思えたりする。

そうか、Kさん。辛いのはみんな一緒ですよね。

  「・・・ニコニコ^^」

それから俺は極力ニコニコしながら仕事に励む事にしてみた。時折り疲れて知らず知らずの内にため息をついてる事もあったが、なんというかやはり笑顔はとても素敵だ。ソレをしてからというもの、以前に比べ疲れが軽減されてるような気がする。いや、実際何か疲れ方が変わってきた!

そして、ニコニコと作業をしていると自然動きが良くなるのだろうか?今までどうしても一人で回せなかった作業がなんと、いつのまにか一人で出来るようになっているではないか!?

  (・・・うわぁ。すげぇな俺。とても人間のやれる作業じゃないと
    思ってたのに出来ちったよ・・)

これには驚いた。ため息が知らず知らず動きを鈍くしていたのかもしれない。いや、前向きな気持ちが動きを良くしてくれたと言った方がイメージがいいかな。兎にも角にも、ため息ばっかついててもいい事は無いのだなぁと強く思えたわけで・・。


 「おお、すげーなうみ。早くなったなぁ!!」

そんな、ため息に対する反省をしていると上司であり、いつも俺をフォローしてくれてるGさんが驚いた様子で話しかけてきた。この作業を一人でやるのはそれぐらい凄い事なのだ。Gさんはよほど驚いたのか、はたまた嬉しかったのだろうか?興奮冷めやらぬ様子でといったらオーバーになるが、傍目にはそう見えなくもない勢いで会話を続けてきた。

 「すげぇな!パワーアップしたな!」

 「僕もビックリっす^^」

 「いやいや、本当すごいよ!」

 「いやぁ^^」

 「お、そうだ!おまえサイヤ人じゃん!」

 「・・・・・・・・・・・・え?」

 「パワーアップしたもんな!サイヤ人だよ」 

 「・・・・え・・・と・・・?」

 「・・・・・・・」

 「・・・・・・・」

 「・・・・・・・」

 「・・・・・・・」

 「・・・・・なんかツッコめよ!!」

  
          /\___/ヽ        
  無      / ::::::::::::::::\ 
  茶   . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| 
  言    | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|
  う   . |     ::<      .::|
  な     \   /( [三] )ヽ ::/
  !      / `ー‐--‐‐―´ \   
  

 「・・全く、うみはボキャブリティが足りないなぁ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

・・


 「(´・ω・`)はぁ・・・・」

ため息が止まらない。

| | コメント (11)

2008年6月18日 (水)

6/17  変わりつつ

千円で8回転しか回らないCRコブラ。なぜか「玉貸」ボタンを押している自分がいた。

  (・・・あいにく今日の俺はまともじゃなくてね)

そんなコブラちっくなセリフを頭に浮かべていたのならまだ救いがあったように思える・・

が、残念ながらそういうわけではない。勿論潜伏確変でも何でもない。ただ、何となく。強いて言うなら一週間頑張って命を削って休日出勤までして、ようやくやって来たたった一日の休日。その神聖なる日に最近お気に入りの新台のコブラを取れたんだから、きっと、そういう諸々の事情も含めて千円でヤメてしまうのが勿体なく感じたといったところであろうか?

まぁ、実は今のは超が付くほどの下ムラで、もう千円入れたら実はけっこう回る台だったなんて事も期待していなかったといえば嘘になる。

そんな俺の熱い思いを知ってか知らずか、気になる次の千円での回転数は・・・


Kou1














・・・・うん、わかってたよ。初めの千円入れたとこでヒドイ釘だって事はさ(´・ω・`)

問題はそれでも「玉貸」ボタンを押してしまったという事・・・。わかってて押したのだ。これがどういう事か・・・

  (・・・もう戻れない、あの頃の自分・・・か。)

しかし、それに伴いヒキはよくなってきているという皮肉。本当、世の中よくできてるよ。

  週末  +24k (注・コブラは2kでヤメました)

| | コメント (6)

2008年6月15日 (日)

6/14  ペリカの行方

四月は途中から入ったため給料はそれはそれはヒドいものでしたが、ようやく五月一杯まるまる働いた分の給料が入りました。

 総支給約360ペリカ - 控除約55ペリカ = 手取り 305ペリカ

さすがにキツイだけあってけっこう貰えます。ちなみに、慰労金やら入社祝い金も含めての数字なのでこれだけの手取り額となってます。つまり、ボーナスが月々の給料に小分けに足されてるということですな。

 (う~む・・・・)

今だに俺が地元でスロプをやってたとしても正直、これだけコンスタントに稼ぐ自信がないわけで・・・ なんというか、ちょっぴり複雑な心境です。ヤメて正解!とは声を大にして言いたくないけど(変なプライド的に)、やはり働いて稼げる分以上に稼ぐ自信がないならスロプなんて辞めて働いた方がいいのだろう(´・ω・`)

・・と書いておいて思ったが、スロプの最大の魅力は『自由』だった。以前も書いたが、自由だからこそ不自由ではあったけれど、今にして思えばそんな事はとても瑣末な問題だったようにすら思える。

まぁ何はともあれ過ぎた話。

とりあえず、おじさん明日はコブラっちゃうぞ( ^ω^)⊃━ ズギューン

| | コメント (11)

2008年6月13日 (金)

6/13  バックレ・トゥ・ザ・フューチャー

  (・・・・またか)

小僧(5/29参照)はまるで定休日だと言わんばかりに毎週月曜は会社を休む。なぜ月曜なのかはわからないが、ここまで毎週決まって月曜に休みを取るとなると何か深い事情があるのでは?と勘繰ってしまうぐらいだ。

しかし・・・

  「おい・・○○また休みかぁ??」

  「携帯繋がりません(><;)」

上司達の反応を見ていると、別段さしたる理由もなくただただ無断で休んでいるように見えるわけで。何か特別な理由があって月曜は会社に話しを通して休んでいるのでは?という俺の希望的観測は儚くも脆く崩れ去ってしまった。

というか、よく考えてみると月曜は毎回休むけど他の曜日もいい具合に休んでるっけな(;^ω^)。

さて、そんな小僧だが、彼は派遣会社経由でこの工場に務めているらしい。派遣経由となれば、派遣会社との契約もあるだろうし無断欠勤やらそこらについてはうるさそうなものだが、よくそんなんでクビにならないなぁ?といつも不思議に思っていた俺であった。

  「ん?○○君?彼はねぇ、歳はまだ22だけどもうここに4年も
   務めてる古株さんで、仕事が出来るからじゃないかなぁ?」

社員の人に聞いてみると上のような答えを頂いた。

 (なるほど。仕事が出来るヤツなのか)

確かに、俺が汗ダラッダラで10mシャトルラン並みのダッシュを何十としているときも、小僧は顔色一つ変えずに涼しい顔して歩いていた。酷いときには俺が倒れそうになってるのを横目に見ながら隠れて携帯をイジってるくらいである。そうだ、確かにヤツは仕事ができる。

しかし、それにしてもだ・・・・

 「おい、○○はぁ!?」

 「携帯繋がりません(><;)」

 「なんだあの野郎!?5日連続で無断欠勤か!?」

いくら仕事が出来るからってやりすぎだろう小僧よ・・・ お前の変わりにラインに入る人の気持ちにもなってやれよ。とばっちり受けてフォローが入らなくなる俺の気持ちにもなってくれよ。死にそうなんだよ(´;ω;`) 小僧、頼むから小僧・・・ 小僧・・・ こぞ・・  ・・・ん?

 (・・・っていうか、5日連続って(;^ω^))


小僧はある日を境にプッツりと消息を絶った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

・・


 「○○君、どうしたんですかねぇ?」

 「さぁ?派遣会社の方でも連絡付かないみたいだしバックれだろ」

 「ん~・・・・ でも、4年も務めていた奴が最後こんな風にバックれ
  ますかねぇ?」

 「まぁ・・あいつはそういうタイプだよ^^; 無断欠勤はよくするわ、
  偶に理由があるときもそれは大抵家族の病気だったり事故
  だったり・・・、嫁が具合が悪くなったりとか、そんなんだぜ?」

 「・・・はぁ」

 「もしかしたら本当なのかもしれないけどさ、そういうのって問い
  正せないべ?俺らがツッコみづらいのわかってて言ってんだよ
  アイツ」

 「僕の知りあいにもそういうヤツいますよ。」

 「困ったヤツだなぁ」


 今週の体重  -3.6kg

| | コメント (3)

2008年6月10日 (火)

6/10  せめて、人間らしく

思えば去年の6月の俺はとてもとても生き生きとしていた。

それが今はどうだろう?楽あれば苦ありという言葉が身に染みる今日この頃でございます。気付けば、特に書くような事も一切無いまま一週間が過ぎてしまいました。何かしらのネタに恵まれてた毎日がどれほど素晴らしかったか今更ながらに痛感しております。

せっかくの休日も何をするわけでもなくダラダラ過ごすのみ・・・

苦しい事を短期集中で乗り越えようとしているわけなので仕方が無い事ですが、それでもやはり何か人間らしい事がしたくなってきます。しかしながら、疲労が溜まりに溜まっているわけでハツラツと何かをしようという気にもならず・・

必然、やる事は一つしかありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・
・・・・・・

・・

週明け。

 「おはようございます」

 「あ、おはよー」

 「はぁ('A`) 」

 「・・・うみ君なんか疲れてるね。週末何してたのさ?」

 「え・・・あ、・・・つよきす二学期・・・・」

 「・・・・ん?何?つよ・・?何?」

 
 週末の収支 +61k^^

| | コメント (9)

2008年6月 3日 (火)

6/1  疲れは三倍界王拳

最近は地下帝国の事ばかり書いてるわけだけれども、何もパチ・スロを打っていないわけではない。むしろ、休日なんかはそれ以外やる事など無いってくらいに暇だったりするわけで・・・

  「お」

とある休日、近くの優良店にて昼過ぎに見つけた台は北斗の将だった。

  (・・・・3600ゲームで BIG14 MID14 だと!?)

箱を持った若者がそそくさと台を離れた瞬間にこのシマを通りかかった俺は運がよかったとしか言いようがない。前述しているように、この店はなぜか優良店。なぜかと書いたのは普通こういう期間工が集うような工場が近くにあるパチ屋ってのは超が付くほどのボッタ店ってのが世の常だからなわけだけど、この店は決してそんな事はなく、逆にスロプーの軍団が常に屯しているような、そんな休日でも設定がかなり入っている(そして発表アリ)店なのです。

 「・・・・チッ」

まさかヤメるとは思っていなかったのだろう。俺が台を取った直後にスロプーの軍団がダッシュで駆けて来て、そして舌打ちをして去って行った。それ程シビアなタイミングだったのだ、この6濃厚な北斗をゲットできたのは。

  (・・・・これは大勝ちの予感ですぞ( ^ω^))

何かこう、神様が勝ちなさいと言ってくれてるような気さえする展開にテンションも上がってきます。

  (・・・・ウホッ!?)

そして、そんな気持ちを後押しするかのように投資1k目で角チェから風のヒューイ様が登場した日にゃアンタ!!!!!(・∀・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

・・

 魚  「で、6だったの?」

 うみ  「多分ね」

 魚  「多分って何で?」

 うみ  「いや、色んな要素から見ても恐らく5以上はあったハズ
      なんだけどね、なにぶん発表見てないからさ」

 魚  「なんで発表まで打たなかったのさ?」

 うみ  「それを聞きますか」


 その日の収支  -23.0k

| | コメント (8)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »