« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

11/28  おもひで

並ばない、を信条としてる俺だが今日は違った。
普段より一時間はやく家を出てマフラーの無い愛車に乗り込んだ。

某パチ屋 『本日、CR燃える闘魂アントニオ猪木導入です!』

私はこの日を待ちわびていた、と言っても過言ではない。
それほど思い出深い機種であるのだ。

・・・時は昨年の上旬に遡る。
この時期、俺はある機種と出会った。

・CRアントニオ猪木と言う名のパチンコ機

時はちょうどCR大ヤマトを代表とする1/500の爆裂タイプである
通称「ゴーマル機種」がホールを賑わせていた頃である。パチンコの
内規改正に基づき様々なスペックの機種が産声をあげたあの頃、
『連発タイプ』という新ジャンルを引っさげ猪木はホールへ導入された。

HP内にある昨年の2月の収支表を見て貰えればわかると思うが
この頃、私は狂ったようにCR猪木を打っていた。
それはちょうどスロが厳しい状況にあり、苦難の策として
パチンコを積極的に立ち回りに導入し始めた時期である。

結果としては、この稼働のおかげでパチンコのおおよその勝ち方、
釘の見方等知る事になるわけだがそれ以上に大きい物を得た。

それはパチンコに対するイメージが変わった、と言う事。
俺は猪木に出会い、パチンコの楽しさを知る事ができたのだ。

「パチンコはやる事がなくてつまらない」

これはスロットから入った人によく見られる傾向なのだが
俺も御多分に漏れずこの思考を持ち合わせていた。

しかしどうだろう?

猪木と出会ってその概念は木っ端微塵に砕かれた。
連日、激熱予告を待つ自分の姿に気付いたときには
もう「パチンコはつまらない」、なんて思いは消えていた。

文字通り、燃える闘魂は私のパチンコ熱に火を付けたのだ!

そんな機種の後継機である。期待するなと言う方がおかしい。
俺はワクワクを抑えきれず片道一時間かかるホールへ向かった。

                         

                /\___/ヽ   ヽ     
               / ::::::::::::::::\ つ
が、渋滞で      . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
 間に合わず     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
            . |     ::<      .::|あぁ
              \   /( [三] )ヽ ::/ああ
               / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ     

予定だと抽選10分前に到着するハズだったのに・・・ _| ̄|○
AM 8:32、呆然と駐車場へ入りこむ俺がいた。

しかし神はいた!!!!

店員  「あ、どうぞ^^」

8:30から開始された抽選はまだ終わっていなかったのだ!
普通締め切りとかあるハズなのに・・ やっぱ田舎は最高である。
そして問題の抽選番号は・・・ 7番!!!!

キタ━━(゚∀゚)━━!!!

猪木は10台導入、来ました。
これは来ました。

やりました、僕の勝ちです!

プチ新婚旅行(妊娠中なので)の豊島先生に思わずメールを
送ってしまうほどの高揚感。

ーーーーー うみ → とよしま -----------
『今日は間違いなく100k勝ちコースです⊂二二( ^ω^)二⊃ブーン』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメールの内容で俺のテンションの高さを読み取って頂きたい。


~中略~


アントニオ猪木TF【1/336.5 確変57%】
3.5円   22/k  総1903 初当たり 2 (1/952) 
                  総当たり 6 (67%、うち突確1)

このデータを見て俺の悲しみの深さも読み取って頂きたい。

 本日 -37.9k

| | コメント (4)

2006年11月28日 (火)

11/27  続・とある物語

ビッグボーナスだぜぇ!!

うみ  「・・・(ふぅ、やっと来たか)」

東京での雷蔵伝の大勝ちに気をよくしたのか?
本日、俺は懲りずにスロットを触っていた。

まァ、いくらスロットを打ちたくないと言っても状況次第。
消去法から設定⑥を1/3程度にまで絞れた鬼浜なら狙う価値も
あるのではないだろうか?そんなわけで打っていたのだが・・

うみ  「え~っと、投資は・・・」

ポチポチ ←(携帯にデータ取ってる)

うみ  「・・・81kか('A`)」

時代は氷河期、まさに地獄と呼ぶにふさわしい状況であった。
 

本日はいつも羽根セブンを打ってる高換金率の店が休み。
そんなわけで店廻り、羽根セブンの釘を覗きにやってきた某店。
そこで鬼浜の推定6を掴む事に成功したのが悪夢の始まりだった。

うみ  「ふむ」

前日2回分のボーナスを消化して捨ててあった台に狙いを定める。
選んだこの台、スイカは1/400とヒドイが総ゲーム数自体400ゲームしか
回ってないのでそこはあまり気にしなくてもよさそうである。
ついでにチェリー確率が1/150程度となってる事から見ても
前任者はDDTはおろか目押しすらしてなかったと予想される。

そんなわけで狙ってみると・・・

うみ  「うむ」

2000ゲーム消化した時点でスイカ確率は1/120を切る素晴らしさ。
それに通常モード濃厚なゲーム数での当たりも多いし、何より
対抗台が一台もないってのが最高である。

全機種に6投入だしこれが設定⑥で間違いないだろう。
あとはぶん回すだけだね・・・

\(^O^)/やったぜ

 鬼浜設定⑥ 
 総4189 B3 R6   スイカ 29/4189(1/144)
 連モード2 - 通常モード4 - ハマリモード2 - ?2 


 -72k


/(^O^)\なんてこったい



まァ今までも鬼の6で100k負けとかあったしな・・・
それにしてもエノカナといい鬼浜といい、
ここんとこ設定6で全く結果が出ないなァ('A`)


~エピローグ~

「うっ・・・・」

倒れこむ好青年が一人。

「大丈夫ですか!?」

慌てて通行人が駆け寄ってきた。

 本日 -72.2k

| | コメント (15)

2006年11月27日 (月)

11/23~26  幸せライブラリー  

23日(木)
私は渋谷の雀荘で朝を迎えていた。
この日、東京は南青山にて『豊島先生』の結婚式が行われる。
そこに僭越ながらニートの私が招待されたってわけだ。

・・・ん。ところで豊島先生って誰だって?
HAHAHA、忘れたのかいこのオトコを?

02

      ヽ|/        
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    | 
   | (●) (●)|||  | ・・・ゴクリ
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   
   |  | l~ ̄~ヽ |    |   
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |   
   |    ̄ ̄ ̄    |     

      

色々  「この人は君とどういう関係なの?」

うみ  「・・・え、ええと・・ ・・(;^ω^)」

この手の質問をけっこうされて解答に詰まる。

この御方とは某根無し草のセツさん絡みで知り合った仲である。
年齢はかなり違えど中々どうしてウマが合うのか?
その後も色々と付き合いは続き、現在に至っているわけだが
そこらへんをパソコンやらない人に説明するのは難しい。

そんなとき俺は胸を張ってこう言うのだ

   / ̄\
  | ^o^ | < 会社の上司です
   \_/
   _| |_
  | うみ  |
         / ̄\
        |    | < あなたは働いていません
         \_/
         _| |_
        | 色々  │

と、まぁ何と説明すればいいのかよくわからない関係なのだが
まさか結婚式に呼ばれるとは思いもしなかった・・

しかしせっかく呼ばれたのだ!
精一杯茶化しに行こうと思う。

Toyo4













      

と、思ったのだが・・・

この空気の中でとても変な事はできないよな~。。
幸せな人ってどうしてこんなに憎いのでしょうかね( ^ω^)

Toyo2_2












神父の話しがやたら長かった事を除けば
コレと言った問題もなく結婚式は無事終了。

何はともあれおめでとさんです(・∀・)
末永くお幸せにっ♪

さて、披露宴も幕を閉じ新郎新婦、および親族の皆さんが
出口で来客を見送る場面へと舞台は移る。

来客はそこで新郎新婦に「おめでとう」や「お幸せに」だの、
それぞれが思い思いの言葉をかけて去っていくようである。

ニートはただ去るのみ。
よし、俺も何か洒落た言葉を言って去るとするか!

そんなわけで出口にさしかかり新郎新婦の前に立った俺は

    /\___/ヽ    
   /         \   
  . |  .,-―   ―-、  |  「世界中の幸せが
  |    ⌒ ,  ⌒  .|   今日この場所に集った気がしますよ
.   |     .<     |      
    \  ヽニニ='  /   結婚おめでとうございます。」  
    /`ー‐--‐‐―´\    

と、洒落っ気を出しつつも素直な感想を口にしたわけだが

新婦  「・・・・ハハハ^^;」

豊島  「おまっ・・・それはキモイだろ('A`) 」

        /\___/ヽ       
       / ::::::::::::::::\ 
    . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  
     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|     「・・・・あっれーッ!?」  
    . |     ::<      .::|
      \   /( [三] )ヽ ::/
       / `ー‐--‐‐―´ \ 

あのときの新郎新婦および親族の白けた顔が忘れられない

24日(金)
せっかく東京に滞在してるわけなので一勝負といこう!
そんな軽い気持ちでガラの悪い知り合いの方々に連れていって
もらった某店にて僥倖

雷蔵伝(設定?・・イベント的に推定4or5)
総3921 B22(S9 N13) R5

・RT640超えが一日通して1回(1015まで引っ張られた)
・BIG中の小役ゲーム 655ゲームで ハズレ0 スイカ1

まだ⑥の可能性が何も否定されてない雷蔵に座ったらアラ大変。
結局⑥の可能性は薄くなったがバリバリ高設定の挙動で5500枚。

か・な・り、助かりました。

 24日の収支 +114k

25日(土)
24日の夜から徹夜で麻雀をしていたため睡眠不足。
サカナ君の付き合いで羽根セブンを打ったりしてみたが
ここで以外すぎるお宝台を発見してしまう!!!!

                ヽ(・ω・)/   ズコー
しかし眠いのでヤメ     \(\ ノ

 25日の収支 -5k

26日(日)
何気に誕生日だったりする^^
地元の皆さんがパーティーを計画してるとの裏情報をゲットし
ワクワクしていたのだが連絡が来る事はなかった _| ̄|○
べ、別に泣いてなんかないもんっ(´;ω;`)

で、遊んでばっかもいられないって事で帰宅する事に。
今回は愛車で東京まで行ったわけなんですが・・・
帰り道で途中、変な音が鳴りました。

カランカラーン

うみ  「・・・?」

家に帰ってフト違和感を感じ、我が愛車を見ると

B1_1











      
       
     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´ マフラァアアアアアアアア!!!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

| | コメント (13)

2006年11月22日 (水)

11/22  傷痕

マジッ?

セブンのシマを見渡し驚いた。
なんと軍団の数人がセブンを打ってるではないか!!

   / ̄\
  | ^o^ | < なんというタイミング
   \_/

やつら本当に俺のブログ見てるんじゃないだろうな?

そう思ってしまう程タイムリーな出現。
普段全くパチンコなんて打たない集団なのにね。。。

まぁ釘は昨日から締められてるので打ったとしても
あまりいい感触は得られないハズだ。

どうか・・・ 住み着かないでください m(__)m
そう祈りつつ昨日の羽根海へ。
 

バシッ!

ノーマルリーチ中に保留を貯めていると手を叩かれた。
何事かと隣を見ると・・・

オバ  「ちょっとアンタ!」

知らないおばちゃんが怒っていた。
つーか数分前から自分の台を打たずに俺の台を凝視していた
変なオバチャンである。

うみ  「・・・あのぉ?何か?」

全く心当たりがない俺はやんわりと聞いてみる。
すると

オバ  「アンタ!リーチのときは打っちゃダメでしょーが!
      当たらなくなるよっ!!!」

うみ  「・・・・」

ダニ村の残した傷跡はあまりにも大きい。
痛々しいオカルターを見るたびそう感じざるをえない。

うみ  「・・・(まったく、海のシマはこれだから困る・・)」

オカルトはパチンコを楽しむ上で大いに結構だと思う。
だがそれを他人に押し付ける輩に関してはいい気はしません。

無視しようかと思ったけど・・・
オバチャンは俺の返事待ちなのか、未だこっちをガン見してる。
はぁ、めんどくさいから適当に相槌打っておくか('A`)

うみ  「いやぁどうも!次から気を付けますね」

オバ  「ボタンもちゃんと押すんだよ!」

次のリーチ。
おばちゃんが隣でガン見している事に気付いた紳士な俺は
しょうがないのでボタンを連打して祈るようなアクションをしてみた

うみ  「・・・」

オバ  「・・・・」

・・・ピコッ

ノーマルリーチを射止めたカニ絵柄が私に笑いかける。

隣を見ると、おばちゃんは得意気にこちらを見ていた。
俺は大当たりの喜びなんかそっちのけで

ただただ、悔しかった。

釘が締まっていた事よりも悔しかった。

 本日 +13.4k

| | コメント (19)

11/21  お宝

さて、羽根セブンという一時の添え木が見つかり
稼働にも熱が入ると思われた本日

              ∩  ∩
  起きたら      (・ω・`| |  ズコー
   13時でした    │   │
             ⊂⊂__ノ =§    

これにはさすがのニートも猛省ッ!
しかしまぁ聞いてくれよキャサリン。

昨夜なんだけど、羽根の期待収支の計算方法を調べてたら
何時の間にか徹夜に近い形になってしまっていたんだ。
ほら、やっぱ現場で期待収支計算できないとマズイしね・・

で、その甲斐あって大まかな事は理解したつもりだけど
めざましテレビが始まる頃に眠りにつけば・・・なっ、
そりゃ寝坊もするさ         ┐(´ー`)┌

そんなわけで、慌てて店へ行くもアウアウ(;^ω^)
昨日打ったセブンの良台はピンポイントで埋まっていたわけだ。

うみ  「う~ん、まぁ他の良クセ台も探しておきたいトコだったし
     ちょうどいいか。」

そういうわけで探す探す。

うみ 「こ、この「探す」って作業が・・だ、大事なんだな。」

それと言うのも、この手の台は役モノのクセがけっこう重要であり、
そのクセというのはパッと見の釘じゃわからないのです。

そりゃもちろん最低限の釘は必要だけど逆に言えば最低限の
釘さえクリアしてれば案外なんとかなる台があるって事。

そしてボックス販売の宿命か、セブンは今飽和状態。
これだけ市場に出回ってればそれはより顕著となるわけで・・
だからこそ私は「今、セブンがおいしい」と言ってるんです、ハイ。

そうしてついに見つけたお宝台。
等価で千円で26鳴き!すげぇえええ(・∀・)  

   / ̄\
  | ^o^ | < ワリンちゃんのくびれ最高です
   \_/
   _| |_
  | うみ  |
         / ̄\
        |    | < それはセブンではありません
         \_/
         _| |_
        | 店員  │

結局、色々探してヨリが素晴らしい台に出会うも他が満足いかず。
空き台になった前日の良クセ台のセブンに移動してみたけど
どうも釘が動かされてる感が強いわけで・・・捨て。

うみ  「う~ん、困ったもんだ」

店内をぶらついていると異様に釘が開いてるシマを発見。
それがスーパー海SAE、いわゆる羽根海であった。
触ってみると1箱で180近く・・等価でコレはすごいや∩(・∀・)∩

と、喜ぶと同時に反省せねばなるまい。
何を隠そう今日は通常営業、つまりコレは昨日からの据えっぽい。

ようするに、この台は昨日も打とうと思えば打てた台であったハズ。
どうもセブンに心を奪われすぎていて周りが見えてなかったようだ。
いっつも一つを見ると他に興味が無くなっちゃうんだよなぁ・・

結果としてこんなお宝台を逃していたとは・・・ 猛省ッ。。
こういう単純なミスが多いのが俺の欠点だな。

反省もそこそこに全ツッパを決意した。

 総742 初当たり7(1/106) 総当たり10(1.4連)
 《スペック:大当たり確率 1/89 連荘平均 2.6連》

閉店近くまで粘ったけど負け('A`)
明日に期待だね。



・・・ところで、

めざましテレビが始まったんだけどこれ何てデジャヴ?

現在 6:35 \(^O^)/

 本日 +3.9k

| | コメント (6)

2006年11月21日 (火)

11/20  僕はプロ

~うみさん~
           まど・うみお
あさが きて 
めが さめない
うみさん ぼんやり ゆめのなか
さいているのは じかんだが
ええと ぼくは だれだっけ
だれだっけ

ひるが きて
めが さめて
うみさん ぼんやり ぱちやに きた
でーたひょうじきに うつった いいかお みて
そうだ ぼくは プロ だった
きょうは かてて よかったな
 
 

本日も羽根セブン。

土曜に打ったセブンは貯玉店と言う事もあり保険にする事にして
とりあえず別の店のセブン優良台を探す事に。

で、等価店にて試し打ちの末見つけた優良台を掴んでタコ粘り。

シングルに偏ったり、突然時短に偏ったり、
やっと引いたウルトラバトルボーナスが一回転で転落したりと、
展開最悪だったわけだがそれでも危なげなく勝利。

羽根というよりはデジ羽根といった感じで展開に左右されがちだが
やはり良釘ならば粘れば勝てるね\(^O^)/
今日の勝利は勝つべくして勝った完勝という感じで大満足。

うみ  「そうだ ぼくは プロだった」

フト思う、ここ最近の不調のせいなのだろう。
俺は一発逆転を狙って大振りしすぎていたのかもしれない、
パチプロに必要なのは1割のホームランではなく3割のヒット。
今日の勝ちはそれを思い出させてくれた気がする。

そして、初打ちのときに感じ追いかけてる内に次第に強くなって
いった感情なのだがやっと今日確信が持てた。

この機種は勝てる。

まぁ今の状況があればこそ・・だろうけどね。

そんな一時の光明であったとしても
すがるモノが見つかった事が素直に嬉しい。

今夜は久々に気持ちよく眠れそうだ。

 本日 +24.0k

| | コメント (8)

2006年11月18日 (土)

11/17・18  キビシ~

17日(金)

うみ   「さぁって・・・ どうしたもんか」

いつも金曜にお邪魔させて頂いてる某ホールに入ったものの
座る台を決められずにウロウロしているニートが一人。

うみ  「よく考えてみると・・」

ーーーーーーーーニートの心の中ーーーーーーーーーーーー

設定配置パターンが読めなくなったという事で
巨人を朝一から打つのをヤメると決めたのが先週の事。

しかしながらソレに変わる機種も無いのが現実であった。
それというのもこの店のラインナップの中から⑥狙いで打てる台は

・ジャグ (7台島が2つ)
・バラエティ (カイジ・ガッツ・エノカナ・新蛙・天下・鉄拳・キンキン、各2台)
・巨人 (7台)
・銭型 (7台)
・島唄 (14台)
・スパイダーマン (4台)

ぐらいなものである。(各機種1台ずつ⑥投入、島唄はマチマチ)
110%以下の台は探してまで打ちたくないので除外しました。
ちなみに秘法伝は112%って事だが俺の中では108%なので除外

掴みやすさ、割り数、変更の見極め、判別の早さなど考えると
このラインナップの中なら・・・

1・スパイダーマン
2・銭型
3・ジャグ

辺りが妥当なトコでしょうね。
しかし、こういう条件が加わったらどうだろう?

・ジャグ 
 ・・・変更判別の対策済み
・バラエティの一部 
 ・・・そもそも何の機種に⑥が入るかわからない上に
   極端に判別の利くキンパル・カイジはかなり並ばないと取れない
・巨人
 ・・・今までを見て貰えばわかるだろう
・銭型
 ・・・同じ穴の狢が多すぎる、リセットの罠アリ
・島唄
 ・・・ヒドイときは14台中1台しか6が無い時もアリ
・スパイダーマン
 ・・・朝六時から並ばないと取れない

並べばいいだけ、とか言う人もいるだろうし
個々の基準によって意見は様々だろうけど・・・

結局のトコどの機種も条件は大して変わらないんじゃないだろうか?

ジャグだって変判が利かなければ6判別に時間がかかるし
銭型だってソレと似たようなものである。

むしろそれならば(条件付きだが)挙動次第で
早い段階から6を否定できる巨人の方が勝ってると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うみ  「なんだ、巨人狙い悪くないじゃん」

今まで巨人しか見てなかったからわからなかったけど
「設定6一本狙い」という条件化ならば、巨人を朝から打つ
という行為は決して悪いものではなかったらしい。

うみ  「というわけで本命台ゲットズサー」

結局、先週の誓いもどこへやら。
一応予想しておいた巨人の本命台へ腰を降ろす・・・が、

総2226 B6 R3 特訓7 (2/7)
           角チェ 1/20で特訓
           リプ3は引けず。    

              ∩  ∩
 やっぱり      (・ω・`| |  ズコー
  ダメでした      │   │
             ⊂⊂__ノ =§

中段チェからの特訓が2回とも30ゲーム続いたのでスベリリプ3連を
引くまで粘ろうと思ったけど引けないままずるずる2000ゲーム。
特訓選択ゲーム数が微妙だった事もあり大事をとってヤメ。
結局、6は違う場所。また予想外の位置にありました('A`)

狙いつかないから狙うのヤメたのに本命台狙うって・・
俺はアホか _| ̄|○

フールな俺はこのあと、別の店へ行って昼から鬼浜の6狙い敢行。
5台のうち3台が挙動からほぼ6を否定してる激アツな状況。
残りは2台、どちらかが機械割り116%だ!

ここでアドリブが利かない奴は・・・

                 /\___/ヽ   ヽ     
                / ::::::::::::::::\ つ
1106 REG      . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
128  ヤメ        | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
             . |     ::<      .::|あぁ
               \   /( [三] )ヽ ::/ああ
                / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 

前日2回分のモードを消化する間にトドメを刺された。
残った1台を掴んだお姉さんおめでとう!

この後、羽根セブンの『超』優良台を発見。
負債半分取り戻したけど・・・ はぁ('A`) キツイぜ

18日(土)

昨日の超優良台である羽根セブンをシコシコと。
3円で鳴きが18/k前後のヨリが3割弱。期待収支いくらだろう?

19時まで打ってファン感謝デーのくじ引きを引いてヤメ。
ボッタ店なので抜き倒すような事はしたくないのだ。
しばらくアテにしたいから釘据え置いてください(´;ω;`)


さて、今がどれだけ厳しいかは俺の貯金がここ二ヶ月で
300k近く溶けてる所から推測してもらいたい (´・ω・`)・・・
まぁちょっとヒキが酷すぎたトコもあるけどさ。

掴んでも微妙だし外したら大怪我、
そんなハイリスクミドルリターンが今のスロットルの現状だと思う。

6を掴んでもそれを掴むまでに大投資する可能性のある昨今、
もはや1/2以上で6を狙えるような状態以外は
スロットに触らない方が無難なのかもしれない。

 17日 -24.8k
 18日 貯玉マイナス1200発

| | コメント (13)

2006年11月17日 (金)

11/16  リベンジ

⑥ツモっても結果の出ない日々が続く次第でございます、
そうなれば当然⑥を探す事に嫌気がさすのも当たり前・・・

それでも⑥をツモるしかない、そうはわかっていても人間だもの。
嫌な事が続けば気持ちも滅入る。
今日はのんびりパチンコでも打とうかな~

・・・そんなわけでやってきた某店。

うみ  「・・・なんという調整」

新台の羽根セブンを少し触ってみたら途端、吐き気を催した。

新台がコレじゃダメだな、そう思い帰り支度を始めるも
バラエティコーナーにあった羽根タイプの志村が私を引き止めた。

あまり期待せずに打ったのだが夕方になる頃にはあら不思議!
フランス料理がフルコースで食べれるくらいの箱を手にしていたのだ。
ちなみにフランス料理の値段は知らない。

さて、休憩がてら店内をプラプラしていると・・

『まだまだぁ~!!』

某「目しか書かない」って噂の漫画家の大ヒット作、
CRサラリーマン金太郎が目に入った、どうやら新台のようだ。

シマの後ろをそっと通り過ぎると偶然目の前でオジサンがヤメていく。

・・・・ドドドドド

その瞬間シマが揺れた。
空き台を取ろうとオバチャンがダッシュで駆け寄ってきたのだ。

うみ  「・・・・ハッ!?」

気付けば反射的に携帯を投げ入れていた。

まぁ持ち玉で移動して回らないようなら戻ればいいか。
そんな軽い気持ちで金太郎を打つことになるのだが

まさかコレが地獄の始まりになろうとは・・・

うみ 「ふむ・・・ それにしても金太郎か、懐かしいな・・」

・・・・

・・

『左ッ!右っ!よっしゃぁああああ!!!!』

金太郎チャンスが猛威を奮っていたあの頃。
爆裂AT機全盛期でもあった古き良き時代である。

あの頃はホールのそこらかしこに夢があった。
設定がいくつでも万枚が手に届く距離にあったあの頃、
誰もがソレを夢見てホールへ赴いた。もちろん俺も例外では無い。

ありもしない設定5を探し、(6なんてあるそれこそハズない)
ちょっとボーナス確率いいからって理由だけでウン万円・・・
シングルボーナスに何度枕を濡らした事であろうか。
結局、そんな毎日の中で私は

天井以外の金太郎チャンスを引いた事がありません

てなわけで、総収支はかなりのマイナス。
総回転数は大した事ないけど、六桁負けは間違いない('A`)

その分、同じ爆裂AT機であるアラジンAでは大分いい思いを
していたので収支的にはなんとかなっていたのですが・・

俺にとって金太郎とはそういう苦い思い出を持つ機種である。



うみ 「数年の時を経てリベンジする機会が訪れたってわけか」

できる事なら二度と顔を合わせたくない台であったが
会ってしまってはしょうがない、逃げるわけにはいかんのだ。
回転数は持ち玉ならどうにか打てるであろう、22/k前後。

志村に戻ってもよさそうなものだがよく考えて欲しい。
目の前で台が空いたわけだ、これも神の意向であろう
本当は志村の期待収支が計算できなかっただけだけど。

とにかく、俺は勝負を決意したわけだ。



三時間後、持ち玉&貯玉が尽き現金で追加投資してる俺がいた。
サラリーマンを舐めるんじゃねェ、か。

そりゃニートには厳しいわな。

 本日 -10.0k

| | コメント (7)

2006年11月16日 (木)

11/15  とある物語

「うっ・・・・」

倒れこむ好青年が一人。

「大丈夫ですか!?」

慌てて通行人が駆け寄ってきた。

「・・いや・・だいじょ・・ぐっ!!」

好青年の様子は尋常ではなかった。
それ故、通行人は救急車を呼ぶべきか悩んだ。

「いや、すいません・・ハァハァ・・・ 大丈夫です」

「大丈夫って・・・どうみても普通じゃないですよ」

そう、通行人の目に移る好青年の姿は普通の状態ではない。
目は虚ろであり体中から覇気が感じられない。
これではまるで生ける屍である。

見たトコロ外傷は見当たらないのだがどこか痛めてるのだろうか?
とにかく体のどこかに異常があるに違いないのだ。
何かあってからでは遅い・・ 通行人は意を決した。

「もしもし、人が倒れてるんです・・・え、場所ですか?
 ○○ってホールです・・・ええ、175cmくらいの好青年で・・・」

「・・・・ハァハァ・・・・無駄だって・・・ぐっ」

「あ!はやくしてください、重症のようで・・・え?
 またソイツか?ってどういう事ですか? 
 ・・・え、聞けばわかるって?あ・・ ガチャ!ツーツーツー」

通行人の言葉を遮り電話は切られてしまった。
どうしたものか、ひどい対応である。

「・・・な、無駄だったろ?奴等はいつだってそうだ。
 俺みたいなキモヲタニートに構ってる時間はないんだとよ」

「・・・・」

どうやら好青年の話しぶりから察するに、
今までもこのような経験が何度かあったらしい。
事態が呑み込めない通行人であったがそれだけはわかった。

「面倒な患者は引き取らない、それが奴等のやり方さ」

「・・・」

好青年はポツリポツリと語っていく。
通行人は未だ事態が呑み込めない。

「えっと、それで・・・どこが悪いんですか?」

「ヒキ」

なるほどな、疑問が解けた通行人は満足そうに帰路につく。
そういえばあの好青年、鬼浜の⑥打ちながら泣きそうだったっけ

今度は間違えないように・・ 
通行人は家に着くとタウンページをめくり始めた

「あった、精神病院」

 本日 -21.0k

| | コメント (8)

2006年11月15日 (水)

11/14  空振り

前日の最後に打った羽根セブンをアテにやってきた某店。

うみ  「・・・・(´・ω・`)ポツーン」

開店から五分、セブンのシマには誰も来る様子がない。
この様子なら狙い台が取られる心配もないね!
ってわけで、朝の有利な時間を生かすべくスロから触る事に。

うみ 「・・・ふ~む。さて、どうしたもんかね」

スロを触ろうと思ったがよく考えたらアテがない。
そんなわけで店内をブラブラしてるとバラエティーコーナーが目に入る。
そういえばこの店、バラエティーコーナーを導入したばっかりである。

本日は全機種に⑥投入のイベントなわけだが・・・
導入したてバラエティにも少しばかり力を入れてくれないかな?
そんな淡い期待を込めて私は台を物色しはじめた。

そうして、携帯を投げ入れた機種はエノカナこと
「シンドバットアドベンチャーは ~中略~ でどうですか」

選んだ理由は至極明快!前日バケ二連で終わっていたから。
SZ(シンドバットゾーン)の突入率で変更を見抜くには持ってこいだ!
(据え置きなら99%SZ突入、変更なら50%で突入。
 ようするにチャンス目からSZ突入しなかったら設定変更濃厚)

別にコレに⑥が入るとは思っちゃいないが
変更判別ははやいに越した事はない。
そういう意味でも最初に打つには相応しい台である。

とりあえずチャンス目一発・・・ すると

                ∩  ∩
シンドバットゾーン突入。   (・ω・`| |  ズコー
そして解除。        │   │
               ⊂⊂__ノ =§
うみ  「・・・・う~ん」

本来ならば嬉しい低投資での解除なのにうなだれる俺。
なんでうなだれてるかわかったあなたは勝ち組だ!
わかんない人はお父さんに聞いてみよう!

ようするに、一番めんどくさい事になってしまったわけだ。
と言うのもこの台を選んだ時点で設定変更を探るルートが三つ。

①SZ突入せず (これが理想だった)
  ・・・・設定変更濃厚!粘る理由ができる
②SZ突入、しかし解除できず (これが普通)
  ・・・・これは次のチャンス目でSZ突入すれば据え置き濃厚
     精度を高めたければ二発目三発目、と試行を増やせる
③SZ突入、解除 (今回これ)
  ・・・・せっかくの前日バケ二発の恩恵を受けられず 
     変更か据え置きかわかんないんですっ(><;)

この中で唯一設定変更の有無がわからない③のルート。
これを選んでしまったから私はうなだれていたのだ。

まぁ、本来ならば即ヤメでいいのだが・・・

・リングが落ちる
・SZ中に一発でチャンス目解除

と、高設定を匂わす挙動をしていたのでもう一周回す事に。
この判断がよかったのだろうか?

うみ  「ふふふ、今日は久々の10万コースかな^^」

出玉こそ無いものの台の挙動がすこぶるよろしい。
昼過ぎには各数値がかなりの高確率で設定6の近似値へ。
いや、俺の中では既に設定⑥と確信されていた・・・って、ん?

うみ  「・・・ ん?またか」

なんだかこのエノカナ、やたらコインが詰まるのよ。
これで店員を呼ぶのは5回目である。
どうやら中古台って事でセレクターがかなり調子悪いようだが・・・

店員  「すいません、この台ちょっとダメそうです」

うみ  「・・・え?」 ←この時点でマイナス2万

なんとこの台を整備中にしたいからヤメてくれ、との事である。
ダメ元で負債の保障は?と聞いてみたがもちろんダメだった('A`)
そりゃ店側の言い分もわかる、

・・・しかし設定⑥(推定)のエノカナだぞ?
ここ最近の不調を考えると簡単に捨てれるもんじゃない・・

ならば答えは一つ。

店員  「風営法の改正で、営業中にパーツを変え・・」

うみ  「・・・てっ  ・・・から ・・・してっ」

店員  「・・はい?」

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´ 直して!お願いだから直してッ!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

必死だなニート (^∀^)9m プギャー の図 ↑

結局、一時間ほど待たされてなんとか応急処置完了。
店員よ、無理言ってすまんかったな。
この恩に報いるためにもオラ、万枚出すだよ!

ニートの必死な姿に同情と言う名の杭で胸を打たれたのだろうか?
榎本さん、ここからが凄かった。

今までが嘘のような展開で瞬く間に負債は消えて・・
ジワジワジワジワ、気付けば夕方には4000枚超のコインが(・∀・)

うみ  「ふふふ^^差枚で5000枚は出したいトコだね♪」

日々の我慢が実ったのだろう、この喜びをそう捉えていた。
そう、喜び・・ 久々の大勝の予感に俺は幸せさえ感じていた。
全てが順調だった。

・・しかし人生わからないモノである。
幸せの裏では常に不幸が手をこまねいているというのだろうか!? 

残り数時間さぁ頑張るぞと、張り切っていると・・・
ソレは突然やってきた

605 REG
545 REG        /\___/ヽ   ヽ     
321 REG       / ::::::::::::::::\ つ
219 REG    . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
090 REG     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
178 BIG     . |     ::<      .::|あぁ
234 REG      \   /( [三] )ヽ ::/ああ
304 REG       / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 
192 BIG   

14連続単発を含むBR比率の大恐慌。
ヤメたくてもヤメられないバケの連打は閉店間際まで続いたという。
3000枚などあっという間だったぜ _| ̄|○

 エノカナ 設定⑥ 総7208 B17 R13 (うち、3G連は4回)
           SZ 11/24で解除
           SZ中のチャンス目解除率 11/25 (1/2.27)
           通常時リング確率 96/7208 (1/75)

ってゆーか、初当たり26回引いて連荘モード突入3回だけって・・・
そもそも770が最高ハマリなのにどうしてこんな・・・

・・・ねェ、エノカナの⑥ってもしかして辛いの?

   / ̄\
  | ^o^ | < しんじらんな~い
   \_/
   _| |_
  |大魔神 |

 本日 +12.2k

| | コメント (13)

2006年11月14日 (火)

11/14  セブン・・

まいった・・

下半期に入ってからというもの、それは苦境の連続であったが
その大半は避け様のない不ヅキが原因であった。

だが、10月を過ぎてからの苦境はどうであろうか?

言わずもがな。
ツキ以外のトコロに問題があるのは明白であろう。
つまるところ立ち回りの問題である。

うみ  「・・・わかっています」

そう、俺の立ち回りが今の時代にそぐわなくなってきている事は
自分自身薄々感じていた。

うみ  「・・・だが、他に何ができるッ!?」

『ライバルのいないシマで勝つ』

そう、俺はコレでやっていくと決めている。
この考えが自らのクビを締めているのは重々承知。
だがその美学を曲げてまでプロにしがみつく気はない。

俺は俺のために不利な道を歩むのだ (かっこいいな俺( ^ω^)

そんなわけでここ数日、あらたな期待値畑を開拓すべく奔走。
今まで敬遠していた羽根モノに手を出してみたりしている。
その点で、ちょうど「羽根モノウルトラセブン」が出たのは好都合だ^^

・・・と思っていた俺が甘かった('A`)

・ポケットに拾われたのにハズレ穴に蹴られる失笑モノの役物!
・とても一日直視できないてんかん必死のフラッシュ類!
・どう見ても継続率80%は過大広告です、ウルトラバトルボーナス!
・まさか羽根にも搭載するとは・・ 突然時短のモロボ死チャンス!

 な ん な ん だ こ の ク ソ 台 は (;^ω^)

とにかく一度打ってみてください('A`) ニコッ
あまり語りたくありませんが、一言言わせてもらえるならば・・・

これを羽根モノと思わない方がいいです。 ・・死にますYO

結局、色んな台を打って負債を重ねていって・・・
最後にたどり着いた羽根セブンの優秀台で殺されて本日終了('A`)
間違ってるとは思えない立ち回りで50kも負けるなんて世も末だ。

私の奔走はまだまだ続く。

 本日 -47.8k

| | コメント (8)

2006年11月13日 (月)

11/12  魂のUNO

Uno1_2











Uno2











Uno3













Uno4










いや、最近仲間内でUNOが流行っててね。
・・・反省はしてない\(^O^)/

 本日 -4.0k

| | コメント (4)

2006年11月11日 (土)

11/10  決壊

今週も変わらず金曜がやってきた。

うみ  「・・・・」

いつになく心は重い。

追っていた機種との別れ。
今までも幾度となくあった事だが、やはり嫌なものだ。
恐らく俺は今日それをまた味わうのだろう・・
  
  
機種との別れは防波堤の決壊のようでもある
そこにはもう以前のような安心感はない。

そして流れ込んでくるは・・・ 破滅という名の波だろう。
 
  
今日掴めなかったら・・・
そういう覚悟で臨んだ本日。

相変わらず誰もいないシマへ向かう。
この心地いい空間も今日で・・・

いつからだろう、確信の持てなくなった狙い台。
今日もその例に違わず、一縷の希望を抱いて勝負を開始する。


うみ  「・・・・くっ」

決意も覚悟も勝負をうまく運ぶわけではない。
15時、未だに迷っている俺がいた。

6は無さそうだが4か5はありそうな・・・ 
それがその時点での結論だった。

だけど設定4.5を入れる理由が見つからない。
となると、どうなんだろう?

空き台に⑥候補があるのだが・・ この状況じゃ動けない。
できればそいつの状況を見て判断したいのだが。。

そう思ってると、どこから現れたのだろう?
朝一で消えたと思った巨人のオバチャンがその台をゲットしていた。

・・・ほどなく、その台の特訓連荘がスタート。
それと同時に俺の台がほぼ⑥を否定(スベリリプ3連、連続スルー)

タイミングの妙を感じながら16時。
狙い台の巨人を後にした。


結局、今日の設定⑥は夕方からオバチャンの座った台であった。
そしてそこは俺の予想には含まれなかった位置である。
三周連続で全くの予想外の位置に入れられたとあっちゃあ・・ね。

認めよう、俺の敗北である。
だから朝一巨人狙いは今日でヤメだ。

悔いはない。
設定配置パターンが読めてこその朝一巨人狙い。
パターンが読めなくなればそれはただの一人よがりだろう。

だから悔いは・・・  


だが嘆いてる暇はない。
ここ最近の状況、収支を見てもらえればわかると思うが
今の俺はスロプ始めて以来の未曾有の危機に陥っている。

新たなアテを求めて走らなきゃ破滅はすぐそこまで迫ってるのだ。

 本日 +66.1k

| | コメント (15)

2006年11月10日 (金)

11/9  地獄のカウントダウン

10・・9・・8・・7

うみ  「・・・(マジで?)」

・・・6・・・・・5・・・・4

うみ  「・・・・(嘘だろ?)」

・・・・3・・・・・・・・・・・2・・・・・・・・・・1・・・・・

うみ  「・・・・

     //                 //
.    / /                 //
   / /  _.. ~'::""::''ヽ、      / /  あ
  // /:;r‐、:::::::__:::::::\   / /     、
// /:::ノ ・ _)( ・_`つ、:::ヽ、  l l   
/ /::r(__ ノ´(:;;)´__ノ〃ヽ::} | |   あ
  /:::::ノ二ニ彡 ノ 三彡-、 )::ノ | |   り
 {::::(  -_二 -‐'' ̄     )(::/ ノ ノ    え
 ヽ:::ヽ(    ,r'' " ''‐-‐′ノl//      な
   ヽ )`― ''′_ .... __ノ//    い
    ゞニニ二 -(/∂-‐/

走る。
走る。
ホールの外へ出た俺は血相を変えて電話した

setu  「やァ久しぶり~」

うみ  「ちょっとセツさん!!!
     十字架600式の天井って1504じゃないんすか!?」

 本日 -12.6k

| | コメント (11)

2006年11月 9日 (木)

11/8  悪いのは誰

最近の涼風はグダグダで困る。
でも新キャラはちょっといいなと思ってる俺です、こんばんわ。

今日はオフ。
やはりどの店もメインとして扱ってるだけあって
右を向いても左を向いても秘法伝イベントばかり。

秘法伝を避ける身としては辛い状況です。
何件か廻るも光明は見出せず、デラまいったぜ。

そんなわけでコレは昨日の話しなんですが・・
 


ある所にイベント台の冬ソナを打つ素敵な俺が一人いました。
しばらくして隣におばちゃんが移動してきた。

・・なんでこんなガラガラのシマでわざわざ隣に

そう思いつつも、冬ソナのシマではよくある事だし気にしない事に。
(韓ドラ好きなおばちゃんは何かにつけて喋りたがるから)

おばちゃん  「アラやだ!?」

少しするとおばちゃんが仰け反りました。
どうやら熱い予告のようです、どれどれ・・・ 

うみ 。oO(・・・お、ミニョンさんが喋ってるじゃんか。アチイな)

以前はチンプンカンプンだったキャラの違いなんですが
DVDを見た俺には全てわかるようになりました( ´∀`)
ちなみにDVD借りてから一年近く経ってるけど
・・・未だ見終わっておりません。

まァそれはともかく、
暇だったんで隣の熱いリーチを横目で見守る事にしたんです

おばちゃん  「(;´Д`)ハァハァ・・・ 」

うみ  「・・・・」

しかし残念、普通にハズれ。
本来ならここで終わり、特筆すべき事でも何でもないんだが・・
この話しには続きがあるのです。

おばちゃん  「・・・!!!」

何を思ってか、おばちゃんはリーチのハズレを確認すると
狂ったように立ち上がりどこかへ走っていきました。

うみ  「・・・?」

何が起きたんだ?そう思いながら打っていると
・・・ああ、なるほど。シマの端で打っている夫か常連さん?
とにかくオジサンに報告に行ってたようです。

ウザガキの専売特許だと思ってた「報告」、
まさかこんなトコで見られるとは・・

てゆーか、帰ってきたオバチャン。
なんだかまだお怒りのようで、打ちだそうとしません。

俺は我関せず、とばかりに黙々と打ってたんですが・・
それもできない状況に出くわしてしまいました。

それはオバチャンの知り合いが近くを通り過ぎたときの事です。

おばちゃん  「今チュンサンが出たのにハズレたのよ!
          おかしいわ!遠隔よ!!!」

うみ  「・・・!?(おいおい)」

・・なるほど、どうやらミニョンをチュンサンと間違えてるらしい。
オバチャンは大声で知り合いに愚痴をこぼしております。

うみ .。oO(・・・ふむ、ならば怒るのも報告に行くのも納得だ)

それもそのはず、チュンサンは海物語で言う所の「サム」、
つまり出現=大当たりです。そりゃハズれれば怒るわな、

しかしオバチャン、さっき出たのはミニョンさんだよ。
(ミニョンとチュンサンは同一人物なので初心者は勘違いしやすい)

仏のように慈悲深い私はそっと・・・

            ∩  ∩
           (・ω・`| |  ズコー
 スルーです    │   │ 
           ⊂⊂__ノ =§

・・・以前なら教えてあげる所なんですが、これまでにあった
様々な隣人トラブルを思い出し今回は放って置くことにしました。

うみ  .。oO(・・・許せオバチャンよ)

しかし修羅場の神様はソレを善しと思わなかったのか・・
関わらなければ終わる、そう思ってた俺が甘かった。

おばちゃん  「ねぇ、ちょっと聞いていい?」

  / ̄\
  | ^o^ | < ・・・そうきたか
   \_/   
   _| |_
  | うみ  |

神様、こんなめんどくさそうな事に無理やり関わらせて頂き
本当にありがとうございます。

オバチャンは俺に「なんでハズれたの?」と聞いてきました。
今思えばすごい質問だけどそこらへんはスルー。
しょうがないので全部話すことに。

うみ  「いいかいおばちゃん、さっき出たのはミニョンさんだよ。」

おばちゃん  「・・・でもユジンのセリフが ~中略~ ・・だったよ」

うみ  「う~ん、ユジンのセリフは関係ないんですが。。。
     そもそも劇中でもこのセリフはミニョンに・・・ ~中略~」

おばちゃん  「違うわよ、それはサンヒョクに・・・ ~中略~」

うみ  「いや、それはチェリンが・・ ~中略~」

おばちゃん  「え、じゃあ・・・ ~中略~」

うみ  「ええ・・・ ~中略~」

おばちゃん  「な・・ ~中略~」

うみ  「・・・」

おばch 「」




       ヽ|/        
      / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
     /         ヽ   
    /  \,, ,,/    | 
    | (●) (●)|||  |    
    |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|     ・・・ゴクリ
    |  | l~ ̄~ヽ |   |   
    |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |     
    |    ̄ ̄ ̄    | 

はっきり言ってここまで完璧な解答が出来る俺キモすぎ。

そうわかっていながらもDVD見といてよかったと心底思ったり・・
説得の甲斐あって、なんとかおばちゃんを納得させる事に成功。

俺グッジョブ( ´ー`)b!


全て解決したと思い、意識を台へ戻したわけだが
・・・まだ終わらせてくれないようです(´・ω・`)

それは説得に終了したすぐ後だった。
さきほど報告に行った先のオジサンらしき人がオバチャンのトコへ。

オジサン  「どうだい?」 

オバチャン  「ああ、さっきのミニョンさんだったみたい。
         ミニョンさんは普通に外れもあるみたいなのよ~。
         このお兄ちゃんが教えてくれたわ^^」

オバチャンはオジサンへ事細かに説明をしているようだ。
あまりうまく聞き取れないけどこんな会話が聞こえてきた。
俺は別段気にもとめずに台に集中していると・・・信じられない事が

オジサン  「それは全部デタラメだ

      /\___/ヽ        
     / ::::::::::::::::\ 
  . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| 
   | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|     えええええええ!!!?
  . |     ::<      .::|
    \   /( [三] )ヽ ::/
     / `ー‐--‐‐―´ \

二人の会話はそれほど大きい声で行われておらず
なんとか聞こえるかな?程度だったのだが、この声は大きかった

・・・我が耳を疑った

しかし、こういう人は確かに存在する。
きっとオバさんの前でいい格好したかったんじゃないかな?
そう思い、大人な俺は無視する事にした。

・・・が、まだ言い足りないのか

オジサン  「だって俺はハズレた事ないし。
        そんなヤツのいう事信じるなって!」

オバちゃん  「・・・いやねェまったく

      /\___/ヽ        
     / ::::::::::::::::\ 
  . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| 
   | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|    おいおいおいおい!!!?
  . |     ::<      .::|
    \   /( [三] )ヽ ::/
     / `ー‐--‐‐―´ \

あろう事か、オバチャンは俺が適当に嘘をついたと信じたらしく
犯罪者を見るような目で俺を一睨みしたではないか。

オジサン  「ほら、あっち行こうぜ」

オジサンは俺から遠ざけようとオバさんの手をとり、
二人は美空ひばりのシマへ消えて行った。

俺は何にも悪い事してないのにアタッマきた

うみ  「・・・へへへ、パチ屋って怖ェや。」

| | コメント (8)

2006年11月 8日 (水)

11/7  バイパスの中心で

本日、ちょっと気合い入ってました。

~AM8:00~

うみ  「さァ出ッ発(でっぱつ)だ!」

秘法伝なんか打ちたかないけど、2/3で設定⑥だし
もし掴めなくても二の矢・三の矢が用意できてたのですよ。
ここまで勝ちのプランが練れる日ってのも珍しいわけでして、
そりゃ気合いも入るってもんでさァ(・∀・)

肌寒さを覚えながら愛車を走らせる。そういえば今日は立冬。
今日から暦の上での冬らしい、どうりで寒いわけだよ。

うみ .。oO(・・・とりあえず整理券の番号次第だ・・・ んっ!?

 ガクン・・ Σ(゚Д゚)!?

突如、我が愛車が跳ね馬のように暴れだしたではないか!?
(一部誇張表現アリ)

 ガクンガクン・・ Σ(゚Д゚)))!!??

ドナドナド~ナ、ド~ナ~ 愛車が揺れる。
なんて言ってる場合じゃないぐらい激しく揺れたのち・・

 プスン・・・ Σ('A`) ・・・

・・・・・

・・・

・・
      /\___/ヽ   ヽ     
     / ::::::::::::::::\ つ
  . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
   | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|ぁぁ
  . |     ::<      .::|あぁ
    \   /( [三] )ヽ ::/ああ
     / `ー‐--‐‐―´ \ぁあ 

へへへ・・ 俺の愛車、20数年も前のガタピン車でしてね。
寒くなると途端に調子が悪くなるんですよ。

まァ、何が言いたいかっていうとね
 
   エンジン\(^O^)/止また    

うみ  「・・・・(;^ω^)こりゃやべぇ」
   
そして俺はサーッと血の気が引いていくのを感じていた。

いや、走行中にエンストとかしょっちゅうだし
こんなのは慣れっこなんだけどさ・・止まった場所が問題なんだ

・・だってココ、バイパスのど真ん中だぜ?(;^ω^)
てなわけで、

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ,ノ(、_ )ヽ、,   |  <  ワイが渋滞のパイオニアやで~
|   ト‐=‐ァ'   .:|    \_____
\  `ニニ´  .:/  
 /`ー‐‐‐―´´\    *渋滞を引き起こす人  

 と、覚悟したわけですが
運よく左車線にいた&ちょうど交通量の少ない場所だった
ってのが幸いしてどうにか路肩に逃げ込めて命拾い。

   / ̄\
  | ^o^ | <・・・俺って本当にラッキーだよなァ
   \_/
   _| |_
  | うみ  |
         / ̄\
        |    | < マジリスペクトだぜ
         \_/
         _| |_
        | うみ  │

一瞬、マジで運がいいなぁとか思ったんだけど
気付いたら整理券配布時刻に間に合わなくなっていた。

・・・久々に気合いいれてみたらコレだぜ _| ̄| ..○

我が愛車、どうあがいても動かなかったのでJAFを呼ぶ事に。
結局、店に到着したのは家を出てから2時間後だったそうな('A`)

しかしまァプラス思考に考えてみようぜ。
こないだのネコ理論(10/27参照)を駆使すると

「第一候補の店に行くな!」

って事かなぁとも思えるわけです、うむ。
そんなわけで二の矢、三の矢を発動してみたわけですが

   / ̄\
  | ^o^ | <やっぱり負けました
   \_/   
   _| |_
  | うみ  |

帰れって事だったらしいですね、ハイ。

  本日 -13.2k

| | コメント (6)

2006年11月 7日 (火)

11/6  オチに期待

「・・・でよ、秘法伝のバケ後600ゲームが落ちてたんだ。」

「ほうほう、それで」

「財布の中には一万円しか入っていない、どうします?」

夜、電話が掛かってきた。
お相手は俺の相棒魚君である。(第一回ツルピカ麻雀参照)
私は古本屋で買ってきたノーマーク爆牌党を読んでる途中であり、
つまらなそうな話しだからはやく切りたかったんだけど

うみ  「いやぁ、俺なら打たないねぇ」

魚  「何言ってんだボケ、死ねよ。」

うみ  「ふ~ん、じゃあ打ったんだ?天井届かないじゃん?」

魚  「まぁ慌てないで最後まで聞けよ・・」

まぁ魚が俺にわざわざ電話してくるんだもんなぁ、
何かおもしろいオチでもあるんだろう・・・

そう期待して話しを聞いてみる事にしたんです。

・・・と言うわけで、
当ブログを読んでるみなさんも期待して聞いてみよう。
で、つまらなかったら魚くんへの苦情をコメント欄までヨロシク(メカドック!

ーーーーーーーーーーここから魚眼ーーーーーーーーーー

魚  「・・・たしか天井ってバケ後だと900ゲームだったよな。」

打つつもりはなかったが、ちょっと立ち寄ってみた某PIA。
そこで見つけたのはバケ後600ゲームの秘法伝であった。

財布の中を確認してみる。 ・・・愉吉さんが一人で寂しそうだ。
なんとかいけるかな?そう思い、勝負を開始した。

700・・

800・・・

魚  「・・・ハァハァ・・ スイカ一個のこぼしが命取りだぜ・・」

850・・・・ コイン足りるかなぁ・・

・・・900!!

よしッ!
心配をよそに、なんとか900ゲームの天井へ到達!
チャンスゾーンで引っかかるなんてハナから期待してないよ。
冷や冷やもんだったけど攻めて正解だったぜ^^

魚  「どれどれ、ビッグから狙うと・・・」

って、アレ(´・д・`)?

そういえば天井行った割には液晶がやけに静かである。
そもそもリーチ目もチャンス目っぽいのもでないし・・

魚  「・・・・・おいおい、どうなってんだよ!?」

・・・まさかストック切れ!?
・・・いや、そもそもバケ後って天井900だっけ?

 *敢えて書く必要があるかわからないが・・
  秘法伝のバケ後の天井は「900+α」である。
  +αには高確のゲーム数が加算されるのだ。
  つまり、高確10ゲームを3回引いてたら930ゲームが天井となる。
  今回、魚君はそれをド忘れしてたらしい。

不安に耐え切れなくなった俺はあるときは頼れる相棒であり、
またあるときは一流プロのうみに電話で聞いてみる事にした。

うみ  「・・・・」 ← 出ない

魚  「・・・くそっ、相変わらず使えない野郎だ(♯^ω^)ビキビキ」

普段どうでもいいときはツーコール以内で出るくせに、
大事なときに限って出ないニートめ・・・

俺はかつてない程イライラしていた。

しかし・・ 天井間違ってたにしても、後10kで来るわけだし
どのみち、このまま終わるわけにはいかないなァ。

と、言うわけで走った。

魚だから泳いだんじゃねぇの?とかそういうツッコミは勘弁だぜ。
俺は駿河湾、・・否っ!駿河銀行を求めて走ったんだ。

しかし世は非常である、駿河銀行がどこにも見当たらない。
そりゃ横浜なんだから当然だ、とか言うツッコミはゴメンだぜ。

・・で、大分走ってやっと発見(・∀・)
念願叶ってお金を降ろしてる途中である事に気付く

魚  「・・・マズイッ!!」

      ヽ|/        
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
    /         ヽ 
   /  \,, ,,/    | 
   | (●) (●)|||  |   ・・・そういえば 
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|      休憩札出してなかったぜ
   |  | l~ ̄~ヽ |    |      
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |   
   |    ̄ ̄ ̄    |    

気付けば中々見つからない駿河銀行を求め彷徨ううちに
軽く数十分は経っている。

バケ後905ゲームの秘法伝なんてエナの格好の餌食じゃないか。
下皿にタバコを置いてあるとはいえ危険すぎる。
はやく戻らねばッ!!

走った。

下ろしたばかりの一万円札をグシャグシャに握り締めて走った!
魚だから泳い(ry

で、汗だくになりながらもどうにか店に着いたわけだ。
急いで秘法伝のシマに行くと・・

魚  「・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うみ  「おおお、どうなったんだよ!?」

魚  「若い兄ちゃんが二人でさァ」

うみ  「・・・うわァ、オチ見えてきたわ(;^ω^)」

魚  「俺の台取ろうとしてたんだけど、まだ呼び出し中でね。
    店員に状況を必死に説明して何とか台取れたよ^^」

うみ  「・・・・あれ、オチは?」

魚  「プラス1万6千円!!!!」

うみ 「・・・・

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´  時 間 返 し て ッ !!!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

  本日 +49.8k

| | コメント (9)

2006年11月 6日 (月)

11/4.5  真実を知った夜

      ハ_ハ
    ('(゚∀゚∩ どようび~!
     ヽ  〈
      ヽヽ_)

とりあえず危険な三連休の残り二日はオフだっちゃって事で。
安全策を取ったつもりだったんですが、メールで

【本日は巨人の星3が全台⑥です^^】

なんて来やがった・・ _| ̄|○
送り先は毎週金曜に行ってる某店!!
俺は何も悪い事してないのにアタッマきた(♯^ω^)ビキビキ
こんなん狙えるハズが無い、やっぱプロ対策してるっぽいなぁ・・

      ハ_ハ
    ('(゚∀゚∩ にちようび~!
     ヽ  〈
      ヽヽ_)

久々の友人達との集い。
こんなときはもんじゃで祝うのが粋ってもんだろうぜ!?

うみ 「と、言うわけでもんじゃ。
    ところで、今日は夕方集合だったけど昼何してたの?」

Ch  「昼はねぇ、大道芸ワールドカップ見てきたんだぁ♪」

うみ  「・・ほう」

~説明せねばなるまい~
他県の方はあまり聞いた事がないかもしれませんが(?)
我が街しぞ~かでは毎年この時期になると世界各国から
大道芸人が訪れ、その各々が路上でパフォーマンスを披露する
大道芸ワールドカップ」なるものが行われます。
詳しい事は知りませんが、まぁ頑張ってね大道芸人。
  
 
うみ  「ああ、いいなぁ。そういえばそんな時期だねぇ。
     よし、近々俺も見に行こうかなッ(・∀・) 」

U   「・・・・今日で終わりだよ^^;」

うみ  「・・・・(´・ω・`)」

S   「ははは、馬鹿だねぇ(^∀^)9m プギャー」

うみ  「・・・・ハハハ (・・なら誘ってくれてもいいのに)」

Ch   「ん~、でも気にしなくていいと思うよ^^」

うみ  「なんで?」

Ch  「だってうみ君はさぁ、
     存在そのものが大道芸みたいなモンじゃん

   /\___/ヽ   
 / ::::::::::::::::\ 
|   ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| 
| 、_(o)_,:  _(o)_,:::| 。oO(・・そんな風に見られてたの?)   
|     ::<      .::|
 \   /( [三] )ヽ ::/
  / `ー‐--‐‐―´ \

| | コメント (9)

2006年11月 4日 (土)

11/3  プロ視点

やあ(´・ω・`)俺だ。
今日は久々にプロ視点で書いてみようと思う。
我々ニートがどういう経緯で台を選んでいるのか参考にするといい


今日は金曜日。
懲りずに巨人を狙うわけですが・・

うみ  「・・・う~ん」

ココしかない!って狙い台があるわけだがどうもひっかかる。
ひっかかる以上、素直に狙っていいものなのか?

実際、ここ最近の2回は狙いがうまくハズされている。
設定を打つ人が変わったのだろうか?
はたまたわざと狙いをズラすような設定配置にしているのか。

いずれにせよ、読みがズレているのは認めなければならない。

だからいつも通りの読みじゃダメなんじゃないか?
かと言って、いつもと違う読みをしろと言われても無理な話しだ。
それを許すと文字通り、何でもアリになってしまうから・・

偶然はいらない、それは一時の勝利である。
私は確信ある狙い台をツモっての完全な勝利が欲しいのだ。

だから俺は・・

うみ  「狙い台ゲトズサー!」

読みがズレているのは百も承知。
だがもし狙い台が素直に⑥だったときのダメージは計り知れない。
消極的かもしれないが、ここはこの一手。

狙い台に腰を降ろすと「巨人のオバチャン」がシマへやってくる。
彼女は俺の台をジッと見てから悩みつつも三つ離れた巨人へ。
うむ、狙い台は被っていたんだろうな・・

「飛雄馬!特訓じゃ!!」

開始数分で一徹の声が巨人のシマに木霊する

・・・ああ、隣の台だ(´・ω・`)

しかし隣だったのが幸いした。
見てた限り特訓状態移行契機役を一切引いてない。
つまりこれは確実に前日の据え置きと言う事である

よしッ、1台候補から消えたぜ(・∀・)
実は隣の台、いつもと違う読み方をするとココが本命じゃないか?
と、疑っていた台であった。

こうなると俺の普通の読みが期待できる状況になる(・∀・)
レバーを叩く手にも力が入るってもん・・・

うみ  「('A`) 」

しかし・・・ 無情にも中段チェから入った特訓高確が
30ゲーム以内で終わり完璧に⑥を否定。

トントンで終われた事を幸運に思いながらヤメ。
普段ならここで店移動するわけだが・・・

( ゚д゚)ハッ! 

気付いてしまった

ーーーーーーーーーニートの方程式ーーーーーーーーーーー

巨人のシマは全7台 

(´-`).。oO(・・・○○○○○○○)

・ここ最近の傾向として角台の2台と前回の⑥の位置には
 ほとんど入らない=3台消える。

(´-`).。oO(・・・●○●○○○●)

・でもって、前日の据え置きが確定した台と
 ⑥を否定した俺の台が消える=2台消える。

(´-`).。oO(・・・●○●○●●●)

=残りはオバチャンの打ってる台か余ったもう1台(・∀・)

=オバチャンの台は1000ゲーム程廻して特訓引いてない

(´-`).。oO(・・・●●●○●●●)  !!!

=俺の時代∩(・∀・)∩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はい、来ました。
と言うわけで残った1台を後は粘るだけ。
パチスロって簡単だね(^∀^)9m 

 巨人 設定⑥以外 
    総2585 B8 R9 特訓総16 (7/16で解除)
              スベリリプ3連 6回 3/6で特訓へ 
              4チェ     9回 0/9で特訓へ

        /\___/ヽ        
       / ::::::::::::::::\ 
    . |    ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|     
     | 、_(o)_,:  _(o)_,:::|        
    . |     ::<      .::|
      \   /( [三] )ヽ ::/
       / `ー‐--‐‐―´ \
              
スベリリプの驚異的なヒキによって特訓突入率は順調。
初めのうちは4回中3回特訓へ入っていたので粘ったけど
最後に2回連続でスルーしたのでヤメ。

う~む、まさか⑥じゃないとは・・
おかしいなぁ、それだとまさかの角台とかか?

うみ  「それにしてもオバチャン・・」

オバチャンは俺が台を捨てたら速攻で移動してきていた。

正直、ここらへんが俺には理解できない。

仮にも毎週顔を合わせてるわけだし、
お互いの力量ってもんがわからんもんかと・・ 

そりゃね、以前このパターンで⑥をカマ掘られた事あるよ。
だけど今回は以前とパターンが違うっしょ。

開始一時間程度で捨てたんだぜ?

ここんとこをどう思うか。
たしかに見切りがはやすぎる、って意見もある

だが逆には考えられないものか?
毎週顔をあわせる巨人好きな男がここまではやく捨てるのだ。
何かしらの強い根拠があると考えるべきじゃないかね?

こういう風に俺はプロが捨てた台は触れないんだけど
こう思うのは俺だけでしょうか(´・ω・`)?

まぁ、いいか。
それにしても今日の⑥は一体・・・

・・・

・・・( ゚д゚)ハッ! 

まさか、据え置きの台が前日の⑥で(イベントだった)
そのまま⑥の据え置きってオチか!?
そういえばさっきからやたら特訓引いてるべ。

うみ  「こりゃ読めないわ( ´ー`)フゥー...」

そういいながら私はホールを後にした。
夜、設定⑥の発表を見に行くと意外な結末。

今回の⑥の位置は前回の⑥の据え置きであったのだ。

・・なるほど、ニートの方程式の最初の部分で間違っていたのか。

思えば、読みをズラされてるって実感してるんだから
前提とする箇所を間違えていたのかもしれない。
しかしそうなると何でもアリって事になる。

まいった、正直しんどい・・

 本日 +6.2k

| | コメント (6)

2006年11月 3日 (金)

11/2  微妙に後悔

やあ、こんばんわ。俺です(´・ω・`)
今日も懲りもせず大わんわんをね、打ちに行ったんですよ。
寝坊したけど、全然気にしちゃいません。

うみ  「おおわんわんゲットだぜ!」

ええ、どうせ台が空いているのはわかっておりましたから・・
寝坊はガラガラのシマを好む内に身に付いた悪癖でございます。

そんなわけで地獄のスタート。
一体今日はいくら負けるんでし・・・

ピコッ  (゚д゚ )!! 

地獄スタートと思ったらあっけなく3kで確変スタート。
思ったより根性ないな、おおわんわん!

ピコッ
ピコッ

('A`) ニコッ

~順調すぎて書くことないので結果~

 CR大ワンワン 
 本日 総1925 初当たり9(1/214)  総当たり18(50%)
 
 三日合計 総4476 初当たり12(1/373) 総当たり25(52%)

今日はヒキ勝ち( ^ω^)
大分いい感じに収束してきました!

ーーーーーーーーーここからレモンハートーーーーーーーーーー 

うみ  「ふぅ」

順調な展開のまま押し切れるかもと思い始めた夕方だった、
やっとハマリらしいハマリに遭遇したのは。

気分転換に店内を一周廻ってみる事に。
すると、湘爆のシマにかまさんの姿を見つけます。

うみ  「・・・・む。」

挨拶しようと湘爆のシマへ歩みを進めた足を止めふと考える。

(´-`).。oO(・・・う~ん、普通に挨拶するのもつまらないな・・)

普通に挨拶すればいいのにすぐこういう思考に陥る素敵な俺。
うん、毎回ワンパターンじゃ倦怠期もすぐソコだよね。
何かこう・・・斬新な・・

・・・

・・・

・・・( ゚д゚)ハッ! 

そのとき脳裏に映画のあるワンシーンが浮かび上がった!

イケる!これしかない!!!!

少し迷えばいいものを、変な行動力だけは人一倍。 
俺は迷わず作戦を実行に移した。

コーヒーレディ  「こんにちわっ、何になさいます?」

うみ  「お姉さん、頼みがあるんですが・・」

コーヒーレディ  「え?何でしょうか?」
 

うみ  「湘爆打ってる黒い服の人(かまさん)に

     『あちらの紳士の方からです』

     って言って注文取ってきてください」

コーヒーレディ  「・・・・え?」

うみ  「いや、だからBarとかでよくあるじゃん!」

コーヒーレディ  「・・・・・あ、あの・・」

うみ  「あ、そのとき俺はシマの端っこで
      紳士っぽく立っていますんでヨロシク(メカドック!」

       ヽ|/        
      / ̄ ̄ ̄`ヽ、    
     /         ヽ   
    /  \,, ,,/    | 
    | (●) (●)|||  |    
    |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   コーヒーレディ  「・・・」
    |  | l~ ̄~ヽ |   |   
    |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |     
    |    ̄ ̄ ̄    | 


*お姉さんドン引きしてたけど僕何も見えないよっ\(^O^)/

・・・・

・・

コーヒーレディ  「・・・あちらの紳士の・・」

かま  「は?(( (  ゚Д゚)??」

かまさんは呆気に取られて、
コーヒーレディはいらん仕事押し付けられて
俺は少しだけ恥ずかしくなったりして。

今思うと俺、何がしたかったんだろう・・ _| ̄|○

  本日 +37.0k (それとは別に6000発貯玉)

| | コメント (10)

2006年11月 2日 (木)

11/1  (;´Д`)ハァハァ シヌルシヌル

HEY!日本中の暇人のみなさんこ・ん・ば・ん・わッ!!!!!
堕落ブログの時間がやってきましたYo!

なんか負けすぎてハイになってきたよー∩(・∀・)∩

さて、本日は30日に触った大わんわんの据え置き狙い。
所用で午後から行ったけど、無事台を取れて一安心。
釘はどうやら変わっていないようだ!こりゃ貰ったぜ。
さぁぶん廻すぞい( ^ω^)♪


CRおおわんわん楽園(1/329 確50% 23/k)

157より
968   確5連
792   飲まれヤメ   

  ( ゚д゚)
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_   
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ ) < ワンタッチャボー
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_     
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
本日    総1603 初当たり1(1/1603)総当たり5(80%)
二日合計 総2551 初当たり3(1/850) 総当たり7(58%)

いつまで続くんだろう、この理不尽状態('A`)
でもパチンコのこういう負けって個人的にはへっちゃら。
スロと違って間違いなくプラスの行動してるってわかってるからね。
まぁ金銭的に痛いのは確かだけど・・(;^ω^)

さぁ、釘が締まるのが先か俺の心が折れるのが先か・・・

 本日 -38.0k

| | コメント (8)

2006年11月 1日 (水)

10/31  連敗街道まっしぐら

OH!MY GOD!!
悪夢の六連敗で一撃マイナス200k超だべさ('A`) ('A`)
攻略なんて慣れないモノに手を出した罰なんだろうかね?

しか~し!!
ただでは転ばないのがプロとアマの違い!(言ってて恥ずかしい
今日より明日・・ とはかのスミス翁の遺言であるがまさにソレ!
プロは負けた日の稼働内容こそ重要だと思うわけである。

つまり言い換えれば、ただでは負けない!
コレが大事なんだぜベイベー。

そういうわけで私、昨日はただで負けたわけではございません。
パチクエで地獄を味わった後にキチンとお宝を発見していたのです。

・CR大わんわん楽園 1/329 確変50%

バラエティコーナーを見ていたら偶然出会えたお宝台。
これは私がパチンコで勝つノウハウを覚えた思い出の機種である。
まさかもう一度打つ機会が訪れるとは夢にも思わなかった!!

    /\___/ヽ    ・・・・ちなみにな、 
   /         \   
  . |  .,-―   ―-、  |    「だいわんわん楽園」じゃない、
  |    ⌒ ,  ⌒  .|    「おおわんわん楽園」だ!
.   |     .<     |      
    \  ヽニニ='  /     覚えておけ暇人共め!
    /`ー‐--‐‐―´\    

で、まぁ釘もソコソコの形だったので試し打ちしてみると・・
あらヤダっ!嬉し恥ずかし 出玉削り少々の23/k ぐらい。
スペックが非常に甘い機種なのでコレで十分お宝クラスです♪

そんなわけでギリギリまで粘ってみたわけですが

 総942 初当たり2(1/471) 総当たり2(0%)

・・・と、結果は散々。でもまぁ明日以降も打てるだろうし無問題。
これで釘を動かすようなら店長は人じゃねぇよぉおお!!!

ってわけで、本日も当然それを狙いに来たわけですが・・

     )、_人_人__,イ.、_人_人_人
   <´    店   休   日  !!!>
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:     +  ) )|~ ̄ ̄~|( (       ;|// ////
/// :|:     ( (||! i: ||! !| |) )     ;|// ///
////|::  +   U | | !! !!|| :U    ; ;;| ///
////|:::     | |!|l l| !! !!| |    ;;| ////
// / ヽ::      | ! || | ||!|   ;;;/// //
// // ゝ::: :   | `ー---' |__////

他店の月一イベントをスルーしてまで来たのになんたる仕打ち。
主よ、これがあなたの答えなのですか!?

ああ、そういえばこの店メールが非常にウザいから
ついこないだ解約したばっかだっての忘れてた _| ̄|○

俺が悪いのは認めるけど、タイミング最悪・・
今月の不調さを象徴していますな('A`)

 本日 -7.0k

| | コメント (9)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »