« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

10/29  善悪の境界線

久方ぶりに電車に乗ると乗客がみんな疲れた顔をしていた。そんな中で一人の女学生の姿が目に入る。その娘を見ているととても自然な気持ちでなにかほんわかした気持ちになれたように感じた。どうしてそう思えたかと言われると、説明が難しいのだけど強いて言葉にするならば、疲れ果てた大人達の中に於いてその女の子にだけは輝ける未来のようなものが見えたから、なのかもしれない。あくまで私の主観的な感想に過ぎないのだが。

そんな未来の無い若者の身勝手な感想を余所に一駅、二駅と電車は進む。乗客も疎らになってきた。そうして、もうすぐ到着という頃になってふと、私は先ほどの女学生が気になりそちらに向く事になるのだが、そこには既に女学生の姿は無く変わりに何か忘れ物だろうか?彼女の座っていた場所には小さなビニールの袋が捨て置かれていた。

 (・・・・ゴミを置いてった?いや。。そんな娘には見えなかったぞ)

あの女学生の落としものかどうか、確信はないのだけど落ちてた場所が場所だけにそう仮定して話しを進めて行く。

とにかく、そんな事を考えてると間もなく、自分の目的地の駅へ到着となる。降りる間際、ゴミだったら捨ててやろうと思い、小さなビニール袋を手に取った。

 (あ・・・この重さ・・ )

ビニール袋を手に取ると、おそらく忘れものなんだろう、そう思える重量感。

 (・・・どうしよう、車内に置いていった方がいいのかはたまた・・)

ナマモノだったら置いておきっぱなしにしちゃよくない。悪いと思いつつ中身を確認する事に。すると案の定・・ 

 (ん・・これは・・・・・・チーズケーキ!?)

中はナマモノであり、次の瞬間私はそれを手に取って電車から降りていた。ナマモノであった以上駅員に届けた方がいいという判断である。なんだか車内の人が俺の方をずっと見てたのが気になる所だが・・

兎にも角にも、もう持ってきてしまったのだから仕方がない。駅員に届けようと辺りを見回すも・・嗚呼、時刻は午後の六時過ぎだと言うのに

『本日の業務は終了しました』

との看板が出ているではないか!さすが片田舎の私鉄は違う。

 (うーん・・・・ まずい事しちゃったな。。)

もし、あのまま私がビニール袋を持っていかずに車内にチーズケーキが置きっぱなしであったならば、もしかしたらチーズケーキを探していた女学生の連絡を受けた駅員さんがソレを発見した後、両者は巡り逢っていたかもしれない。。

こうなると、良かれと思ってした事だがその実、事態をややこしくしただけのような気さえしてくる。

警察に届けるべきか否か・・ しかし、落としたモノがモノだけに持ち主が探しに来るとは到底思えない。よしんば探したとしても賞味期限が今日きっかりになっている。どのみち、今日中に落とし主と落とし物が出会える可能性は限りなく低そうだ。。

 (うわあああ、悩むなぁ。。どうしたものか・・ )

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

・・

結論から言えば、自分で食べてしまう事にした。あのまま駅の事務室の前に放置しておいたとしても、見つかるのは最短で明日。そして、駅員に見つかったはいいが賞味期限切れで放置されているチーズケーキを一体誰が食べようと思うのだろうか?普通は処分するだろう。そう思ったからこそ食べた。この場合、一番しちゃいけない事は『このチーズケーキを放っておいて腐らせてしまう事』だと思ったからである。

だが、この行動は果たして正しかったのかどうか。私にはそれが未だにわからない。

ただ、次にあの女学生を見つけたら、事情を説明してお茶でも奢ろうとは思っています。それぐらいの罪の意識は、実のところ感じてはいるのだ。

女学生の顔を覚えていないのが唯一の難点だけど。

  26日の収支 -5.6k
  27日の収支 -0.2k

| | コメント (24)

2007年10月26日 (金)

10/25  人生を振り返る

カレーハウスCOCO一番亭でうなだれる若者が二名。

 「しっかし、一人でも楽器引ける奴がいれば『じゃあ生演奏でも
  やろうぜ』とかって流れにもなるだろうにね・・」

 「だよなぁ、歌うまけりゃ『歌います』でいいんだもんな。」

 「・・こうして改めて考えてみると俺らってボキャブラティーに欠けた
  人間なんだって事がよくわかるよ(´・ω・`)」

 「特技はスロットです、とかじゃなぁ('A`) 」

 「ホント、今までの人生俺ら何してたんだろうな・・」

 「嗚呼、欝になってきた・・」

まさか余興で人生を省みる事になろうとは思わなんだ。

 「でもさ・・ プラス思考で考えると、余興のおかげで自分のダメさ
  をハッキリと自覚できたとも思えない?」

 「・・・・!」

 「これは転機なのかもしれないな!そうだよ、この余興をキッカケに
  生まれ変わろうぜ!」

 「・・・だな!たまにはイイ事言うじゃねぇか」

 「そうと決まれば最高の余興をやるだけだ」

 「ああ、残った時間は少ないが頑張ろうぜ!」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

・・

翌日、朝一からスロ屋に向かう自分が愛しい。

 本日 -28.0k

| | コメント (7)

2007年10月23日 (火)

10/23  余興無間地獄

各自忙しい中、無理して余興の打ち合わせをする時間を作り集まった。魚君の転勤以来、なかなか三人で会う機会が見つからず、そんなわけで今日は片道二時間かけて三人が集ったのだ。「トコトンまで話しぬこう」そんな空気がファミレスを支配する。

 Y  「ちょwwwなんだコレwwww」

が、そんな真剣な雰囲気は魚君のバッグの中から『絶対負けない麻雀』という戦術書が発見された瞬間に音を立てて崩れ去った。(打ち合わせ開始五分後)

53701949

 





  
 うみ  「え・・・おまえいつもこんなの持ち歩いてんの(;^ω^)?」

 魚  「俺はおまえらと違って常日頃麻雀の事を考えているんだ。
     おまえらとは麻雀に対する愛が違うんだよ!」

 Y  「は?俺の方が絶対愛してるから。思い知らせてやんよ。
     よし、雀荘行くぞ!」 (打ち合わせ開始から7分)

 うみ  「待て待て待て」

こいつら・・狂ってやがる。このときばかりは本当にそう思った。

 うみ  「わかったわかった、んじゃ余興の事ある程度終わったら
      雀荘行こうな、とりあえず先に余興考えないと・・ 本当に
      俺達が思ってる程時間は残されてないんだって!!」  

 Y  「わかったよ。んじゃ真面目にやろうぜ。
     ・・・ところで、【三五六七七八】の形から簡単に『三』を
     切っちゃいけない理由をキチンと説明できるか?」

 うみ  「愚問だぜ」

 魚  「え?何でダメなの?」

 うみ  「いいか?この形から三を切っちゃうとだな、カン四萬の
      受け入れが・・」

けど、気付けば余興の打ち合わせで集まったハズなのにいつの間にか麻雀の「何切る」で熱く議論していた俺達。なんて事はない、俺も十分狂っていたのだ。

そして嗚呼…気付けば集まってからもう二時間が過ぎている…

 魚  「結局俺ら、何のために集まったんだろうな…」

 うみ&Y  「・・・(´・ω・`)」

さすがにここらへんで危機感を募らせたのか、ようやく真剣な話し合いがスタートしたわけで・・

 うみ  「で、オチどうすっか?」

 Y  「最後さぁ、司会がヘリウムガスで声変わってるとかは?」

 うみ  「うはwww」

 Y  「で、新郎に一言貰うようにしてもらってそこでも・・・」

 魚・うみ  「ヘwwリwwウwwムwwガwwスwww」

 魚  「んで、掴みは?」

 うみ  「ん~・・・」
   
  

そうして、真剣な話し合いの甲斐あって話しは大分進み…

 うみ  「うん、じゃあ今日はこんなトコで」

ようやく本日の打ち合わせは終了となった。時刻は0時ちょっと前。

 Y  「じゃ打ちにいきますか」

 うみ  「え、今から行くの?」

 魚  「・・・俺、明日仕事なんだけど」

 Y  「いや、逃げるなら逃げるで別に構わない。所詮おまえらの
    麻雀に対する愛はそんなもんって事なんだから」

 魚  「言ってくれるじゃねぇか」

 うみ  「・・・・」

翌日仕事が休みのY君と俺はともかく、魚・・ おまえ、すごいよ。

・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

チュンチュン コーケッコッコー
 

翌日、電話口の向こう側から怒り気味の口調で魚君が言い放つ。

 魚  「もうマジ仕事中倒れそうだったよ!なんで余興のために
     徹夜までしなきゃなんないの?体壊れるわ!!」

 うみ  「おまえやっぱりスゴイよ」

| | コメント (11)

2007年10月20日 (土)

10/19  スロ熱

金曜って事で、某店へ行ってみた。ここ静岡、よくよく見ればイベント告知こそ禁止されたしまったものの、それでも以前と変わらず曜日別&日付別イベントを(暗黙の了解的に)開催している店がほとんどのようだ。今日来た某店もそんな店の一つ。

そんな事言ったって発表&確認無しなんだから何でも出来るじゃん!と思われがちですが、怪我の功名と申しますか以前に比べてイベント信頼度が(暗黙のね)上がったようにも見えるわけで・・。こんな時代だからお客はちょっとの嘘にも過敏に反応するわけで、きっと店としてもイベントで客寄せができなくなってしまった今、悪戯に信用を落とすわけにはいかないのでしょうね。

だから今日も自信を持ってデビルメイクライに座る事ができる。

 【デビルメイクライ】 (3台合計) 
 総3242 BB3 - DB2 - RB5

そして撃沈 /(^O^)\ まぁ本来はこういう台なんだよね。最近ツイてたもんで忘れかけてた。

そういえば、この一ヶ月でデビルメイクライの客層が確実に悪くなってきている事実を皆さんはご存知だろうか?もともと割数自体は111%と悪くないのだ、いくら判別がキツイ台と言ってももっと早い段階でプロが目を付けてもよかったハズである。

あるいは単にハイスペック機のおかげだったのだろうか?彼らがこっちへ来なかったのは。ともあれ、そんな推測はどうでもよろしい。事実はプロっぽい客がデビルのシマへ流れてきたと言う事だけだ。甘いスペックの台だけに、打ち手のレベルが上がってしまっては楽園の崩壊は間近だろう。そういえば、最近入れ替えでこの台が消える店をけっこう見かけている・・・

そしてデビルメイクライが消えるとき、それは私のスロ熱も完全に消え失せるときだという事を確信している。

だからこそ迷う。残り少ない彼との一時、プロとしてシビアにいくべきか、はたまたスロ好きとして収支には目を瞑って打ち倒すべきなのか…

余興のネタ作りが進まないのもそんな複雑な思いが絡み合ってこそ、なのである^^

きっと俺は明日もホールへ行く!!

 10/18の収支 -12.0k
 10/19の収支 -13.6k

| | コメント (15)

2007年10月18日 (木)

10/17  傷痕

三人寄れば文殊の知恵、と言いますしね。

俺と魚君じゃ出来なかった事もY君の加入で可能になったのかもしれません!入念な打ち合わせに次ぐ打ち合わせの末、いよいよ余興の出し物が決まりました!

今回は

 「馴れ初め動画を流しながらツッコミを入れていく!」

と、いうのに挑戦してみようと思います。聞いただけじゃちょっとわかりづらいかもしれませんが、お笑い芸人の『陣内智則』のネタを思い浮かべて貰うと分かりやすいかもしれません。動画でおかしな所をわざと撮って、そこにツッコンで行くって感じ。

難易度は高そうですが、まぁ三人いれば何とかなるでしょう( ^ω^)

で、この余興をやる上で一番重要なのが「動画のボケ」でございます。もちろん、ツッコミも重要なのですが、そもそも動画自体で笑いを取れないとツッコむ事すら困難なわけで・・

そしてただボケるだけじゃなく、二人の馴れ初めに絡めたボケが必要とされるわけでして・・ 正直書いてて無謀な気がしてきましたが、とにかくネタ作りが第一となってきます。そのため最近は家に缶詰でネタ作りに励んでいます!

 【デビルメイクライ】 推定6
  総8772  BB2 - DB21 - RB16

 (´-`).。oO(・・・あれ?)

でね、話し戻しますが、お笑いのネタって作ってみるとわかるんですが一人であーだこーだ書いてても、果たしてそれが楽しいのかどうかよくわかりません。。そりゃ自分は楽しいと思って書いてるんですが、イザ他人に見せてみると・・ 

 (あれ・・ どうして俺、こんなの楽しいと思っちゃったんだろ・・)

みたいな感覚に襲われてすごく恥ずかしくなってきたりします…

ほら、皆さんも経験あるでしょ?前日おもしろかったテレビの内容を説明しようとしてて、話してる内に(あれ・・・?こんなモンだっけ?)みたいに恥ずかしくなっていく感覚。まさにアレですよ。

ただ、今はまだ身内で恥掻いてるだけなのでいいのですが、余興本番でスベる事を考えると・・ 

ああああああああああああ思い出したくない /('A`) \

あの日の恐怖が今日も僕をネタ作りに励ませるのです…

 結婚式
 幸せなのは
 家族だけ
         詠み人知らず

 15日の収支 +21.0k          

| | コメント (5)

2007年10月16日 (火)

10/15  通り名

 「…健という人。これは厳しい打ち手ね。」

 「健── 苗字は?」

 「苗字は知らないの」

 「──ドサ健かい」

 「そうよ、知ってるの」

 「知ってはいるがね。そうか、あいつか」

            阿佐田哲也著『ドサ健ばくち地獄(上)』より

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

・・

 (・・・・ううむ)

賢明なダラブロ読者さんならあるいはご存知かもしれないが、何を隠そう、私ことニート君は大の「ドサ健」ファンである。そういう訳で、彼が活躍する小説を読むのが大好きなわけだが毎回、上記のようなやり取りを見る度に思う事がある、それは・・・

 (俺も「ドサ健」のような通り名が欲しい!!!)

誰が聞いてもその名を聞いたら決まって私を連想するような、そんな通り名が私も欲しい。サクラだのニートだの、そんなんじゃなく、もっとこう・・オリジナリティのあるものが欲しい!

そりゃ今のハンドルネームで使ってる「うみ」ってのも、ある意味では通り名的なものなのかもしれない。が、俺が欲しいのはネット上に数多く存在する「うみ」さんの中でも更に差別化を計れるような前置き、つまりドサ健で言うところの「ドサ」が欲しいのだ!!

そんなわけで少し真剣に考えてみようと思う。

ちなみに、一説ではドサ健の通り名の由来は「ドサ回り」のドサから来ているとか何とか。健は言わずもがな。こんな感じで響きだけでなく、意味ある単語を名前に乗っける形式で行きたいと思う。

まず初めに、意味ある単語と言った手前アレなのだが、やはり憧れであるが故、一度試してみたくなり、ドサ回りはしないけどハンゲームのアバターに「ドサ海」と名づけてみた。

 「・・・・・・」


 (・・・ダメだこりゃ)

なんだろう?この緊張感の無さ。まるで空気の読め無さそうな響きである。いや、ある意味合ってるか。

うーん、思うに「うみ」って響きがよくないのかもしれない。「健」のようなシャープなイメージに比べ、「うみ」ってのはどこかこう・・ 丸っこくて優しそうな、それでいて優柔不断で空気が読めなさそうなイメージがある。きっと平仮名が丸っこいからそう思ってしまうのだろうけど。。

 (ううむ・・)

なるほど、そう考えると通り名ってのは響きがかなり重要な気がする。そして、締めの音が響きに重要な重きを締めてるんじゃなかろうか?例えば「ドサ健」ならば「ん」。うむ、立派に締まってる。対して「~うみ」なら「み」って、・・・「み」?なんと締まりのない音なんだ・・

しかし、締まりのない音というだけで諦めるわけにはいかない。それこそ、そんなんじゃ全国の「~み」って名前の人が泣く。

 (・・・・・うん)

それじゃあ、ドサ健のドサとは離れてみて、意味のある単語って所からアプローチしてみようと思う。俺に意味のある単語といえば・・

 ニート、無職、スロ・・・・

ってアレ?気持ちが滅入ってきたぞ・・。そもそも、これ別に俺だけに特別関係ある事柄でもないしなぁ・・

・・・いや、しかしドサ健のドサ回りも、何もドサ健だけに限った事でもないだろうに、だから問題なかろう。

気を取り直して考えてみる。

 メガネ、余興、軽口、空気読めな・・・

ん!?

書いてる途中でちょっと思いついてしまった。
空気読めないうみさんって事で

 『空気海』 = (からけうみ)

ってのはどうだろう!?「からけ」ってのはいつからあったのか、また誰の造語かは知らないけど「空気を読めない」、の隠語、又はそれに対する皮肉だったりジョークだったりする言葉だと思えばヨロシイ。 

 (・・・からけうみ)

うん、響き的には「坊や哲」みたいで悪くないかも。意味がちょっと嫌だけど、きっと通り名なんてみんなそんなモンだろう。


 「…海という人。これは厳しい打ち手ね。」

 「海── 苗字は?」

 「タn(ry ・・・苗字は知らないの」

 「──空気海かい」

 「そうよ、知ってるの」

 「知ってはいるがね。そうか、あいつか」


 (・・・・うわぁ)

えも言えぬ悪寒が体を過ぎる。やはりここまで呼び親しまれるようになったドサ健と言う通り名も、又、それを名付けた誰かも(阿佐田先生が付けたのかな?)偉大である。

 「そもそも、通り名って自分で付けるものじゃないような気がするん
  だがね。」

どこかからそんな声が聞こえてきたり。

いつか自然と通り名が付くくらい有名になってみたいものです。

| | コメント (14)

2007年10月13日 (土)

10/12  自分の才能が恐ろしい

 「うわぁ、けっこう出ましたね!」

閉店間際、コインを流してる最中顔馴染み・・まで行かないけど、
昔から通ってる店だけに知った顔の店員が話しかけてくる。

 「最近デビルばっかみたいですけどこの機種はいいんですか?」

 「いやぁ勝ちづらい台ですよ。楽しいから打ってるんです。ほら、
  僕はもう遊びで打ってるだけですし^^

  ・・・それにプロが狙わない台だから楽なんです」

やんわりと返してみる。向こうからしたら、さすがに俺がスロプって
事はわかってるとは思うが・・ まぁ俺としては嘘は付いてないけど、
しかしどう受け止められるか微妙な発言だったかもしれない。

 「ああ・・・なるほど。それはありますよね」

おまえはプロじゃないのか?という店員の目線が痛たたた。
程なく、計数機が止まりレシートが発行された。4585枚。

 【デビルメイクライ】 推定6
  総8217 BB4 - DB24 - RB12

俺ってつくづく空気の読めない日本人だな・・・

 本日 +81.6k

| | コメント (8)

2007年10月12日 (金)

10/11  足止め

この一週間遊んでいたわけじゃない。

就職に向け引越しを考え、デビルメイクライをちょっと打ち、物件を探し
下見をし・・ と多忙な日々を送っていたわけです。

そうして、いよいよ物件を決めて引っ越そうかな?と真剣に考え出し
たとき事件は起きた。

 魚  「俺さぁ、来週から転勤だってwww」

 うみ  「マジで!?」

これにて、俺の計画は大幅にズレる事となる。

それというのも『余興』がとても大きく関係している。話し合いの末
ビデオレターというか、ビデオドラマを作る事になった余興だが、魚君の
転勤話が出るまでは

 (魚君とY君がいりゃ何とかなるだろ。俺もそんな遠くへ行くわけ
  じゃないしある程度は任せて仕上げを強力すりゃいいかな♪)

なんて高を括ってたわけだが、魚君が転勤で地元からいなくなると
いうなら話しは随分と変わってくる・・

 (ここで俺までいなくなったらみんなバラバラ。余興はまず出来上
  がらないだろう・・ なんてこった・・ 一度引き受けちまった以上
  適当な事はできないし(><;)あああああ)

そんなわけで、俺は未だ引っ越せずにいる。一刻も早く余興に目処
をつけないと俺の就職はどんどん先送りだぜ!

・・・まぁ今すぐ就職しなきゃ死ぬわけでもないし、今さら少しくらい遅
  れたからって全然構いませんけどね('A`) ニコッ

で、社会人のみなさんは予定があるわけでしてね。予定の合う日
以外俺はとてもヒマを持て余す事となるわけです。俺が一人張り
切ったとこで、余興は一人じゃできませんから(´・ω・`)

だからヒマな僕は今日もホールへ。

 【デビルメイクライ】推定六
  総8608  BB3-DB23-RB18
  Yeaaaaaaaaaah!!ウォッホッホーゥ!!(゚∀゚)

そしてなんだかなぁ…皮肉なこの結果。

きっと俺は明日もホールへ行く!

 本日 +79.6k

| | コメント (11)

2007年10月 6日 (土)

10/5  軽口宣言

男は無口がかっこいいと思ってた時期もあった。けれど、歳を重ね
るにつれ、軽口を叩く男にこそ俺は魅力を感じるようになっていて・・

 ○○  「なぁ、本気で殴っていい?(♯^ω^)ビキビキ」

そして俺は今日もまた口で失敗している。
 

事の発端は忌々しきかな『余興』である。11月に結婚する○○に
結婚式の余興を頼まれた俺達は(俺、魚君、Y君)その打ち合わせ
のために○○宅にお邪魔した。二度と関わりたくないと思っていた
結婚式の余興ではあるが、頼まれたらやはり断りづらいものである。

○○宅に訪れた我々は二人の馴れ初めから思い出の場所・思い出
の言葉等を色々聞くわけだが・・

 うみ  「で、彼女の実家の焼津まで行ったわけ?」

 嫁さん  「え?焼津?」

 ○○  「ッ!!!!!」

 うみ  「・・・?」

 ○○  「・・・・・・(目で合図)」

 うみ  「・・・・・!!」

例えばこんなシーン。ここで俺は「焼津」(静岡内のとある地名)と
発言しているのだがあろう事か焼津は○○の元彼女の実家であり
完全に勘違いしての発言である。○○が目で訴えていたのは当然
であり、速やかにこの話題を流してくれってサインだったのだろう・・

しかし

 うみ  「おっとイケないイケない。違う女の事だったなwwww」

こんな一言を発してしまうのが俺である。

断っておくが勿論悪気があっての事ではない。つか、これくらい何と
もないと思うんだが・・

こんな具合に何度か空気のよめない発言を繰り返しその日の打ち
合わせは幕を閉じた。

 ○○  「うちの嫁さぁ、冗談通じないし嫌な事あっても全部自分で
       抱え込んじゃうからああいう発言は今後気を付けて欲し
       いんだ(><)」

帰り際、○○が改まって俺にこう言ってくる。○○自身はああいう
冗談は構わないのだが、嫁が嫌な思いをするからヤメてくれ、との
事だ。

 うみ  「そうか・・・」

いくら空気と人の感情を読めない俺でも嫁さんのそういう事情を聞
いて「ああ、それは悪い事をしてしまったなぁ」と思う感情くらいは持
ち合わせているつもりだ。

だから俺は○○にこう切り返す。

 うみ  「そうか、そりゃ悪い事したな。

       次も言っちゃうと思うけど勘弁な!」

深刻な会話にとびっきりの軽口が炸裂。もちろん悪気は無い。

・・・・だからこそ問題なのだが。

 ○○  「は?おまえふざけてんのか?」

そして○○とリアルに喧嘩になった。

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

・・

思うに、空気を読めて初めて軽口というものは成立するんじゃない
だろうか?きっと空気の読めない軽口はただの挑発なのだろう。
俺は今までこれで失敗してきたように思える。

ただ、ここがアメリカだったらこの日の俺の発言は咎められたのだ
ろうか?それだけが唯一の気がかりである。

| | コメント (38)

2007年10月 2日 (火)

10/1  有終の美を飾る

もはやスロで以前のような収支をあげる事は不可能だという事は
百も承知。かといってパチンコに鞍替えしようにもやる気は起きず・・

また、それらで稼いでいこうといった気概も実のところ既に持ち合わ
せておらず。

 うみ 「お、開店だ^^」

それでもなぜ今日もホールに向かってしまうかと言えば、それは
別にスロプへの未練でも何でもなく、ただただ狂おしいくらい打ち
たい台があるからという事に他なりません。

・・・・ええ、もはやただのNEETですよ。

そして、そんなニート君を就職活動から遠ざけるその台はいわずも
がな「デビルメイクライ」。パチスロで稼ぐ気がなくなった今、ホール
に行ってもこの台しか打つ気がしません。

あ、就職についてはもちろん真剣に考えていますし一刻も早く就職
すべきだとは思っています。が、就職する前にこいつを打ち倒して
おきたいと思う気持ちがとても強いわけでして(;^ω^)

そんなわけで俺は今日もホールにいるのですが、せっかくなので
俺がここまで愛したデビルメイクライの魅力を少々語るとしましょう。

 1・まず、演出が素晴らしい (゚∀゚)

レバーオンでの激熱演出から、オーソドックスな小役ナビハズレ、
はたまた知らないと見落としてしまうようなマニアックな演出まで・・
覚えれば覚える程ハマってしまう事請け負い(・∀・)

特にレバオンで出る「弾痕演出」は中毒性高し!大抵のデビルメイ
クライ打ちはあの画面が赤く染まる瞬間を見たいがために打ってる
と言っても過言ではありません。まぁ多くは語らない、とりあえず一
発引いてみよう。次の日から打たずにはいられなくなるんだぜ?

あと、この台はボーナスフラグによってリーチ目制御を取るボーナスと
取らないボーナスが存在するわけで・・ 逆押しでフラグ判別をしな
い限り演出が「全く」死なないのです!!!!

 2・順押し、中押し、逆押し、どこから押しても楽しめる(゚∀゚)

これ、最近の台には珍しい超オススメポイント。成立フラグが一発で
わかり取りこぼしゼロの中押し、取りこぼしがあるものの出目と演出
との絡みで1確が拝める逆押し、曖昧な出目で演出を楽しみながら
も唯一たまに出現するリーチ目を拝む事ができる順押し・・ と、本当
にどこから押しても楽しめます。そのため、激熱演出のときはどこか
ら押そうか迷える素晴らしさ(*´д`*)ハァハァ

 3・ボーナス中も熱い(゚∀゚)

この台、BB(ビッグボーナス)は五号機最高獲得枚数である448枚を
獲得でき熱く、DB(デビルボーナス)は打ち手のヒキ次第で獲得枚数
が上下するので熱く、RB(バケ)はイライラして熱くなれます。

んで、このデビルボーナスと呼ばれるボーナスは五号機で初となる
「獲得枚数変動型」のボーナスとなっておりまして打ち手のヒキ次第
でボーナス獲得枚数が毎回変わってきます。そして、そのボーナス中
は旧北斗さながらのバトルが液晶上で展開されまして・・ ヒキ次第
で二百枚程獲得枚数の変わってくるバトルですのでとても熱い!

それに、BB、DB共にボーナス中の演出内容で設定を示唆する事もご
ざいますので(未確定情報だけど)ボーナス中も目を離せません^^

 4・天井RTの存在 (゚∀゚)

この台の唯一の欠点と言えば、『当たりが重い』こと。合算確率が
スパイダーマンと似てると言えば大体想像付くでしょうか?が、ご
心配なく!この台は1200ゲームを超えると天井RTが発動し、以後
コインを減らさず・・否、多少増やしつつボーナスを待つ事ができます。

大した効果は見込め無いといっても、天井があるか無いかではハ
マリ時の心境が大分変わってきます!それに天井近い台を狙うと
いった立ち回りも可能となりますし・・ 素晴らしきかな天井RT。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

・・

と、細かい演出面や出目まで語っていけばあと原稿用紙3枚分は
書けそうなのですが、自分自身で発見してこそのおもしろさという
ものもあるので魅力を語るのはここらへんにしておきましょう。

兎にも角にもそんな俺の熱い気持ちを汲み取ってくれた本日の
ダンテさん(この台の主人公)。

 【デビルメイクライ】推定設定13  
  総8146  BB2  (1/4073)
         DB26 (1/313)
         RB16 (1/509)

Yeaaaaaaaaaah!!ウォッホッホーゥ!!(゚∀゚)4810枚!

今まで散々手をやいてきましたがご覧の通り、やればできる子
なんですよこの子は(´;ω;`)

そして、本日の歴史的勝利によりやっとデビルメイクライの収支がプラス
に転じました。かなり高設定比率の高い勝負をしてきたつもりですが
それで30戦目目にしてようやく、といった感じです。

  【デビルメイクライ】 全30戦 11勝19敗
  総91479  BB26  (1/3518)
         DB177 (1/517)
         RB141 (1/649)

ちなみに設定6のみの数値
  
  総39553  BB9  (1/4395)
         DB96 (1/412)
         RB77 (1/514)


 「・・・ふぅ、」

この機種をようやくプラスにでき、いよいよ思い残す事は無くなった
という感じです( ´ー`) 

さぁ、遊びは終わりだ。

 9/30の収支 +95.2k

| | コメント (16)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »