« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

3/31  決戦前夜

ざわざわ・・ ざわざわ・・
慌てふためく常連を尻目に店員はシビアな現実を突きつけた。
風雲急を告げる、とはまさにこの事であろう。

 「まさか、蜘蛛に6が入らなくなるとは・・・」

本日、定例イベントにて常連の間では暗黙の了解となっていた
『五号機のシマには基本6が入る』、という法則が崩れ去った。

決算期の月末ゆえ、例外中の例外として・・ なのかもしれないが
なんにせよ、今後に不安を残す一日となったのは間違い無い。

ちなみに、私は変に粘らず一台目がダメですぐ帰ったので
被害は最小限で済みました \(^O^)/大ラッキー

・・・・・・

・・・・
・・・

ところで、余興の方は・・?稼働してる暇はあるのですか?
そう問われると返答に苦しむ。

本当はそんな暇ないのだ。
本当はそんな暇ないのだ。

本当にそんな暇ないのだ・・・

 余興の準備がまだ終わっとらん /(^O^)\

いよいよ明日、Y君の結婚式・・・
そして私の黒歴史が幕を開ける。

 30日の収支 -10k
 31日の収支 -20k

| | コメント (4)

2007年3月29日 (木)

3/29  場違い

嬉しいときー

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´ 貯玉の換金率が上がってたときー>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

悲しいときー

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人 _人
   <´余興で滑る夢を見るくらいプレッシャーを>
   <         感じてる自分を知ったときー>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒ r ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////


この二日間、余興の相談で稼働どころじゃありません。

本日、式場で担当の人と最終打ち合わせをしてきたのですが

 「・・・・・何ここ、入り口わかんないよ」

あまりの会場の豪華っぷりを目の当たりにした私めは
リアルポンキッキのコスプレを選んだ事に対して後悔を隠せなかった。

そして悲しい悲報伝。

 担当 「えーと、うみさん達の余興は乾杯の次、となりますね」

 うみ  「・・・・ッ!?(え、酒の力借りれないのおおお!?)」

・・・さぁ、あと二日 \(^O^)/

 本日 +9k (貯玉換金しただけ)

| | コメント (8)

2007年3月28日 (水)

3/27  真実は

 うみ 「なんでこないだ電話無視したのさ?」

 S嬢 「え・・そ、そのときアメリカにいたから^^;」

 うみ 「・・・」

にわか信じ難い話しであれ、それが嘘かは誰にもわからない。
受け取る側次第と言ったところだが、真実はいつも暗い闇の中。

ただ一言言うならば、決め付ける事だけはしない方がいい。

設定推測もその一言に尽きる。

 【麻雀物語】
 総2859 B5 R8 ('A`)

狙いのガッチャが早々に埋まってしまっていたため、とりあえず
リセットだけでも打ってみようかな、と渋々座った麻雀物語。

 「・・・お、当たった?」

そこで期待してなかったリセモに引っかかるのだが・・・
果たしてそれは幸運だったのか、はたまた不運だったのだろうか?

BIG2 REG7 と表示された頭上のカウンターを叩き壊したかった。

が、BIG中の小役ゲームが≪総43 ハズレ3 竹2≫という好内容で
RTが≪163.343≫という優秀っぷりでは続行するに決まっている。
と、言うより

 「・・・・これ、6だろ?」

こう思うのも無理はないだろう。
が、

 (♯^ω^).。oO(・・・)

その後のお約束の展開にて夢は夢で終わる事となる。
決めつけはよくない、といういい例でした。

その後、スカイラブの推定6にてなんとか逆転です。

~その夜~

 S嬢 「あ、そうそう、今度お土産渡すねぇ♪」

 うみ 「・・・え、マジだったの?アメリカ??
      じゃあなんで電話・・・・」

 S嬢 「え、だって電話料金高いじゃん?」

 うみ 「・・・・S」

いやはや、人も設定推測も難しいぜ・・・

  本日 +12.2k

| | コメント (8)

2007年3月27日 (火)

3/26  欲の塊達

慣れと言えば聞こえはいいかもしれないが、
麻痺と言えばとても不味いコトのように思える。

 「じゃ、今日は点リャンピンで」 *千点200円。

僕等の麻雀もいよいよこの域にまで達してしまいました。
嗚呼、点5(千点50円)でヒィヒィ言ってた時代が懐かしい・・・

 「俺ぁ、スリルが欲しいだけなんだ ハァハァ・・・ 」

ある結婚を控えた人に言わせればこういう理由らしいが、
ここにいる輩は自分が負けるなど皆目思ってない天狗達である。
つまり今回のレートアップも

 『どうせ勝つなら金額が大きい方がいい』

そういう事なのだろう。
いやはや非常に性質が悪い(;^ω^)

そして、こんな高レートで麻雀をすればかならず熱くなる奴が
現れるのが世の常ってわけでして・・・

 「今夜もやるら?」

そうして徹夜二日目が確定('A`)
蜘蛛の6を捨ててしまったのにはそういう理由があったのです。

 蜘蛛 【設定6】
 総912 B0 M0   (捨て、第二候補へ移動)

この後、フラフラになりながら立ち回りなんとかトントンまで持ち
直して稼働終了、帰って沈むような眠りにつきました・・・

 「・・・・ッ!?」

そうして見た夢は『余興』でスベる夢だったわけで・・・

 「頭痛ぇ・・・」

 本日 ±0
 麻雀 +45k

| | コメント (5)

2007年3月24日 (土)

3/24  あと七日

なんか冴えない稼働を続けつつ、ちょいプラなこの二日間は
ただ単にツイていただけの恩恵とも言えなくはないでしょうね。

ああ、ツイてるって素晴らしい\(^O^)/

それにしても五号機の稼働って見せ場がほとんどないから
ブログに書くときにネタに困ります。

 22日の収支 +17.4k
 23日の収支 +17.6k     

ーーーーーーーーここから余興ーーーーーーーーーーーー

で、本日土曜は結婚式場の担当の人に余興の件で聞きたい
事があったので突撃してまいりました。

 「こんにちわ、新郎の友人のうみと申しますが・・」

 「ああ、こんにちわ^^ Yさんから聞いてます。
  余興をやってくださるといううみさんですね?」

 「あ・・・はい、で・・・その
  余興の件で2、3お伺いしたい事があるのですが・・」

 「あ、はい。どうぞ^^」

 「えーと、まず音楽・・ いわゆるBGMを使いたいのですが・・」

 「あ、はい。えーと、どのような・・・?
  こちらで用意できる場合もございますが?」

 「え、そうなんですか?それは嬉しいな」

 「はい、で・・ どのような曲をお使いになるのでしょうか?」

 「えーっと、『ヨーモニー』ってヤツと・・・」

 「え?」

 「ほら、冬ソナの劇中曲の・・・」

 「ああ、冬のソナタですか^^;」

 「それと、『リアルポンキッキのテーマ曲』を使いたいんですが」

 「・・・・・」

 「ほら、ジリリリリリ・・・ おっはよー! ってヤ・・」

 「なんでしょうかそれ?

 「あ、いいです。すいません(;^ω^)」

・・・
・・・・

・・・ふぅ。

迫り来る期限が僕の不安を駆り立てる。
なんだか、最近動悸が激しくなってきました('A`)

| | コメント (9)

2007年3月22日 (木)

3/21  これは・・

おう、ワイや。

Pon1_1



     





みんなの魚君やで!

Pon2








 



・・・

・・・・え!?

       ヽ|/   
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
    /         ヽ  
   /  \,, ,,/    |    
   | (●) (●)|||  |    
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|  .。oO(・・・これはマズイだろ)
   |  | l~ ̄~ヽ |   |   
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |     
   |    ̄ ̄ ̄    | 

そう思った方も多いのではないでしょうか?

正直に言います。僕等もそう思いました。
全身タイツを着た自分達が

ここまでヒドイものだとは思ってもいなかった!

とは言え、もう引き返せない・・

何かが僕等の中で壊れようとしている。
結婚式も壊れるかもしれない。

 本日 -30.8k

| | コメント (25)

2007年3月21日 (水)

3/20  余興、逃げ出した後

・・ブルブルブル

僕の携帯が震えている。

・・・・ブルブルブル

着信は…やっぱり、「Yの嫁」だ・・

・・・・・ブルブルブル

止まらないヴァイブレーション。

・・・・・・・・ブルブルブル

いつしか僕の手も震えていた。

 

思えば、こうなる事はわかりきっていた。
そう、コーラを飲めばゲップが出るというぐらいに。

事の発端はY君への電話である。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・
・・・

 うみ  「・・・もしもし、Yか?」

僕と魚はその日、Y君へ電話をした。
用件はもちろん結婚式での余興についてである。

 うみ  「実は、言いにくいんだがな・・・」

そして、簡潔に述べるとその電話は余興から逃げ出すという旨を
伝えるために掛けたものである・・・
 
クオリティが低い!死ねニート。いくら罵ってくれてもかまわない。
まこっとに恥ずかしい話しだが、僕らは諦めたのだ、余興を。
罵られて当然の行為である。

考える時間も、それを実行に移す時間もあった。
それなりの討論、思考錯誤、etc...をしてきたとも自負している。

が、そうした中で出てきた案、そのどれもが
『自分達の求めていたクオリティには遠く及びもしない』
と言う現実に突き当たってしまった。

我々素人二人が一体どんな結果、クオリティを求めていたのか。
その辺りは想像にお任せしますが、兎にも角にも

 『こんな事ならやらない方がマシなのでは?』

いつしかこのような思考が二人を支配していきました。
あるいは必要以上に体裁を気にしすぎた結果なのかもしれません。

僕らに与えられた持ち時間は五分程度との事だったので
『これならやらなくてもプログラムに支障はきたさないだろう』
そういう打算もありました。

そうして・・・

 うみ  「・・・もしもし、Yか?実は言いにくいんだが・・・・」

僕達は敗北宣言をしたのです。

・・
・・・・

・・・・・・・・・

だけど、そんな甘え許されるハズがありませんよね\(^O^)/

・・・・ブルブルブル

嫁さんからの着信が僕にそう伝えてくれます。
うん、悪いのは俺らだ。怒鳴られても仕方がない。
覚悟を決めよう。

 「はい、もしもし」

 「ねぇ、今Yに聞いたんだけど余興やらないって本当!?」

 「え、・・・・と、あのね・・」

 「むり!!!」

 「・・・・だよねぇ^^冗談だよ」

 「そうだよね♪あ、時間15分に延ばしといたからヨロシク♪」

 「・・・・・ッ!?」

 「じゃあ、また連絡するから。・・ガチャツーツーツー」

 「・・・・・」
 


体裁を気にするのはもうヤメです。

僕はドンキホーテに走りました。
そして、近くにいた店員さんに声をかけるのです

 「あの、全身タイツってありますか?」

 19日の収支 +57.0k

| | コメント (8)

2007年3月19日 (月)

3/18  悲願達成

あなたには本当に手に入れたいものがありますか?
夢、今でも追い求めていますか?愛、覚えてますか?

僕にはどうしても手に入れたいものがあります。
いや、正確には「ありました」・・・か。

・・・・・・・

・・・・
・・

   

『求めよ、さらば与えられん』

君と出会ってはや五年。
この言葉を信じ今日まで生きてきました。

どれだけ強く求めたろう・・・
稚拙な僕の文章じゃとうてい書き綴れない熱き想い。

何度挫けそうになったろう・・・
届かぬ想いに耐え切れず枕を濡らした夜もあった。

君と過ごした日々の中に数え切れない喜怒哀楽が眠ってる。
そう、瞼を閉じれば出会いから別れ、そして魔法使いになるのを
諦めた夏の日の事まで、まるで昨日の事のように思い出せる。
  

そんな日々の中でいつしか芽生えた感情が一つ・・・・
 
 「待たせたね・・」

今日、僕はそれを手にいれた。
 
   

   
  

Hb1_1











*念のため、我が家にある実機の「ハードボイルド」という機種で
  AR1000を引いたという写真です。

いやァ、本当に嬉しい事があると気が動転してしまいますね・・
ボーナスチェックで「AR」の文字が止まった瞬間の俺は間違いなく
変質者のソレとなんら変わらなかったハズ^^

ーーーーここからハードボイルド知ってる人だけわかるーーーー

それは通算何回目のBIGだったのでしょう・・・

 「・・・・お、ARがある・・止まらねぇかなァ~」

AR中にBIG確定のリーチ目を出していたためボーナスチェックで
「AR」の文字があっても別段驚きもしなかったのですが・・・
(ボーナスストックしてると出現率が上がるため)
 
 ・・ティリーリ

 「・・・・・」

 ・・ティリーリ

 「・・・・・・ふぅ、ダメかァ」 (ARを過ぎた)

 ・・ティリーリ
 
 「・・・・・・・・」

 ・・ティリーリ

 「・・・・・・・!?」  (なかなか止まらない)

 ・・ティリー・・・リ

 「・・・・・・・ッ!!!!???????」 (BIGを過ぎた)

 ・・ティリー・・・・ッ

チャラッチャッチャッチャチャチャチャー♪ 




Raou02


















 

ちなみに、このAR1000はBIGの1/116で引くプレミア。
北斗世代にこの感動はわかるまい ( ̄ー ̄)ニヤリ

Hb2_2_2





   
 




「・・・・(君に会うために生まれてきたのかもしれない・・」

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・
・・・

スロ暦5年ちょいの俺ですが・・一番好きな機種は?と聞かれたら
間違いなくこの「ハードボイルド」と答えます。だからこそ、家スロに
選んだ機種ではありましたが、思えば・・・

コレ(AR1000)を引くために購入した実機でもあったわけで・・・


その悲願を達成した今日の感動は・・・
とても僕の薄っぺらな文章では伝え切れません。

ただ一つ言える事、それはこのAR1000の前では金・土で抱えた
負債の事なんかどうでもよくなる、と言う事です('A`) ニコッ

おめでとう、俺。
いい機会だし就職を考えてみようと思います \(^O^)/


・・・・ごめん、言ってみただけだ(´・ω・`)

 金曜の収支 -45.2k
 土曜の収支 +2.0k

 精神的収支 priceless

| | コメント (20)

2007年3月16日 (金)

3/15  捉え方で

いらぬヒキのおかげで蜘蛛の低設定に縛り付けられた事なんて
ミシュランガイドに一つ星評価をつけられたホテルの怒りと落胆に
比べたらどうって事はないだろう。

10kで290回しか回らなかったバッタ野郎も今思えば最高に洒落の
聞いたアメリカンジョークか何かだったのだろう。

昔大好きだったあの娘から『彼氏ができたよ(*^_^*)』ってメールが
届いたのだってきっと僕の幻覚症状の一部に違いない。

 「そう、全ては捉え方次第\(^O^)/」

五号機はいい、心がとても穏やかになる。
目の前のBIG二確が今までの辛い展開を忘れさせてくれます。
メールで落ち込んでた僕の心に生きる希望を与えてくれます。

我、五号機に心の平穏を見つけたり!!

 【怪胴王】 
    総4242 総AR数 1440/4242   
         B17 (赤3 白6 黒8) 
         CT8 (赤3 黒5)

店員  「それでは設定発表します」

ドル箱に囲まれそんな事を考えていたらいつのまにか閉店間際に
なっていました。既に脳内では設定6が確定してるので発表など
どうでもいいの・・・

   / ̄\
  | ^o^ | < おめでとう、設定4です
   \_/
   _| |_
  | 店員 |
         / ̄\
        |    | .。oO(・・・えぇえええええ?
         \_/
         _| |_
        |  うみ │


予想だにしなかった発表に驚くも・・・ そうか、6と思えばこそ
ヒキだけで怪胴王の4で3000枚弱出せたんじゃないだろうか?
そうだ、そうに違いない!

きっと、捉え方一つで人は幸せにも不幸にもなれるのだ。

ならばきっと、蜘蛛は高設定のヒキ弱だったのだろう。
バッタ男は裏モノだったに違いない。

あのメールは・・・

あのメールは・・
 

嗚呼・・五号機よ、助けておくれ /(^O^)\
 
 本日 +23.8k

| | コメント (10)

2007年3月15日 (木)

3/14  関係ない

ホワイトにもブルーにも、ましてやメタルカラーにも属さない、
そんな『むしょく』な私ですが今日が何の日かぐらいは知っています。

 「ホワイトッ!!」

ホールをウロついてるとアンディ(餓狼伝説の人)が大きな声で
叫んでいました。打ってる人が女性というのがまたそそります。

そして、真後ろのリオパラダイスのシマの客が全員男ってのも
何かしらの作為を感じずにはいられませんな

 「・・・な、なんちゅう男どもや・・・ゴクリ・・・・」

かくいう私は新台の「リングにかけろ」をちょびっと打って終わりです。
いっその事、開き直って「PLAYBOY」でも打てばよかったなぁ。

 本日 +1.4k

| | コメント (13)

2007年3月14日 (水)

3/13  1.99%の仮定

勝って兜の緒を締めろ、とは先人のありがたいお言葉であるが
まさしく今日は気を引き締めてかかるべきであった。

嗚呼、幸せだったあの頃に戻りたい。
 

前日、蜘蛛の6を掴んだ気の緩みからかどうかは知らないが
ライダーの設定5を狙うなんて僕はなんて浅はかだったんだろう。

 【バッタ】 設定不明
 総1955 B3(緑0 赤1 白2) R1  
 AR数 245/1955

明確な判別要素の無い台を狙うなんて間違ってたぜ。
「めっちゃハマらないと捨てれない、」
こうなる事はわかりきっていたじゃないか _| ̄|○
 

実はこの台、前日の設定5である。
そして朝のメールで

 【本日は昨日の据え置き多数アリ】

なんてきたから新台であるライダーに狙いをつけてみたわけだが・・
 

そもそも、朝一で引いた白7ビッグのチェリー回避ナビ回数が
『5』回だったのがいけない。

 *白7ビッグ終了後のナビ回数振り分け。

 設定1~4     我らが設定5

 0回 58.17%    52.19%
 1回 27.89%    27.89%
 3回 11.95%    15.94%
 5回 1.99%    3.98%   ←

上の数値を見ればわかるだろうが、ナビ回数5回を選択する確率は
設定1~4と設定5では実に二倍の差がある。

つまり、ナビ五回が選択された時点で設定5確定である。

と、言うのは冗談だが、そもそも『5』回というナビ回数自体が
レアな振り分けって事でして・・・

 「・・・・(ずいぶん薄いトコ引いたなぁ・・・)」

 「・・・・・・」

 「・・・・・あっ!もしかしたら」

そう、ここが選択される可能性よりも

 「・・・ナビ残りか!?」

そう仮定した方が『自然』な気がしませんか?

今日の「据え置き多数あり」、というメール内容と照らし合わせて
みてもコレは突飛な意見とは言い難くむしろ、メールにより一層
信憑性の高まる仮定だと思われます。

まァ、いくら数%と言えど引くときは引くので断定はできませんが・・
十分追う理由にはなりますわな(`・ω・´) シャキーン!

 「ウヒヒッ・・・ 機械割り110%確保だぜ^^
  よーし、おじさん2500枚出しちゃうぞー!!」

・・・・・

・・・
・・

昼過ぎ、そそくさと店を後にする俺の頭に浮かんだ数字は

 「1.99%」
   
 
嗚呼、幸せだったあの頃に戻りたい。

 前日 +50.6k 
 本日 -9.0k

| | コメント (8)

2007年3月12日 (月)

3/11  その後は知らない

週末に鋭気を養うなんて、とてもじゃないが僕のようなニートが
使う言葉ではないかもしれない。が、五号機疲れとでも言おうか。
疲れが溜まっていたのは事実だったのでお休みをとってみた。

これはそんな週末の1ページ。



魚君と夕飯を食べていたときの事だ。

 ブルブルブル・・・・・

 うみ  「・・・・ん、電話か?」

僕のカメラ無し携帯に着信が入った。

 うみ  「・・・(知らない番号だ?)」

 うみ  「・・・・・・・・・ッ!?」

 うみ  「いやっ、この番号・・・見覚えがあるっ!
      魚よ、大変だ!!!!」

 魚  「どした?」

 うみ  「多分Yの彼女からだ。(2/11参照)」

 魚  「・・・・へぇ、・・・・・あっ!!」

このとき、魚君が何かを思い出したようにキモイ顔をした。
が、僕はそれを直視できずに電話に出てしまったんだ・・・

 Yの彼女  「ねぇ、そこにYいる?」

 うみ  「いんや・・?」

 Yの彼女  「じゃあさ、魚はいる?昨日Yの奴、
         『明日魚と遊ぶわ』って言ってたんだけど」

 うみ  「・・・・っ!!」

僕はこの時点で気付いていた
『Yが彼女に嘘をついて遊びに行ってるな・・・』と。
それも、嘘をついている以上・・・ 恐らくは女と。

気付いていた。

気付いてたんだ。

だが、

 うみ  「魚ぁ?魚なら今目の前に・・・

Des9_1
















 Yの彼女  「いるのっ!?ちょっと変わって!!!」

・・・気付いたときには既に遅かったんだ。

俺って脳みそ腐ってんのかな?
思った事が全部口に出ちゃうよママン・・

・・・・・・

・・・・

・・
 
 魚  「うん、それじゃ・・・」

 うみ  「どうなった?」

 魚  「さぁ、うまくごまかしてはみたけれど・・自業自得だら」

 魚  「・・・・」

 魚  「そういえばさ、さっき思い出したんだがな・・」

 うみ  「ああ、あのキモイ顔したときな」

 魚  「・・・・・」

 魚  「・・・・昨日Yから連絡あってさぁ・・・

ーーーーーーーーー回想シーンーーーーーーーーーーーーー

 魚  「なんだ?」

 Y  「おいおい、明日さぁ・・ 
     俺おまえと遊んでるって事にしといてくんね?」

 魚  「・・・・別に構わんが・・・ なぜ?」

 Y  「まぁいいじゃん、頼んだよっ!!・・・ガチャン、ツーツー」

 魚  「・・・・・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 魚  「・・・と、言うやり取りがあったんだ」

 うみ  「先に言えよ」


優しい僕等はY君にそっとメールを送る。


 宛先:Y
 【題名:無題】 
 【本文:なんつーか、結婚破談になったらゴメンな】

| | コメント (14)

2007年3月10日 (土)

3/9  泣き笑い

台がね、泣いてたんですよ。

だってもう15時になろうというのに、未だその台だけ0回転。
他の台は軒並み2~3千周回ってるというのに・・

 「・・・・(不思議だなぁ)」

何がコイツを避けさせるのか。
皆その台に負のオーラを見たのでしょうか?

今となってはそれは誰にもわかりません。

あるいは隣の低設定で箱を積んでた私のせいかもしれませんね。

  【蜘蛛】 推定低設定
   総3417 B10 M2

とにかく、一つだけ分かっている事。
それは気付いたとき『既に台は泣いていた』、という事。

まったく、自分の鈍感さに腹が立ちます。

 「・・・(ごめんよ・・・ 俺のせいで)」

本来ならば15時過ぎたら高設定狙いはしないんですが・・
こうなったら最後まで責任とるのがせめてもの情けでしょう。

 【蜘蛛】 設定6
 総5509  B15 M11

したらば6だった、と。
展開に助けられ久々の大勝です。

 「・・・・ん?」

そして帰り際。

 「また一点読み失敗してやんの (^∀^)9m プギャー 」

台がね、失笑してたんですよ。

 本日 +92.2k

| | コメント (8)

2007年3月 8日 (木)

3/7  ピンチ×

なまじクセを知ってる店だけに始末が悪い。

狙い台を「わざと」ズラされてる気がしたら最後、全ての台が
怪しく見えてしまう。そうなったらもう潮時である。
それを俺は過去の経験から嫌と言う程わかっている。

そう、わかっているのだ。
それでも尚、何が俺を向かわせるのだろう?
今朝も愛車を某店へ走らせる。

 「・・・・(さぁて、どうなるかな?)」

今日は敢えて今までの俺が座らなそうなとこ
避けそうなトコを狙ってみる事にしてみた。

単純だが、もし店側が意識的に狙いをズラしているならば
多少なりとも効果はあるだろう。

俺の読みをズラされてるっていうのがそもそも自意識過剰の場合、
もしくはサイコロで設定決めてる場合はその限りではないけど・・・

兎にも角にも、これでダメなら本格的にこの店の蜘蛛は狙えない。
そんな覚悟を秘め、稼働を開始した。  
   

 「・・・・」  

が、その覚悟も虚しく・・ ウンともスンとも言わぬ我がピーター。
やはり生兵法は通じないのだろうか?

隣の兄ちゃんの台がすこぶる調子がよろしいトコロを見ると
どうやらこの台に期待を寄せるのも厳しくなってきたようだ。

そんな感じで諦め半分で打っていたときだった。

 隣の兄ちゃん  「あのぉ・・・」

その隣の兄ちゃんが申し訳なさそうに話しかけてきた。

 うみ  「・・・・はい?」

まったく予想してなかった事態に多少驚くも、

 うみ  「・・・・(設定どうですか?とか聞くのかなぁ?)」

最近、このシマの常連となった俺にはこの手の輩がけっこう
寄ってくるようになった。まぁイベントの度にいりゃ顔も覚えられる。
だから、隣の兄ちゃんもそういう事だと思っていた

 隣の兄ちゃん  「・・・あ、あの・・・」

しかし、出てきたのは意外な言葉だった

Abe5_2







  「・・・・・ウホッ?」

一瞬、何を言われてるのかよくわからなかったのだが・・・

 「・・・あ!」

ああ、なるほど。そういう事か!!
事態を理解した俺は

Abe6_2






じゃなくて、

  うみ  「あ、アレ見てくれてる人ですか?」

どうやらブログを読んでくれてる方らしい。

某旅打ち根無し草二代目の「やらないかSE」さんならともかく
寂れたHPとブログをやってるだけのニートに声をかけてくれる人
なんて稀ってわけで驚きました。(意外にも過去数人いるけど)

それと、嬉しかった(・∀・)

  うみ  「それにしてもよくわかったね?」

 兄ちゃん  「煙草吸ってないからうみさんかな、と思って・・
         いやぁ、声かけるのって勇気いりますねww」

聞けばこの方、以前から当ブログに『カゼクマ』と言う名で
コメントをくれてた方らしい。そしてそれを聞いて俺は驚くのだ。

 うみ  「え?キミがカゼクマさん!!??」

いつも思うけど、ネットの世界での想像は全くアテになりませんね。
私の中ではカゼクマって人はオッサンと認識していただけに
目の前のイケメン21歳には驚きを隠せなかった・・・!!
   
   

・・・デーデデン

そしてその後もカゼクマさんと会話をしながら打っていると
ついに、いや・・ようやく我が台にも待望のボーナスが訪れた。

 「・・・ミドル!?」

その告知を見て俺は緊張した

 「・・・(くっ・・・ここでビタ押しはミスれないぞ)!!!」

カゼクマさんは気にしてないんだろうけど、やっぱこういうのは
必要以上に本人だけが意識してしまいますよね。小者ですから。

ニートの、スロットで喰っている者としての意地にかけても
ここでのビタ押しは華麗に決めさせて頂きます!!!

あ、そーれ ビタッ!!! (・∀・)

         ヽ(・ω・)/   ズルー
・・・・ズルリッ \(\ ノ


 「・・・・・・ッ!」

    /\___/ヽ   ヽ  
   /   ::::::::::\ つ  
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:| わ   
  |  、_(o),  _(o), :|ぁぁ .  
   |    ::<    .::|あぁ   
   \  /( [三] )ヽ :/ああ   
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


・・・・・・・

・・・・
・・

うみ  「それじゃ、私は店変えますね。」

カゼクマ  「あ、はい」

    

カゼクマ  「・・・・(うみ、ピンチ×・・・と。)」

 本日 +36.4k  

| | コメント (12)

2007年3月 7日 (水)

3/6  愛あらば

 「・・・もしかしたら、
  俺はコイツが好きなのかもしれないなぁ」

そう思い始めたのは頭上のデータカウンターが
4桁に差しかかった頃だったろうか?

 「・・・しっかし、俺がコイツをなぁ?」

少しばかり不思議な感じである。

毎回毎回6ツモっては負け、6ツモってはショボ勝ち・・
そんな事を繰り返し既に数万ゲームは打ってるというのに
収支はどうにかちょび勝ち程度。(6のみ、9戦5勝4敗)

好きになりそうな要素は見当たらないわけだが・・

 「・・・・う~ん」

しかしながら、それにしてはよく打ってるじゃないか?
好きだから打ってんじゃないの?

そう問われると返答に困る。
強いて言えば「簡単に掴める」からよく打ってるだけだと思う。

だから俺は怪胴王なんて好きじゃない、と思うんだ。

 

思えば昨日もコイツの6をツモったにもかかわらず

 【怪収王】 設定6
  総1273 B2(赤0 白1 黒1) 
       CT1(赤1 黒0)
  総AT数 332/1273

こんなデータで捨ててしまった・・・ 
いや、設定推測要素がボーナス確率だけしかない機種でコレじゃ
いくら狙い台だからって普通捨てるべ?

 「・・・ったく、本当勝てねぇ機種だな。」

毎回打つたびにこう感じ、

 「・・・・もうコイツの6狙いはアホらしい、ヤメよ」

そしてその後には決まってこう思うのだ。

やっぱり俺は怪収王なんて好きじゃないんだ、うん。きっとそうだ。
 
 

・・・

・・・ペシッ

『・・・爆ちゃんタイムっ』 

・・・・ハッ!?

しかし、今日も気付いたら座ってる。

 「・・・・う~ん・・」

これはもう(中毒と言う名の)愛としか思えない。
きっと俺は逆押しで下段赤七を狙った時に右上段まで白7が
滑ってきて、そして中リール上段に白7を狙って・・・!!

ソレが止まる瞬間に愛を感じてしまっている。
知れば知るほどおもしろいなコレ・・・

うん、僕はきっとこの台大好きなんだと思う!!

 【怪胴王】 推定6
  総5663 B17 (赤2 白7 黒8) 
       CT8 (赤3 黒5)
  総AT数 1831/5663

しかしまぁ、愛じゃ腹は膨れないってか・・・
頭上のカウンターを2007まで育て上げ、逃げるように店を出た。

 「・・・・もうコイツの6狙いはアホらしい、ヤメよ」

そして帰り道にこう思うのだ。

 本日 +48.2k

| | コメント (6)

2007年3月 5日 (月)

3/4  縁

日々パチ屋と家を往復するだけの毎日を繰り返す私にだって
時には違った風が吹く事もある。

 「・・・・あ、これ携帯の番号です」

パチ屋で出合った人とアドレス交換をしたのは何時以来だろう?
基本、人見知りが激しい自分にとっては大事である。

お相手は某店のコーヒーレディ

                              ∩  ∩
だったらこのブログも書籍化間違いないのだが (・ω・`| |  ズコー
お生憎様、向こう10年はそんな事ありえない。   │   │
                             ⊂⊂__ノ =§

お相手は以前話した「さわやか三組」さんである。あの後も蜘蛛の
シマで度々出会い、よく話しをするようになっていたのだ。そして、

 さわやか 「今は仕事をヤメて時間があるんですよ。
        次は九月から働く事になってるんで、しばらくコレで
        やって行こうかなぁ~と思いまして。」

  うみ  「ほう・・・・ (よりによってこんな時期にww)」

こんな話しを聞いたって事で、これから会う機会も増えるだろう。
アドレス交換になったというわけだ。

もちろんそういう人とは誰とでもアド交換するってわけではない。
さわやかさんは信頼のおける人だと思ってこそ・・です。
こういう縁は大事にしたいね(・∀・)

 さわやか  「ところで・・・」

 うみ  「・・・・ええ、参りましたな」

本題に入りましょう。
某店の蜘蛛の設定配置予想が困難になってきました(´・ω・`) 

少し前から微妙に予想が噛み合わなくなっているのを感じては
いましたが、今週に入ってそれをより強く感じるように・・・

 「・・・・(この店もそろそろ潮時かなぁ)」

いつか来るとわかっていたからそう悲観する事でもないのだが
やはりイザ来たとなると悲しいモノである。

 「・・・しょうがない、あまり気乗りしないが(´-`)」

しかしながら、蜘蛛が読めなくても怪収王の設定は未だ完璧に
読めているわけでして・・

 【怪胴王】 設定6
  総5984 B22(赤4白7黒11) CT6(赤2黒4)
  総ATゲーム数 1565/5984

怪収王に限って言えばおいしい店なんですがねぇ・・・
蜘蛛にも特定の常連が付いてきたから対策してきたのかなぁ?

何にせよ、今後の稼働に対して不安を拭いきれない一日となった。


・・・ブルブル

夜、メールが届いた。

 「そんなにさわやかではありません(><;)」

どうやらこのブログを見たようだ /(^O^)\

 2日 +23.4k
 3日 -10.2k

| | コメント (11)

2007年3月 2日 (金)

3/1  追い詰められた獣

どうか呆れないで聞いて頂きたい。

諸兄等は私が2/4の日記で【Y君の結婚死期の余興ネタ】を
募った事を覚えているであろうか?

 実はまだ何をするか決まってません /(^O^)\

それと言うのも・・・
俺と魚君で余興をやる上での条件を考えた結果

1・万人(新郎新婦友人から親族まで)に受けるネタ
2・出オチ&下ネタ禁止
3・やるからにはクオリティの高い事
4・何より俺と魚君の株が上がる事

こんな感じになりまして・・・
結果としてやれる事が大幅に制限されてしまったわけですよ。
(特に1と4でwwwww)

どーするんでしょうね、式まで後一ヶ月だって言うのに(;^ω^)

いや、まぁ・・ これかな?ってのはあるんです、
上記の1~4の条件を全て満たした余興ネタになり得るものが・・
それがコレです、

 『フラッシュを流しながら楽器生演奏(おそらくピアノとギター)』

Y夫妻の思い出写真を流しながら我々の生演奏を聞いて貰おう、
そんな風に考えているのですが・・・ 


ちなみに、ピアノもギターも弾けません\(^O^)/
うまく弾いてるフリする予定です(ここがネックかな?)
で、手元に目がいかないように来席者の方々にはフラッシュに
釘付けになって貰おうかなぁ・・ ってのが狙いなんですが。

これ、どうでしょうね実際?
時間が無いので生の意見を頂けたら幸いです('A`) ニコッ

ニートの予定ではこうなるんだがwwww↓
Pia1

| | コメント (25)

2007年3月 1日 (木)

2/28  偽善

僕はとても嫌な人間です。

隣でおばちゃんがスパイダーマンのRTを即パンさせそうだなぁ~と
わかっていながら見て見ぬフリをしてしまいました。

 バシュン!!!! (←蜘蛛告知)

  「・・・あ」

だからこの結末は『わかっていたはず』なんです。
けれども、僕はそれを見てとても嫌な気持ちになりました。

そりゃもしかしたら

 「・・・(リプパンの事知ってるかも、)」

なんて気持ちも心の片隅にありましたよ。

でも、そんなのは自分に都合のいい言い訳なんです。
冷静に考えればわかること、目押しができないおばちゃんが
リプパン外しなんて知ってるわけもないよね・・・
   

本当の理由は違うんです。

実は僕はそのときイライラしてたんです、自分のヒキの弱さに。
だって、午前に打った台が

 【蜘蛛】 設定4
 総986 B0 M1 (捨て)  

と、死ぬほど腐ってしまいちょっと嫌な気分になっていて・・
店を変えて今現在打ってる台が 

 【蜘蛛】 推定?
 総1189 B0 M1 (前任者は総1979でボーナス11回)

こんな状態だったんです。
そんな中フラッと座ったおばちゃんが千円で蜘蛛重複らしき
当たりをゲットした日にゃ何かを感じずにはいられません。

そう、だから結論から言うと僕は妬みのような感情から
おばちゃんにリプパン外しの事を教えなかったんです・・・
 

 「・・・(ああ、何て嫌な奴なんだ僕は・・)」

自分がどんな展開だったか、そんなのは勿論理由になりません。
おばちゃんの『RT1ゲームパンク事件』は、僕のたった一言で
防げた事なのです。

だからこそ、自分がどれだけ損をしたのか知らずに打ってる
おばちゃんを見てると自己嫌悪で欝になりそうでした。

自分を恥じました。
とても恥じました。

情けない・・・ たとえニートに堕ちようとも心までは堕ちないよう
それだけは守って生きてきたというのに・・・

 「・・・・・死のぅ」

冗談抜きで全てが嫌になりました。
ここはちょうど富士。樹海も近い事ですし、逝きますか。

 「・・・・・」

そのときでした

 「MJッ!!」 (←スパイダーマンの復活演出=確定)

おばちゃんの台にボーナスが成立したのです。

果たしてこれは神がくれた罪滅ぼしの機会なのだろうか?
そんな事を思う間もないまま・・・

僕は誰のためでもなく、自分のために動いていました。

 「マダム、お話しがあります」

やらぬ善よりやる偽善。僕の大好きな言葉です。
そう、これは偽善の割合の方が大きいのだろう。
いや、きっとただの自己満足かもしれない。

だけど・・ やってよかった。
素直にそう思えるのだから誰にも文句は言ってもらいたくない。

そうして、おばちゃんにリプパンの概要を説明し終わり
晴れ晴れした気持ちで打った蜘蛛はご褒美なのか?
やけに多めに出てくれました。

【蜘蛛】 推定6 
 総4282 B16 M5 (前任者は 総2979でボーナス17回)
   
  
   
おばちゃんは去り際にお礼と言ってコーラをくれた。
ごめんなさい、僕はそんなの貰えるような人間じゃないんです・・

目に染みるコーラは初めてだった。

 本日 +55.2k

| | コメント (13)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »