« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

12/31  さらば2006

さて、3日前の12/28日。
この日、近所に某ホールがグランドオープンしまして・・・

時期が時期だけに微妙なグランドオープンであったのがよかったのか?
開店プロが見切った後のお店にはヌルい客、ヌルいプロしか残らず
探せば闘える台はあったのにも関わらずライバルがいない状況。

そんななかなかによろしい状況の中に身を置けた事を幸いと思い
恥ずかしながら大晦日の今日まで普通に稼働をしておりました。

29日  ジャグ6、他打って    +85k
30日  羽根モノ数台打って   +9k

その甲斐あって、30日の時点で年間収支の最低目標だった
+4000kを突破してどうにか体裁を保てた次第でございます。

そんなわけで大晦日である今日。
別段稼働する必要は無かったのですが帰省中の友人の誘いもあり
久々に収支度外視でパチンコと戯れる事に・・・

収支度外視と言っても貧乏性は直らないのだろう。
釘をじっくり吟味して着席した羽根モノをシコシコ打っていると自然、
今年を振り返ってしまう自分がいた・・・

  「・・・ああ、そうだなぁ。今年の収穫って言ったら羽根デジ、
     羽根モノの高確率機に手を出せた事かなぁ・・・」

スロが厳しくなっていく昨今。いつまでも同じ立ち回りは通用しない
と思い知らされたのがいいきっかけでした。

   「思えば上半期はよかった・・(遠い目
    前半は沖縄さいこー嵐にダイキン(ダイナマイトキング)、
    おそ松のおかげで絶好調だったなぁ・・・」

嵐にダイキン、情報収集の大切さを知った二機種でした。
「かまさん」がいなかったらもっと出遅れてたんだろうなぁ、多謝!

おそ松はまぁ、6を2回打って15k枚に19k枚だもん。
当然今年のベスト収支機種(・∀・) チト出来すぎだったな。

  おそ松君  全12戦 4勝 8敗 収支 +665,800

 「・・・ベスト機種と言えば・・・」

収支表を見てみる。

 「・・・・ワースト機種は何なんだろう・・・?」

・・・ガサゴソ

 「・・・・ああ、コレね('A`)」

 CRエヴァンゲリオン2nd 全34戦 4勝 30敗 収支 -146,500 

そういやほとんど勝った記憶がない。
打てば1000ハマリ、って感じだったもんなぁ(´;ω;`)
こんなにエヴァが好きなのにどうしたものか・・

 「・・・そして、思い出したくもない下半期('A`) 」

小生、パチ・スロを覚えて5年余りとまだまだ若輩者でございますが
その短いパチ・スロのギャンブル人生の中でも今年は文句無しに
一番ツイてなかったと言い切れる。

特に六月過ぎてからの不ヅキは恐ろしく欠損は1000kにも及び
それは玄人からすれば大した事ではないかもしれませんが
俺にとっては未体験ゾーンだったのでかなり厳しかったです。

 「ま、だからこそ羽根デジ、羽根モノに出会えたんだけど・・
  そういう意味じゃあながち無駄な事でもなかったのかな・・」

思えば、こうして普通に羽根を打ってる自分が不思議である。
以前の俺ならこの光景はありえなかったと思う。

 「さて、来年は果たしてどうなっていることやら・・・・」

今年もニートとして最高の一年を過ごせたと自負してはいるものの、
やはり皆さんの言いたい事もそれなりにわかっているつもりである。
個人的に来年、つまり2007年が岐路になるのかな、と思ったり。。

まぁこの話しは追い詰められれば嫌でも出るからその時にでも・・


さて、ボーッとしながら羽根モノ「ウルトラQ」をシコシコ打ってると
年末にしてはソコソコの釘に絵柄でツイた事も手伝って、
気付けば足元にはドル箱の山が積まれていった。

 「・・・まいったな、今日は勝つつもりなかったのに」

・・・・

・・・・

・・・・そうだ!!

今年最後の稼働って事で、今年のワースト収支機種である
エヴァに2ndに一矢報いて終わろう・・・

収支度外視ならではの立ち回り、たまにはこういうのもいいだろう。
俺は羽根で獲た出玉を持ってエヴァ2ndMFに移動した。


~数時間後~

 「やれやれ・・・・」

最後の一箱が飲まれたのを確認して今年の稼働を終了した。
カウンターは1018を表示していた、

 「・・・・まさに今年の象徴だな」


残酷な天使のテーゼは一度も流れる事はなかった。

 29日の収支 +85k
 30日の収支 +9k
 31日収支 -3k


と、言うわけで今年もおしまいです\(^O^)/今年オワタ
実のない一年を過ごしてしまったという皆さん、どうか御安心を。
下には下がいます!
ここの管理人を見て自分を励まし来年も頑張りましょう!

そして来年もヨロシクお願いします。
残念ながらこのニートの物語は・・・・ もう少し続くようです('A`) ニコッ

| | コメント (8)

2006年12月29日 (金)

12/28  攻略?

さて今日もウルトラマン・・と行きたいトコだが。

 「う~ん・・・」

二の足を踏む自分がいた。

さすがに二日続けて十数箱も積んでたら目立ってしょうがない。
粘る人がいないボッタ店だからこそよりそれが顕著となる。
例えそれが何十万と投資して得た結果であろうとも
それを知らない人から見たら「毎日出してるお兄ちゃん」である。

据え置いてるトコから見ても店は別に何とも思ってないんだろう。
が、常連さん達からはいい風には見られないハズだ。

常連さんあってのボッタ店、ここは一つ自制しますか・・・
  

そんなわけで今日は久々にスロットルを触ろうと思う。
少しばかり試したい事があるのだ

近隣に出来たグランドオープン店に対抗する某店へ。
ここに入ったある新台が今日の目当てである

 「いやぁ、マジこの絵は萌えるな(*´д`*)ハァハァ」

そう、機種は『モエるマリーンバトル』
どうも噂では攻略要素があるみたいで・・・
今日はその検証といってみようと思った次第だ。

さて、この攻略要素(実際はまだ効果の程は不明)
通称『プラム外し』。BIG中にメイン小役であるプラムを外す事から
その名が付いたわけだが・・・、

【とりあえず簡単に説明】
この台は「超お父さん」と似たシステムのRTを搭載しており、BIG中の
チェリー獲得によってそのRT連荘を促すナビポイントをゲットできます。
そのため、BIG中のチェリー獲得数が爆発の鍵となるわけで
チェリーをなるべく多く獲得するためにBIG中のメイン小役である
プラムを外してBIG中の小役ゲームを長引かせよう!
これが『プラム外し』の目的である。

そしてその獲得したナビポイントRTを連荘させ、結果として
RT→ボーナス→RTの無限ループを狙うって事になります。

ただし!!
これはBIGの獲得枚数を相当減らす諸刃の剣でもあります。
それもそのハズ、BIG中のチェリーはそんなに高確率で成立する
わけではありません。そのチェリーを待ちながらメイン小役である
プラムを外し続けるんだからコインはまず減る一方です。
まぁそこらへんのさじ加減は人それぞれですが・・
(枚数の調節は個人の自由、チェリーを何回取りたいかで変わる)

が、例えプラム外しでBIGを捨てたとしてもそのBIGで獲得できる
出玉で回せるであろう回転数を上回るコイン持ちをRTの連荘が
補ってくれるわけでして・・

難しい説明ですが、ようするに「BIG一回で得るコイン」より
「BIG一回捨てて得るRT連荘」の方が期待値が高い
って事。

どうやら高設定ほどBIG中に引いたチェリーによるナビポイント回数が
優遇されているようなので高設定では効果が期待できるらしい。

まぁ今現在の情報では高設定では効果があるんじゃないか?
その程度ですのでそんなに深く捉えてくれなくてもヨロシイかと。
ちょっとこれ以上説明すると長くなるので気になる方は
某掲示板内のスレで調べるかHPの方で私に質問をどうぞ!


兎にも角にも、プレイを開始。
なにぶん、まだ話しに聞いた事しかなかったので疑心暗鬼。
そして、この攻略?の抱える大きな問題を知る筈もなく・・・

 「お!BIGきたぜ、さぁやるぞ^^」

意気揚々とプラム外しを実行した。




「・・・・これは」

BIGを引いて逆押しで目押しをしながらプラムを外していく・・・
その過程の中ですぐに気付いてしまった。

この攻略法の欠点を。

それは・・・

       ヽ|/        
      / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
     /         ヽ   
    /  \,, ,,/    | 
    | (●) (●)|||  |    
    |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   「・・・恥ずかしい」
    |  | l~ ̄~ヽ |   |   
    |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |     
    |    ̄ ̄ ̄    | 
 

そう、「モエるマリーンバトル」とその名の通り「モエる」≠萌える。
この台は萌えキャラが売りの一つ。
そしてその萌えはBIG中に集約されてたわけでして・・・
初めて引いたので驚きましたが・・・ なんとBIG中は萌えキャラが
アニソン真っ青の萌えソングを熱唱してくれます。

それも超大音量で!

そのBIGを長引かせるのだ。それも生半可な長引かせ方ではない、
1BIGに数十分はザラである。(まぁこれも人それぞれだけどね)
数十分と延々大音量で萌えソングを垂れ流す様は
マゾのそれと何ら変わりは無いわけで・・

まぁ俺はキモヲタだから大丈夫ですが、周りからの

「おまえキャラ見たいから長引かせてんじゃねーの?」

そんな視線がとても痛い、素人にはオススメできない。
さて、そんな痛みに耐えてBIGを消化する事7回

・BIG中に追加投資は嫌だったので獲得枚数ゼロをキープしつつ
 プラム外しを実行
・赤7と青7ではナビ優遇が違うとの噂なので赤7時のみプラム外し
・チェリー獲得数=ナビ回数と仮定(設定6はそういう挙動って噂)
・予想ナビ回数が10回以上の時はプラム外しをしない。

こういう条件で。

 【総2320 BIG 赤3回 青4回】

  赤7中のチェリー獲得数 角チェ 32回 中チェ 2回
  青7中のチェリー獲得数 角チェ 12回 中チェ 0回

  RT継続数 33回

う~ん、某掲示板内では 設定6は獲得チェリー数=RT数 
って意見があったんだけど、もしそうだとしたら攻略って言っても
いい気がします。そういう意味ではこのプラム外し、設定判別と
しても多いに力を発揮してくれるんではないでしょうか?

今日はそのナビ回数から見る限り⑥かどうかはわかりませんが
それでも外しによってかなりの安定感を感じつつプレイ出来ました。

なので現時点での結論としては「設定ありそうなら迷わず外すべき」

一度確定⑥でも打って確かめてみないと何とも言えないなぁ・・・
今日は聞いた話しよりRT数が足りないので大事を取ってヤメ。
設定別のナビ優遇について、BIG中の中チェについて・・・
まだまだ疑問は山積みです、要検証ですな!

それにしてもBIG中の歌はマジで萌える。
攻略が無くてもBIGを伸ばしたいと思った俺はやっぱりマゾなのか

 本日 +10.6k

| | コメント (7)

2006年12月28日 (木)

12/26.27  地獄の果てまで

さて、悔しさもそこそこに朝が来た。
据え置かれるか微妙なトコだが確認しないわけにはいかないぜ
そんなわけで前日ボコボコにされたウルトラマンをアテに某店へ。

「・・・あ」

前日の台の釘を見ようと近づくとまた紙で釘が隠されいる。
って事は・・・

店員  「いやいやお客様お目が高い!こちら本日の(ry 」
   

釘を見てみると・・・ うん、弄った様子は無さそうだ。
こうして据え置き台にて勝負を開始、いや勝負再開となった。
荒れるスペックだけに試行が増やせるのはありがたいトコだ

意気揚々と投資を開始する 

 667 2連 (U*1 凸時*1)  28k
 168 3連 (U*2 凸時*1)  
  67 1連 (凸時)
 459 1連 (凸時)     追加5k  
  ・
  ・
  ・ 

Jojo3
















         
旧北斗で感じた「66%ってこんな連チャンしねェもんなの?」
そんな感情を思い出してしまう。ま、こっちの方が凶悪だけど

 「80%ってこんな連荘しねェもんなの(´;ω;`)?」

一応、台のレベルは日当25k前後ってトコ。
そいつを二日稼働でよもやの100k負けなるか?

ふっ、俺が折れるのが先か台が折れるのが先か・・・
こうなりゃ地獄の果てまで付き合っちゃるぜええ!!!

  ・【ウルトラマン 3.6円 24.8/k】   

   総2765 初当たり9 (1/307.2)
   総当たり41 (U*28 R*4 凸確*0 凸時*9)


と、覚悟した途端当たりだすから性質が悪い。
まぁ勝ったけど・・・、さ。

 26日の収支 +68.4k 


そして翌日(27日)も、懲りずに出かける。
昨日の感じからすると今日も据え置かれてる気がしたのだ。
そんなわけで某ボッタクリ店へ。

「・・・お」

前日の台の釘を見ようと近づくとまた紙で釘が隠されている。
って事は・・・

店員  「いやいやお客様お目が高い!こちら本日の(ry 」

しかしまぁ三日連続の据え置き、こりゃ店長の挑戦状とみた。
粘る客が俺しかいないわけだし意識的に据え置いてるのかも・・

舐めやがって!後悔させてやるッ('A`) キリッ


 ・【ウルトラマン 3.6円 24.8/k】      
   
   総2668 初当たり9 (1/296.4)
   総当たり36 (U*22 R*3 凸確*2 凸時*9)


うみ  「・・・うう、胃が痛いんです(><;)」

初当たりは大勝ちしたが継続は負け。
勝ちは勝ちなのだが、バトル系の機種にこの展開は厳しい。

 「ウルトラバトルモード突入!」

 「ドゴッ」

 「ギャーオー」

 「・・・デュワ」

 「デュワ・・デュ・・・ワ ('A`) 」

 「ウルトラバトルモード終了!」

このループは本当に胃にくる。
まぁ勝ったけど・・・、さ。

 27日の収支 +39.0k


そんなわけでバトル継続率UPに何かいい方法がないか考える。
色々案は浮かんだのだが・・・

結論としてはこれが最適ではないだろうか?

Des15_2













   
これで明日は楽勝だぜ\(^O^)/!

| | コメント (6)

2006年12月27日 (水)

12/25  ボッタ店からのプレゼント

普通に狙えるスロのイベントもあったがパスする事にした。
それと言うのも冬休み中の大学生の存在が非常に大きい。
彼らの並び力は半端ない、この寒い中争うのは御免である

そんなわけでアテもなくプラプラと彷徨う事に。
そういえば本日はク・・ なんだっけ?

今にも止まりそうな愛車を走らせながらチラと時計を見る

 「げ、もう8時55分か・・・」

ジャンプの立ち読みをしていたらいつのまにかこんな時間に・・
標準はわからないがここ静岡のホールは9時開店が普通である。

 「・・・ま、たまにはこういうのもいいかもね」

開店に間に合う店、それだけの理由だった。
俺は地元のプロが一切近づかないボッタ店へハンドルを向けた。

 ・・偶然の手順ではあるが、ネタの生まれる瞬間だ。
  だが忘れないで欲しい。
  偶然はいつだって必然の中に存在するものである、

さて、店へ着くといやはや・・ 
相変わらずの客の少なさに自然と笑顔になってしまう自分がいる。

とりあえずアテが無い故、この時点での立ち回りは無限。
まずは無難にゴジラの潜伏確変でも無いかなぁと見にいく事に・・・ 

 「・・・ん?」

シマを足早に歩いていると端の1台に目を奪われた。
なぜかこの1台だけ大きな紙で釘が隠されていたのだ。

イメージとしては「故障中」等の張り紙を連想してもらうとよろしいかと。
そんなわけで、俺も故障中かと思ったわけだが・・

 「・・・んんん?」

よく見ると、この釘を隠している「大きな紙」。
どこにも故障中なんて書いてないし、よく見たら店の広告である。
営業中ならともかく、朝から故障台にこの措置はねェよな?
いくらボッタ店でもこんなズサンな事はしないだろ・・・

 「ふ~む?」

台の前で腕組みをしているそのときだった

店員  「お客様、お目が高い!
      そちら、本日のお宝台となっております」

そう言って店員が歩みよってくる。

うみ  「え?お宝台?故障中じゃないんすかコレ?」

店員  「ははは、ご冗談を」

突然の展開に戸惑う俺を傍目に店員は大きな紙、もとい台を
覆っていた広告を外してくれた。

うみ  「おおお」

そこに現れたのはヘソがガバ開きの「お宝台」。
高換金率の店なので、これならお宝台と呼ぶにふさわしい。

驚く俺をよそに店員はそっとつぶやく

Yan1













何やら作為的な感じがしないでもないけど・・・・

まぁ打って損は無いな。

携帯をゴジラへ投げ入れようとした瞬間だった。

うみ 「・・・あ!?」

店員  「あ、ちょっとお客様・・」

慌ててゴジラのシマを飛び出す。
やべェ、どうしてすぐこっちに頭が回らなかったんだろう・・
急いで店内を見て周る、するとやはり

 「・・・あった!」

予想通り。
お宝台はゴジラ1台ではなく他の機種にも数台存在した。
そしてそのほとんどが未だ広告で目隠しされた状態で残っている。
みな俺と同じく「故障中」と思って近づかなかったようである。

その中で俺が選んだ機種は・・・

 うみ  「ウルトラマンでお願いします!」

 店員  「さすがお客様!お目が高い」

やはり店の心理を考えても魅せ台にするなら新台が好ましい。
一際開けられた釘を見てニンマリと勝負を開始した。


 「・・・思ったよか回らないなぁ」

一万円入れると251回転。
3.6円という換金率を考えれば十分なのだが・・
なにぶん、ヘソの大きさがそれをよしと思わせない。
いやはや、贅沢な悩みである

309 4連  (U*3 凸時*1)          投資13k
134 11連 (U*5 R*4 凸確*1 凸時*1)

素晴らしい立ち上がりである。
投資は13kで済み、午前中で7箱。

偶然入った店で偶然掴んだお宝台。
そしてこの好展開・・・ 

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ,ノ(、_ )ヽ、,   |  <  五万発も夢じゃないでェ!
|   ト‐=‐ァ'   .:|    \_____
\  `ニニ´  .:/  
 /`ー‐‐‐―´´\   

そう思った矢先であった

 1518 4連 (U*1 R*2 凸時*1)   追加16k
 
 316 1連 (凸時*1)         追加3k
  291 ヤメ                追加8k


20050824_joe

















  ・【ウルトラマン 3.6円 24.8/k】   

        総2568 初当たり4 (1/646.5)
        総当たり20 (U*9 R*6 凸確*1 凸時*4)

まぁこのスペックじゃこれも予想しうる展開だ。
ただ・・・ クリス・・にコレこなくてもいいじゃん(´;ω;`)?

19時30分、投資限界時刻に達したのを確認して店を出る。

店員  「・・・・」

うみ  「・・・デュワ('A`) 」

まぁウルトラマンならこんな事もあるわな('A`) ニコッ
1500ハマリもね、全然このスペックならありえる事です('A`) ニコッ
確変もね、80%継続ったってこんなもんですよ('A`) ニコッ

問題はどれだけヒドイ展開でも心折らずに回すこと。
心折れるぐらいなら初めから回しちゃいけないんだぜ。

気にしない気にしな

Des14

















翌朝、俺の取る行動は一つしかなかった・・

続くっ∩(・∀・)∩

 25日の収支 -40k

| | コメント (4)

2006年12月25日 (月)

12/24  メリーク・・

今日はク・・・ なんだけっけかなァ?
そんな事を思いながら某店へ(´;ω;`)
月で唯一設定が期待できる雑誌イベントにつき休日返上です。

さて、店へ着くと久々に出会った常連さん達が口を揃えてこう言う

常連 「今日はク・・・ 何とかだからハローサンタが熱いって!」

うみ  「・・・はァ、」

どうも朝一のメールの中に「本日オール機種あります!」
と書いてあった事からこの結論に至ったらしい。

うみ  「・・・・(おいおい、ベタベタな予想だなァ・・・)」

そんな常連さん達を微笑ましく見守りながら整理券を引く。。
うん、なんとかハローサンタは取れる番号だけど・・・

 店員 「さァ、メリーク・・・ 開店です」

開店と同時に五号機のシマへ走るのがプロである。
何を隠そう、本日は五号機が1/2で設定6なのだ!

新台の怪胴王かアクアビーナスか響子さんか迷ったけど、
やはり掴んだ時の期待値を考えるとコイツははずせない・・・
 
ってわけで、1台しかないスパイダーマンをゲットズサー

うみ  「・・・・ふっ、常連さん達よ。
     アンタらの敗因は店を信じすぎたって事だ。
     店だって慈善事業じゃねェんだ、甘かないよ・・・

     見ておきな、これがプロの立ち回りってヤツだぁああ!!」

                     ∩  ∩ 
 蜘蛛男               (・ω・`| |  ズコー
 総2521 BIG 3 MID 3    │   │
                    ⊂⊂__ノ =§

怪胴王がバカ噴きしてるのを横目に見つつヤメ('A`)
分母がデカイのでちょっと展開悪いぐらいじゃ見切りづらいね・・

とりあえず全体的に見てかなり出来がいいと思う。
通常目でも演出が死なない点なんかはマジで評価したい。
が、設定推測がボンバーマンのソレと比べるとね・・・


 「こんにちわァ、メリーク・・!」

夕方を過ぎた頃である、スパイダーマンを捨てた直後に拾った
⑥濃厚の雷蔵伝をぶん回してると雑誌の取材がやってきた。
見ればこの女子たち、サンタのコスプレをしてるではないか!?

それに気付くや否や、ハローサンタのシマへ急いで駆け寄った。

うみ  「・・・なんて事だ」

 本日 +8.6k

| | コメント (13)

2006年12月24日 (日)

12/22  ラストフライデー

さて、時期的に考えて普通に稼働できるのは今週が最後だと思う。
つまり、イブを境にいわゆる「年末調整」に入るのではないか?

素人考えではあるが漠然とそう感じていた。

そう考えれば今日が最後の平日であると言っても過言ではない。
そして週で一番熱い金曜日である。
こりゃいっちょ今年の集大成のつもりで頑張らね・・・

        /\___/ヽ   ヽ     
       / ::::::::::::::::\ つ
    . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
    . |     ::<      .::|あぁ
      \   /( [三] )ヽ ::/ああ
       / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 

穏やかな午後の日差しが私を暖かく迎えてくれた。

 本日 -16.3k

| | コメント (6)

2006年12月22日 (金)

12/21  地獄から

熱めの予告にドキドキしながら液晶を見守るアフタヌーン。

ピグモンリーチへ行った瞬間嫌な予感はしていたが
颯爽と画面左から走ってくる「ハヤタ」に背筋が凍る。

うみ 「・・・(デュワ!デュワ!)」 ←(マンに変身してくださいって意味)

声にならない心の叫び。
が、それも虚しく・・

     //                 //
.    / /                 //
   / /  _.. ~'::""::''ヽ、      / /  
  // /:;r‐、:::::::__:::::::\   / /      あ
// /:::ノ ・ _)( ・_`つ、:::ヽ、  l l   ぁ
/ /::r(__ ノ´(:;;)´__ノ〃ヽ::} | |    ぁ 
  /:::::ノ二ニ彡 ノ 三彡-、 )::ノ | |   ぁ
 {::::(  -_二 -‐'' ̄     )(::/ ノ ノ   あ 
 ヽ:::ヽ(    ,r'' " ''‐-‐′ノl//   あ   
   ヽ )`― ''′_ .... __ノ//   あ 
    ゞニニ二 -(/∂-‐/

やはりその手に握られていたのはベータカプセルではなくスプーン。
(ベータカプセルなら変身、スプーンならハヤタチャンス≠突然時短)
本日の負けを覚悟した瞬間、である。

うみ  「ちきしょうめ、何が80%継続だ!」

なつきたんの店内POPが見えないシマの中心にいては心も荒む。

なんでまた打ってしまったんだろう・・・
昨日あんなヒドイ目にあったじゃないか・・・
ヒキ弱い奴は羽根モノしか打っちゃダメだってあれほど・・・

後悔が頭を支配する。
それほど初当たり突然時短はダメージが大きいのだ。

うみ  「はぁ、時短終わったら羽根のシマへ帰ろう・・('A`) 」

そう思った瞬間だった

うみ  「・・・ッ!!こっ、これは・・・・」

┌───────┐
│■■■□■□■│  
│■■■■□■■│   !!?
│■■□■■■■│

(CRウルトラマンは盤面右にいるウルトラマンの下にあるビルの役物で
 現在の状態を判別できます。窓に点いた明かりの位置で判別。
 詳しくは某掲示板のウルトラマンスレにて。
 ちなみにこの表記は『電サポ有り時の確変中』を表している)

うみ  「突然確変じゃないか(・∀・) !!!!!」

まさかまさか、である。そういえばこの可能性を忘れていた。
それもそのハズ、突然確変が大当たりに占める割合は全体の2%。
完全に頭から抜けていたのも無理はない。

時短だと思ったら確変。まさに地獄から天国!
本日の勝利を確信した瞬間、である。

 本日 +87.9k

| | コメント (11)

2006年12月21日 (木)

12/20  なつきのかわいさは異常

羽根セブンが締められ、ミラカペが締められ・・

この地域では一度締まった台は滅多な事じゃ開くことはない、
俺はアテも無く彷徨うしかなかった。

うみ  「ハッ!!?」

そんな折に見つけたゴジラの潜伏確変である、
そりゃ顔も緩むってもんだ。

うみ  「・・・・また、か。」

と、幸せを噛みしめる間もなく単発で終了。
いつになったらキングギドラに勝てるんだろう?
そういえば、なつき見たさに打ってる清流でも確変引けてないし
猪木に至っては大当たりが引けないわけで・・

あれ?ここ2ヶ月程デジパチでまともに勝った記憶がないや('A`)

そんな状態で打ったのが間違いだったのだろうか。
吸い込まれるようにウルトラマンへ移動した俺を待っていたのは・・

うみ  「おおお!これはイイ」

ゴジラで拾った1箱を投入する。ムラもあるんだろうけど、
その1箱で210回転も回るってんだから追加投資するのも当然だ。

デュワ(・∀・) !

ほどなく、待望の大当たりが訪れた。
頑張れ僕等のヒーローウルトラマン!
期待に胸を膨らませながらバトルを見守るが・・・

デュワ('A`)・・・

初バトルはRB(レギュラーボーナス)一発終了の500発に満たない出玉。
期待が大きかった分だけに落胆も大きい('A`)

いや、しかしセブンを打ったときは初当たりが突然時短だったし
ソレを考えればまだマシか・・・

気を取り直し追加投資。

291 1連(R×1)
141 2連(U×1 R×1)
307 1連(U×1)
303 0連(突然時短)
143 ヤメ

('A`) ・・・

初当たりに助けられて軽症で済んだもののコレはひどい。
たまにデジパチ打つとこれだもんな・・
ヒキ弱は羽根モノしか打ってはいけないんだろうか

バルタン星人にすら進めないバトルを見てると気が滅入ってくる。
俺のウルトラマンはこんなんじゃない!!!
少年の純な心を傷つけた京楽には謝罪と賠償を要求するニダ。

うみ  「・・・うわっ、引いちゃったよ('A`) 」

最後の突然確変で久々に心が折れる。
憧れが踏みにじられたような・・・ 悲しい折れ方である(´;ω;`)
逃げるように店を後にした俺はやはりこう叫ぶのだ。

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´ 祟りじゃ!祟りの仕業じゃ!!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

しかし、もし俺が角台に座ってなかったらと思うとゾッとする。
もし角台に座ってなくて「アレ」が隣になかったらどうだったろう?
怒り狂って最後の突然時短で液晶をぶち破ったかもしれない。
角台に座ってたからこそ俺の心は平常を保てたんだろう。

ありがとう、なつきの店内POP

 本日 -25.0k

| | コメント (7)

2006年12月20日 (水)

12/19  祟り

俺が子供の頃見てたのは再放送だったか、
はたまた借りてきたビデオだったのか?

まぁどちらでもよい。

とにかくウルトラマンは自分の幼少時代を語る上で
外すことのできない作品であるのは確かである。

それゆえ、今回のCRウルトラマンの導入にはいささか心踊る。
これはCRウルトラセブンのときには感じられなかったモノだ。

うみ  「こりゃ明らにイジッたなぁ・・・」

二日程お世話になったミラクルカーペット、さすがに昨日の11箱で
目を付けられたのだろう。釘が締められたのを確認すると
私の足は自然とウルトラマン導入店へ向かった。

うみ  「・・・・これは!?」

店へ着くと意外や意外、空き台がポツポツある事に驚く。
現在13時、本日導入でコレはちょっと意外である。
う~ん、特別釘が悪いって感じはしないけどなぁ・・・

うみ  「・・・あ」

しかしデータカウンターを見て納得。
よく見ると空き台は全て1000オーバーしている台だけだ。

セブンに比べれば多少マイルドになったんだろうけど
それでもこのスペックは簡単に人を殺せると再認識させられる。

まぁ何はともあれせっかくの空き台、慌てて携帯を置く。

 「オイ!!」

その瞬間怒号が飛んだ。

うみ  「えっ、えっ!?」

その怒号が自分に向けられたモノと知るに時間はかからず
近くで立ち見していたおじちゃんが物凄い形相で近づいてきた

おじちゃん  「兄ちゃん、その台はダメだよ!!!!」

うみ  「え・・・、空き台・・・・じゃないんですか?」

どうも声の大きさとは裏腹に怒ってる様子はない。
だとすると、誰か常連さんの台なのかな?

そんな事を考えていると驚きの一言。

おじちゃん  「その台は祟られてんだよっ!!

うみ  「・・・・な・・

Nanndatte









    
     
     
おじちゃん 「見ろ!朝から1100ハマリだ、
           いくら使っても当たらねェ」

うみ  「・・・・」

これにはさすがのダニ村も脱帽であろう。
まさかハマリの原因が怨恨・祟りの類いであるとは・・

 って、誰の祟りだよ(;^ω^)?

そういう無粋なツッコミはよくない。
おじちゃんの気持ちを汲んだ俺は携帯をそっとどける。

             ∩  ∩
隣の空き台へ   (・ω・`| |  ズコー
            │   │
           ⊂⊂__ノ =§   

これにはおじちゃんも満足気な表情を浮かべてくれた。
こっちの台の方がハマってるのにね・・   
恐らく自分がハマった台が爆発するのが嫌ってオチなのだろう。

気を取り直して試し打ちを開始する・・・と4回転目であった。

カラータイマー点滅+赤UFO+3絵柄消灯で擬似回転予告へ。
一回・・二回・・・三回目の擬似連でリーチがかかりベータカプセル発動。
絵柄変化を伴い、VSゴモラリーチへ発展

・・ざわざわ

周りがザワつく。
どう見ても激アツだ!!いやぁお座り一本ですか♪

・・・・デュワ('A`)

が、そこは京楽。
どんなに派手な演出でも華麗にスカる。

うみ  「・・・(これぞ京楽クオリティ)」

それを見てたオジちゃんが一言俺に声を掛ける。

おじちゃん  「その台も祟られてるな!」

うみ  「・・・(;^ω^)」

この店に祟られてない台はあるのだろうか?
俺は黙ってなつきたんに会いにボッタ店へ歩を進めた。

 本日 -6.6k

| | コメント (3)

2006年12月19日 (火)

12/18  常勝の影に

PM9:30。

おもむろにコールボタンに手を伸ばす。
ミラクルカーペットを打ちきり、後ろに積まれたドル箱は11箱。

今日も一日頑張ったと自分を褒めてやりたい気分である。


しかし羽根モノ中心の稼働にしてからの安定感は素晴らしい。
ツキの恩恵を受けているのもあるだろう、
だがそれとは別に手ごたえを十分に感じている次第だ。

この小刻みな常勝こそまさに私の求めていたものである。

かしこ





皆さん、文章で書けばたった9行ですがここ最近の常勝の影に
どれだけの努力が秘められているかご存知でしょうか?

聞きたい?

ねェ、聞きたい?

ちっ、しょうがねェな。
堕落ブログ読者の皆さんには今回だけ特別に教えよう。

Gen2_1
















俺の信じるオカルトの一つでこいつが以外に侮れないんだぜ?
おかげで本日もコーヒーレディーを視姦しながら危なげなく勝利。
そう、いつだって勝利には代償が必要なのだ

うみ  「お師さん・・・ そろそろ・・・限界です」

 本日 +57.0k

| | コメント (11)

2006年12月18日 (月)

12/14~17  羽根プロ

木曜日、起きたら体調が多少よくなっていた。
今月末は厳しいだろうし、多少無理を感じつつも稼働する事に。
アテも無いので昨日の羽根セブンを見に行くトコからスタート。

 「・・・を!」

二日間粘ったので釘が残ってるか疑問だったがそこはボッタ店。
見る限りでは釘は全く動かされていないようである。
念のため玉の流れを確認して・・・、と。

 「・・・うん」

どうやらいらぬ心配だったようだ。完全に据え置きである。
これにて終日稼働が決定した。

 「そういや朝から羽根打つのって初めてだなぁ・・」

タバコの煙を気にしなくていいのが何より素晴らしいと思いつつ
誰もいないシマで孤軍奮闘。

 ・羽根セブン(前日と同条件) 総1744 
 V入賞 72回/ シングル-33 セブン-35 ウルトラ-3
 直撃  20回/ ウルトラ 11回 モロボシ 9回

ウルトラバトルモードに14回ブチ込むも相変わらず継続せず。
平均2.4連はちょっと厳しいな・・・(80%継続)

 
金曜日、午前は⑥狙いに失敗するも僥倖のプラス。
午後から同店へ、セブンの据え置きを期待するも・・・

 「・・・・ん~?」

打ってみると物凄い違和感。
釘は据え置きのようだがどうにも玉の流れが違うぜよ。
俺が気付いていないだけで釘が多少動かされているのか
はたまた・・・

 「ネカセ弄ったのかな?」

外見上どこも変わったようには見えないがここまで玉の動きが
変わるとなると俺にはそれしか思い浮かばない。
打ち続けても何とかなりそうだったが大事を取ってヤメる事に。
あんま毎日粘って出して目立ちたくないしね・・・

このあと、ブラブラと立ち寄ったボッタ店にて衝撃の出会い。
海物語の後継機と、かねてから注目を集めていた機種

「CR清流物語」

打ってみて思ったのだが、これは海の後継機と言うよりかは
大わんわん楽園の後継機と言った方がしっくりくる気がするね。

大当たり確率1/312、確変58%(突確16%)とスペックも相当甘いし
演出も多彩で、これなら海嫌いの私でも喜んで打てそうです^^。

とりあえず今後は注目しといて間違いは無さそうである。
皆さんも年末のグランドオープンなんかで狙っては如何だろう?

あと、本作にはスペック以上にそそられるモノがあります。

それはマリンちゃんに変わる新ヒロイン「なつき」

ここ最近、業界は「萌え」の要素を積極的に取り込んできているが
こいつもその流れを汲んでいるのだろう。す・ば・ら・し・い!
多くは語らない、自分の目で確かめて貰いたい。
ただ、一つだけ言わせて頂けるならば

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ,ノ(、_ )ヽ、,   |  <  サンヨーわかってるじゃん!
|   ト‐=‐ァ'   .:|    \_____
\  `ニニ´  .:/  
 /`ー‐‐‐―´´\    

とりあえず大当たりラウンドの合間は液晶を ガン見 しろ!


土曜、240台中120台が設定6というゲリライベントに参加。
抽選勝負だな、と思い意気込んで出発するも

 「本日は並び順です」

まったく、このクソ寒い中やってられないYO。
30分前に到着するも200人を軽く越す行列に狂気を感じる。

ようやく開店し、人ゴミを掻き分けようやく見つけた空き台は・・

 「・・・五号機の信長とキカイダーだけか('A`) 」

閉店間際、羽根モノのシマで箱を積むニートの姿があった。
最近、羽根プロの気持ちが痛いほどよくわかる。

14日の収支 +27.4k
15日の収支 +34.8k
16日の収支 +36.6k
17日の収支 -4.0k

| | コメント (5)

2006年12月17日 (日)

つなぎ

さって、風邪が直らないわけで・・・

つまり負けないってわけで。
なんだかんだで未だ破られぬ体調悪いときの無敗記録。

ブログの更新が無かったのは稼働に時間を裂いてたためです。
久々の手ごたえに小生、少々気をよくしております( ^ω^)
ま、明日辺り更新します。。

そんな事よりいつもよりアクセスがやたら多いんだけど
どっかに晒されたのかな?

| | コメント (7)

2006年12月14日 (木)

12/13  ほっと

朝起きるとそれとわかる気だるさに襲われた。
唾を呑み込む喉に激痛が走る。

「今日は休めって事かな・・・」

年末は厳しいだろうし、今のうちに稼働しときたいのに・・・
不本意ながら布団に包まった。

しかしながら、これでよかったのかもしれない。
今稼働しても不ヅキでイライラするだけだろう。
健康ならそれをわかっていながら稼働しただろうし、ならばいっそ
こうして強制的にワンクッション置くってのもいいのかもしれない。

  

午後になって腹の調子まで悪くなってきた。
もしかしたら流行りのノロウイルスってヤツかもしれないなぁ・・・

「これはキツイ・・」

こんなとき、一人暮らしってのは中々しんどいものである・・
熱で朦朧とする意識の中、愛車に乗り込んだ。

        /\___/ヽ   ヽ     
       / ::::::::::::::::\ つ
    . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
    . |     ::<      .::|あぁ
      \   /( [三] )ヽ ::/ああ
       / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 

神はいなかった。
行きつけの病院へ行って絶望する。

【本日の午後は休診いたします】

弱った体にコレはキツイ。
逃げ場を失った僕の精神は無意識にパチ屋を求めていた・・

 羽根セブン(前日と同条件) 総1021  
 V入賞 42回/ シングル-18 セブン-22 ウルトラ-2
 直撃  6回/ ウルトラ 4回 モロボシ 2回

今日も満足行く結果は残らず・・・ \(^O^)/遠隔だろ!
時短中に引いたV入賞が7回連続転落セグとかおかしいだろ・・・
80%継続が7回連続単発だぜ?常識的に考えておかしいだろ・・・

何気に下半期の欠損が700kを超えてたりするわけで
打てば打つほど遠ざかっていく理論値に頭がクラクラする

帰り道にコンビニで「ほっとレモン」を買ったつもりだったのに
飲んでみたら「ほっとかりん」だったっていうのは
きっと熱だけのせいじゃ無いハズだ。

 本日 +11.6k

| | コメント (20)

2006年12月13日 (水)

12/12  見つけた!

年末最後の目玉「CRぱちんこウルトラマン」。
こいつとの関係性は定かではないが、ここのところどの店も
軒並み羽根セブンの釘を締めてきている。
まぁ釘が締まっていてもクセ次第でどうにかなってしまう上、
仕方ないっちゃ仕方ないようにも思える。

しかしながら、その釘の締め方にも色々あるわけで・・・
今現在のセブンの釘調整は店のやる気を推し量る上で
パロメーター的なものの一つとして捉えてもいいかもしれない。

そんなわけで今日はセブンの良台探しの旅へ出た。
言わずもがな、その先に見える良店を探すために・・

走り回って数店目、やっと見つけた羽根セブンの良台。
揚々とし、こいつを粘ってみたもののやれやれ・・・

うみ  「さすがにひどいだろ・・・」

 ・3.6円ボッタ店 羽根セブン 741回転 拾玉率 6/k前後
  V入賞 23回 /シングル18回 セブン4回 ウルトラ1回
   直撃  9回 /ウルトラボーナス2回 モロボシチャンス7回

得られたものは不ツキの実感だけである。
ここ数ヶ月で一体いくら欠損が出てるのか考えるのも恐ろしい。
全く一体、どうしたらいいのか見当もつかないない状態だ。

19時まで粘って持ち玉が飲まれたのを見届けて終了。
ここがボッタ店である事を考えれば据え釘を期待するしかあるまい。
死んだ魚のような目を携え、シマを後にした・・

うみ  「・・・んっ!?」

そんなニートの目に光が戻ったのはとあるシマへ訪れたときだった。

機種はCRゴジラ。
この台の何が俺の目に光を取り戻させたのか?

それは『スタート回数が12回転』となっていた事である。

これだけではわからないかな?
説明しよう!通常、この機種で空き台があった場合
スタート回転数は「100+α」となるのが普通である。
これは全ての大当たり終了後に時短100回が付くからである。

しかしながら目の前の台のスタート回数は「12」。

ここは時短終了後回転数がリセットされる店でもなければ
周りを見る限り、小当たりで回転数がリセットされるわけでもない。
ましてや台を見ても時短中に止めたようには見えないわけで・・・
そこから導き出される答えはおのずと一つ。

そう、隠れ確変!!

前情報でこの台は隠れ確変比率が高いと知ってはいたが
まさか確変を拾えるとは思ってもいなかった。

うみ  「・・・(幸せってこんな所に潜んでたんだね、ウフフ)」

先ほどまでの気分も何処へやら、
意気揚々と打ち出しを開始する俺がいた。

うみ  「・・・・」

数十分後、死んだ魚のような目を携えシマを後にする・・

もちろん大当たりが単発だったのは言うまでもない。
時短でもう一発引いたけど単発だったのも言うまでもない。
粘ったら全部飲まれたってのもこれまた言うまでも無い事なのだ。

ニートの目に光が戻る事はなかった。

それほどゴジラの演出は酷かったのだ。

 本日 -16.5k

| | コメント (4)

2006年12月12日 (火)

12/11  絶望のヒキ

やれやれ、また単発か・・・
いつからこんなにヒキが弱くなったんだろう・・・

鬼浜を打ちながらそう思ったアフタヌーン。
そろそろ両替に逝くのも億劫になってきたな・・・

今日はマルハソが支配する等価地域の静岡の中では珍しい
等価以外の換金率での勝負(5.5枚)。

何でも店曰く、【末尾1の台は鉄板】との事である。

うみ  「厚くて硬い低設定の壁って事か?」

こんな風に普段ならボッタ店の戯言と一蹴し、見向きもしないのだが
ここ最近店長が変わって張り切っている店とあっちゃ話しは別。
さらに就任後初イベントならばガセとは考えにくいしね。

うみ  「まぁ、今後のタメに見てみるか」

吸い込まれるように、自ら地獄へ出向いていった・・・
 

うみ  「・・ふむふむ・・・・ って、おぉぉ!?」

店に着くとすぐさま我が目を疑う事となる。
プロ風のお兄さんの打つジャグラーの末尾1の履歴が素晴らしい。
総回転数はわからないが ≪B5 R6≫ と、なかなかどうして・・・
高設定を匂わす履歴を形作っているではないか!?

うみ  「・・・いける!」

これならば他の末尾1の台も打つ価値はあるだろう!
そう思った俺は慌てて末尾1の空き台を探すも・・・

司馬懿  「待て、慌て(ry」

気持ちイイほど空き台が並ぶ店内で慌てる必要はナッシング。

吸い込まれるように空き台の地獄、
もとい鬼浜の≪末尾1≫へ携帯を投げ入れた・・・

  

さて、等価に慣れきった体に5.5枚という換金率は重く圧し掛かる。
換金ギャップが非常に勿体無く感じるのは俺だけではあるまい。

はやいとこ持ち玉遊戯にしたいなぁ・・・

260~
581 REG  9k
542 REG  追加21k  
246 REG  追加5k
160 BIG   追加1k 

('A`) ・・・

そんな風に夢を見ていたのも今ではいい思い出です。
はやくも換金ギャップのプレッシャーを受ける事となる。

しかしながら最初の2回を抜かしたRTがすこぶるヨロシイ。
スイカこそ微妙だが追う価値はありそうだ・・・

128 BIG  ←(本日最大の見せ場)
148 BIG     
196 BIG    

ここまで通常RT引けば6濃厚でしょ♪
しっかし連荘しねェな・・・('A`)
設定①でも50%は連荘モード行くハズなのに・・・

まぁいいやここからここから♪
まずは投資分、取り戻させて頂きますよぉおおお!!!!

               /\___/ヽ   ヽ     
              / ::::::::::::::::\ つ
921 BIG      . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
705 BIG       | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
           . |     ::<      .::|あぁ
             \   /( [三] )ヽ ::/ああ
              / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 



帰りに別のボッタ店で羽根セブンを触る。
運良く試し打ち中に引いたウルトラバトルモード(時短100回)に顔も緩む。

うみ  「・・・(幸せってこんな所に潜んでたんだね、ウフフ)」

この幸せが何事もなくスルーしたのを見届けると同時に
目頭に熱いものが込み上げてきた。

 本日 -43.4k

| | コメント (8)

2006年12月11日 (月)

12/10  絶句

ほんじゃま、コイツの6から狙いますか!

危険と知りつつもエノカナに腰を降ろしたのにはワケがある。

バラエティのシマを見渡した感じ(開店から一時間後くらい)
他に6っぽい台が見受けられなかった事もモチロンなのだが
前日バケで終わったこの台ならばチャンス目を数回引くだけで
設定変更の有無が見極められるって

                /\___/ヽ   ヽ     
               / ::::::::::::::::\ つ
1081 REG     . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
             | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
            . |     ::<      .::|あぁ
              \   /( [三] )ヽ ::/ああ
               / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 

思ってた時期が私にもありました・・・
チャンス目を引くまでに700ゲームを費やしてしまったのもいい思い出。
気付いたら止めるに止められなくなっていてこの有様である。

癒しを求めて座ったジャグラーに裏切られる頃には日も暮れていた。
まったく、昨今のパチスロは黄泉への入り口を連想させてくれるぜ。

 12/8の収支 -11.2k
   
   

ホールで知らない人と知り合うというのはよくあるだろう。
しかしその現象、客の絶対数の関係からであろうか?
雀荘ではより顕著となる。

おっつあん  「やあ、ひさしぶりだね!」

おっつあんはそんな知り合いの中の一人であった。
いや・・お互いに名前も素性も知らない同士。
顔見知りと言った方が正しいのかもしれない。

うみ  「おお、お久しぶりです」

高校~専門学校時代に通っていた雀荘での顔見知りである。
実に三年ぶりぐらいの再会に会話も弾・・む?

おっつあん  「いやぁ実はね、俺、雀荘を始めたんだ!」

うみ  「・・・マジっすか!?」

本当に人ってのは見かけではわからない。
とても雀荘経営をするような人には見えなかったのだが・・・

おっつあん  「あ、と言っても雇われ店長だけどねェ」

50を過ぎたオジサンが雀荘の雇われ店長。
何があったかは聞かないが、色々大変なんだろうなぁ。

うみ  「そうですか、近々顔見せにいきますね^^」

そんなやりとりがあったのが数日前である。
A型で義理堅くいい男な俺は暇が出来たので(ツッコミ禁止)
その雀荘に顔を出す事にした。

店員*3  「いらっしゃいませ!」

店長(おっつあん) 「やあ、来てくれたんだね^^」

出迎えてくれたのは店員3名と店長。
こじんまりとした店内にそれ以外の人影は見当たらない・・

うみ  「・・・(うわぁ)」

私は言葉を失った。
常識的に考えて週末の夜にコレはまずいだろ・・・

しかしながら俺が心配したところで何も変わらない。
ここは雀荘、ならば1ゲームでも多く打ってあげるのが
客として俺にできる事なのだろう。

全てを吹っ切り、麻雀へ意識を集中する事にした。

店長  「ところで・・・」

メンバーと和気藹々としながら麻雀を打っていると
ふと店長が俺に質問を投げかけてきた。

店長  「キミは仕事何してるの?
      以前は専門学校行ってたよね?」

うみ  「え・・あ、その・・・」

再び私は言葉を失ったのです。
そうだな、人の心配できる立場じゃねぇっけ。

| | コメント (8)

2006年12月 8日 (金)

12/5~7  据え置きですか

・・・・スウゥゥ

ここはボッタ店。
その穏やかな店に穏やかな男が一人。
その男、見た目とは裏腹に眼光の鋭いこと鋭いこと・・・

一目見た瞬間から感じていた。
そして、その男の動き(立ち回り)を見て俺は確信する

「こ、この動きは・・・プロ!?」

ボッタ店に一陣の風が立った。
   
   

さて、この三日間俺は『確率』に翻弄され続けている。

数字を信じるのが立ち回りの基本となるわけだが、どうだろう?
その数字が牙を剥いてきたとしたら・・

この三日間はまさにソレであった。
敢えて割愛するが、あの麻雀物語の数値の荒れ方は異常である。

しかしながらそういうのはブログのネタにしやすいわけでね、
意気揚々とブログを書こうとしたわけですが・・・

ココログ 「メンテナンス中です」

うみ  「・・・・」

ってわけでようやくメンテが終わったのが二日後の今日。
それでいて

「問題が解決できませんでした。」

って言ってるココログは流石俺が選んだブログである。
あまりの潔さに親近感すら覚えてしまう。
これからブログを始めようって方、マジおすすめです('A`) ニコッ


と、まぁ前置きはこれくらいにして・・・

本日はボッタ店へ。
なんでも「据え置き祭」なるイベントをやるらしい。
前日の6の70%を据え置くそうだ。

前日、偶然ではあるが閉店間際まで羽根セブンを打っていたため
ちょうど6の位置がわかっていた俺はこれも天の意思と思い
キングオブキングパルサーの据え置き設定6を狙いに出発した。

うみ  「・・・さすがボッタ店だ」

前任者が128でヤメた台を慌ててキープ(←何気なく遅刻してる)
さぁ当たるまで打つぞと意気込んだのも過去の話しである。
投資1kでBIGを射止めた俺を待っていたのは発のハズレであった。

キンパルシリーズの設定6はそのBIG中のハズレ確率にこそ特徴がある。
設定1~4が1/9、設定5が1/13であるのに対して
設定6のBIG中のハズレ確率は1/23。そう、6だけが別格なのだ。

だからこそ5回もハズレが出たらそりゃ顔も ('A`)  こうなる。

うみ  「前日不発台だったから据え置くと思ったのだが・・・」

しかし言葉とは裏腹に俺は嬉しかった。
ボッタ店が相変わらずボッタクリ精神を貫いている事が嬉しいのだ。
なんというか、センスが悪い服ばかり着る彼女に対して
おかげで他の男が寄りつかないから嬉しいぜ!
みたいな感情に近いと思う。

どうでもいい事を考えつつ急いで他の据え置きを探す事にした。

うみ  「・・・う~ん」

最近は一般客のレベルがすこぶる上がってる気がするなぁ。
他の前日6の台が軒並み抑えられているのを見てそれを感じる。

仕方ないので嫌々ながら秘法伝の前日6に腰を降ろす。
これが失敗だった!

580 REG
60  ヤメ

この間、チャンス目が二回しか出ていない('A`)
どうも私は秘法伝と相性がよくないようだ(現在0勝7敗-116.8k)
6確定でない限り2度と打たないようにしよう・・・

涙を拭っていると前日6のドラゴンギャルが空いたので移動。
これが正解だった!

 龍娘 設定6   
    総4961 B26 R8
    ムイチャレ 通常時 宝玉57個→空7 解除5(1/4.8)
         チャンス時 宝玉7個→空1 解除1(1/3.5)

高確での解除が平均2連を下回ったため大した勝ちにはならず。
でもまぁ117%を掴めた事に意義があるじゃん?

いい気になってると例のプロがキンパルに座っていた。
冒頭で述べた通り、立ち回りを見る限り明らかなプロである。
黙々と打つ姿には好感すら覚えた程だ。

だからこそ余計に気になる。
なぜそんなプロが俺の捨てたキンパルを打っているのだ?
小生、とても嫌な予感が・・

たまらず聞いてみた。

うみ  「あのぉ、そのキンパル粘ってますけどもしかして・・・?」

プロ  「うん、ハズレが全く出ないよ!6っぽいね^^」

うみ  「・・・・('A`) 」

確率って何なんだろう・・・

 12/5の収支 +6.6k
 12/6の収支 -4.0k
 本日の収支 +46.0k

 

| | コメント (4)

2006年12月 5日 (火)

12/4  寒さゆえ

春夏秋冬、どの季節が一番好かと問われたならば
私はきっと『冬』と答えるだろう。

寒ければ寒いほどいい。
その分温もりに幸せを感じる事が出来るから。

全ては寒さゆえ。
冬でなければこの幸せは味わえないのだと思う。

なるほど、俺は少しマゾっ気があるのかもしれない。


さて今現在、パチスロは『冬』の時代と言われているわけだが・・
どうしたものか、ただただ寒い。

温もりを求め彷徨う人々。
この場合の温もりとは何を指すのだろうか?

そういえば最近アイツの姿を見かけなくなったな


マゾッ気のある俺でも少しばかり厳しい。
やっぱり冬は嫌いだ

 本日 -28.5k

| | コメント (4)

2006年12月 4日 (月)

12/3  我が愛する

時代の変化、それを感じざるをえない・・・
我が愛するボッタ店がついに雑誌イベントを開催した。
今までのボッタ店の歴史から考えればこれは一種の事件である。

一体どういう心境の変化なのだろうか?
何はともあれ初開催、と言う事で多少期待して覘いてみたが・・・

うみ  「・・・・・う~ん」

所詮ボッタ店、と言った所か。

今回のイベント、確実に出す気はあるのだろう。
普段に比べれば数段いい形の釘を見る限りそれを強く感じた。

しかしあくまで「普段に比べて」である。

店からしたらかなり開けたつもりなんだろうけど
俺からしたら全然満足できるレベルではない。

この意識の溝がある限り、ここは半永久的にボッタ店なのであろう。

それでも常連さんは皆笑顔で粘っている。
きっと通常営業時の絶望的な釘で日々勝負してる彼らにとって
今日はまさにお祭りと言っても過言ではないのかもしれない。

・・・たとえ他店の通常営業レベルの釘であろうとも。

なんだかホッとしている自分を感じる。
急に雑誌イベントなんかやるから心配してしまったが何て事はない
ボッタ店は何も変わらずボッタ店であった。

それが何より嬉しかった。
  

貯玉を劇的に減らした俺は満足そうに店を出る。
何を隠そう、俺も常連なのだ。

 土曜の収支 -貯玉5000発

| | コメント (4)

2006年12月 2日 (土)

12/1  よもやの

~1~

さて、巨人が狙えなくなった金曜。
アテが無いので手探りで店を開拓してくしかないのですが
本日俺が選んだのは前日麻雀の⑥を掴んだ某店。

ウザプロの存在はともかく人が少ないってのが選んだポイントである。
嫌煙家の俺にとっては人が少ないってのは何より好ましい^^
まァソレは二の次なのだがともかく勝てる臭いがプンプン丸である。

なにはともあれしばらく攻めてみるに値する場所であろう。
今日も全機種に⑥投入らしいので麻雀狙いとさせて頂きますか。

店員  「開店です!」

とりあえずクセの読みづらい店なのでリセットを参考にしよう。
並びが15人足らずだったので台取りは楽勝かと思っていたが・・・
(新台の猪木目当ての客多数につき)

うみ  「・・・・ッ!?」

開店と同時に北斗SEのシマへ流れるお客を鼻で笑いつつ
お目当ての麻雀のシマへ駆け足で訪れる。

そんな俺を待っていたのは悲しい現実であった。
なんと先頭に並んでたプロの集団が全員麻雀のシマにいたのだ。

いや・・・ 厳密に言えば1台だけ空いてた。
それは麻雀物語のシマ内で一際輝いている台

そう!何を隠そう前日俺が打ってた台である。
流石に前日6000枚出た台の据え置き狙いは愚考なのだろう。
そりゃプロの皆さんも避けますわ。

うみ  「・・・(さすがにコレは座れないなぁ)」

かくいう私も同じ考えだった。
しかし同時にあることに気付いた。

うみ  「・・・(どうせ狙い台があるわけでもないし客も少ない。
        致命的に出遅れる事もないだろう。ここは確実に
        リセットを取っておくのもアリなのかもしれん)」

こうして打算と欲望が入り乱れつつ、
『とりあえず』の勝負が始まった。


~2~

・・・ざわざわ
  ・・・ざわざわ

数分後、麻雀のシマには不穏な空気が流れ始めていた。
それもそのはず、なんと1台もリセットがかからないのだ。

前日は6台中6台全てがリセットかかったというのに・・
この店、なんかやってるんじゃないのか?

プロ  「・・・スッ」

そう思ったのも束の間。
5人のプロ達は神妙な面持ちで麻雀のシマから去って行った。
さすがプロ、と言わんばかりの立ち回りである。

うみ  「・・・さて、と」

問題は俺である。

5人のプロ達はいいのだ、俺も同じ立場ならもちろんヤメる。
しかしながら今の状態、つまり全台リセットかからずだと
俺『だけ』ちょっとばかし微妙な立場に置かれる事となる。

うみ  「・・・はァ、めんどくさい事になったな」

いくら前日噴いた⑥で据え置きの可能性が低いからって関係ない。
この状態(全台リセットかからず)になってしまった以上
全台据え置きを疑わねばなるまい。

そうなると前日の⑥に座っている俺はヤメられない。
貴重な朝の一時、本来ならヤメて色々確かめたい事もあるのだが・・

しかしいくらリスクが大きいと言ってもコレを確かめるのは義務。
そう、ここに座ってしまった以上受け持たねばならぬ義務なのだ。

俺は心を決めて愉吉さんを投入した。


~3~

うみ  「・・・・ふぅ」

500ゲームを超えた辺りからプロが麻雀のシマへ戻ってきた。
それもそのハズ、俺は前日130ゲームでヤメたのだ。
本日500ゲームを越した時点で据え置きなら累計は630ゲーム。
すると麻雀の設定⑥の鬼門である640超えがほぼ確定となる。
となれば据え置きはほぼ無くなった、という訳である。

結局貧乏くじを引いたのは俺一人ってわけだ。

しかしながらプロの皆さん、俺のRT500超えを遠くで見守りつつ
それを見届けた瞬間光の早さで元の台に戻る辺りやれやれ、
惚れ惚れするほど現金で堅い立ち回りである。

ほどなく、我が台に当たりが訪れる

うみ  「588ゲーム・・・か、」

設定変更時のゾーンとしては最高に厚い場所。
これで変更はほぼ確定的である。

うみ  「・・・(ふぅ、この次は何を狙うかな)」

俺はウザい程の張り付きに耐えながらBIGの消化を開始した。


~4~

・・・ざわざわ
  ・・・・ざわざわ

またもシマ内に不穏な空気が流れる。

プロ  「なぁ、昨日何ゲームでヤメた?」

うみ  「・・・いや普通にゾーン抜けでヤメましたよ」

プロらが不思議がるのも無理はない。
588ゲームで射止めた我がビッグボーナス、それは彼らを混乱の淵に
招き入れるに相応しいだけの数値を残してくれたのだから。

 ・小役ゲーム21 ハズレ0 竹2

普通の台ならここまで騒ぐほどのものでもない。
BIG一回程度ならこんな事日常茶飯事なのだから。

しかし前日⑥の台なら話しは別である。


誰もがよもやの据え置きを疑った。



~5~

俺の2度目のビッグを後ろでガン見していたプロが指を四つ立てる。

プロ達  「・・・やれやれ」

言わずもがな、ハズレが4回出たということを示しているのだ。
なかなかによろしい恥辱プレイである。

やはり一回目のBIGは偶然だったか。
誰もがそう思ったに違いない、プロ達の表情に安堵の色が伺える。

だが、俺の目には違うものが映っていた。

うみ  「・・・・(コレ、まさか?)」

こういうときは得てしてBIG引けなくて追いかけて結果爆死、
と言ったパターンがお約束なわけだが今日は違った。
ゾーン内で3度目、4度目のBIGを軽々引き当てていく。

そしていつしか疑惑は確信へと変わっていく。


~6~

勢いは止まる事を忘れたようだ。
正午の鐘が鳴るより先に頭上にドル箱が三つ積み重ねられた。

BIGの回数に比例してプロ達の顔が引きつっていくのを感じる。
そう、彼らもやっと気付いたようだ。

設定6から設定6への打ち換え、という可能性を。

 
 麻雀物語設定⑥ 総7318 B37 R13 
            BIG中の小役ゲーム 826 ハズレ58 (1/14)
                            竹 26 (1/32)
            斜め竹解除 4/12 (´-`)

 本日 +100.2k

| | コメント (10)

2006年12月 1日 (金)

11/30  台に呼ばれ

うみ  「・・・ッ!? これは!!!」

6台しかないシマですでに3台リセットかかってる状況。
そんな麻雀物語のシマに惹かれて台を物色していると
空き台の1台が眩いばかりの光を発していることに気付いた。

うみ  「・・・台が・・ 光ってる!?」

どう見ても他の台と全く違う。まるで台が語りかけてくるような・・ 
以前からこういう事は何度かあるがそれはもっと感覚的なもの。
こんな風に直接視線に訴えかけてきたのは初めてである。
いつのまに俺は魔法使(ry

多少とまどいながらも答えはとっくに出てる。
俺はヨロシイ男の顔で投資を開始した。
 

二時間後・・・

うみ  「・・・・ウヒヒ」

俺は笑顔だった。

リセットがかかり、さらに6濃厚のゾーン(256~384)で当たり
さらにさらにBIG中の小役確率が設定8くらいの値となれば
テンションもあがるってものだ。(3BIGで 総72 ハズレ2 竹2)

いつのまにかシマからは人がいなくなっていた。
けして俺が変質者顔負けの笑顔でニヤニヤしてたせいではない。

台は相変わらず輝きを忘れない。
 

しかしながら麻雀物語程客層が変わった機種も珍しい気がする。
当初は知る人ぞ知るスルメ台って感じで誰も見向きもしなかったが
再版された頃から何かが狂ったよなァ・・

液晶に反射して見えるウザプロ達を見ながら考えてしまう。

うみ 「・・・(キミ達、僕はヤメる気がないからとっとと帰りたまえ)」

結局彼らはほぼ終日、俺がBIGを引くたびに後ろに張り付いてきた
今思うとアレは彼らなりの威嚇だったのかもしれない。

 麻雀物語設定⑥ 総7901 B36 R29 
            BIG中の小役ゲーム 793 ハズレ63 (1/13)
                            竹 34 (1/23)
            斜め竹解除 1/11 ('A`)

近頃キツイ展開だっただけに久々にキチンと出てくれた事に一安心。
しかしながら気を抜ける状況ではない。
今日の勝ちだって偶然のようなものだしね。

  
それにしても台が輝いていたのは電灯の反射のせいだったなんて

 29日 +9k 
 本日 +111.2k

| | コメント (9)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »